全体表示

[ リスト ]



自民党の石破茂は本当にバカというか、北朝鮮に女をあてがわれ逆らえないという疑惑を信用したくなる人物だ。
石破茂は23日付の自身のブログで、
火病韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を決めたことについて言及し、
「日韓関係は問題解決の見込みの立たない状態に陥った。わが国が敗戦後、戦争責任と正面から向き合ってこなかったことが多くの問題の根底にあり、さまざまな形で表面化している」と分析した???
まったく意味不明だ。

大東亜戦争敗戦に至った責任の所在を明らかにし、
欧米列強のアジア侵略に立ち向かった日本が、敗戦に至った経緯を明らかにするというのなら、東京裁判史観からの脱却という意味では正しい。
 
ところが、石破茂は軍事オタクだが、靖国神社を否定する政治家だ。
東京裁判史観にどっぷり浸かる歴史観であり、
日本が侵略戦争をしたという戦勝国史観からの発想だからおかしいのだ。
 
石破茂は、明治維新後の日韓関係を再考する必要性を強調し、
「(ナチス・ドイツの戦争犯罪を裁いた)ニュルンベルク裁判とは別に戦争責任を自らの手で明らかにしたドイツとの違いは認識しなくてはならない」とも指摘した。
 
ドイツはナチスの行為を反省したが、
第二次大戦に関しては謝罪などしていない。
 
平成30年11月30日、早稲田大学で講演した石破茂は
「独立国だった韓国を併合し、名字を変えることが行われた。そういう歴史があったことをどれだけ認識するかだ」と自身の歴史観を披露した。
 
一方的な韓国人の歴史観を肯定した石破茂の歴史観だ。
この人物に日本の首相になる資格はない。
創始改名は強制ではない。
朝鮮半島併合への過程を、韓国史観で読み解けるほど、当時の朝鮮は立派な国ではなかった。せめて現在の韓国くらいの矜持と意地があれば、日本が併合する必要もなかっただろう。
 
本当に石破茂は北朝鮮に女をあてがわれ、逆らえない腐った政治家なのだろうか?
大東亜戦争を侵略戦争と否定し、靖国神社を否定する政治家。
石破茂の歴史観は日本の政治家に相応しくない人物には違いない。
 
日韓外交が日韓紛争と対立を鮮明にしていく時に、
韓国よりの発言や、
北朝鮮よりに発言する人物を要注意する必要がある。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事