on Many sunday(のんふぃくしょんらいたあ・ごっこ)

アマチュアに 引退は無し (67歳) Show. Don't Tell

全体表示

[ リスト ]

120年の歴史があるというウインブルドンで初めて屋根の開閉を目撃。

総重量1000トンの屋根(アナウンス有り)が6分〜8分で開閉。

テレビで大映しになったレールと鉄車輪の「転がり抵抗係数」を余裕をみて 0.1 とし、
二つの屋根が中央に向かう走行速度も、途中で何回か立ち止まるので 10 m / min とすると

必要動力は (一旦の馬力換算からKw換算へ、永年の癖をそのままに)
[ 1000x1000(Kg) x 10(m/min) x 0.1 ] / [ 60 x 75 x 1.36 ] = 163.4(Kw)
概ね 40Kwモーター x 4台。
たぶん2台づつ同調させて2基の屋根(の サドル部)に使用。

サーボモーターまでは使わないと思うのでインバーター制御の減速機付き。
車輪直径をザックリ1mとすると4ポールモーター ( 60 Hzで、1750 RPM ) の場合
総減速比は
    10 (m/min) / [ 1750 (RPM) x 1 (m) x π ]  =   1 / 550

追加で追記
35年前からお世話になっていて耐久性・信頼性・安定性に定評のある○友サイクロ減速機に 45Kw 4P - 1/319 あり。
両ツバ車輪(駆動輪)の内側にモジュールをザックリ10としたスパーギヤのホイール(歯数80)を。
減速機出力軸には歯数46のピニオンをセット。
駆動部設計原案(たたき台)の完成。

追々記
最近の流行は4WDとパラマックス減速機。
そこで車輪径を900mmに落とし、18.5Kwの直交軸でホローシャフト(シュリンクディスク方式)減速比 1 / 500 を8台、車軸に直接抱き込み。
トルクアームを1箇所に取り付ければ良いので加工が楽。(経験あり)
フランジタイプ直結モーターの落下防止に強力チェーンをもちろん緩めにセット。
両フランジ車輪の材質は使用頻度 (「ライフ」がJR車両の天文学的数字分の一) からいくと 「 SCM440−調質材 」 も 「 S45C 高周波焼入れ 」 も過剰品質。
SS材はかえって加工しにくいので S45C の 「 なま 」 で。

閉じる コメント(9)

顔アイコン

シンガポールに住んでいたときテニスコートが付いていたので仕事が終わった夜毎日コーチとテニスをしました。本当に良くやりました。日本に戻ってからはコート代が高いのでほとんどしていません。ウインブルドンにも見に行ってみたいです。

2009/7/2(木) 午後 3:17 piljugina

顔アイコン

コメントありがとうございます。
今日も「アフター5の部」に行ってきました。
日没少し前までの4試合(2勝2敗)、無料です。
最近、メンバーが少なくコートが空いています。

2009/7/2(木) 午後 9:23 [ Donna_son ]

顔アイコン

またなんかやたら懐かしく学生時代を思い出すような数式がw
ところで週末ですが、管理人さんも用事あるようですし大東で基礎練しますわ。
来週は出来れば土曜入りして前日練習したいけど無理だろうなぁ。

2009/7/3(金) 午前 0:13 [ NB#92 ]

顔アイコン

金曜の雨で土曜のモチベーションが急降下。
5日(日)は朝6時より町内会の草刈り。
タイヤを替えなくてすんだという、とっても合理的な「言い訳」で12日は5週間ぶりの「ぶっつけ本番」の予定。

2009/7/4(土) 午前 0:17 [ Donna_son ]

顔アイコン

なにやら難しそうなお話ですが
まったくの素人なので 妙なことをお伺いしますが
どれだけ高いギヤ比で長い時間かかて動かすとしても
おおきなトルクがかかると思いますので 単純に軸と歯車の
接合部はどうやって強さを出すのかなって思います
やはり削りだしなんですか?

2010/4/18(日) 午後 10:53 [ KAZU ]

顔アイコン

5種類を経験。(詳しくはWEB検索のこと)
〆錣蟒个靴麓瓦隼車がスライドする物で、概ね変速機の中に限定。
インボリュートセレーションが、ほぼ標準でスライドしない物ではチェーン付バイクのドライブスプロケットと出力軸。(交換が楽)
∧森團ー止め(一般的、3x3〜50x28(mm)のサイズ(軸径によりJISで規定)を経験。
コーンキーによる摩擦接合。(シュリンクディスク方式も同じで、ラッカーかエタノールで拭いて完全脱脂した軸と穴をフランジ全周の高張力ボルトで均等に締め上げ、円錐状クサビを喰い込ませる)
ぞ討嵌め。(昔の国鉄車両の車輪が大抵これ)
歯車の穴を少し小さめに作り、炉かバーナーで加熱し膨張させる。
軸は液体窒素で冷却し、縮めてからの組み込み。
常温に戻ると一体化した様な接合力を発揮。
セ車のボス部分(両側)と軸を溶接。

2010/4/19(月) 午前 3:05 [ Donna_son ]

顔アイコン

おはようございます
詳細なご説明ありがとうございます
機械工学にはまったくの素人で
変なことをうかがってすみませんでした
昔から気になってたんです
いろいろな方法があるんですね
溶接だけは想像できましたが弱そうだし
特に液体窒素で締めてから組むとか全然しらなかったので
とても勉強になりました ありがとうございました

2010/4/19(月) 午前 7:20 [ KAZU ]

顔アイコン

こんばんは

すスゴイ洞察力ですね!!私は作りたい道具などの構造の妄想はするのですが勿論知識が無いので妄想だけで終わってしまいます、
もし自分の身近にDonna sonさんの様な方が居られたらそれこそ毎日お邪魔しては色々と知恵を授けてもらいに行けるのですが

2013/4/11(木) 午後 9:07 [ 讃正 ]

顔アイコン

「 う 〜 ん 」 ・・・

そう “ 仰って ” も ・・・ 自分の事で 『 手一杯 』 ですし ・・・

『 ボー 』 と、 していることが ・・・ 多いですし ・・・

何よりも ・・・ 『 無芸小食 』 を “ 標榜 ” していますので ・・・

“ お許し ” を 。。。

2013/4/12(金) 午前 10:49 [ Donna_son ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事