ここから本文です
古時計にワニ革着せて
素人の中古時計と自作ストラップの趣味日記です

書庫全体表示

記事検索
検索

全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ロレックス オイスター プレシジョン ref.6426 その3

前回の続きです。今日は外装関係

ベゼルはずし装置でゆっくりとベゼルを緩めます
イメージ 1

こんな感じで浮いたら、
イメージ 2

あとは普通のコジアケではずします。
イメージ 3

ベゼルとミドルケースの接触面にはけっこうサビがキていました。
イメージ 4

プラ風防は磨いて
サビも可能な限り落としました。
イメージ 5

汚れてヘタっていたパッキンを捨てて
イメージ 7

新品のぴったりはまるロレックス用のアフターパーツを
イメージ 8
アロンアルファで貼り付けました。
イメージ 9


ミドルケースと風防、ベゼルを組み上げました
イメージ 6

グイっと圧入します
イメージ 10

キレイになって満足!
イメージ 11
リューズ付近のパッキンにはシリコンオイルをさしました。
イメージ 12
組み上げたムーブメントを組み込んで、
イメージ 13
ウラブタのパッキンもグリーシングをして、

ウラブタをしっかりと閉め込みます。
イメージ 14

それから、巻きブレスを調整します。
7853という番号で、ラグ幅は19ミリです。
イメージ 15
このように横から見ると巻き込んであるので、コジアケでひとつずつ、開けて、コマをはずすしかありません。

リベットブレスのときと同じようにやります↓

今回、一つだけはずしました。
イメージ 16

まず、サランラップでぐるぐる巻いて、
イメージ 17
普通のメイコウシャのコジアケでゆっくりと持ち上げます。コマひとつの全体をもちあげるようにします。
イメージ 18
途中の図↑ ゴミがいっぱい入ってます。

これで取り外せました。
イメージ 19
隣のものもはずさないといけないので、同じようにやります。
イメージ 20
これで、無事、一コマはずせました。

閉めるほうが難しく、結局、完全にはスキマをふさげませんが、ワリバシをちょっとだけ加工したものを使ってハンマーで叩きます。
イメージ 21

これが完成したところです。まぁスキマ、開いてますが、気にならないデス。
イメージ 22

というわけで、出来上がりです。

イメージ 23
じつは、ブレスのキズがとても多くて気になったので、このあと、サテン仕上げに手で磨きました。が、写真がありませんでした。

完成です。
イメージ 24

今日はこんなところで。
読んでくれてありがとうございました。

ブログ村に登録しています。応援クリックうれしいです。



この記事に

ロレックス オイスター プレシジョン ref.6426 その2

前回の続き、ロレックスのCal.1225、今日はムーブメントの組立です。

まずは、切れたゼンマイの調達です。
ありがたいことに、ロレックスのアフターパーツは簡単に手に入ります。
オクで有名な、スイスパビリオンです。
ゼンマイが純正かアフターパーツか、判断つくのかね。
イメージ 1

こういう時計が日ロレに今後持ち込まれたら、非純正のゼンマイつかってるんで、これは改造品としてみなすので受け付けられません、ってことになるんですか。
イメージ 2

ゼンマイ専用グリスを注します。
イメージ 3

続いて、自動オイラーで、9010を保油装置に注油しておきます。
イメージ 4
地板と輪列受けです。
イメージ 5
例えば、これは、ガンギの保油装置の注油後の写真です。一瞬で教科書的にさせるのだから自動オイラーは便利です。

イメージ 6
まず、マキシンまわりを組みます。特に悩むところはありません。
イメージ 8
接触面にグリスをつけて、組み立てます。
イメージ 7
カンヌキおさえのパーツなんかもシッカリしていて頼もしい感じです。
イメージ 10
コテツ車の表裏について、悩むことが多いですが、これも、上下、違うので注意します。どっちだったか。記録が残ってないのですが、ちゃんと、分解のときと同じように入れたはずです。
イメージ 9

カンヌキ押さえ(裏押さえ?)までとめたら、ムーブメントの表に行きます。
イメージ 11
二番車、香箱、香箱受けを組みました。
イメージ 12
輪列

イメージ 13
受けをかぶせて

丸穴、角穴
イメージ 14

出車を指して、秒カナをおさえるピンを組みまして、
イメージ 15
そいで、アンクルを組んだらば、

裏側から、ツメ石に注油します。
イメージ 16

テンプを組み込んで、
イメージ 17

キフショックのピンを持ち上げて石をはずして、テン真の耐震装置に注油
イメージ 18

これで大体、完成したので、タイムグラファーにかけて
イメージ 19

すこし、片振りがあるので、ちょっとだけ調整して
イメージ 20
今度は少しだけ進み気味ですが、片振りはなくなりました。

こんなもんで、勘弁してもらって残りの作業をします。
イメージ 21
裏側の筒車・座金を入れたら、

イメージ 25
裏返してエトアシを留めて、
文字盤を固定します。
イメージ 22
あとは、注意深く、針を刺して、
イメージ 23

針の重なりを確認して完成です。
イメージ 24

これでしばらく様子を見ます。
イメージ 26
それにしても、古時計が好きな人にはたまらない、くたびれた雰囲気ですね。
針も文字盤もとっても魅力的です。

次回、「その3」は外装編です。磨きをしたわけではありませんが。

読んでくれてありがとうございました。
今日はこんなところで。
ブログ村に登録してます。応援クリックうれしいです↓

この記事に

ロレックス オイスター プレシジョン ref.6426
その1 分解編

久しぶりの分解記事です。作業したのは1年半ほど前です。
イメージ 1
ロレックス
オイスター プレシジョン
Ref.6426
手巻き
Cal.1225
1966年製
純正巻きブレス

GMTマスターを持っていた頃、ロレックスブロガーさんや雑誌の影響を受けて、アンティークなシンプルな黒文字盤(できればデイトなし)の手巻きが欲しいゾ、と思い立ったのが確か、2年ぐらい前。すぐに、ちょうど良い価格控えめのジャンク品が出品されていたので手に入れました。
とても気に入って、その後、GMTマスターを処分して、これとヨットマスターの2本立てでロレックスが落ち着きました。
秋になったのでまた登板回数は増えそうです。
イメージ 36
ずっと大事にしていきたいと思わせる、飽きが来ないけど高級感を感じられる時計です。
黒文字盤でデイトも無いのでシンプルかつシブくてかっこいいのですが、欠点としてあげるなら秒針が太くしっかりしているので、一瞬、分針と見間違うことが、結構、ある、ということ。



では、これから、分解時の写真です。

「ちょっとだけ動くけど不動かも」というジャンク品。10マンぐらいだったか、届いた時点で全く動かない状態でした。開けてみたらゼンマイ切れでした。
イメージ 2
でも、全体に状態がよくって、きれいです。
イメージ 3
一応、シリアルとかチェックしました。20で始まります。調べると1966年製ですって。この時代のものでまだ元気に動いて安心感があるのだからさすがロレックス、と思ったり。
イメージ 5

イメージ 4
リューズは磨耗がほとんどありません。
イメージ 6
専用工具で裏蓋を開けました

イメージ 7
裏蓋の内側には、なんどもしっかりとオーバーホールした記録が残っています。これはロレックスでちゃんとやってもらっていた時計なのでしょうかね。だからリューズも交換されているのかも。
イメージ 8
そんな律儀な以前の持ち主には悪いけど、シロウトがいじくらせてもらっちゃいました。

イメージ 9
オシドリねじは、ゼロの位置で1.5回転ほどネジを回すと抜けました
リューズ引いた状態だとはずせませんでした。

リューズの内側、ゴミ(微細な糸くず)がつまって、ゴムも相当ヤラれているので、交換することにします。
イメージ 33




スペーサーをはずして、
イメージ 11

機留めの板をはずします。表裏を間違えやすいので一応写真を撮っておきます
イメージ 10

文字盤のアップ。
イメージ 12
オリジナルに見えます、ワタシには。つやがちょっとあるんだけど、インデックスのまわりは劣化が来ています。顕微鏡で見ても、文字がとっても緻密です。
インデックスの外側の半円のトリチウムと針は、ほんのわずかに、申し訳程度に光る、といった状態でした。
イメージ 13
針の高さを記録しておきます。こうしてみると、針がしっかりしていますね
イメージ 14
さすがに、針の夜光は劣化が進んでいます。ロレックス様に持ち込んだら交換されちゃうんでしょうね。もちろん。
イメージ 15

夜光に触らないように少しは磨こう、と思ったのだけど、おっかなくて結局ほとんどいじらなかったと記憶してます。
イメージ 34


イメージ 16
文字盤をはずします。くれぐれもエトアシに注意して。

文字盤の裏を確認しましょう。SINGERの刻印がありますね。
イメージ 17
はて、このベトっとしたのは、そうです。グリスです↑↑
このままほうっておいたらもしかしたら文字盤外周か、中央の穴から表面に漏れていたかも!イヤー、今こそ分解してよかった!

なーんて、思うのが分解趣味の醍醐味。
イメージ 18
たしかに、香箱真の部分からグリスが広がっています↓
イメージ 19


さて、ムーブメントの表に行きます。
このカッコイイ重厚なムーブメントを見ると、熱心なロレックスフアンの気持ちがチョット分かります。
イメージ 20
三番車が、アンティークでレトロな出車式です。
こいつの扱いには気をつけないと、オメガの30ミリキャリバーで昔失敗した反省を生かして、工具の足場に注意します。

まずは、サランラップをかぶせて、
歯車が5本のアミダです。工具は2本対1本のツメなので、これをちょうどアミダの間に添えて、グッとまっすぐ思い切って抜きます。
イメージ 21
躊躇せずに、ぐいっと。

↓はずすと出車の部分、三番車の長いホゾがみえます。
イメージ 22

角穴、丸穴、コハゼをはずしていきます。
イメージ 23

この受け(ブリッジ)が分厚くてカッコイイよね、ということで拡大写真↓
イメージ 24

輪列です。中央から二番三番四番、ガンギ車と連なってます。
イメージ 25
これで、表側はほとんど分解終了。
イメージ 26
香箱をはずして
イメージ 27
フタを開けたらば、このようにゼンマイが切れていました
イメージ 28
これで二番車を残しておしまいです。
イメージ 29

クルっと裏返して、裏面へ行きます。
イメージ 30
ごく普通の構造です。画面左上にはカレンダーの日送り車が入りそうな構造が見えます。「オイスターデイト」も同じCal.1225だから、地板は共通なようです。
同じキャリバーでカレンダーの有り無しだけで使いまわすなんて、ちょっと意外ですが(↓参考 デイト有りの1225)
イメージ 35
ムーブ外周に枠をつけてそこにカレンダーを載せるスペースができるんですね



これで、分解も終わりです。
イメージ 31

よく洗浄して、乾燥します。
イメージ 32

ロレックスのムーブメントがかっこよかったので、随分たくさん写真を載せて、長くなってしまいました。構造自体は特別なこともなかったのですが。。

次回、組立編に続きます。

今日は、こんなところで。読んでくれてありがとうございました。

ブログ村に登録しています。応援クリックうれしいです。
https://fashion.blogmura.com/watch/

この記事に

こんばんは。時計が高額であることに納得できないから「オーナー」という言葉に馴染めないドラのび太です。

はじめは3連休のきもちだったのに結局、日曜しか休めず残念です。月曜の今日は、昼まで子供らと公園で遊んだあとに出勤でした。

週はじめ、月曜といえば、ザ・シチズンです。
イメージ 1
年差クォーツで時間キッチリ、それに、キッチリしたインデックスと針、それで、シャキっとする白文字盤なので、月曜とか週始めにつけたくなります。


そういえば、ブログ大先輩の「腕時計また買っちゃいました」のケンイチさんが、よく、週始めにはビシっとできる電波時計のオシアナス、って記事で書いていました。
イメージ 9
 と、懐かしがるよりは、またブログに復帰して欲しい、と願いましょう。


イメージ 2
さて、ザシチといえば、前に、こんなことを書きました。
ザシチの「クロノマスター」についてカタログに説明が無いし、もっと薀蓄を前面に押し出したほうがいいのにな、と↓


そしたら、シチズン宣伝部のみなさんがワタシのブログを読んでくれたので、こうなりましたよ↓
イメージ 3

イーグルを抱いて、マル
イメージ 4
機械式の高精度ウォッチとして世に名を馳せた当時も、クォーツ&エコドライブでも、情熱を傾けて高精度を追い求めている今も、シチズンの精神は変わらない、ということですね。いいじゃないか!

でも、ホントのオールド・シチズンファンの中には、クロノマスターとイーグルマークのことは、知る人ぞ知る、で良かったのに〜、とちょっと残念に思う人ももいるかもしれません。
イメージ 5
まぁ、セイコーなんて何度もGS復刻を出しまくって過去の遺産に助けられてるんだから、クロノマスターのことを前面に押し出すぐらいいいでしょう。

イメージ 6

イーグルマークは、シチズンの時計づくりへの自信と誇りの象徴ということなので、ザシチの持ち主、いや、「オーナー」として、しかと覚えておくことにします。
イメージ 8


そうそう、先日、大阪のお土産で、素敵な和菓子を頂きました。
イメージ 7
鶴屋八幡の山清水というお菓子です。名前がいいね。シャリシャリした外側と中のアズキのコントラストが良かったです。
↑カレンダーを見ると、10月1日、やっぱり月曜日に着用していることが多いようです。ザ・シチズン。


今日はこんなところで。
読んでくれてありがとうございました。ブログ村に登録しています。応援クリックうれしいです↓

この記事に

久しぶりにファイブの日
雨模様でしたが、いつものダイバーではなく、せっかくのファイブの日、ハナキンだったので、ちょっと派手なダイバーデザインのファイブをしていきました。
イメージ 1
逆回転防止のベゼルを備えていますが、ネジコミではない小さいリューズがさみしい感じです。
イメージ 2
それにしても、時計が高すぎて困っちゃうネ。
川崎の武蔵小杉のグランドなんとかというショッピングモールで、BEST系列の新しい時計屋が入ってたのですが、こないだ久しぶりに行ったらアッサリ潰れてました。
2~3年前だっけな、最初に見たのは。
タワマン住民を狙ったのでしょうか。客が居なかったのが印象的だったもんね。
タグホイヤーが一番奥に控えていて、あとは、ブローバ、ガガミラノ、とかで、あとは国産がちょこちょこという品揃えだったかな。

「舶来腕時計の価格を4割、安くしますよ!庶民のみなさん!」と官房長官が選挙で応援演説してくれるなら喜んで自民党候補に投票するんだけどなぁ。

イメージ 3
もちろん、オモチャの付録無しの格安セットでね。

リストショットをふりかえったら、ノビスケとノビオを連れて、二週連続でマクドナルドでランチというさみしい庶民の週末をやっています。
イメージ 4

会社の同僚に、電池交換を頼まれて、この週末に作業をしようとたくらんでます。

今日は、こんなところで。

この記事に

全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事