中日好き!

中日ドラゴンズ応援ブログです。中日、今年こそ日本一だ!!+その他の野球、スポーツなどのお話も…。

中日☆

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

07年11月1日 日本シリーズ第5戦 vs北海道日本ハム ナゴヤドーム

日本ハム 000 000 000  0
中   日 010 000 00× 1


〔勝〕山井 1勝0敗0S
〔負〕ダルビッシュ 1勝1敗0S
〔S〕岩瀬 0勝0敗2S
〔本〕

◇ゲームレビュー
日本シリーズ第5戦の先発は日本ハムが中4日でダルビッシュ。
中日は今シリーズ登板の山井

中日は2回裏、先頭4番タイロンがヒットで出塁すると、
5番中村紀がツーベースを放ち無死二、三塁のチャンスをつくる。
6番は三振に倒れて、打席には7番平田
その平田がライトへ犠牲フライを打ち上げ、ダルビッシュから貴重な先制点を挙げる。

圧巻は山井ピッチングだった。
8回を投げ終わって、86球、被安打0、四死球0、失策0の完全投球を披露する。
9回表は、中日必勝リレー、守護神岩瀬がマウンドで仁王立ち。
二者で2死を奪い、勝利まであと1人。
最後は小谷野をセカンドゴロに打ち取り、53年ぶり、悲願の日本一達成!!

2投手の継投による完全試合はシリーズ初の記録だった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

“半世紀以上”という途方も無い時間が流れていた。
何度も何度も跳ね返された、日本一の厚いトビラだった。
その厚い、厚いトビラを今日、07年11月1日、ようやく開いてみせた。

そのトビラのドアノブを握ったのは19歳の平田だった。
無死二、三塁のチャンスから、日ハムエース、ダルビッシュの直球をライトへ犠飛を打ち上げる。

今日の山井にはこの1点で十分だった。
いや、もう十分すぎる得点だった。

5回までパーフェクト。
6回もパーフェクト。
7回もまだランナーを一人も出さない。
8回も三人で片付けて、ドームは異様な雰囲気に。


完全試合で日本一……。


今まで、感じたこともないようなドームの空気の中でマウンドへ上がったのは、守護神の岩瀬だった。
入団以来、9年連続50試合登板。
3年連続40セーブ以上を記録。
さらに、通算防御率が1.97と歴代3位に相当する記録。

鉄腕と秀逸な技術を持ち、長いあいだ、竜の“砦”を守ってきた守護神が53年ぶりのトビラを開けることは、誰も異論は挟めないのではないか。

その岩瀬は、いつものように淡々と、無表情で完璧なピッチングで日ハム打線を圧倒。
最後の打者をセカンドゴロで打ち取ると、ドラナインの歓喜の渦へと飲み込まれる。

53年ぶりの日本一は、セリーグ初となったプレーオフを5連勝で制し、連覇を狙った日本ハムを4勝1敗という、完璧な形で払いのけた見事な戦いでの達成だった。


「感無量です」

落合監督の言葉は全国のドラゴンズファンの心情を集約させたものだった。
















それでも、心残りはシーズン2位という結果。
いくらかの溜飲は下がった。
下がったのだが、まだ心の底でくすぶるものがある。
それを消し去らなければならない

来年はシリーズ優勝。
クライマックス連覇。
日本シリーズ連覇。

ハードルはまだまだ残っている。






とにもかくにも、

見せ“ろ”落合日本一!!
魅せ“た”落合日本一!!!


日本一、おめでとう!!!!!

開く コメント(20)

開く トラックバック(2)

イメージ 1

イメージ 2

日本ハムのトレイ・ヒルマン監督が、中日との日本シリーズを前にまたもや「シンジラレナ〜イ」ことをやった。同監督は22日、米カンザスシティーで来季からの監督就任が決まっている大リーグ、ロイヤルズの入団会見に臨み「私の体には既にロイヤルブルーの血が流れている」と発言。会見ではロイヤルズのユニホームに袖を通し「人生で最高の日」と有頂天になった。同監督は日本時間25日に帰国し、27日に開幕する日本シリーズに備える予定。いくら「メジャー監督」の夢がかなったとはいえ、ちょっと日本のファンをなめすぎちゃいませんか!? 

こんなこと、あり得ない。まさに前代未聞だ。カンザスシティーで行われたロイヤルズの監督就任会見で、ヒルマン監督は米メディアを前に日本語で「ありがとうございます。おはようございます。私の名前はトレイ・ヒルマンです」とあいさつ。そして、胸に「Royals」と刺繍された背番号「22」のユニホームに、ためらいもなく袖を通した。

「私は忠誠心があふれる男だ。すでに私の体にはロイヤルブルーの血が流れている。心がワクワクしているし、きょうは人生で最高の日だ」

AP通信によれば、同監督は隣に妻マリーさんを座らせ、最前列の席から父と2人の姉妹が見つめる前で、興奮した口調で初のメジャー監督を射止めた感動を語った。

常識で考えれば、どうみてもおかしい。本来なら「日本ハム」のユニホームに身を包み、中日との日本シリーズに向けた対策を練っていなければならないはず。それが、この時期になぜ米国で入団会見なのか、という疑問はわく。米国のメディアもそのことを感じたようで、「今回の就任発表は、ヤンキースのトーリ監督の退団と関係はあるのか」という質問が飛んだ。

ヒルマン監督の新監督就任をロイヤルズが電撃発表したのは、トーリ監督の退団が決まった翌日の19日だった。ヤンキース監督の後任候補にはヒルマン監督の名前も挙がり、ロイヤルズが契約を急いだと推測されるのは当然だった。

この質問にヒルマン監督は「実はロイヤルズからの就任要請を受けたのは、トーリ監督の退団が決まるより前だった」と、入団がかなり以前から内定していたことを暴露。そのうえで「報道を見れば、私がヤンキースの後任候補に挙がっていると思うのは当然だ。それが本当かどうかを知るのは、私の17年来の友人である(ヤンキースの)キャッシュマンGMだけ」と、笑ってはぐらかした。

「私にメジャー監督の経験がないことを不安に思う人がいるかもしれない。だが、日本での5年間の経験は、メジャー監督と同じだったと思う。日本の野球の質は、それほど高くなっている」

日本の野球を持ち上げたヒルマン監督は、その経験をア・リーグ中地区で4年連続最下位と低迷するロイヤルズの再建につなげたいという。ただ、日本シリーズに関連するコメントは最後まで、なかった。日本ハムは大丈夫なのだろうか――。

(10月24日 東京中日スポーツ)


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


日本人と外国人のメンタリティーの違い、と言ってしまえばそれまでですが、
大一番前での監督就任記者会見は「驚き」の一言です。

逆に「全身全霊を込めて日本一を獲りにいく」と言い放った落合監督
この戦い、絶対に負けられません!!負けちゃいけません!!

このドラゴンズファンの鬱憤を、試合で晴らしてやってください!!

開く コメント(3)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

と、いうことで1stは阪神に2連勝
2stは読売に3連勝
内容も完全勝利!という形でクライマックスハードルを飛び越えましたね☆

現地観戦など、もろもろ立て込んだため記事は書けませんでしたが、いろんなとこから写真を拾って載せます(笑)


日本シリーズの応援も頑張りましょう!!

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

クライマックスシリーズ第1ステージ(3試合制)
13日(土) 中日ドラゴンズ −0 阪神タイガース ナゴヤドーム
14日(日) 中日ドラゴンズ −3 阪神タイガース ナゴヤドーム

クライマックスシリーズ第2ステージ(5試合制)
18日(木) 読売ジャイアンツ 2− 中日ドラゴンズ 東京ドーム
19日(金) 読売ジャイアンツ 4− 中日ドラゴンズ 東京ドーム
20日(土) 読売ジャイアンツ 2− 中日ドラゴンズ 東京ドーム

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

10月19日 クライマックスシリーズ vs読売(第1戦) 東京ドーム

中 日 002 200 010 5
読 売 000 011 000 2


〔勝〕小笠原 1試合1勝
〔負〕内海  1試合1敗
〔S〕岩瀬  1試合1S
〔本〕<中>ウッズ1号
   <読>谷1号



1回、2回と満塁のチャンスを潰したドラゴンズだったけど、3回の満塁機はなんとかモノにした。
三度の満塁チャンスを逃すと、本当に嫌なムードだったからシゲタイムリーは本当に大きかった。

それと同様に大きかったのが、8回井端タイムリー
9月最後の読売3連戦の最終戦だったか?
初回に4点先制した後にジワジワ追い詰められ、最後には逆転負けという試合があった。
その試合を思い起こさせる試合だったが、それを振り払ったのが8回の追加点だった。
8回裏は岡本の乱調を、しっかり守護神岩瀬が火消しをして白星へと導いた。

初戦はとったけれど、当然ながら油断はならない。
でも、打線の活発さ、先発投手陣の充実さをみれば断然ドラゴンズ有利だと思う。

開く コメント(8)

イメージ 1

9月17日 vsヤクルト(21回戦) 神宮

中  日 500 201 000 8
ヤクルト 200 022 100 7


〔勝〕山井  4勝3敗0S
〔負〕石井一 7勝10敗0S
〔S〕岩瀬  1勝4敗39S
〔本〕<中>英智3号(2ラン=110m)
   <ヤ>ラミレス24号(ソロ=110m) ガイエル30号(ソロ=115m) 川本6号(2ラン=95m)
〔投手〕<中>山井、平井、久本、岡本、岩瀬
    <ヤ>石井一、鎌田、吉川、シコースキー、館山


◆ゲームVTR
中日が逃げ切って2位に浮上。1回、制球が不安定な石井一から森野の満塁一掃の3点二塁打と英智の2ランで5点を先行。4、6回と小刻みに加点した。追い上げられたが、細かい継投でしのぎ70勝目。ヤクルトはBクラスが決定。


(写真=辛勝を喜ぶドラゴンズナイン

開く コメント(2)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事