ここから本文です
善人たちの恐ろしいまでの沈黙と無関心は、犯罪的!?

書庫全体表示

裏社会HKKSJN団対策について


イメージ 1

5.24名古屋スラップ裁判につきましては、出廷すると危害が加えられる、ないしは暗殺される恐れすらあると危惧されたため、Amebloに寄せられたHKKNSJN団の脅迫文言などを当該裁判所に提示して、危険を避けるため出廷しないと説明しました。

これにたいして、HKKNSJN団は、amebloのブログそのものを違法な手段で抹消させ、脅迫の証拠を消そうとしました。さらには、5.25(土)のRK北上講演会では、対RK妨害工作担当者2名が、講演のさなかに、北上市の会場に何度も電話をかけて、受付の女性に「講演を止めさせろ」と、まるで、薬物中毒者かのようにヒステリックな「怒鳴り散らし」を行い、市の職員の方は、大変なショックを受けたそうです。おそらく、虫歯や歯の欠損でボロボロになった口から、汚らしい攻撃文句を連発したのでしょう。北上市の管理職の方も巻き込んで、ひと騒動になってしまいました。

これらの妨害担当者は、最近では講演が終了したのちも、妨害電話を掛けて「二度と会場を貸すな」と恐喝しています。このような事態を抑止する必要があります。よって、このような、まるで薬物中毒者のような妨害行為のあった地点を管轄する警察当局に、妨害者の素性や妨害の実態を報告しておきました。また、過去に同種の、まるで、薬物中毒者のような妨害のあった地点を管轄する警察当局にも、それぞれ、事実関係を報告しておきます。妨害がなされた地点は非常に多いので、順次、作業中です。

なお、HKKSJN団のメンバーは、「5.24に太陽神がRKに死刑判決を下した。」と意味不明な記事を上げていますが、これも、RKに対する危害を示唆しています。

以上のように、HKKSJN団の「追い詰められて断末魔」状態が顕著なので、当該裁判所には、上記を含めた追加の説明をしておきました。また、上記とは別に、薬物で異常な行動をしそうなメンバーにたいする「予防策」もほぼ完了しました。内容は非開示です。

では、ごきげんよう。

HKKSJN団には、適切な対応が必要です。

イメージ 2


HKKSJN団の面々。

明らかに薬中と分かるのが、10人近くいます。実際はもっと多いでしょう。

工作員がたくさん潜伏していた時期に、実際に彼らを見てきた党員さんのなかには「あーあいつとあいつとあいつだな」と分かる方もいらっしゃるでしょう。その見分け方も、皆さん、お判りでしょう。

薬中は、HKKSJN団に所属することで、薬では捕まらないという免罪符を裏社会から貰っている。もっとも、何ら保証のない免罪符ですが。裏社会は、組織がやばくなったら、末端のシャブ公など守るわけがありません。w

また、彼らはRK誹謗中傷恫喝行為に加担することで、見返りに、お薬を下賜されています。だから、必死です。シャブが切れたら地獄です。もっとも、シャブがあっても、副作用で地獄が襲ってきますが。

薬中が、薬を買う金欲しさにHKKSJNに加担する。だから、薬中でHKKSJN者を兼任しているのが多いんですね。

この方々、放置すると薬で飛びすぎて危険な行為に手を出しそうです。予防措置を施しておきましょう。というか、施しておきましたよ。

今後、何かおかしなことがあったら、上記のような背景があることを念頭において対応いたしましょう。

では、ごきげんよう。



段々とネット世界にKMR=HKKNが浸透しています。こういう情報発信があると、HKKSJN裏社会も、放置はできないと思います。組織が対策に動き出しているのはわかっています。警察も動かざるを得ないか?

HKKSJN団のシャブ中のみなさんが、ameblo運営に不正な働きかけを行い、RKブログをなんの予告も通告もなく抹消させたわけですが■裁判所やネット世界に知られたくない記事を緊急避難的に消してしまう

KMR-母の新しいパートナーの妻も自殺していた!4人目!随分と便利な自殺だな■KMR-父が死んだあと半年後に、KMRー母が自宅マンションに連れ込んで同棲した相手が、ダンディーな彫金師。■毎回、同じ手口で自殺を偽装。

KMR-K事件、急展開。ますます、HKKSJNの腐臭が!■河川敷で「自殺」していたのをKMR-母に発見されたKMR−夫。検視したのかなぁ?■KMR-K事件、急展開。ますます、HKKSJNの腐臭が!

KMR-母の所属するカルト?どこのカルト?大山ねずの命神示教会ですね。 新興宗教には、保険金殺人がつきものです。宮内庁さん、破談こそが、ご本人にも天皇家にも国家にも「正解」です。

小室氏と眞子様の結婚の極めて重大な危険について■日本国の天皇の義理の兄が「家族に自殺者が3人いる」人物で「母方の祖父が日本人ではないと思われる」「母親が元ヤクザと親交がある」人物で、よいのであろうか?

KMRおばさんの周辺の不審死について、ホケンキン関係を調べた方がいいと言及しようと思っていたら.....嗚呼、やっぱり■KMRおばさんの旦那、旦那の両親の3人とも「自殺」。旦那の実家、小室家は資産家。


■今後、「犬丸勝子暗殺疑惑」として取り扱います。■本件、隠蔽工作が人命に関わってくる恐れが大です。「口封じ」に消されそうな人物が数名浮かびます。裏社会は事故や急病を偽装します。■結論から言います。

犬丸勝子暗殺疑惑。「赤の他人がわざわざ「病死」を強調する内容をあちこちのSNSに書き込んだりしたら、普通は何かあると」。■保険金殺人映画 凶悪■犬丸勝子暗殺疑惑、さらに深まる■犬丸勝子お別れ会の全貌


イメージ 4

イメージ 5

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事