全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

朝鮮学校を高校の授業料無償化の対象から除外した国の処分が違法だったかどうかが争われた訴訟。
最高裁第三小法廷(山崎敏充裁判長)で、適法とした判決が確定した。
朝鮮学校側を敗訴させた一、二審判決を支持し、東京朝鮮中高級学校卒業生らの上告を退けた。
これで最終決定だ!

同様の訴訟は全国5カ所で起こされているが、判決が最高裁で確定するのは初めてである。
高校授業料の無償化は、民主党政権が平成22年に始めた。
安倍政権が平成25年に朝鮮学校を対象から外すために文部科学省令の規定を削除した。

今回の訴訟は朝鮮学校卒業生ら61人が、1人あたり10万円の賠償を国に求めていたものだ。
昨年10月の二審・東京高裁判決は、無償化の対象を決める裁量権は文科相に委ねられていると指摘した。
「教育内容や人事に朝鮮総連が影響を及ぼしている」などとした公安調査庁の調査を根拠に無償化の対象外とした判断は「裁量権の範囲を逸脱したものとはいえない」と認定した。
一審地裁に続いて原告の訴えを退けたのだ。
 
原告側弁護団は、
「最高裁は理由を何ら述べずに主張を退けた。行政による違法行為を是正するという司法の役割を放棄しており、断固抗議する」とのコメントを出した。
はっきり言って負け犬の遠吠えだ。
 
同種の訴訟で大阪地裁が
「教育の機会均等とは無関係な政治的な理由で朝鮮学校を排除した」として国の処分を違法と認めたが、大阪高裁がこの判決を破棄した。
現在、原告側が上告している。
名古屋、広島、福岡地裁小倉支部に起こされた訴訟は原告側が敗訴し、高裁で審理が続いている。
 
これで朝鮮学校は俄然不利となる。
日本の司法による、正しい判断が期待できる裁判結果だ。
学習指導要領に従わない朝鮮学校に公金を支出出来る訳がないだろう。
常識だ!

民族教育やりたきゃ自費でどうぞ。
それか北朝鮮に留学するしかないだろう。
葛飾区も朝鮮学校児童生徒保護者への補助金を朝鮮学校に直接入金しているが、
これを機に見直し朝鮮学校への公金支出を廃止すべきだ。

韓国、地獄への一本道  8月28(水)


韓国はついに日本との軍事情報保護協定(GSOMIA)の破棄を決めてくれ
た。非常に有り難いことで、この事によってアメリカに遠慮する必要がなく
韓国を徹底的に制裁をくわえることが出来ます。

この軍事協定を破棄するということは、日韓の安保協力にとどまらず、米韓
同盟をいらないと言ったのと同じです。この決定はついに文在寅の正体を
表しました。

文在寅はいくら金正恩に袖にされても、彼の本音は北と一体になることです。
今回の決定は北朝鮮をさらに利するだけでなく、金正恩に気に入られるた
めなら米国との関係が悪化しても気にならないということです。つまり文在
寅は日米から離れることが文在寅の真の目的です。

GSOMIA破棄の理由について、韓国は日本が輸出管理の優遇国から韓国を
外したことを上げていますが、今までの文在寅の言動から、本音が透けて見
えます。つまり日本に喧嘩を売って日本と敵対することで、韓国民を怒らし
て日本を憎み、北朝鮮と一体になることを正当化することです。

徴用工訴訟や慰安婦問題、自衛隊機への火器管制レーダー照射など、文在
寅が執拗に繰り返す反日的な行動に対して、抗議をするだけで日本は今ま
で何も反撃を一切しなかった。しかしついに日本は国際約束を破り続ける
文在寅に韓国に対する輸出管理規制の運用を見直し、半導体の製造過程
に必要な材料の輸出許可などを厳格化する処置をした。

これに対して文在寅は待ってましたとばかり「日本は徴用工判決の報復が
始まった」として国民を先導して国中で大騒ぎさせています。これらは全て
北と一体化するために国民をその気にさせる文在寅の戦略です。

戦後の韓国から日本への因縁つけには1ミリの正義もない。非は日本には
ない。韓国は約束を平然と破り、終わった話の事実をゆがめて蒸し返し、
日本が抗議し対応を求めても知らん顔を決め込んだのは韓国である。

日本が遺憾を表すると「不合理で常識に反するこれは報復措置だ」と反発
そして韓国の常套手段である被害者面をしてみせる。このような国民とは
まともに付き合えない。このような状況が何年続いても日本は全く困らない。

25日の聯合ニュースによれば、韓国政府高官は、GSOMIA破棄について
「韓国側が協定を延長していてもその後に日本が一方的に破棄する可能性
があった、そうなれば韓国はバカを見る」と言っています。只々呆れ果てま
す。自分たちの行為を日本側に転嫁して日本のせいにして自分たちの行為
を正当化するずるいやり方は戦後ずーと続いています。

日本政府は米国とともにGSOMIA協定維持の重要性を強調しています。日
本が強引に協定を破棄するなど、考えられません。韓国が常に被害者意識
を強調して日本を悪者にする悪辣な行為はもう絶対に許せない。

ウォールストリートジャーナルによればトランプ政権高官の話として、韓国政
府は米政権に対して、協定破棄の意思はないとの態度を事前に示していた
と伝えています。これによりトランプ政権は韓国を一切信用しない、嘘つき
国家だと言っています。

韓国民は自分の国の実力をあまりにも知らなすぎる。日本の国内総生産は
韓国の約4倍、さらに韓国は国内総生産の7割近くが対外貿易であり外国
の経済制裁に弱い体質の国家です。ちなみに日本の対外貿易比は3割弱
です.軍事力ランキングでも日本が圧倒的に上です。

しかも韓国のGDPの2割はサムスン1社で稼いでおり、韓国の輸出の中核
は半導体です。日本がフッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素の3品目な
どが停止すれば、韓国の半導体産業は壊滅的なダメージを受けます。これ
ら3品目は日本が世界市場の約80%を生産しているため、他国からの輸入
で代替えすることは難しい。もし出来たとしても品質が悪すぎる。

ちなみにサムスンの4〜6月期の営業益は56%減です。これは日本の韓国
に対する輸出規制強化まえの決算です。

韓国を懲らしめる方法はいくらでもある。例えば、いま韓国の全ての銀行が
信用が足りずに単独でLC、信用状すら発行できない状態になっています。
そのため日本のアジア開発銀行、みずほ銀行あたりが一応補償枠を与えて
います。それを撤廃すれば貿易は一切できません。このような韓国の弱点を
国民は全く知らない。おそらく文在寅大統領も知らないから日本に嫌がらせ
ができるのです。

かって韓国が3度の経済危機に襲われた際、日本は多額の経済援助をしま
した。しかし感謝するどころか、文句をつけてきたのです。このような国民と
話し合っても、いったい何が解決できるというのですか!

今まで日本が対話を呼びかけても完全に無視するのに、日本が半導体材料
の輸出管理を厳格化すると、日本を批判し国際社会に日本の悪口を撒き散
らします。文在寅は韓国民に真実を隠し、日韓両国民を対立させておきなが
ら白々しく、話し合いや未来志向を口にする、このような邪悪な馬鹿な大統
領を相手にしてはいけません。

日本国民は、韓国が因縁をつけ、いま問題になっている徴用工問題につい
てまず真実を知ってください。

これは1965年に日韓両国の請求放棄を取り決めた日韓請求協定を無視
する司法判断であり、国際法に照らしてありえない判断です。しかし韓国は
「個人の権利は残っている」と発言をする。

それに対して日本は日韓請求協定を結ぶ際、日本側は後のインネンつけを
懸念して個人補償を提案したが、韓国政府は、個人補償は韓国政府が行う
としたために、その金額を上乗せして日本側は支払った。そして両国は互い
の請求権について「完全かつ最終的に解決済み」とした。

ところがまたまた韓国はこの国際法を無視して、個人の権利は残っている
と言い出し、国際法は国内法に優先するということを全く無視して最高裁判
所が判決をだした。

文在寅は裁判所が下した判決だから仕方がない、三権分立だからといって
日本に知らん顔をする。しかし最高裁判事14人うち過半数の8人は文在寅
が直接任命しており、判決は文在寅の思い通りになる。つまり、いくら正義
を叫んでも、韓国相手では通用しません。イラつくだけです。

まず、徴用工という言葉に多くの人々は勘違いしている。まるで日本統治時
代に無理やり日本へ連れて来られた強制連行説を信じているが、実際には
自分の意思でやってきて日本企業の募集や徴用により労働した人たちです。

これを言うと彼らは日本人と朝鮮人の給料が違うと因縁をつけるが、当たり
前のことです。古くから努めている日本人と来たばかりの朝鮮人とでは
給料の差があるのは世界共通の事です。

いずれにしてもトランプ大統領は、在韓米軍撤退を急ぐはずです。
韓国民よ!この馬鹿な大統領の目的である北朝鮮との一体化を目指す
行為を受け入れるのですか?

日本国民と米国は、(GSOMIA)の破棄を受けて、死神男文在寅を見捨てる
覚悟が出来ました。

サラバ、死神マヌケ大統領



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります

私的憂国の書より転載

文在寅の“おかわり”宣言 〜 「一度合意をしたからといって終わりじゃない」

 ← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日書いた高野連の件だが、球児のポロシャツから日の丸を外す判断に対して一斉に批判が噴出し、炎上状態になったことを重く見たのか、一転して「今後は日の丸が入ったものを着用する」との見解を表明した。この見解には安堵したのだが、報道のその先の文章を読んで、ひっくり返りそうになった。テレ朝の報道には、「今後は日の丸が入ったものを着用するほか、試合でも日の丸のユニホームでプレーすることを決めました」とある。(現時点では記事が差し替えられ、この部分はカットされている。)

 私は一昨日の報道で、「移動中のポロシャツから日の丸が外される」という理解をしていたのだが、なんと高野連は、日本代表である球児のユニフォームからも、日の丸を外す方針だったということなのだ。まったく、この高野連という組織は腐りきっている。今回の措置で幕引きを図ろうとするなら大間違いだ。批判は続くと認識すべきだろう。

 U-18の野球ワールドカップが、今年、南朝鮮で開かれるという巡り合わせは、不幸としか形容のしようがない。今まさに、南鮮の異常性がいたるところでクローズアップされていて、それを指摘されて示す彼らのリアクションが、逆ギレとしか解釈しようがないものばかりなのだ。南鮮は、竹島周辺での軍事訓練を米国に「非生産的だ」と批判されたことに対し、ハリス大使を呼びつけ、GSOMIA破棄に対するトランプ政権の公の場での批判を『自制してほしい』と抗議したという。ところがその同日、シュライバー米国防次官補がワシントンで行われた講演で、GSOMIA破棄について「強い懸念と失望感を表明する」「韓国にGSOMIAを延長するよう要求する」と公に語った。ハリス大使は外交部に呼ばれた直後、在郷軍人会主催の講演を突然キャンセルしたそうで、米韓の距離が更に遠くなった傍証が次々と発覚している。

 普通の感覚を持っていさえすれば、このような同盟国のリアクションに対しては、客観的に分析し、コミュニケーションをとりながら、火消しを図るだろう。米国の意図を正しく理解し、日本との関係もこれ以上エスカレートさせないような対処を施すのが一般的だ。しかし文在寅は違う。問題を更にエスカレートしようと、対日批判を強めているのだ。

文大統領「日本は正直に」 輸出優遇国除外巡り批判 (朝日)
 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は29日午前の閣議で、日本政府が輸出手続きを簡略化できる優遇国から韓国を除外したことについて、「日本政府の態度はとても残念だ」と語った。日本側は措置の理由も明らかにしていないとし、「日本は正直であらねばならない」と述べた。

 文氏は、日本は歴史問題でも正直でないと指摘。「加害者が日本だということは動かせない歴史的な事実」とし、「一度、反省の言葉を述べたから反省が終わったとか、一度、合意をしたから過去が全て過ぎ去り、終わりになるというものではない」と批判した。

文在寅

 文氏はまた、日韓が領有権を争う島根県の竹島(韓国名・独島)を挙げ、「日本帝国主義の侵略の初めての犠牲となった独島を、自らの領土だと根拠のない主張に変化はない」と指摘した。この日の閣議は来年の予算案を確定させるために開かれており、文氏は「日本の経済報復のなかで強い経済、強い国に向かうため、政府の特別な意思を盛り込んだ予算案を編成した」とも主張した。(ソウル=神谷毅)

 文在寅の「一度、反省の言葉を述べたから反省が終わったとか、一度、合意をしたから過去が全て過ぎ去り、終わりになるというものではない」ということばには二つの意味がある。ひとつは「南鮮は日本に対して永遠にタカる」という宣言だ。日本は彼らに対して何べん謝罪したか、数えるのも面倒なので正確には不明だが、その回数は一度や二度ではない。しかし、文在寅の発言では、それが「一度」に変換されている。この「まだ謝罪が足りない」を可能にするロジックは、永遠に繰り返されるのだ。仮に何度謝罪したとしても、「おかわりはまだか!?」ということになる。

 もうひとつは、条約や国家間の約束など、何の効力も持たないということである。戦時出稼ぎ労働者(いわゆる徴用工)訴訟の判決問題は、1965年の日韓基本条約と日韓請求権協定の無視であり、反故の可能性を示唆するものだ。その条約で交わした約束事など、ひっくり返せるという論理だ。また、日韓で交わしたいわゆる慰安婦合意にしても同じく、「一度、合意をしたから過去が全て過ぎ去り、終わりになるというものではない」との見解を示し、「不可逆的な解決」を謳った日韓合意を無効とするものである。

 条約というものは「世界共通語」の部類に入るもので、国際社会における共通の価値観である。文在寅はこのことばを日本に対して発しているのだろうが、これを読む世界各国の政治リーダーたちには、「南朝鮮は条約や国家間約束を守らない国だ」と認識することになる。反日が過ぎて、「条約不遵守国」としての立場を表明したこの発言は、「恥ずべき国、南朝鮮」という認識を国際社会に広める可能性がある。

 こんな国を相手にしたら、対話も約束も不毛である。最初から約束を守らないと宣言している国に対し、新たな約束を結ぶ国など希少だろう。高野連も一般国民も、こんな下劣な国に忖度する必要など、一切ない。日本政府は、政府だけでなく日本国と国民が愚弄されていることを深く認識し、彼らに対する本格的な制裁を発動すべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング
[ 2019/08/30 07:09 ] 外交 | TB(0) CM(0) 
人気ブログランキングに参加しています。
まずはここをポチッとお願いします。 
 
 

旭日旗を安倍総理に結びつける朝日新聞
 
 
 
 
----------------------------
東京五輪での旭日旗やめて 韓国国会でIOCへ要求決議
韓国国会の文化体育観光委員会は29日、来年の東京五輪・パラリンピックの開催期間の前後に、競技場で旭日旗をあしらったユニホームを着たり、旭日旗を持ち込んだりして応援することを禁ずるよう、国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会に求める決議を採択した。
 
決議は、旭日旗が戦前に日本の帝国主義や軍国主義の象徴として使われたと指摘した。ナチスドイツのシンボル、ハーケンクロイツが、スポーツの国際大会を含む公式行事で使われてこなかったのに対し、旭日旗は制裁を受けずに応援の道具となっているとして「全世界に旭日旗が持つ歴史的な意味が誤って伝わっている点を憂慮する」としている。
(令和元年829日 朝日新聞)
----------------------------
 
バ韓国で「東京五輪・パラリンピック開催で旭日旗を禁じるように採択した」と、旭日が社旗の朝日新聞が報じた。
 
これってギャグか?
 
バ韓国は、この他にも「東京パラリンピックのメダルのデザインが旭日旗を連想する」として文句をつけたり、「会場周辺や選手村の食事が放射能だ」とイチャモンをつけているが、嫌なら来なくていい。
 
日本人のほとんどが朝鮮人は東京五輪に来てほしくないと思っている。
 
日本人は来ないことを望んでいるのだし、朝鮮人も日本行きを憂慮している。
 
ならば、お互いのためにここは遠慮するのが“常識”である。つまり「来なくていい」ということだ。
 
しかし、日本人と違って朝鮮人は「非常識」だが「常識」は全くない。
 
なぜなら朝鮮人は人間でないからだ。
 
その理由を述べる。
 
バ韓国では「韓国は建国5000年の輝かしい歴史と文化がある」として檀君朝鮮を建国の始まりとしている。
 
その建国とは、桓雄(かんゆう)が人間界に降りる時、クマとトラを連れて一緒に住んでいた。ある時クマは人間の女になり、桓雄も人間になって、二人は交わり、子供が生まれた。
 
この子供が朝鮮をつくった檀君王検である。
 
つまり朝鮮人は獣姦して誕生したもので、人間ではないのだ。
 
これが今のバ韓国が公式に認めている“輝かしき歴史”である。←ココ笑うところ!
 
 
さて、バカの話はここまでとして、九州では記録的な豪雨で被害が拡大しており、自衛隊に救助要請が相次いでいる。
 
そういう中、自衛隊の救助ボートは「旭日旗」を掲げて救助していた。
 
 
 
 
 
しかし、こういう見方をする者がいる。
 
 
何でも安倍総理につなげて批判するバカがいるが、これもその類である。
 
そんなに旭日旗が嫌なら、自分が被災した時は自衛隊に助けを求めるなよ、と言っておく。
 
・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。
旭日旗は日本の誇り、と思った方はここをポチッとお願いします。
                                   
 

新着記事

  • 【政治家の目線】日の丸外した高野連。武田良太・自民幹事長特別補佐「自ら日の丸を外すのなら、試合に参加しなくてよい。」【よく言ったと思った人はシェア】

    2019年08月29日【政治家の目線】日の丸外した高野連。武田良太・自民幹事長特別補佐「自ら日の丸を外すのなら、試合に参加しなくてよい。」【よく言ったと思った人はシェア】
        本日、武田良太先生に携帯で電話して「(産経の記事の件だが)Blogに書いていいか?」と確認をとった。どういう内容を書くかは協議していない。 本件はネットでも話題になっているニュースだが、より踏 … 続きを読む 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事