いのちとうみの語り 推進プロジェクト

復興の踊り場から考える、これからの支援のかたち。
3.11
それは、さまざまな悲しみを
私たちに呼び起こす。

3.11
それは、さまざまな問題を
私たちに突きつける。

3.11
それは、さまざまな角度から
私たちに問いかける。

感情と記憶は、
時とともに、
また、担い手を経るごとに
衰えることは必然であるという。

たしかに、そうかもしれない。

また、風化には、
良い風化と悪い風化がある、
ともいう。

それも、そうかもしれない。

けれど、そういうことに想いをめぐらすのも、
私たちが3.11を
忘れないからではないのか。

3.11
この日を忘れない。

2年目の3.11  
2013年3月11日に記す
JUST戸倉サポーターズ

戸倉小学校 いのちの道(8)

 南三陸町立戸倉小学校の児童と、戸倉保育所の園児たちが避難した宇津野高台から、津波が到達した五十鈴神社の鳥居付近、「東日本大震災記念碑」周辺を撮影した映像です。
 立体的な位置関係をつかんでいただければ幸いです。




戸倉で出会った、
あるアメリカ人宣教師の方。
流暢な日本語で、
こう語ってくれました。

「わたしが戸倉に来たのは、
震災のあと、もう6か月も経ったとき。

だから物資は、もうたくさんあった。
足りないことは、もうなかった。

だからわたし、『あと、何、要りますか』
って、聞いたですよ。

そしたら、みなさん
『忘れないでほしい』
って。

ただ、『忘れないでほしい』って。

だからわたし、
忘れないように、忘れられないように、
いろいろなこと、やるですよ。

今も、やるですよ」


イメージ 1



[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事