日本

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6942ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

人気ブログランキングに参加しています。
まずはここをポチッとお願いします。 
 
 

反天皇の青木理
 
 
在日局TBS「サンデーモーニング」(令和元年818日)、この日は日本の立場はまったく放送せずに、韓国の立場だけを放送する朝鮮オンパレードであった。
 
以下の画像はその一部である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
放送法もクソもない番組である。これは彼らの”在日”の血がそうさせたのだろう。
 
その中で反天皇の青木理はこのように述べた。
--------------------
「さっき『相変わらずの反日』っていうナレーションですが、これは朝鮮民族にとっての受難史なんです。36年も植民地支配されたというのがある。
 
ただ集会で掲げられたプラカードには『反日』ではなくてNO安倍』と書いてある。だから韓国の中で日本が全部悪いわけではない、悪いのは安倍政権なんじゃないか、それが正しいか正しくないかは別としてね。そういう意見が出てきている事に注目したい」
--------------------
 
韓国では”日本”が悪いのではなく”安倍総理”が悪いという意見が出てきたと青木理が言った。
 
それと同じようなことが朝日新聞の社説にも書かれていた。
--------------------
(社説)日本と韓国を考える 次代へ渡す互恵関係維持を
韓国を突き放すだけでは解決の道は開けない。もともと歴史問題をめぐって安倍政権は過去の反省に消極的だという評価がつきまとう。そこに抜きがたい韓国側の不信感があるその払拭のためには改めて朝鮮半島に関する歴史認識を明らかにすべきではないか。文政権による慰安婦合意の再評価と同時に安倍政権の認識を発する措置を話しあってはどうか。
(令和元年817日 朝日新聞)
--------------------
 
”日本人”が書いていない朝日新聞には「韓国には安倍政権に抜きがたい不信感がある」と韓国の立場で安倍総理に払拭するよう要求している。
 
もうわかったであろう。
 
経産省のパブコメでも日本人の95%が安倍政権の措置に賛同していて、この日本人の本気の怒りを目の当たりにした朝鮮人と日本の反日マスコミは「これ以上日本人を怒らせたら韓国がやっていけなくなる」ことに気付いたのだ。
 
だから矛先を変えて「韓国は日本が悪いとは思っていない。悪いのは安倍政権」と論点をすり替えて、日本の反日マスコミと連携しているのだ。
 
というか、この論点すり替えは日本の反日左翼(パヨク)が提案したのではないのか?
 
しかしバ韓国はバ韓国でしかない。
 
この期に及んでNO安倍ソング」をつくって集会で歌っていた。
 
 
バカ過ぎる!
 
だからバ韓国と言われるのだ。
 
こんなことをしても、もう日本人にはバ韓国人や反日マスコミの魂胆などすべてお見通しである。
 
バ韓国と日本の反日マスコミのご協力によって、安倍内閣の支持率は50.3となり、前回48.6%から1.7ポイント増えた(令和元年818日 共同通信)
 
これがバ韓国人や日本の反日マスコミへの日本人の答えである。
 
・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。
バ韓国と反日マスコミは何をやっても無駄、と思った方はここをポチッとお願いします。
                                   
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

【拡散】チベット本土からインドへ亡命した子供たちの絵

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
これは、「チベット本土からインドへ亡命した子供たちの絵」の絵本です。
子供の目から見た、「現実」とはどのようなものでしょうか。
恐らくそれはモニターを通じて見る知識とは異なり
迫真に迫るものがあると思います。
貴方はこれを見て、どのように感じますか?
 
This is a picture book collecting “those depicted by children who escaped from their home country TIBET to India.”
What is the REALITY of the circumstances surrounding Tibetans, as seen through the eyes of the children ?
These pictures, differing from images appearing on the computer screen, are sure to tell the reality to readers as it is.
How do you feel looking at them ?
For English
(英語は、google翻訳です。語学に堪能な方がいたらコメント欄で訳文をください。)
 
 
 
※ 試験的に、日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。
↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓
バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
 
 
(OGP画像)
OGP(チベットの絵本)
 
 
(日本語版)
0
 
 
 
11
 
 
 
12
 
 
 
13
 
 
 
14
 
 
 
15
 
 
 
16
 
 
 
17
 
 
 
18
 
 
 
19
 
 
 
20
 
 
 
21
 
 
 
英語版を飛ばす方はこちらをクリック
 
 
 
 
 
 
 
 
(English)
 
 
E1
 
 
 
E2
 
 
 
E3
 
 
 
E4
 
 
 
E5
 
 
 
E6
 
 
 
E7
 
 
 
E8
 
 
 
E9
E10
 
 
 
E11
 
 
 
E12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

私たちにできることは、何か。

 

本当の人権とは何か。

 

チベットの子供たちは、最後に何を訴えたのか。

 

中国を批判し、呪って、最後の言葉を締めたのか。

 

そうではないことに、実は衝撃を受けた。
(この画像の出典については、よく存じ上げている。)

 
 

私は政治家であり、そしてリアリストだ。

 

世界平和と叫ぶだけで平和になるわけではないことを知っている。

 

しかし、子供たちが呪いの言葉で最後を飾らなかったことを

 

「私は大人だから」と切って捨てる気にはなれない。

 

かといって、覇権主義を唱えるCHINAをこのまま放置せよとも言うつもりはない。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2019年 08月 18日

根拠は後から作ればいいのが朝鮮文化

人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
---------

まずはまとめサイトの記事から。

こちらの8月17日のモナニュース
の記事が興味深かったので取り上げます。

-----
皆さんこんにちは、モナニュース管理人です。

本日、ツイッター社よりDMCA通知が届きました。簡単に説明すると、「あるツイートが著作権侵害との申し立てがあったので非表示にした。異議申し立てするなら証拠付きで返信してくれ」といった感じの内容です。申立人はTBS社であり、当該ツイートにTBSのニュース番組のキャプチャー画像が使われていたため、著作権侵害で削除申請されたわけです。

こうした依頼はたまにくるので、通常なら記事にすることもない出来事なのですが、メールにはTBS社が同時に削除申請した複数ツイートのアドレスが記載されており、興味を惹かれた私は、どんなツイートに削除依頼したのか調べてみることにしました。


メールに記載されたツイートは合計6つありました。このうち以下の3つのツイートにつきましては、キャッシュが残っていなかったため、内容はわかりませんでした。

https://twitter.com/kitanihonganba/status/477930136017203200
https://twitter.com/ksm_mam/status/848704925144039424
https://twitter.com/honmo_takeshi/status/823183613575340034


そして残る3つのツイートですが、次のような内容でした。

>新宿区 建物に侵入し女性にわいせつ未遂の疑い、韓国籍で無職の尹俊赫容疑者(28)「覚えていない」と容疑を否認 容疑者は別の20代女性に性的暴行し先月逮捕 http://hosyusokuhou.jp/archives/48785082.html

先月逮捕されてるなら、何故強制送還しないんですか。日本は甘過ぎるのです。
2017年2月15日
https://twitter.com/Love_Deluxe_YY/status/831819012421980160


>作家・菅野完さんを書類送検、知人女性にわいせつ行為か TBS NEWS https://t.co/zXYJLTB0AB
菅野さんは仕事の打ち合わせで女性宅を訪れていて、容疑を認めているということですが、「女性と主張が違っている部分がある。キスしようとしてはいない」としています

ちょっと何言ってるかわからない。 
2019年5月22日
https://twitter.com/seabura_niboshi/status/1131127160205238272


>TBS政治部記者の白畑将一、スーパーでうなぎ万引きして現行犯逮捕 - モナニュース http://mona-news.com/archives/56645835.html ;
2016年3月15日
https://twitter.com/mnnws/status/709695837933207552


お分かり頂けましたでしょうか。

つまり、今回TBS社が削除申請したツイートのうち半分は、

1.韓国人のわいせつ事件
2.菅野完のわいせつ事件
3.TBS記者の不祥事

だったわけです。あまりに露骨な隠蔽工作だったため、まとめ記事にさせていただきました。

-----

今回のことでわかったのが
TBSがまとめサイトのツイートなどを過去に遡ってまで調べて

・韓国人のわいせつ事件
・菅野完のわいせつ事件
・TBS記者の不祥事

の3つを著作権侵害だーーと消しに来ていたということです。

アベマで橋下徹が辻元清美に関西生コンを突っ込んだ時の
辻元清美のみっともないごまかしのやりとりの動画は
アベマが徹底的に削除させようとしていて
ツイッターでは動画がアップされるたびにアベマに消されるということが起きています。

他の動画は放置でとにかく辻本と関西生コンという
不都合な真実の隠蔽に必死な朝日新聞グループのアベマ。

今回はTBSがなぜか自社の不祥事以外では
菅野完や韓国人のの件について過去に遡ってまで削除させている
ということがわかったのでTBSの立ち位置がよくわかったのではないかと思います。
さすがは在日テレビ局と言ったところでしょうか。



お次は「朝鮮人応募工タカリ訴訟」の件での韓国の記事から。
-----
【政府、強制徴用の謝罪を受け賠償を放棄する方案を提示…日本、拒否 】
・韓日政府の立場折衷…安倍「これ以上謝罪はない」 
・日本、韓国ホワイトリスト排除の施行令7日公布…28日発効 

政府は先月、日本との水面下の対話で、強制徴用に対して日本が謝罪すれば、賠償要求を放棄する案を提示したが、日本政府はこれ以上謝罪はないという立場を固守したという。 
13日、外交消息筋によると、韓日葛藤の始発点とされる昨年10月の強制徴用賠償判決と関連し、日本が強制徴用に対して謝罪すれば、韓国政府が補償を要求しない案が韓日両国間の水面下の対話で協議された。 

徴用問題の不法性を認めさせようという韓国政府と、徴用問題はすでに解決済みとする日本の立場を折衷したもの。 
日本は、徴用被害者などに対する補償問題は1965年の韓日請求権協定締結当時、韓国側に提供された有・無償経済協力を通じて「すべて解決した」という立場だ。 

安倍晋三首相は、これ以上謝罪はないという立場を固守している上、韓国側が被害者に賠償放棄を促せるとは信じられないため、日本政府は韓国側の提案を受け入れなかったという。 
安倍首相は今月6日、請求権協定を取り上げ、「最大の問題は、国家間の約束の遵守可否、信頼の問題だ。韓国が一方的に国交正常化の基盤となった国際条約を破っている」とし、報復的な輸出規制は過去史の問題のためだという認識を示した。 

これに先立ち、6月19日、韓国政府は「1+1」(日本企業と韓国企業の自発的出捐金で財源を造成して、被害者に慰謝料を支給)の提案をしたが、日本政府は直ちに拒否した。 
これと関連して、強制徴用被害者たちの訴訟代理人団と支援団は6月、政府の提案と関連して文書を発表し、強制徴用問題解決の議論には、△歴史的事実認定とそれに対する心からの謝罪△賠償を含む適正な被害の回復措置△被害者に対する追悼と歴史的教育などを通じた再発防止の努力が含まれなければならないと主張した。 

日本は韓国を戦略物資管理友好国リストであるホワイトリスト(ホワイト国)から排除する施行令改正案を今月2日、閣議で決定し、7日に公布した。 
発効は28日だ。これに先立ち、先月4日には半導体・ディスプレイ素材3品目に対する輸出規制を強化したことがある。 
(2019/8/14 news1  リンク先韓国語)

-----

かつて
「慰安婦問題を謝罪してくれればすべて水に流す」
と言われてそのとおり謝罪した宮沢内閣というのがありました。

韓国政府は従軍慰安婦強制連行というのが作り話であることをよくわかっていました。
お得意の毎回内容が変わる思いつきの証言だけで証拠がありませんでした。

韓国政府は日本にたかるために朝日新聞が社を挙げて広げた
従軍慰安婦強制連行というデマを事実にさせるための根拠がほしかったのです。

宮沢内閣が選挙で負けたことで内閣総辞職が確定し、
あと数日で内閣が交代になるというところで
どさくさ紛れに出されたのが河野談話でした。

韓国はこれでまんまと日本を騙して
まったく根拠の無い作り話だった従軍慰安婦強制連行という物語を
「日本が謝っているじゃないか!それが証拠だ!」
と世界に宣伝をしていきました。

ですので従軍慰安婦強制連行について
韓国側が根拠としているのは河野談話と朝日新聞の記事だったりします。

日本人だったら?マークがいっぱい並んでしまうところだと思いますが、
彼の国では正当性の順序は特に問わないのです。

日本が謝罪した、つまり日本は序列で韓国の下位に入る事を認めた。

これでそれまで韓国側がいかにデタラメを言おうとも
その後いかに韓国側がデタラメを言おうとももう事実なのです。

普通の日本人にはおおよそ理解できないと思いますが、
彼の国は本当にまともな文明国のそれとは考え方を異にするのです。

火器管制レーダー照射問題でも同じロジックが使われました。

どのような矛盾をしていようと、
それこそたった今自分が発言した内容にすら矛盾する内容であろうと
彼らにとってはいっこうにかまわないのです。

とにかく相手が悪い事にさせて自分たちが被害者ポジションを取れば
あとはマウントして一方的に殴り続けられるから
日本はとっとと謝罪して認めろというわけです。

そして謝罪をした瞬間に序列の上下が確定し、
序列が下位のものは上位のものに何をされても文句を言えない
という朝鮮文化によるマウントからのパンチが延々と繰り出されるのです。

そして文政権はおよそ30年前に日本を騙したのと同じ手口
「謝罪さえしてくれればすべて水に流すから」
という水面下での口約束で
日本に朝鮮人応募工のタカリ裁判問題を謝罪させようとしていたわけです。

これで日本が謝罪すればそれを朝鮮人応募工問題の根拠だと言って
従軍慰安婦強制連行と同じく永遠にタカリ続けるネタに育てられる
という考えだったわけです。
ですが、安倍内閣にそんな手が通じませんでしたという記事です。

「騙される方が悪い。騙した方は悪くない」
という文化に支えられているので
平然とこういうことを繰り返すのが彼の国の人達の基本形
と言ったところでしょうか。

すでに日本では韓国が嘘つきであることが広まっていますので、
TBSなどのマスゴミがせっせと韓国人やそのお仲間の不祥事ばかり削除させて
隠蔽させようとしたところでもう手遅れだと思います。

嘘つきで約束破りの常習犯という韓国の実態は
もう腐るほど実例が出てきてしまって
日本国民にとって常識になってしまいましたからね。

だからこそ、ホワイト国除外で散々マスゴミが
「輸出規制」というデマを使って日本側が
感情的な報復で行ったかのように印象操作したのに
パブリックコメントで95%がホワイト国除外に賛成する
という結果に終わったのだろうと思います。


そして今回の件については外務大臣が外務省をあまり動かさず、
経産省マターであるため経産省が世耕大臣の下できちっと動いた結果でもあります。

日本の外務省の官僚達の糞っぷりは枚挙にいとまがありません。

こちらの記事をご覧ください。

-----
【小倉元駐韓大使「日韓関係を根本的に立て直すには、日本と北朝鮮の国交正常化しかない」】
「日韓関係に本格的にメスを入れ、根本的に立て直そうとするなら、そのきっかけは、日本と北朝鮮の国交正常化しかない」。日本の代表的知韓派外交元老である小倉和夫元駐韓日本大使(80、在任期間1977〜79年)が15日、日本経済新聞のインタビューで悪化した韓日関係を改善する根本的な解決策として日朝の国交正常化を提示した。 

強制徴用判決をめぐる韓日両国間の葛藤に関し日朝国交正常化の交渉過程に妥結の突破口を見出そうという意味だ。韓日は1965年の国交正常化に至る14年間の交渉の度に徴用被害賠償などをめぐり激しく対立した。その結果が請求権協定だ。小倉氏は日本と北朝鮮の国交正常化交渉の過程でも歴史の清算が核心的争点になると考えこの提案を出したものと思われる。これについて小倉氏は「(日朝国交正常化した場合)元徴用工を含めた過去のすべての問題を朝鮮半島全体でもう一度取り上げ、再清算しなければならなくなるからだ」と提案の背景を説明した。 

小倉前大使は「北朝鮮への対応の差は日韓関係がこじれる一因」とし「北朝鮮の脅威をめぐる日韓の意見が異なると、韓国ではすぐ反日に結び付く」と指摘した。また、「日朝の国交正常化は長い目でみて、韓国の反日運動も沈静化させる」と主張した。 

懸案である日本の対韓国輸出規制措置に関し、小倉氏は「両国が幅広く協議する日韓ハイレベル会合を設けて次元を変えて議論していくのが事態打開への近道だろう」とし「本当の未来志向とは、未来につなげる次元で考えることだ」と述べた。小倉氏は韓国が対抗措置として検討している世界貿易機関(WTO)への提訴に否定的な立場を明らかにした。小倉氏は「自由貿易とは公平、公正で正しい秩序の下で行うことを前提にする」とし「自由貿易に反するという韓国側の主張はおかしい」と主張した。続いて韓国政府の部品・素材の国産化政策にも批判的だ。国産化を担うべき中小企業が不足している状態で、結果的には大企業への依存度が深刻化するという主張だ。結局、文在寅(ムン・ジェイン)政権の反財閥基調と相反する逆説的現実につながるのではないかということだ。小倉氏は「韓国経済を支える輸出産業は国際競争が最も激しい」とし「世界的ネットワークを活用し、安く良いモノをうまく調達することで成り立っている」と強調した。
(2019/8/16 中央日報)

-----

日朝国交正常化で2兆円は日本が出すはずだから
というのを韓国の歴代政権は財源の根拠にしてきました。

有田芳生など日本国内のいわゆる反日日本人どもが
やたらと北朝鮮との国交正常化を繰り返すのは
金がほしい北朝鮮の代弁をしているからです。

北朝鮮にとっちゃ国家予算の6年分になるんですからね。

だから田中均など外務省出身の大物扱いされている反日日本人どもも
北朝鮮との国交正常化を優先しろと繰り返すのです。

この小倉元大使も赤文字にした部分を読めばわかると思いますが、
日韓ハイレベル会合を設けてより広範に規制緩和を協議させようという話は
「日本側にとってはデメリットと持ち出ししかなく、得られるメリットはほぼ皆無」
という事実を無視しています。

日本側が国益を捨てて譲歩して韓国と仲良くなればいいんですよというのが
これまでずっと外務省がやってきた外交でした。

結局はこの延長線上からまったくブレていないと言っていいでしょう。

だいたい、今回のホワイト国除外だって
世界的に対テロの枠組みの一つとして
武器製造に転用可能な物資の流通を管理するために
輸出管理を強化するということを世界各国が進めてきた中で
日本も2017年に外為法を改正して対応したものの、
韓国文政権はこうした動きを一切無視しつづけて
法整備を行わないままにしていたためです。

このまま韓国に輸出を続けていて
韓国側の転用、転売などが規制対象国などへ行われていることが
国際的に規制対象にされたら日本も巻き込まれかねない。
そうなれば欧米の市場を失いかねないので
韓国側に対してエビデンスの提出と協議を要請し続けたのです。

ところが文政権になってから不正が加速し、
むしろ文政権は不正をビジネスにし始めたので
日本側からの要請に応じるわけにはいかないと
日本側からの協議要請を3年も無視し続けたわけです。

自分たちに都合の悪い事は一切認めない姿勢の明らかな文政権と協議したところで
「ウリ達は一切譲歩しないニダ!日本が譲歩するのが当然ニダ!」
と言われるどころか
「日本はウリ達の主張を認めてホワイト国除外を撤回すると言ったニダ!約束を守れニダ!」
とおそらく言ってもいないことを言ったことにして宣伝しようとするでしょう。

事実、防衛省幹部との会談でも外務大臣の会談でも、防衛大臣の会談でも、
会談後に韓国側が自分たちの主張に都合がいいように
日本側が言ってもいないことを言ったことにして宣伝してきました。

少なくとも文政権が日本側に「非公開」を求めてきた協議は
必ず日本側が言ってもいないことを言ったことにしてきました。

韓国側が一方的に日本を騙し続けてきたのです。

韓国側が一方的に自分たちの信用を潰してきたのです。
こんな中で日韓ハイレベル会合なんてものをやれるはずがありません。

いかに外務省の官僚達がロクデナシ集団であったかよくわかります。
外務省に外交をやらせてはいけないという実例の一つだと言っていいでしょう。

他の国の外交官は「自国の利益を守る」という当たり前の立場に立って物を言うのに、
日本の外務省は
「相手側の立場に立って日本がまず譲歩する」
から思考をスタートしているのですから、
これまでの日本の外交が負けしか無かった理由がよくわかります。

第二次安倍内閣になって安倍総理主導で
内閣主導の外交姿勢になっているのでうまくいっているところが大きいと思います。

外務省に任せていたら日本はまだまだ国益を失い続けていたでしょう。

そして外務省が譲歩に譲歩を重ねて
韓国側をさらに付け上がらせることになっていただろうと思います。

そうなれば当然文政権は「もっといけるんだ」と思い込み、
無能な文在寅の反日煽りを加速させるだけになっていたでしょう。

それは日本国民の政治不信を加速させ、
韓国嫌いをさらにより強いものにさせることになっていたでしょう。

日韓友好を殊更に叫ぶ人達はこそ安倍外交を評価すべきです。
外務省に任せるよりも日韓関係をよりマシな状態にとどめている事実を認めた方がよいでしょう。

---------
↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

三橋経済塾より転載

 三日間にかけて「悪魔も怯えるほど邪なグローバリストたち」について書いてきましたが、大本には(というか「始まりが」)緊縮財政があるということをご理解頂けたのではないかと思います。

 地方自治体の地方交付税交付金を削り、行政サービスを民間丸投げにしよう、シェアリング・エコノミー!
 氷河期世代を救うために、JGP的な予算は使わない。派遣会社に対応丸投げすれば安く済むじゃん!
 消費税増税で小売業界が踵くなる? じゃあ、九か月間限定のポイント還元措置をしよう。その後? 知らねえ。

 すべての始まりは「緊縮財政」です。政府はカネを使わない。つまりはサービスを提供しない。

 日本政府は「国家の店じまい」に入っているのです。
 
『就農支援 交付できぬ 予算減額で自治体混乱
 新規就農者を支援する国の「農業次世代人材投資事業」の2019年度予算の減額で、地方自治体が対応に苦慮している。経営開始型の新規採択を予定する新規就農者に対し交付をいまだ決定できない自治体や、全額交付の確約がないまま半額分の上期支払いを決定した自治体もある。現場の混乱に、農水省は「必要性が高い人に優先的に配分してほしい」とする。
◆追加配分 要望相次ぐ
 同事業は12年度に前身の就農給付金事業から始まり、就農前の研修期間に最大150万円を2年間交付する準備型と、定着に向け最長5年間同額を交付する経営開始型の2本立てで構成する。19年度からは年齢を原則45歳未満から50歳未満に引き上げ、対象を拡大したにもかかわらず、予算は154億7000万円で、18年度の175億3400万円に比べて12%、20億円以上減額した。(後略)』
 
 この、惨めさ・・・、半端ない。

 食料自給率が低下していっている我が国において、就農支援は正しい施策だと思います。

 それにも関わらず、容赦なく「予算削減」というわけで、就農支援前提で農業に新規参入した人々にとってはたまったものではないでしょう。
 
【歴史音声コンテンツ 経世史論】
http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/
※特別コンテンツとして「MMTポリティクス(第二回)」が視聴可能となっています。是非、ご入会下さい。
 
 後略部にありますが、佐賀県は約束の支援金を支払えなくなり、
「万が一、国からの予算がこのまま大きく足りない状況だと、半額しかもらえない若者が出てきてしまう。そうならないよう、農水省に強くお願いする」
 とのことですが、大本に「緊縮財政」がある以上、農水省としても何もできないのではないかと危惧しています。

 特に、農水省は奥原正明次官時代に、パワーを大きくそぎ落とされてしまいました。
 緊縮財政で予算を制限される上、組織的に「国民の農業派」が左遷され、新自由主義者たちが主流になってしまった農水省のことですから、
「予算削減で農業への新規参入者が困窮しているといっても、そんなものは本人の自己責任でしょ
 と、切り捨てかねません。

 それ以前に、農水省が予算増額を求めたら、財務省は間違いなく、
「いいよ、じゃあ、代わりに何を削るの?」
 と言ってきます(言ってくるそうです)。

 つまりは、緊縮財政路線が続く限り、我が国の行政は「何もできない」方向に追い込まれていくことになる、追い込まれつつあるという話でございます。

 日本国民は、早急に、
1.自国通貨建て国債しか発行していない日本国に財政的な予算制約はない。(財政破綻の可能性はゼロ)
2.現状の緊縮財政は「国家の店じまい」であり、政府が役割を放棄しつつある
 という「現実」を理解し、政治を動かさなければなりません。

 日本国民は国家の店じまいにより、保護や安全や安定を次々に奪われ、弱肉強食のサバンナに非武装で放り込まれようとしているのです。
 
「日本の国家の店じまいは許さない」にご賛同下さる方は↓このリンクをクリックを!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

韓国が北朝鮮に弾道ミサイル供与!?北のミサイルが米軍の「ATACMS=エイタクムス」に酷似!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング

http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/d_02.gif
FC2 ブログランキング


20190818韓国が北朝鮮に弾道ミサイル供与!?北のミサイルが米軍の「ATACMS=エイタクムス」に酷似!
左:北朝鮮が8月10日発射したミサイル 右:米軍の「ATACMS=エイタクムス」


http://www.zakzak.co.jp/soc/news/190817/for1908170001-n1.html
北朝鮮のミサイル、米国製と酷似で“機密漏洩”疑惑浮上! もし「某国」が横流しなら…東アジアの安保環境“激変”の大事態に
2019.8.17、zakzak

「某国」による横流し疑惑のある北朝鮮の飛翔体(コリアメディア提供・共同)
「某国」による横流し疑惑のある北朝鮮の飛翔体(コリアメディア提供・共同)

北朝鮮のミサイルをめぐり、驚くべき分析が注目されている。東部・咸興(ハムフン)付近から10日、日本海に発射された短距離弾道ミサイルとみられる2発の飛翔(ひしょう)体が、米軍の戦術ミサイル「ATACMS(エイタクムス)」に酷似しているというのだ。まさか、米国のミサイル技術が漏洩(ろうえい)したのか? それともミサイル本体が横流しされたのか? 識者が疑惑視する「某国」の存在とは。北朝鮮は16日朝も日本海に飛翔体を発射した。東アジアの安全保障環境を激変させかねない疑惑に迫った。


「初めに画像を見たときは、非常に驚いた。軍事専門家が見れば、米軍のエイタクムスに似ていることは分かる。ミサイル本体が横流しされた可能性が濃厚ではないか」

こう語るのは、元防衛省の情報分析官で、軍事アナリストの西村金一(きんいち)氏だ。韓国海軍駆逐艦によるレーダー照射事件の際、韓国国防省が「海上自衛隊の哨戒機が威嚇飛行した」として公開した画像の“捏造(ねつぞう)疑惑”を暴いた人物である。

北朝鮮の朝鮮中央通信は11日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が前日、「新兵器」の試射を視察したことを、発射画像とともに報じた。正恩氏は「わが国の地形条件と戦法の要求に即して開発され、既存の兵器体系とは違う優れた戦術的特性を持つ」と評価したという。

今年5月以降、北朝鮮は短距離弾道ミサイルを繰り返し発射してきたが、北朝鮮が10日に発射したミサイルは、これまでとは違う別の新型戦術地対地弾道ミサイルとの見方が出ている。

韓国軍によると、問題のミサイルは約400キロ飛行し、高度は約48キロ。飛行速度はマッハ6・1以上という。ロシアの高性能弾道ミサイル「イスカンデル」の北朝鮮版の可能性が高いと分析しているが、前出の西村氏は違う見方をする。

「北朝鮮が画像を公開したミサイルの形状自体が、エイタクムスに似ている。加えて、ミサイル2発を搭載する発射機も、米軍以外に世界には存在しない。(サイバー攻撃などで)設計図やミサイル技術が流出した可能性もあるが、莫大(ばくだい)な開発時間と資金が必要となる。ミサイル本体が北朝鮮に渡ったのではないか」

2つのミサイルの写真を比べると、確かに似ている気がする。

米軍の戦術ミサイル「エイタクムス」は、全長約4メートル、直径約60センチ、射程約300キロ。対艦、対地攻撃に高い能力を有する。製造するロッキード・マーティン社のかつてのHPには、導入国として、米国や韓国、バーレーン、ギリシャ、トルコなどの名前が記されていた。

ちなみに、ロシアのミサイル「イスカンデルM」は、全長約7メートル、直径約95センチ、射程約400キロである。

ドナルド・トランプ米大統領は今月1日、北朝鮮の短距離ミサイル発射について、「状況は完全に制御されている」「短距離ミサイルであり、問題視しない」と、ホワイトハウスで記者団に語っていた。

しかし、9日後に北朝鮮が発射したミサイルが、万が一、自国のミサイルと酷似していると確認されれば、同じ対応をするだろうか。

実は、西村氏はネット上で「某国」に対する疑惑を指摘している。その推測が事実となれば大事件だ。西村氏は「米国はすでに気付いているのではないか」と推測する。

あまりに重大な疑惑だけに、別の識者の意見も聞いてみた。

評論家で軍事ジャーナリストの潮匡人氏は「ロシア製のイスカンデルが応用されたとみる方が常識的ではある」といい、続けた。

「ただ、今回のミサイルは、途中でホップアップする軌道を描くなど、技術の飛躍が普通ではない。もし、『某国』による横流しが事実となればケタ違いの大問題になる」

今後の展開に注目したい。


>北朝鮮のミサイルをめぐり、驚くべき分析が注目されている。東部・咸興(ハムフン)付近から10日、日本海に発射された短距離弾道ミサイルとみられる2発の飛翔(ひしょう)体が、米軍の戦術ミサイル「ATACMS(エイタクムス)」に酷似しているというのだ。


韓国は、日本から輸入したエッチングガス(高純度フッ化水素)などの戦略物資に飽き足らず、米国から導入した弾道ミサイルまで違法に流出させて北朝鮮に横流ししたのか?!





>「初めに画像を見たときは、非常に驚いた。軍事専門家が見れば、米軍のエイタクムスに似ていることは分かる。ミサイル本体が横流しされた可能性が濃厚ではないか」
>こう語るのは、元防衛省の情報分析官で、軍事アナリストの西村金一(きんいち)氏だ。



8月10日、北朝鮮は、「新兵器」と称するミサイルを発射した後、すぐに「朝鮮中央通信」「労働新聞」などに画像(写真)を掲載した!
北朝鮮が2019年8月10日早朝に試射した新兵器。新型の短距離弾道ミサイルとみられる=朝鮮中央通信のホームページから朝日新聞が掲載
北朝鮮が2019年8月10日早朝に試射した新兵器。新型の短距離弾道ミサイルとみられる=朝鮮中央通信のホームページから朝日新聞が掲載

朝鮮が2019年8月10日早朝に行った「新兵器」の試射とみられる写真=労働新聞ホームページから朝日新聞
北朝鮮が2019年8月10日早朝に行った「新兵器」の試射とみられる写真=労働新聞ホームページから朝日新聞が掲載

2019年8月10日の発射を視察する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=労働新聞ホームページから朝日新聞が掲載
2019年8月10日の発射を視察する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=労働新聞ホームページから朝日新聞が掲載
(金正恩や朝日新聞の喜びが伝わって来るような写真だ)




北朝鮮「新兵器」ミサイルを発射した後、同月14日に元防衛省の情報分析官で軍事アナリストの西村金一氏は、JBpress【驚愕、韓国が北朝鮮に弾道ミサイル供与か——中国やロシア製ではなく韓国陸軍も装備する米軍ATACMSに酷似】というタイトルで北朝鮮の「新兵器」ミサイルの写真と米軍のATACMSの写真を添付した記事を掲載した。

かなり長文なので、重要と思われる前半の部分を転載する。

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57307
驚愕、韓国が北朝鮮に弾道ミサイル供与か
中国やロシア製ではなく韓国陸軍も装備する米軍ATACMSに酷似
2019.8.14(水)、JBpress
西村 金一

北朝鮮が8月10日に打ち上げたミサイルの映像を見る人。韓国の首都ソウルで(写真:AP/アフロ)驚愕、韓国が北朝鮮に弾道ミサイル供与か——中国やロシア製ではなく韓国陸軍も装備する米軍ATACMSに酷似
北朝鮮が8月10日に打ち上げたミサイルの映像を見る人。韓国の首都ソウルで(写真:AP/アフロ)

北朝鮮は8月10日、新たな飛翔体を発射し、「もう一つの新しい兵器システム」を完成させたと公表した。

韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が10日に短距離弾道ミサイル2発を発射したと発表。高度は約48キロ、飛翔距離は約400キロ、最大飛行速度はマッハ6.1以上で、ロシア製「イスカンデル」の北朝鮮版「KN23ミサイル」の可能性が高いと分析した。

今回のミサイル発射の焦点は、「性能がどうか」というものではなく、米国製の兵器が北朝鮮に流れている可能性があるということだ。

■1.8月10日のミサイル発射情報は、米韓軍事同盟関係を揺るがす

なぜなら、朝鮮中央通信8月11日のミサイル発射の写真は、極めて衝撃的なものであった。

北朝鮮が公表した写真のミサイルと韓国軍が分析し推測した「KN23ミサイル」とは、全く異なっていた。

驚いたことに、北朝鮮が掲載したミサイルは、韓国陸軍も装備する米軍のATACMS(Army Tactical Missile System)に極めて類似しているのだ。

ATACMSのミサイル部分は、韓国の固定サイロに入っている「玄武2号A」としても採用されているものだ。

ということは、韓国か北朝鮮のどちらかが、嘘をついていることになる。

もし、北朝鮮の映像が正しければ、韓国は嘘をついており、米軍から韓国に供与された兵器が北朝鮮に流れている可能性が出てくる。

米韓軍事同盟関係を揺るがす大事件に発展する可能性が十分にある。一方、北朝鮮が嘘の情報を流しているのであれば、米韓軍事同盟を離間させるための情報工作ということになる。

左:北朝鮮が8月10日発射したとするミサイル 右:米軍のATACMS(出典)左:朝鮮中央通信8月11日、右:CSIS MISSILE THREAT
左:北朝鮮が8月10日発射したとするミサイル 右:米軍のATACMS(出典)左:朝鮮中央通信8月11日、右:CSIS MISSILE THREAT

■2.韓国の分析結果と北朝鮮公表は、どちらが正しいのか

北朝鮮がこの日公開した写真が、どこからか持ってきた写真ではなく、本物の実射の映像であるならば、これまで、北朝鮮が公開したことのない戦術地対地ミサイルであり、これは、ATACMSに酷似している。

このミサイルは韓国の玄武2A型にも似ている。

最近、韓国軍合同参謀本部の発表には、「誤り」があったり、あるいは「文在寅政権の北朝鮮を刺激しないためのうそ」があったりもした。

北朝鮮中央通信の情報写真には、時にはトリックがあったのも事実である。今回の場合、北朝鮮と韓国のどちらの主張が正しいのであろうか。

韓国の弾道飛翔のデータ、特に弾道の飛翔距離と高度からは、韓国の分析が正しいと評価できる。

韓国が公表している飛距離が400キロであれば、ATACMSの能力をはるかに超えている。 

だが、もし、本当に北朝鮮が米国製のATACMSを発射したとされるならば、この兵器は、韓国から流出したという可能性を疑われることになる。そのため、韓国としては、北朝鮮の情報を否定したいという心理が働くであろう。

北朝鮮の立場で見てみれば、最近は、北朝鮮のミサイル発射の映像には、トリックが少ない。今、嘘情報を発信して、米韓同盟を引き裂くことが必要なのかどうかを考えると、嘘がばれた場合の北朝鮮の痛手の方が大きいと考える。

とはいえ、韓国か北朝鮮のどちらかに、「うそ」か「誤り」が確実にある。

■3.北朝鮮の主張が正しいのであれば、韓国に大きな問題が潜んでいる

北朝鮮がATACMSに酷似のミサイルを発射したこととする。するとなぜ、韓国にある兵器が北朝鮮にあるのか。

北朝鮮に米国製のミサイルそのもの、あるいは設計図が北朝鮮に流れた可能性があるということだ。

北朝鮮のミサイルは、これまでロシアや中国の兵器や部品を使用していた。だが、今回のミサイルは、ロシアや中国には、類似したものも含め一切ないものだ。

北朝鮮のこれまでの技術力から見て、北朝鮮が独自で開発したとは考えにくい。では、このミサイルがどこから北朝鮮に渡ったのであろうか。

考えられるのは、①闇の兵器商人(死の商人とも呼ばれる)②韓国からの密輸の2つだ。 

北朝鮮が5月から7月にかけて発射した、「KN23ミサイル」が、韓国装備の玄武ⅡBに類似していることと考え合わせると、韓国から技術が漏れているか、渡されているかの可能性があると見るべきだろう。

歴史上、旧ソ連(ロシア)や中国から北朝鮮に対して、兵器が供与されてきたのは事実である。今まで北朝鮮が開発してきたミサイルは、ロシアや中国兵器のコピーだ。

だが、今回のものは、西側の兵器、米国製と類似している。北朝鮮の歴史始まって以来、初めてのことだ。

どのように渡ったのかは、今のところ断定できない。今後の調査に期待したいところだが、今、一番の容疑者は韓国だ。

もし韓国とすれば、米国の技術や兵器転用品が北朝鮮に渡っているということだ。今後も渡る可能性がある。
(以下略)





>韓国軍によると、問題のミサイルは約400キロ飛行し、高度は約48キロ。飛行速度はマッハ6・1以上という。ロシアの高性能弾道ミサイル「イスカンデル」の北朝鮮版の可能性が高いと分析しているが、前出の西村氏は違う見方をする。
>「北朝鮮が画像を公開したミサイルの形状自体が、エイタクムスに似ている。加えて、ミサイル2発を搭載する発射機も、米軍以外に世界には存在しない。(サイバー攻撃などで)設計図やミサイル技術が流出した可能性もあるが、莫大(ばくだい)な開発時間と資金が必要となる。ミサイル本体が北朝鮮に渡ったのではないか」
>2つのミサイルの写真を比べると、確かに似ている気がする。



ミサイルの色の塗り方を違えているが、ミサイルの形状ミサイル2発を搭載する発射機などは確かに似ている!
左:北朝鮮が8月10日発射したとするミサイル 右:米軍のATACMS(出典)左:朝鮮中央通信8月11日、右:CSIS MISSILE THREAT





>米軍の戦術ミサイル「エイタクムス」は、全長約4メートル、直径約60センチ、射程約300キロ。対艦、対地攻撃に高い能力を有する。製造するロッキード・マーティン社のかつてのHPには、導入国として、米国や韓国、バーレーン、ギリシャ、トルコなどの名前が記されていた。


韓国は、日本から輸入したエッチングガス(高純度フッ化水素)などの戦略物資を違法流出しただけではなく、米国から導入した戦術ミサイル「エイタクムス」まで違法流出させて北朝鮮に横流しした嫌疑が濃厚となってきた。
2019年6月3日に米韓国防相会談で、米韓連合司令部の平沢移転と、韓国側の連合司令官就任を決定し、それに伴いソウルの米国人学校も閉鎖することにした!





>実は、西村氏はネット上で「某国」に対する疑惑を指摘している。その推測が事実となれば大事件だ。西村氏は「米国はすでに気付いているのではないか」と推測する。


私も、西村氏の推測に同意する。

米国のトランプ政権は、既に韓国の文在寅が、完全に米国を裏切って北朝鮮や支那に寝返ろうとしていることに気が付いている。

現実問題としてトランプ政権は、既に在韓米軍を撤退(撤収)させようとして動いている!

韓国の文在寅政権は、悲願である南北赤化統一と外貨稼ぎの一石二鳥のために、日本から輸入したエッチングガス(高純度フッ化水素)などの戦略物資を北朝鮮やイランやシリアやパキスタンや国際テロ組織などに横流し(違法輸出)していることは確実であり、米国から導入した戦術ミサイル「エイタクムス」などを北朝鮮に横流しした嫌疑も濃厚だ!

北朝鮮は、外貨稼ぎのために、これまで濃縮ウランやプルトニウムなど核兵器の素材を支那経由でイランに密輸してきた!

アメリカは北朝鮮とイランに対して相当怒っているが、近年になって北朝鮮やイランの核開発やミサイル開発が急速に進んでいる根本原因が韓国にあるとすれば全て辻褄が合う!

しかも、アメリカは、イランや北朝鮮が何か目立ったことを起こせば、軍事攻撃をしかねない一触即発の状態だ!

2019年6月3日に米韓国防相会談で、米韓連合司令部の平沢移転と、韓国側の連合司令官就任を決定し、それに伴いソウルの米国人学校も閉鎖することにした!

いよいよ、アメリカは、何かあった際には北朝鮮への軍事攻撃もし易くする準備に入ったのだ!

2019年6月3日に米韓国防相会談で、米韓連合司令部の平沢移転と、韓国側の連合司令官就任を決定し、それに伴いソウルの米国人学校も閉鎖することにした!



考えてみれば、文在寅は、2017年の韓国大統領選挙前から、親北、反日、反米の「北朝鮮工作員」として有名だった!(関連記事

文在寅にとっては、もともと韓国が北朝鮮と仲良くなって、日本や米国の敵となることが念願・悲願だったのだ!

実際に2017年に韓国大統領となった文在寅は、韓国が北朝鮮と統一され、米国や日本の敵になるための行動を着々を実行している。

実際に2017年に韓国大統領となった文在寅は、韓国が北朝鮮と統一され、米国や日本の敵になるための行動を着々を実行している。

実際に2017年に韓国大統領となった文在寅は、韓国が北朝鮮と統一され、米国や日本の敵になるための行動を着々を実行している。

実際に2017年に韓国大統領となった文在寅は、韓国が北朝鮮と統一され、米国や日本の敵になるための行動を着々を実行している。


実際に2017年に韓国大統領となった文在寅は、韓国が北朝鮮と統一され、米国や日本の敵になるための行動を着々を実行している。

実際に2017年に韓国大統領となった文在寅は、韓国が北朝鮮と統一され、米国や日本の敵になるための行動を着々を実行している。



文在寅としても、いきなり「米韓同盟を破棄して、北朝鮮と一緒になります」と宣言して実行しようとすれば、韓国内からの反発も噴出して失敗する。

また、文在寅政権が南北統一と外貨稼ぎの一石二鳥のために日本から輸入したエッチングガス(高純度フッ化水素)などの戦略物資を北朝鮮やイランやシリアやパキスタンや国際テロ組織などに横流し(違法輸出)しているだけでなく、米国から導入した戦術ミサイル「エイタクムス」などを北朝鮮に横流していることまで明確にバレたら、流石に米韓同盟はお終いになる!

文在寅政権はできるだけ長くバレないようにする努力はするが、もともと朝鮮半島の南北統一こそが最大の悲願だから万が一バレてしまって米韓同盟が終わっても仕方ないと考えて行動している。

朝鮮半島は1000年以上の長きに亘って歴代支那帝国の属国だったため、南北朝鮮人は仲間や同盟相手を騙すことは生存のために必要不可欠な戦術・技術・道徳・伝統文化なのだ!

卑怯で姑息な者が生き残って最大の利益を得ることができる支那大陸や朝鮮半島の者どもは、日本流の誠実さや正直さや約束厳守やルール厳守の実践なんて理解できない!

朝鮮半島は、20世紀前半には日本に併合され、20世紀後半には自らと米ソによって南北に分断され、北はソ連や支那に支援され、南はアメリカに支援されるようになった。

しかし、支那が急速に強大化して来た昨今では、南の文在寅政権も、再び北朝鮮と共に本来の「小中華」に戻るべきだと考えているのだ。

だから、文在寅政権は、通貨危機などによって国家破綻となったとしても、米国や日本と手を切って北朝鮮と手を結ぶ「敗戦革命」を実現し易くなるとも考えているのだろう。

そうだとすると、自称「徴用工」(偽物)判決に伴う日韓基本条約(日韓請求権協定)違反、国連安保理決議違反となる瀬取りによる北朝鮮への物資の供与、韓国軍の駆逐艦による自衛隊機への火器管制レーダー照射事件、日本から輸入したフッ化ポリイミドやレジストやエッチングガス(高純度フッ化水素)など戦略物資の違法輸出(横流し)、米軍から導入した戦術ミサイル「ATACMS=エイタクムス」の北朝鮮への横流しなど、文在寅政権のあらゆる行動は、見事に辻褄が合う!

そして、日本政府もアメリカ政府も、上記の韓国政府の動きを重々承知している。

日本国民も、いい加減に韓国を正真正銘の敵国だと認定し、一日も早い日韓断交の実現を目指さなければならない!




人気ブログランキング

http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/d_02.gif
FC2 ブログランキング


■■■Yahoo!ブログからAmebaへ移行のお知らせ■■■

サブのブログ(ミラーサイト)をYahoo!ブログからAmeba(アメーバ)へ移行しました。

登録の変更をお願いします。

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee
↓ ↓ ↓
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://ameblo.jp/deliciousicecoffee/




★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml ×15本http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=deliciousic0f-22&l=am2&o=9&a=B07T2ZSBHT
国産トマト100%


韓国のトリセツ - やたら面倒な隣人と上手に別れる方法 - (ワニブックスPLUS新書)http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=deliciousic0f-22&l=am2&o=9&a=4847061500
西村幸祐著(2019/5/24)


新聞という病 (産経セレクト)http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=deliciousic0f-22&l=am2&o=9&a=4819113674
門田 隆将 著(2019/5/29) 


「韓国は日米の敵国だ!韓国の敵国認定と日韓断交を急げ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓ 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全6942ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事