A soliloquy

梅雨の合間の快晴。干したふっかふかの布団で寝て幸せ〜(*´∇`*)

全体表示

[ リスト ]

朝、起きて早々看護師さんがやってきた。
渡されたのは50錠の薬の束と目盛の入ったプラコップ。
これから腸管内洗浄の始まり。

入院前に主治医とどの腸管洗浄剤を使うか相談。

普通はニフレック(液体)なんだけど
父親が飲んでるのを見て、あたしには無理!と感じてたので
錠剤で♪とお願いしたらビジクリアという薬になりました。

あたしの体、便利というか何というか(笑)
体が受け付けない物は飲み込めず、喉から吐いちゃうんですよ( ´艸`)
バリウムとか苦手な食べ物とか変わった飲み物とか。

で、そのビジクリア。
1回5錠・水200mlといっしょに15分おきに飲まなくてはならない。
薬を手のひらに乗せると重くて、粒が大きい!

・・・甘かった(^-^;

薬を口に入れて水を飲んでも、水だけ流れて薬は口の中Σ( ̄□ ̄;
こ、これは・・・マズイかも!?
飲むコツをなんとか見つけ、50錠制覇♪
飲んではトイレ、飲んではトイレって状態で
お尻でおしっこしてる気分┐(´ー`)┌

排泄物を看護師さんにチェックしてもらって
OK♪をもらったら点滴の開始。


ベッドの上でゴロゴロと待機。


午後になったら車椅子に乗せられ、放射線科の検査室の1つに到着。
お尻が開いてるズボンに着替え検査台の上へ。
メガネやピアスなど外し、左太ももに電極シートみたいなのを張られ準備完了。


先生が登場するも、だ、誰!?

主治医じゃなーーーい!(って事前に分かってたけど(* ̄m ̄)プッ )

イケメンの腕の良い先生でした(って、タイプじゃないけど)


まずは奥の方まで大腸カメラを入れなくちゃいけない。
直腸・S状結腸までは問題なく入ったんだけど、その先が問題。
3度も開腹オペを受けてると至る所で腸が癒着。。。
痛くて呼吸も乱れて、顔も手も痺れてきて大変(>_<)
女性スタッフに手を握ってもらい、呼吸を戻して今回は奥までたどり着きました。


検査も兼ねていたので
奥の方からじっくりと大腸内をチェック。
札幌の病院から渡された写真を見ながらポリープを見つけ
出血もなく無事に切除完了♪
写真ではちょっとただれていた腸管内もキレイになってました(*´∇`*)


そして病棟からベッドがお迎えに来て寝たまま帰還(笑)

病室に戻ってからは2時間は絶対安静!と言われ
そのまますやすやと眠っちゃいました(*^_^*)


起きた頃は間もなく夕食って時。


ご飯は食べれないし、点滴打ってるし、病室からはまだ出られない。

何をして過ごすか考えてたら
去年同じ時に入院して友達になったKちゃんからメール(*´∇`*)
今から行くから〜とお見舞いに来てくれました♪


約1年ぶりの再会でガールズトークは大盛り上がり!


そんな時、麻酔科の先生が隣のベッドの患者さんに
明日のオペを担当しますとご挨拶に来た。

あたしとKちゃんが話に花を咲かせているのを
カーテン越しに聞こえてたんでしょうね〜。
先生はそそくさと話を終えて、あたし達の所にやってきました。

Kちゃんももちろん麻酔科の先生の事は覚えていた。
(毎朝、様子見に来てくれてたからね)
先生も加わり、プチ同窓会みたいな感じで3人でしばらく話してました。

先生はまだ仕事があるのでオペ室へ戻り
Kちゃんは消灯時間ギリギリまでいてくれて
退院したらご飯食べに行こうと約束して帰って行きました。


あまりにも楽しい時間でちょっと興奮しちゃって
なかなか寝付けなかった夜でした。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事