Pの、遺跡侵攻記

自分の趣味を紹介するブログのつもりです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

長者山城

 水戸市街地が広がる水戸台地の北端部の渡里町、その台地角を利用して”長者山城”が築かれている。所在地は水戸市渡里町字長者山という。
 東を那珂川、北をその支流の田野川が流れる低地との比高約30mの台地角にあり、台地上には台渡里廃寺跡台渡里官衙遺跡といった国指定の古代遺跡が密集している地区でもある。このうち、台渡里官衙遺跡の一部を利用する形でこの城は築かれている。宅地や畑地が早いうちに作られたほか、昭和の頃に城内にゴルフ練習場が建設されたため遺構のかなりの部分が破壊もしくは改変を受け、往時の姿はわかりにくくなっている。
 この地の歴史は、所在地名が示すように源義家が絡むいわゆる”一守長者”の伝説から始まる。源頼信の5男”常葉五郎義政”という人物がその長者さまであったと云われるが、関係はよく分かっていない。この常葉五郎義政という人物は、那珂川を挟んで北側対岸の那珂台地側でも居住伝承を持っている。那珂川を挟んで両岸が”常葉郷(トキワ)”と呼ばれる地域で、その支配を任されていたのかもしれない。そして、両岸台地上に住まいを設けていたのかもしれない。
 その後、水戸が江戸氏の支配域になっていた戦国時代、江戸氏家臣”春秋駿河守”がこの城に住んでいたとされる。しかし、資料に乏しく、廃城も含めて不明な点が多い。
 台地の角に広さ約80m×約50mの台形状のⅠ郭を配置、周囲を高さ最大約2mの土塁が囲み、南東角には折れが見られるほか、南と東の2か所に開口部がある。このⅠ郭土塁の外側は幅約10m×深さ約5mの見事な横堀が巡らされ、先の南東角の折れ部分はやや複雑に掘られている。
 このⅠ郭の南側には、Ⅰ郭周囲と同程度の規模の堀や土塁で区画されたⅡ郭やⅢ郭が配置されていたようだが、上記のように、ゴルフ場や宅地、畑地(現在は耕作放棄地で侵入不可能な荒地)となって遺構の破壊が進んでいる。また、標柱の西側にまるで古墳群のような土盛りが密集しているが、これらは古墳ではなく、どうも、ゴルフ場の設置物のようである。ただし、もともとは土塁を崩したものなのかもしれない。
 Ⅰ郭西側には、堀を隔てて小曲輪が2〜3つほど配置されているが、こちらも一部を除いて断片的になってしまっている。堀や土塁は小振りだが、それでも堀幅約4mはある。
 この城の南東台地続きには江戸氏の本拠地”水戸城”がある。陸伝いは当然だが、すぐ北を流れる那珂川は水戸城本郭に直通の、最短ルートであり、河川の監視の意味でもこの地にこれだけの大規模な城郭を配置するのは意味があるかと思う。それ以外にも、本郭から北を見ると、そこには佐竹氏の一族にして重鎮”戸村氏”が住む””戸村城”が見える。更に那珂川を北上すれば見ることは出来ないが、石塚氏や大山氏といった、那珂川沿いに拠点を設ける佐竹氏一族の領内である。1500年代初めまで、それら佐竹一族は身内で内乱状態にあったが解消、結束を固めて領内を統治、独立色が強めの江戸氏にとっては悩みどころだったのかもしれない。その、力を付けた佐竹氏への警戒の意味も含めて、水戸城の防衛線の穴を埋めるように数か所配置された拠点の一つだったのかもしれない。

画像は上から所在地、北から見た遠景、縄張図の順。

4番目=縄張図内①の、ゴルフ場跡に見られる土盛りの様子。手前は堀跡と思われる畑地。
5番目=図内②、Ⅰ郭入城口西側の堀の様子。
6番目=図内③から西を見た、Ⅰ郭南東の堀の屈折部。
7番目=図内④から南を見た、Ⅰ郭西側の堀内部の様子。


 余談だが、この城の縄張図を以前、常陸大宮市の職員に同市所在の「前小屋城の図を描き直しました」と言って見せたことがある。違和感は持たれたが、立地条件、各曲輪の配置・形状・規模、道路や建物といった後世の構造物の配置等が「前小屋城そのままだ」という言葉を戴いた。
 立地条件が同じなら、築城される城の形状もある程度似通ってはくるでしょうが、各種パーツ単位での配置や形状まで同じように(Ⅰ郭の西側には方形状の小曲輪を1〜2つ配置等)なるとは、素人考えですが、まずありえないのではと感じます。
前小屋城と長者山城、仕える主君も城主も違いますが同じ築城設計者が関わった可能性もあるように感じます。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事