ここから本文です
善人たちの恐ろしいまでの沈黙と無関心は、犯罪的!?

書庫全体表示

覚せい剤中毒の末期

覚せい剤中毒の末期

ジャーナリストをやっていると、いろいろと「おかしな」人に遭遇します。なかには、覚せい剤中毒者と見受けられる人が、かなり含まれているなと感じたことが、何度かあります。

自衛隊の駐屯地は、覚せい剤の一大消費市場となっているようです。富士山の演習場あたりで、昼間から血走った顔をして「誰かに襲われる」と逃げ隠れしている隊員に遭遇しました。「シャブをやっている」と自分で言っていました。「被害妄想」がシャブ中毒の一つの症状のようですね。

ソウルの空港で、どうみてもシャブ中のおばさんが、周囲の人に毒づきながら日本行のフライトに搭乗していくのを見ました。あの類の人は捕まらない特権でもあるのかと、首を傾げました。「在日韓国人」ですね。

医師は、周りに薬物が転がっていることもあり、過去に何度か、薬物中毒で摘発された例があるようです。看護師も同様です。勿論、ごく一部の不心得者だけですが、最初に手を出した医療用モルヒネから、覚せい剤、LSDへと渡り歩いていくのでしょう。そうなると、医師の周りは薬物カルトで固められます。

シャブをやると気が強くなって、強引にことを進めたり、暴言を吐いたりするようです。RK独立党の飲み会に乱入してきたS馬さんなどは「あーこれはシャブ中だな」と思わせる「症状」が見受けられました。だから、警視庁原宿署の刑事さんに「あいつの逮捕歴、シャブですか?」と思わず聞いてしまったのです。

シャブの末期症状には、いろいろとあります。幻覚。幻聴。周囲に分別なく当たり散らす。暴言を吐く。激ヤセする。モデルさんなどの間では「痩せ薬」として流通しているケースもあるようです。食欲がわいてこない。食べなくても、精力的に動ける。別に一日一食でなくても痩せられるんですね。W


精神神経系:興奮、情動不安、眩暈、不眠、多幸症、振戦、頭痛
循環器:心悸亢進、頻脈、血圧上昇
消化器:食欲不振、口渇、不快な味覚、下痢、便秘
過敏症:蕁麻疹
その他:インポテンス、性欲変化


普通の市民の間にも覚醒剤が蔓延しているようです。一見、普通人に見えても....実は、シャブ中という人が社会に紛れ込んでいる。なんと、日本人50人に一人が覚せい剤中毒者であるそうです。

シャブ欲しさに、裏社会の言うことを何でも聞くようになる。カルトは、薬物流通の「主体」ですので、常に薬物を用意して普通の市民を取り込もうとする。なにしろ、これらのカルトが政権与党の後ろ盾なんです。だから、公権力の摘発を逃れることができる。薬物で一般人を「虜」にして、カルト裏社会の手先として駆使する。

また、裏社会の邪魔者をシャブ中に仕立て上げて社会的に抹殺する手口も一部では使われているようです。もう数十年前の話ですが、会社で出されるお茶の味がおかしいと感じ、体調を崩して回復に時間がかかったことがありました。(小説魔界に書いたと思います。)あれは....だったのかもしれない。(あの時は、ひたすら行くあてもなく炎天下を何週間も歩き回りました。太陽の光を浴びる必要を、本能的に感じていたのではないか。)今考えれば、社会悪の告発を始めたRKをシャブ中に仕立て上げる計画があったけれど、実行できなかった....のではないかと勘ぐっています。

ということで、シャブは決して他人事ではありません。特にカルトの魔の手に気を付けましょう。カルトの入り込んでいる「世界」は、一見、まともな集団であったりします。

「オーガニック」とか「ベジタリアン」とかの世界には、意外なことに倒逸凶怪が入り込んだりしています。そして、密かにシャブを売りつけます。断食で痩せたのか、シャブで痩せたのかわからない激ヤセさんに要注意です。(勿論、ごく一部の話です。)


薬物は、米国1%裏社会の主たる「収入減」です。南米のコカイン、アフガンのヘロイン、北朝鮮の覚せい剤は、ロックフェラー一味と傘下の統一教会の資金源となっている。米国1%は、各国で、子飼いの傀儡組織に「薬物」で資金稼ぎさせる。その代わり、公権力による摘発から逃れられるよう根回ししてくれる。だから、日本では薬物・朝鮮カルトが自公の後ろ盾になっているわけです。政党への資金提供の見返りが「お目こぼし」です。(統一は、米国でも麻薬密輸に関わっています。それを擁護しているのが共和党右翼です。米国の麻薬王はブッシュ一味です。)

薬物中毒者を増やして、日本経済を破壊したい目論見もあるでしょう。それに加えて、うつ病患者を激増させれば、効果は覿面です。うつ病の薬、向精神薬の組成は、覚せい剤とほとんど変わりませんので。

日本から、薬物汚染を取り除くためにも、RK独立党が立たなければならない。

リチャード・コシミズでした。


世界全体で買われた違法ドラッグの44%はアメリカ人が購入

米国は世界の麻薬消費量の半分近くを消費する麻薬汚染大国。

ユダヤCIAと統一教会が、南米の麻薬の流通を秘密裏に支配していて、ユダヤ金融資本の最重要な資金源となっている。その麻薬帝国の管理者がブッシュ一族ということですね。それ以外の非正規密輸ルートが摘発対象になる。値崩れを防ぐためですね。


日本の巨大宗教団体は、奴隷信者から搾取したカネをこの南米などの麻薬取引に投資して莫大なリターンを手に入れている。その手引きはロックフェラーなどのユダヤ金融資本が担ってきた。南米でCIAと統一教会が連携しているのは、麻薬事業が目的。日本のカルトが宗教課税に半狂乱で反対するのは、この麻薬マネーロンダリングビジネスができなくなるから。麻薬利潤は日本の政界に還元されるので、与党も野党も買収されて機能せず。創価学会がこの裏取引の主役だったが、リーマンショックで運用金の大半をロックフェラーにパクられ、大損害。


ユダヤCIAは、傀儡政権を立てた国家に麻薬を蔓延させる。自分たちも麻薬で儲ける一方で、その国の傀儡連中にも麻薬で生計を立てさせる。アフガンもインドネシアも麻薬まみれ。ウクライナも早晩そうなるでしょう。傀儡のごろつきたちは、自らも麻薬常習者。

そういった意味で、安倍晋三偽総理の周辺の卑しい似非右翼も「麻薬常習者」であって当たり前であり、あの無学で無教養で下品で粗暴なイキモノたちの生業は、薬物麻薬。だからどこからどう見ても品が無い。体から賎しさが発露している。

情報感謝。



アメリカのドラッグ汚染度がよくわかるインフォグラフィック

2012年2月16日http://buzzap.jp/news/20120216-usa-drugs/

by Angelo Gonzalez

アメリカ人は世界人口の7%を占めています。世界中にはマリファナ愛好家が1億6000万人ほどいますが、その20%にあたる3250万人はアメリカ人です。エクスタシー(MDMA)を日常的に摂取する人は世界で2000万人存在し、その中の16%(320万人)を占めているのはアメリカ人。また、アヘン剤(アヘン、ヘロイン、モルヒネなど)の場合は世界で4500万人ですが、アメリカ人は30%の1400万人を占めています。コカインの場合だと世界での愛好家が1750万人で、アメリカ人は33%を占める570万人です。

2003年度のデータによると、世界全体で買われた違法ドラッグの44%はアメリカ人が購入しています。なお、世界全体の違法ドラッグ市場は3216億ドル(約25.2兆円)です。では、主要な違法ドラッグが一体どこから供給されているのかというと、まずヘロインの場合は全体の87%がアフガニスタンで生産されており、アメリカへはメキシコやコロンビアを通じて運びこまれてきます。コカインはというと、主にコロンビアやペルー、ボリビアで作られているようです。メタンフェタミン(覚せい剤)の大部分はメキシコやアメリカ国内の巨大な研究所で生産され、LSDは主にアメリカ製。エクスタシーはメキシコやオランダが生産地で、マリファナはメキシコ、アメリカ国内、パラグアイとのこと。


薬物汚染と自民公明の関係

<<   作成日時 : 2010/03/15 10:30   >> http://richardkoshimizu.at.webry.info/201003/article_66.html


イメージ 4

薬物汚染と自民公明の関係

「薬物汚染」を考えるとき、「日本に限らずどこの国でも麻薬業者が国家の支配者であること」が最大の問題であると痛感します。米国において、国家を麻薬まみれにしたのは、ベトナム戦争帰還兵でした。そして、大ブッシュがCIA長官となった時、米国は麻薬消費大国として花開きました。以後、米国への入り口であるフロリダ州を小ブッシュの兄弟が州知事として支配することにより、ブッシュ親子と背後のロックフェラーによる麻薬支配体制は確立したと見ます。

フロリダの小空港から飛び立ったセスナ機に乗ったキリスト教福音派の伝道者たちは、伝道の傍ら、コカインを全米に輸送する役割を担ってきたのです。(今は、文鮮明が同じ手口を南米で行使しています。)「聖職者だから特権があり、警察も手を出さない。背後に最高権力者のブッシュがいる。」という構造なのです。ペルーでは、日系人フジモリが大統領となり、麻薬業者を一掃して人気を博し、片腕のモンテシノスを使って特定の麻薬業者だけを黙認することで、麻薬事業をひそかに再興し、CIA麻薬エージェントとして立派に役割を果たしました。退任後も、ご褒美に統一教会系のなり済まし朝鮮人女性社長を玩具として宛がわれました。

日本もまた例外ではないようです。いつのまにか、覚せい剤や大麻が蔓延し、国民の3%が薬物摂取の経験があるという。由々しき事態です。そして、長い間、日本の政治は、麻薬密輸宗教統一教会と癒着した自民党清和会とパナマのノリエガ将軍の麻薬ビジネスに投資してきたというソンテチャク創価学会によって支配されてきたのです。つまり、統一創価なる麻薬まみれの犯罪宗教が日本政治に君臨してきた以上、影響力を行使して警察力やメディアをコントロールし、自らの麻薬事業を擁護維持してきたとみて間違いはない。(実際、私が遭遇した似非右翼やテチャク教信者の多くには、つねに薬物の匂いが付きまとっていました。ホ●集団と薬物の関係にもおおいに興味があります。異様なまでの粗暴さ、絶叫....薬物の力を借りていませんでしょうか?)

統一創価のダミーであったオウム真理教が麻薬の密造密売に従事していたのも、こういった前提で眺めれば、何一つ不思議はないのです。そして、麻薬宗教統一邪教の権益を守るために、似非右翼による恫喝暴行行為を警察権力が庇護し奨励して、「当たり前」なのです。

●10.1北朝鮮右翼暴力団集団暴行事件「北鮮右翼と癒着した公僕
http://www.youtube.com/watch?v=x29klbCBiZ8



よって、↑の動画に「統一と癒着し、麻薬利権を共有している公僕の幹部」が映っていると考えて正解でしょう。これらの動画がすでに460万回以上閲覧されている事実に公僕内部の犯罪者たちは震撼していることでしょう。政権が交代した後も、似非右翼連中が必死に自民を返り咲かせようと画策しているのには、彼らの生命線である「麻薬ビジネス」を守るという重大な目的があるからと解します。その意味でも、参院選で自公を撲滅する必要があるのです。麻薬を日本から一掃するためにも。

カルト宗教、カルト系政治政党、出入りのヤクザ・右翼暴力団、ホ●グループによる薬物の密輸流通を破壊し、その庇護者である警察の組織内組織を一掃する戦いがこれから待っています。相手は、最低最悪のゴロツキです。(ヤク中・汚職警官とも10・1動画に多くが登場しているので、人物特定は簡単です。w)心してかかりましょう。

●大麻・覚せい剤など、276万人が経験か 3月14日3時8分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100314-00000013-yom-soci
大麻や覚せい剤などの違法薬物を使った経験がある人は2・9%で、日本全国では推計約276万人に上ることが、厚生労働省研究班(研究代表者=和田清・国立精神・神経センター薬物依存研究部長)の調査で分かった。 調査を開始した1995年以来、最も高い割合で、薬物汚染の広がりを裏付けた格好だ。

調査は昨年9〜10月、15〜64歳の5000人を対象に実施。大麻、覚せい剤、MDMA、コカイン、ヘロイン、有機溶剤(シンナーなど)の使用歴などを尋ね、63・8%の3191人から回答を得た。そのうち、いずれかの薬物を使用した人の割合は、過去最悪だった01年の2・7%を上回る2・9%だった。

全国の人数については地域や年齢といった要素を加えて分析し、276万人になると推計した。

薬物別(複数回答)では、有機溶剤1・9%(推計約179万人)、大麻1・4%(同約136万人)、覚せい剤0・3%(約32万人)。 最終更新:3月14日3時8分


26.世界の麻薬王たち
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/kok_website/fireworks4/main_pages_sub/OUMUNOSEIRISEITON_PAGE7_1.HTM

オウム事件の背後で蠢いていた魑魅魍魎たち。創価、統一、G組、笹川一派だけではありません。実はCIAもオウムの不法行為に深く関わっていました。彼らに共通するキーワードがあります。「麻薬」です。オウム事件は、世界的規模で繰り広げられている国際麻薬密輸組織の日本支部の予行演習だったのです。俄かには信じられないと思います。一つ一つ順を追ってご説明します。

★池田の麻薬ビジネス
創価学会の池田は、パナマのノリエガ将軍がやっていた麻薬密輸事業に資金提供をして、巨額の利益を受け取っていた。その金は池田から、小沢一郎や金丸信など保守政治家にも流れていた。ブッシュ元大統領は、就任直後パナマを急襲して、ノリエガを拘束し麻薬密輸の罪で、投獄した。実際は、ブッシュとノリエガが共同してやっていた麻薬事業を隠蔽し、ノリエガの口を封じるのが目的だった。以後、ブッシュにこのネタを握られた池田、小沢、金丸らは、ブッシュ・CIAの犬として、奉仕することになったのだ。
池田大作が、なぜ麻薬ビジネスに手を出したのか?それはノリエガとの繋がりからだけではない。創価の南米における麻薬ビジネスには、身近なところにセンセイがいたのである。統一協会の文鮮明である。文が池田を麻薬ロンダリングの世界に引き込み、池田は財務で集めた金を麻薬ビジネスで運用していたのである。文と池田の関係は、池田とCIAとの関係に発展した。創価学会も、統一同様に、CIAと運命共同体に成り下がったのである。

★ブッシュと文鮮明
ブッシュ元大統領は、元CIA長官でもあり、現在でもCIAの影の支配者である。CIAは、ブッシュが長官になってから、秘密裏に麻薬密輸に積極的に取り組んだ。CIAはいまや、世界最大の麻薬密輸組織となった。そのブッシュの中南米での麻薬密輸事業には、統一教会が深く関与していた。ブッシュ・CIAと文鮮明は、麻薬を介して繋がっていたのだ。いや、むしろ文鮮明の方が主体だったかもしれない。文は、ブッシュの大統領選に資金提供し、見事当選させた。その見返りに、ブッシュは、文の麻薬組織が大量のクラックとコカインを米国内に持ち込む手伝いをしたのだ。勿論、その仕事に携わったのは、ブッシュ子飼いのCIA要員である。麻薬に手を出しているのは、CIAだけではない。イスラエルの諜報機関、モサドも関わってきている。

★文鮮明と笹川良一、そしてCIAの飼い犬たち
統一の文は、どこから麻薬密輸ビジネスのノウハウを学んだのか?笹川良一からである。戦前からの右翼にして、暴力団の首領である笹川は、戦前、日本が中国向けにやっていた麻薬を用いた撹乱作戦を伝授した。文は、南米での麻薬ビジネス展開に際しても、笹川の援助を受けているのだ。笹川をはじめとする右翼暴力団や保守政治家が、勝共連合と言う統一協会の傘下団体に名を連ねているのは、麻薬ビジネスの利権に群がっていたからなのだ。勝共に身をおく連中の多くは、麻薬ビジネスを通じて、CIAの犬でもあることを忘れてはならない。

★中南米の麻薬王たち
一見、人格者、偉大な指導者に見える人たちの多くが、ブッシュ・CIAと裏で繋がり、麻薬密輸を手伝っていた。メキシコの前大統領、サリナス、キューバの独裁者、カストロ、そして、ペルーのフジモリすらも。中南米の指導者の多くが軒並み、麻薬組織のボスだった.これが、真相である。黄字で示した人物、皆が、ブッシュを中心とした麻薬サークルの仲間だった。

★見え隠れするユダヤ人脈
コントラ事件で、ノリエガとともに麻薬ビジネスに携わっていたモサドの大幹部。ブッシュとの関係9でで訴追されることもなく、逃げおおせた。ジョージ・ソロスすら、南米の麻薬ビジネスにかかわっていた。

★文鮮明に飼われた朝鮮半島の指導者たち
文鮮明が麻薬取引で得た金で買収し、掌中に引き入れたのは、ブッシュだけではなかった。北朝鮮の金親子も、韓国の金鐘泌も金大中も、文に金で飼われていたのである。中南米で文とブッシュが連携して、麻薬ビジネスをやったのと同様に、日本では、オウムを隠れ蓑に統一とCIA、それに創価が、麻薬商売に精を出していたのである。加えて、文鮮明と北朝鮮の金正日との深い関係が、北朝鮮の麻薬ビジネスの謎を解く鍵でもある。統一教会の日本での暗躍を知ることで、オウム事件の闇が、北朝鮮の関与が見えてくる。

★CIAのスポンサー
ブッシュやCIAを陰で操っているのは、当然ながら共和党。ブッシュへの大口献金者である、軍産複合体、国際金融資本、石油メジャー、穀物メジャーなど米国経済界の根幹と言われる連中である。ブッシュは彼らの利益のために動く小物に過ぎない。彼らの利益のために、地域紛争が喚起され、世界中に麻薬が蔓延する。テポドン発射騒ぎ、湾岸戦争、TMD・NMD計画.....全てに彼らの計算が見て取れる。米国と北朝鮮は表面上は激しく対立しているように見えるが、水面下ではCIAと金正日のあいだで、互いの利益のため、協力するところはしている。そして、その仲介役を果たしているのが、文鮮明である。北朝鮮の延命は彼らCIAとそのスポンサーの利益に合致する。そして、オウムも北朝鮮延命の一つの方策であったし、日本の(暴力的)政変を演出する上での橋頭堡だった。

ブッシュとスポンサー、文鮮明、池田、金正日の全ての利益に合致する出来事が、日本を舞台に起きるのではないかと危惧します。それが、オウム事件の本番なのです。彼らは野望を捨ててはいません。

統一CIA麻薬密輸協会の絡んだ事件は、迷宮入りになる。

統一CIA麻薬密輸協会の絡んだ事件は、迷宮入りになる。

警察の捜査陣に統一CIA最低最悪悪魔邪教の息の掛かった幹部が充当されるので、当たり前。

ということでしょうか?

世田谷一家殺害事件についてですが、これ本当でしょうか? >宮沢さん一家は熱心なT一教会信者だった。以前より多額の寄付を行なってきたが、Tの様々な活動に不信感を抱くようになり、寄付を断ることになり、宮沢さんの影響で、付き合いのあった他の信者も寄付を断る。 再三の寄付の求めにも応じない宮沢さんをTは韓国籍の者を含むクリミナルグループを使って、見せしめのために残虐に殺害した。宮沢さん一家が惨殺された後、寄付を断っていた宮沢さんと付き合いのあった他の信者は寄付を復活させている。

世田谷一家殺害事件
韓国でも不正選挙大統領糾弾の動きが勢いを増していま...


イメージ 3

イメージ 6





本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事