ここから本文です
善人たちの恐ろしいまでの沈黙と無関心は、犯罪的!?

書庫全体表示

ウクライナがデフォルトしそうです。

どこがデフォルトしても、米国1%には致命傷なんです。

まずは、ウクライナでしょうか。

次に控えるは、プエルトリコ、ギリシャ、イタリア、スペイン....そして、実はフランスも。

デフォルト祭り、一気に、夜空に花火が大輪の花を咲かせそうです。

年末、大団円スペシャル。



2015/12/20 11:58

スレチです。

http://tass.ru/en/economy/845487

ウクライナがデフォルトしそうです。 週明け、明日以降が楽しみです。 金融市場、お祭り騒ぎになりますかね((笑)

Usagi



【中国、IMFへの出資3位に 米議会承認へ、日本に肉薄(朝日新聞)】

米国の世界経済支配の道具、IMFで、米国の影響力が急速に減衰しています。

もう、IMFを使った第三国乗っ取りは不能となります。

中露、BRICSが主導権を握ります。

これ、歴史に残る一大事なんです。



【中国、IMFへの出資3位に 米議会承認へ、日本に肉薄(朝日新聞)】

http://www.asahi.com/articles/ASHDL5141HDLUHBI012.html

米議会下院は18日、国際通貨基金(IMF)の出資比率見直しの承認などを含む歳出法案を可決した。同日中に上院も通過し、大統領の署名をへて近く成立する見通し。改革が実現すると、中国の出資比率が現在の6位から、日米に続く3位に浮上するなど、新興国の発言権が強まる。

IMFは2010年、新興国の出資比率を引き上げたり、加盟国の出資額を倍増させたりする「IMF改革」を承認した。だが、最大の出資国で、唯一の拒否権を持つ米国では、台頭する中国への警戒心が強く、議会が承認に反対。改革が進まない状況が続いてきた。

今回、与野党幹部は、2016会計年度(15年10月〜16年9月)予算の使い道を決める歳出法案に、IMF改革の承認を盛り込むことで合意した。野党・共和党が希望していた原油の輸出解禁などをのむ一方、与党・民主党側がIMF改革などを入れるよう求め、折り合ったかたちだ。

現在の出資比率は、米国(17・68%)、日本(6・56%)、ドイツ(6・12%)と先進国が上位を占める。改革後は米国(17・40%)、日本(6・46%)、中国(6・39%)の順になる。インド、ロシア、ブラジルなどの出資比率も高まる。(2015年12月19日)

special thanks
2015/12/20 02:16


中国部隊、米軍機に「警告」=「軍事的挑発」と非難

FRB利上げに伴う戦争経済の導入計画の一環です。

南シナ海で戦争を起こして、ドル防衛を図りたい米国1%の皆さん。

一つ問題があります。全部、ばれています。

習近平氏は、挑発には乗ってきません。残念でした。W



中国部隊、米軍機に「警告」=「軍事的挑発」と非難

時事通信 12月19日(土)13時10分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151219-00000056-jij-cn

【北京時事】中国メディアによると、中国国防省新聞事務局は19日、南シナ海・南沙(英語名・スプラトリー)諸島で中国が造成した人工島付近を米戦略爆撃機が飛行したことについて、「中国の軍隊が米軍機を厳密に監視した。岩礁の守護部隊が高度な警戒態勢を取り、米軍機に警告し、追い払った」と明らかにした。
 
同事務局は米国が人工島周辺の米艦航行などに加えて、爆撃機を派遣したとして、「島礁を守る中国の要員や施設の安全に危害を及ぼすもので、地域の平和と安定を害する。重大な軍事的挑発行為だ」と非難。再発防止を要求するとともに、「中国軍隊は米国の挑発行動に一切の必要な手段と措置を取る」と警告した。

ダチョウ

2015/12/19 21:31


「米好景気」を理由にFRBが利上げした?粉飾失業率と粉飾GDPの数字をもとにそう判断したご様子ですね


「米好景気」を理由にFRBが利上げした?

粉飾失業率と粉飾GDPの数字をもとにそう判断したご様子ですね。


米FRB、9年ぶり利上げ決定 実質的なゼロ金利解除

米国の中央銀行である米連邦準備制度理事会(FRB)は、16日に開いた金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)で、9年半ぶりとなる政策金利の引き上げを決めた。

短期金利の指標となる「フェデラルファンド(FF)金利」の誘導目標を、「0〜0・25%」から「0・25〜0・5%」に引き上げ、実質的なゼロ金利政策を解除する。失業率の改善などから、米国の経済は着実に回復していると判断した。

FRBは金融危機後の2008年12月、景気を下支えするために実質的なゼロ金利政策を始めた。ほぼ同時に始めた、米国債などの資産を買い上げて市場に大量のお金を流す量的緩和策は14年10月に終了している。異例の景気てこ入れ策を二つとも終え、金融政策の「正常化」にかじを切る。利上げは、04年6月〜06年6月以来となる。

http://www2.news-ex.jp/a/story/news/politics-international/KTT201512170335.html



だが、実態は....

NYダウ平均は、2日間で620ドル続落。原油価格の下落が、株価下落の原因?違うのではないですかね。あくまで、きっかけにすぎないと思いますが。原油安は、ユダヤ金融悪魔の総本山を揺るがす一大事。石油ドル体制そのものの崩壊。

原油安で大損こいたユダヤ金融悪魔の皆さんが、株を売って損失補てん。よって、ダウ平均、続落。どっちにしろ、もうおしまい。


【米経常赤字、11.7%増=7〜9月期(時事通信)】

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015121701037

【ワシントン時事】米商務省は17日、7〜9月期の経常収支が1241億2300万ドル(約15兆2000億円)の赤字となったと発表した。赤字幅は前期比11.7%の増加。米企業の国外収益の減少や輸出低迷に伴う貿易赤字の拡大が要因となった。(2015/12/17-23:00)


イメージ 5


高リスク高利回りの金融商品から、まずは、破綻が始まっていますね。

「米ジャンク債ファンド破綻、投資家は過剰反応=PIMCO幹部」

ロイター12月16日(水)10時11分配信 12月15日、米資産運用大手〜(PIMCO)のグループ最高投資責任者(CIO)、ダン・アイバシン氏はロイターの電話取材に応じ、サード・アベニュー・マネジメント傘下の高利回り(ジャンク)社債ファンドの破たんに伴うクレジット市場の混乱に投資家は過剰反応しているとの認識を示した。


【高利回り社債急落、米景気に不安拡大(ロイター)】

◆ハイイールド債急落で米景気の強さに懸念

http://jp.reuters.com/article/high-yield-bond-idJPKBN0TY0JS20151215

[ニューヨーク 14日 ロイター]- 指標となる高利回り社債の急落を受けて、投資家が考えるよりも米国経済は健全な状態ではないとの不安が広がっている。(2015年12月15日)



そして、ロックフェラーの死帝晩苦も、大量人員整理。好景気なのに?



【米シティ、来月から2000人削減開始=通信社(ロイター)】

http://jp.reuters.com/article/citigroup-redundancies-idJPKBN0U12ED20151218

[18日 ロイター]- 米シティグループは、来月から2000人超の削減に着手する見通しだ。対象はバックオフィスなどが中心になるという。ブルームバーグが関係筋の話と報じた。シティは今月、事業全体でインフラ、能力の規模を見直すとし、関連費用として第4・四半期に3億ドルを計上する方針を明らかにしている。シティは1月15日に第4・四半期決算を発表予定。同社のコメントは得られていない。(2015年12月19日)


イメージ 1


利上げの悪影響を抑制するには、日銀の黒田傀儡総裁にお願いするしかありませんね。

2015/12/18 17:10

スレチですが、日銀が金融緩和策の強化を決定だそうです。  

それしか方法がないからねw。

だいず


黒田さまのお蔭様で、ドル暴落にはなっていないですね。

こうなってくると、好景気偽装ももはや通用しない。利上げによる大口倒産の連鎖を先延ばしにするには、どうしても911型内部化犯行テロがやりたくなりますね、米国1%さん。


偽ユダヤ人=ハザール人がクリスマス〜新年に大規模テロ=計画倒産=借金踏み倒し=ヨベルの年を行うらしいです。 (>_<)

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51976121.html https://unveilingthetruth.files.wordpress.com/2015/12/meteor_ill_illuminati_cards.jpg?w=559

必殺仕掛人
2015/12/19 15:49


今年のクリスマス、大規模テロをご計画の皆さん、諦めましょう。どうせ、うまくいきません。


イメージ 6

イメージ 8

イメージ 9

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事