ここから本文です
ブログ移行しました。
このところ、演歌女子のブログ(主にアメブロ=Ameba Blog)、ツイッターにはまってまして、ヤフオクのAFVプラモをほとんど見なくなりました。以前は暇さえあれば、AFVのページを覗いて何かイイものはないかと探しておりましたが、今はほとんど覗かなくなりました。おかげで無駄にヤフオクで積んでおくだけのプラモを買いたすことが無くなりました。しかしながら時々演歌女子のCD買ってますけどね。プラマイすると出費は少し減ったかな、いやどうでしょうか、いずれにせよ歳をとっても楽しみがあるのは良いことだと思っています。歌手の追っかけなどやるのは若者と一部のおばさんだけだと思ってましたが、最近は気持ちが分かるようになりました。もっと自由になったら、長生きのための生き甲斐になるかも。(笑)

いずれにしても、プラモなら展示会、演歌女子はコンサートやキャンペーンを通じて人と人との交流が楽しいです。ネットではなく実店舗、それも両者のお店に共通している点は、いずれもお客が少なくなって店舗存続の瀬戸際状態の所が多い点でしょう。しかしながら、それぞれで少数ではあってもそれを支持し必要とするファン層がある限り、その期待に応えてくれる少数の店舗運営者の方々がおられるのも確かです。時代は変われども良きもの必要なものは変わりません、末永く維持して欲しいと願うものです。私たちファンも願うだけでなく実店舗に足を運んで少しでも維持発展に寄与したいものです。共存共栄こそが愛好者の道でしょう。

この記事に

開くトラックバック(0)

演歌歌手・水城なつみちゃんのブログ(Ameba.blog)に、作詞家の船村徹さん記念館訪問の記事がありました。(7月15日付「念願の・・・」)私にとっては有名な作詞・作曲家?という程度の知識しか有りませんが、歌手の方々にとっては尊敬する大先生だろうなという程度の想像は出来ます。掲載されている記念館の歌碑に「巷(ちまた)の唄」と題した歌詞が記されており、とても感銘を受けました。

「巷の唄」(歌詞ネットより、転記)

巷の唄は どんなうた−−
むしり取られて 捨てられて
女がなきなき うんだ子の
涙のように ショッパイ唄だ

巷の唄は どんなうた−−
不渡り手形を 握りしめ
霙(みぞれ)の街に ゆきまよう
中年男の 命の唄だ

巷の唄は どんなうた−−
父になれない 作曲家(うたかき)が
追いつめられて べそかいて
酒の雫(しずく)で まとめた唄だ

そこで、ネットで調べて
船村徹著「私の履歴書・歌は心でうたうもの」という本を購入しました。未だ少ししか読んでませんが、追々読んでみたいと思っています。巷の唄、「不渡り手形を握りしめ・・」、「作曲家が追いつめられ・・・」、仕事は違えども、似たような経験をしてきました。我がための唄のように身に凍みる歌詞です。

水城なつみちゃんのブログでは、「キングレコードの先輩・永井裕子さんにお世話になってます、私も後輩が出来たら先輩を見習っていきたい」と記されてました。永井裕子さん、お名前程度しか知りませんでしたが、新曲買って来ました。じっくり聴いてみたいと思います。

イメージ 1

お店に立ち寄ったついでと言っては何ですが、朝花美穂ちゃんのCD、友達などにPR用に贈って手持ちが無くなったのでまた一つ買っておきました。また機会を見て、私的キャンペーンとして贈るつもりです。(^^)v 美穂ちゃんも頑張ってね。

この記事に

開くトラックバック(0)

親父のつぼやき

徹夜仕事疲れた😪 お客さんの指示通りだと間に合わないと思って代案を考えたけど、お気に召さなかったかな? それならそれでイイけどね、自分の仕事はアイディア勝負だと自負してるから、言われた通りにやるだけの仕事なら他に回してね、と言えないところが商売の難しいところ😫😫😫

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
後日追記

その後、小生の代案が採用されました。良かったな、ホッとした。
お客さんがお気に召さないと思ったのは私の思い過ごし?だったかもですが、
その担当者ではなく、上司の方から直接返答が届いたから、なんとも言えないです。
立場上下請けですが、経験だけはあるつもりなので、自己主張を通した甲斐が
あったかな、と溜飲が下がったような、そんな気持ち。(^^;)

この記事に

開くトラックバック(0)

新曲「江差恋しぐれ」を4月に発売した水城なつみさんがサークルキャンペーンで福岡にも来たので良いチャンスだと思ってお邪魔虫してきました。サークルキャンペーンというのは、各地区のカラオケ店や楽器店などを回って曲のPRをする活動らしいです。演歌歌手の方々はこういう地道な活動を常として頑張っておられます。今回、県内京都郡にあるギャラリーの一角で、地元の歌謡教室にキャンペーンに来られたようです。積極的には広報してなかったようですが、勝手に問い合わせてお邪魔したのかもしれません。でも、飛び込みでも快く同席させて頂いてありがたいことでした。プロ歌手の歌唱を間近で聴くのはもちろん初めてです。貴重な体験をさせてもらいました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

この記事に

開くトラックバック(0)

メインPCで長年利用してきたブラウザをIEからChromeへ切り替えました。現在デスクトップ3台を使ってますが(大したことをしているのではありません。年々新しくなるソフトに応じて、適時新しいPCを追加購入してるのですが、どうしても新しいソフトにPCの性能が追いつかなかったり、逆に新しいOSでは古いソフトが対応してなかったり、理由はいろいろです。性能は新しいに越したことはないのですが、OS等は使い慣れたものの方が良い。特にMS(マイクロソフト)やAUTO DESKなどは、頻繁にバージョンアップするだけではなくて、操作画面のデザインを大きく変更したりするので出来ることならばバージョンアップしたくないことも多いのです。しかしながら特にCAD等の場合、仕事柄お客さんが最新バージョンの図面を寄越すと、こちらは対応出来ない場合も多くて仕方なくバージョンアップする、というような例が多いです。
ソフトも安くないですからね、対価に見合わないものに経費を掛けるわけにはいかないし、困ったものです。

ブラウザもIE(インターネット・エクスプローラ)を長年使ってましたが、最近はサイトがこれに対応してなかったり、MS王国もGoogle帝国にだんだんと浸食されているみたいな気がします。MSもずいぶんと天下を独占してましたからね、そろそろその牙城を落とされるでしょう。そういえば2、30年前は日本のPCはNECの98シリーズが独占してました。あの当時高額のPCを無理して買ったら、その翌年、DOS/Vパソコンの到来で、PC98が大幅値崩れ、あれは痛かったです。それ以来NECのパソコンは買いません。ただ、そうは言っても今使ってるLENOVOは、IBMとNECの合弁会社でしたね、背に腹は代えられないということでしょうか。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事