どんすけのページ ホーリーホックがんばれ

サッカーJ2水戸ホーリーホックを応援しています

ホーリーホック

すべて表示

東京V戦

水戸0−1東京V

いくら何でも4連敗、しかもホームが3戦というのはそりゃない。
絶対に勝てない相手ではなかったし。
J1ライセンスがプレッシャーになったのか。
例年秋にかけて失速するのは、上がれないモチベーションの低下とも
言われていたけれど、結局あってもなくても変わらないという事でした。
スタッフは必死にライセンスを取ったれど、その他諸々が応えられなかった。
もちろんサポーターも含めて。
今年はこれでじり貧だろうし、バスケは絶好調、野球チームも出来るので、
果たして水戸でのサッカーの存在はどうなるのだろう。
実際、この試合の日、水戸の街中を歩いても試合があるのが分からない状態。
ユニ着て歩いているサポもいない。結構まずくないか。

この試合最後の最後、GKの松井がゴールキックでボールを置いた時、
もう選手は疲労困憊で上がる事が出来ない。
それは誰の目にも明らかで仕方がないけれど、
「疲れているのはわかるけれど立ってくれ」と必死に叫んでいる人がいたり、
気が付けば立ち上がっている人達もかなりいて、結果としてダメだとしても、
ここでシーズンを終わらせて欲しくはない、という気持ちがとても伝わってきて、
少し目頭が熱くなった。いつも自分がいる周りの人達は総じて年齢層高い。
サポ歴も長いでしょう。昇格が具体化した経験は初めて。
なのでもう少し頑張れなかったかな、と思う。

自分も含めて落ち込んでいる人達を抜けてコンコースにくると、
ベンチ外の選手達がいました。皆さん一様に暗い顔だったと思います。
にやにやしている選手はいませんでした。そう見えただけで、内心悔しさで
いっぱいなのだと思います。

10番木村が最後までボールを追っていた、その意識が強烈に印象的。
やっぱり船谷は上手い、と再認識。
バイアーノと涼太郎が対策されてきたのが失速の一因なら、
やはり采配で何とか出来なかったのかと心残りです。
今年はもう終わりかな。










.


みんなの更新記事