A soliloquy

梅雨の合間の快晴。干したふっかふかの布団で寝て幸せ〜(*´∇`*)

全体表示

[ リスト ]

去年の京都旅行前、虚血性大腸炎になってわかった大腸ポリープ。
 
婦人科の回復オペからそろそろ1年も経つし
叔父さんが大腸ガンで他界してるのあって
9月の終わりに重い腰を上げて病院に行ってきた。
 
早めに行ったのに待ち時間長し!( ̄▽ ̄;)
 
やっと呼ばれて診察室に入るも診察は無く・・・。
札幌の病院からの紹介状と大腸カメラの写真を見て
主治医は「取りましょう!入院して。」
 
・・・はぁ。。。
 
と、こんな短いやり取りで3泊4日の入院決定。
日帰りで出来ると思っていたのは甘かった(笑)
 
 
入院の2〜3日前から食事制限。
海藻や野菜や肉、ヨーグルトに果物などなど
腸内に残りやすい食べ物は食べないでと言われ
いったい何を食べたらいいの???と頭を悩ます日々。
 
ネット検索したり
同じ切除手術を受けた人のブログを見たりしたけど
イマイチよくわかんなくて
結果的にパン・うどん・そばで過ごしました。
(チョコとヨーグルトが食べれないのがストレスだった〜!)
 
10月某日、去年と同じ病院に入院。
病室に案内されるも勝手がわかってるので(*´∇`*)
荷物をさっさとだし、病衣にお着替え。
病棟説明も省いてもらったので自由時間♪
この日のために読まずに取っておいた本を読んだり
iPodを聴きながらクロスワードを解いたりと
気ままに過ごしておりました。
 
ご飯は検査食。
炭水化物系ばかり食べてたからちょっと美味しく感じた( ´艸`)
 
午後になって看護師さんと入院中の事で話をしてたら主治医登場。
主治医は様子を見に来たって感じかな。
切除方法は外来で説明済みだし。
 
主治医の次は薬剤師さん登場。
明朝服用する下剤についての説明。
飲む量や飲む時間、依存性など話してくれました。
 
一通り打ち合わせ的な事が終わると家族も帰ってるし
夕食までまたまたお暇な時間。
ベッドでうつ伏せになりながらクロスワードを解いてたら背後から声が。
振り返ると去年のオペで麻酔を担当した先生。
 
オペが終わってナースステーションに行ったら
「去年、婦人科に入院してた人が今日入院しましたよ〜」と
看護師さんに言われたらしく、心配して様子を見に来てくれたのでした。
 
先生は「お前、どうしたんだ〜どこが悪いんだ。」と
何度も聞かれ・・・。
 
いや、大したことないんですけど・・・あたし的には。
(・・・紙カルテや電子カルテ見たらわかるんじゃ・・・( ̄▽ ̄;))
 
で、入院した理由がわかって安心したのかその後は雑談(笑)
約1年ぶりの再会。
先生は相変わらずで話してると楽しかった(*´∇`*)
 
そして夕食ももちろん検査食。
寝る前に看護師さんから「これ飲んで」と紙コップを渡された。
それは液体の下剤。
濃縮されたポカリスエットを炭酸で割ったような感じの物。
口に含むとシュワシュワ感がハンパなくて飲みづらい・・・(´Д`)
なんとか飲み干し、無事に消灯時間を迎えました(^^)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

お久しぶり!の記事が手・・手術?
びっくりしたよ。
まあ、今記事を書いているのだから元気になったとは思いますのでこれ以上心配はしません。
よかったよ、帰ってきてくれて。最近自分の周りは自分を含めて幽霊部員だらけですので(笑)たまにブログ友達が書いてくれると妙にうれしくなります。 とりあえず おかえり。

2011/11/4(金) 午後 10:14 オペラハウス

【オペラハウスさん】ホントにお久しぶりです〜&驚かせてすみません!
“おかえり”って言われるとなんか心の奥がじわ〜っと温かくなってすごく嬉しいです(*´∇`*)
今回の手術は去年と比べるとカワイイもので全く心配無用です♪
(こんな事言ったら消化器科の主治医に怒られそうだけど(笑))
確かに幽霊部員だらけですね〜(^-^;
それぞれ生活があるし状況も変わるからって思ってます。
あたしは時間を見つけてまったりと続けて行きまーす(*´∇`*)

2011/11/5(土) 午後 10:28 himawari


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事