全体表示

[ リスト ]

京乱噂鉤爪 国立劇場

昨年同じ国立劇場で上演され話題になった乱歩歌舞伎の続編だ。前作『江戸宵闇妖鉤爪』は、江戸川乱歩の『人間豹』を元に歌舞伎にしたもので、若い女性が次々と襲われ殺される残酷なシーンの描写や、人間豹の恩田乱学の動きなど、創作歌舞伎として非常に完成度が高く面白かったのだが、その続編で完全に創作となる今回の『京乱噂鉤爪』は続編として本当に必要だったのか疑問が残る。

そもそもなぜ恩田が若い女性を殺していくのか?原作にはその理由が書かれておらず、そこを染五郎が自分なりに解釈を加えて結論づけたいとのことだったが、もともと乱歩作品には、割り切った結論が示されないものや、俗に言うとオチのない話が多いことを考えると、無理に解釈を加える必要があったのか疑問が残る。乱歩の世界を完全に歌舞伎に持って来た、前作『江戸宵闇妖鉤爪』だけでも十分に大きな功績だと思うのだが。

2009年10月10日(土)12:00 国立劇場
第264回 平成二十一年十月歌舞伎公演

平成21年度(第64回)文化庁芸術祭協賛

市川染五郎=原案
岩豪友樹子=脚本
九代琴松=演出
国立劇場文芸課=補綴

京乱噂鉤爪(きょうをみだすうわさのかぎづめ)二幕十二場

― 人間豹の最期 ―
   
市川染五郎宙乗り相勤め申し候 
              国立劇場美術係=美術          

第一幕 プロローグ 伏見近辺
    第一場   烏丸通り・きはものや
    第二場   三条・鴨川堤
    第三場   化野・鏑木隠宅
    第四場   一条戻橋
    第五場   今出川・鴨川堤
    第六場   羅城門

第二幕 第一場   四条河原町
    第二場   化野の原
    第三場   鏑木隠宅
    第四場   如意ヶ嶽の山中
    エピローグ 大文字を望む高台

(出  演)
松 本 幸四郎
中 村 翫 雀
市 川 高麗蔵
松 本 錦 吾
澤 村 鐵之助
中 村 歌 江
中 村 松 江
市 川 染五郎
中 村 梅 玉 ほか

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事