ここから本文です
廃虚アルティメット
観光なんてしている場合じゃない!!

書庫全体表示

巨大旅館 カッパ温泉 2











イメージ 1




廊下の割れたガラスにはカッパの怪しげな手がルッパッパです。















イメージ 2



階段には赤鬼の面が。



怒っています・・・・。



















浴衣を着た大人や子供達が、ここで楽しいひとときを過ごしたことでしょう。











イメージ 7




天井にはカビが謳歌する。

いま、このファンが回り出したら容易に肺疾患を患える事は想像に難くない。





イメージ 8





ご覧の通り、迷路と化している。

いってもいっても戻ってくる不思議な絵みたいです。




イメージ 9





今にも崩れそうな通路と手すり。


危険度★★★






イメージ 11



階段の先にはプールが。

ホテルにプール。

憧れました。



わたしの記憶では、プールサイドにはワンレンでサングラスをかけた水着のお姉さんが
眩しそうに空を見上げるはずなのだが・・・。


ここには浴衣のオッサンが無邪気に泳ぐ子供の様子を見ているのがお似合いである。








イメージ 10





外れた看板は氷の中で身動きが取れなくなっている。

温 泉・・・皮肉なものだ・・・・。






イメージ 3

それにしてもデカイ。

キリがない。










イメージ 4






建物は刻々とその姿を変えて行く。






イメージ 5




事務所は事務用品でごった返している。

これまた古いパソコンが置かれています。

もしかしたら、80年代のインターネット「キャプテン」もあったかも知れませんね。







イメージ 6


最後に客間をひとのぞき。




ほんとに大きな旅館であった。

4階を歩いているかと思えば、知らずの内に5階になっていたりして・・・
自分がどこにいるのかを見失う。
このまま二度と出られないのではないか・・・そんな不安を抱えるには十分な物件であった。

冒険好きの私には溜まらないシチュエーションではあるが、
時間の関係上あまり永居はできなかったのが悔やまれる。

ホテル系は部屋の複合体であるために、6,7部屋も回れば大抵は退屈して
どうしても飛ばし飛ばしになる。

しかし、もうすこしじっくり回れば突っ込み処も多々あったのではないか。


廃虚になってしまうホテルにありがちな、場当たり的な増改築。
ここもご多分に漏れずその路線を突き進んだと思われる。


限られたスペースでもきめ細やかなおもてなしをすれば、客はまたやってくる。

その精神を忘れ、目先の売り上げに目がくらみ、客は取れるだけ取れ。
この志向が後に致命傷となる。

規模ばかりが巨大化し、目が行き届かなくなりサービスは最低へと向かう。

その成れの果てが今回のかっぱ温泉・・・。



再訪問も視野に入れつつ、この場を後にした。




おわり。




物件一覧へ




この記事に

  • 顔アイコン

    ここはなかなか見終わらない廃墟でした。
    いい写真一杯撮れましたね^^
    GOOD JOB!★

    [ トキミチ ]

    2011/2/4(金) 午後 10:19

    返信する
  • 顔アイコン

    要塞のようだ。。。
    でも、少し外国の匂いがしますね、写真の撮り方がそうなのかな?

    熱海とかもそんな感じですよね。
    せっかくいいシチュエーションなのに、宴会場に詰め込まれて、
    豪華なのか、粗末なのかわからない夕食を大量に出されて、
    飲めや歌えやで部屋の様子なんて覚えてない。。。
    (それはワンレンが流行っていた頃の社員旅行)

    何も知らずに1枚目のガラスを目にしてしまったら、
    おしっこちびります。。。

    ぽち☆

    Hina

    2011/2/5(土) 午前 0:28

    返信する
  • 顔アイコン

    トキミチさん
    やはり、最低でも2時間はかかりますかね・・・。
    中々思うように撮れないもので(^^;
    ありがとうございます〜
    ぽち、どもです!

    どろじあい

    2011/2/5(土) 午前 9:41

    返信する
  • 顔アイコン

    hinaさん
    外国にみえましたか?
    おもいっきり日本丸出しだったのですけど(^^;
    写真のせいか・・・。うむ・・それはいかん

    大規模ホテルに対しての時代のニーズがそうだったのでしょうね。
    その時代が終わった。それだけなのかも・・・。

    ぽち、どもです!

    どろじあい

    2011/2/5(土) 午前 9:44

    返信する
  • お疲れ様でした カッパッパ
    今回もお怪我無くですね
    火曜サスペンスなら屋上なんて行ってたら
    付き落とされてたとこでしたね
    そして 客間の灰皿で頭を背後から・・・なーんて
    色々妄想できる写真をアザーッス!

    あねご

    2011/2/5(土) 午後 3:47

    返信する
  • 顔アイコン

    あねごさん
    おかげさまで無事生還しております〜

    あはは〜火曜サスペンスに出来てきそうな場面ですね!

    鬼怒川と十津川警部という似て非なるものでいきますか(^^)

    どろじあい

    2011/2/6(日) 午後 0:24

    返信する
  • ここは何回行っても新しい発見があって大好きな廃墟ですよね(*´▽`*)

    最近フジテレビの報道番組で出されてからDQNが破壊したみたいで、中が荒れ、トイレなどが壊されてました…
    破壊される前を見てるだけにすごくショックでした

    これからもずっと見守って行きたいと思います

    [ hinataloli ]

    2013/4/14(日) 午後 11:10

    返信する
  • 顔アイコン

    藤咲ひなたさん
    はじめまして。
    ええ・・・どうしてTVで報道してしまうのでしょうかねえ・・・。
    私が言えた立場ではないですが、TVで取り上げるのは影響が大きすぎます。勘弁してほしいです。そして案の定なのですね・・・。

    どろじあい

    2013/4/15(月) 午後 1:34

    返信する
  • 顔アイコン

    鬼怒川温泉…有名過ぎて…バブル時期があれば.いつかは崩壊するんですよね。当時.来ていたお客様は高齢者で介護される側。今は少子化×物価の上昇…将来像の予想甘かったかと。増築のお金借金して借りるなら.もう少し待ってから.「建てたのを壊して自然に戻すために使う」方が合理的。一軒家を壊すにも経費300万くらいかかるでしょうに。 削除

    [ アップルパイ ]

    2015/3/3(火) 午後 9:11

    返信する
  • 顔アイコン

    > アップルパイさん
    こんにちは。
    それだけ、バブルというのは凄かったのでしょうね。
    銀行が貸し付けたということ自体が異常ととるべきなのでしょうか。後の祭りとはいえ、人々を夢幻へ導いたのでしょうね。

    どろじあい

    2015/3/12(木) 午前 11:40

    返信する
  • 栃木住みです。
    この美しい廃墟を紹介していただいて嬉しいです!!
    ここや、大〇グラン〇センターなど、栃木には結構大物で美しい廃墟があるので結構幸せです(o꒪ͧω꒪ͧo)

    [ 邑崎玲士 ]

    2017/4/30(日) 午後 11:22

    返信する
  • 顔アイコン

    > 邑崎玲士さん
    ありがとうございます。
    栃木はあらゆるジャンルで宝庫ですよね^_^
    行きたいところがまだまだたくさんあります。
    面白そうなものを見つけたら教えてください〜。

    どろじあい

    2017/5/1(月) 午後 7:33

    返信する
  • 顔アイコン

    違うサイトでかっぱ温泉の記事を見つけ、気になったので検索したところ、こちらの記事が出てきたので拝見しておりました^^
    廃墟にはお1人で行かれるのでしょうか?ここは規模もでかく複雑な構造をしているため、1人で行くには本当に度胸がいるなと素人ながら思いました…
    割と前の記事ではありますが、詳しい内部のレポありがとうございます!面白かったです 削除

    [ ももも ]

    2017/6/24(土) 午後 11:20

    返信する
  • 顔アイコン

    > もももさん
    はじめまして。
    かっぱ旅館は中々の 物件ですね。私も大好きです。
    探索は仲間と行くことが多いですね。
    現在はバリケードなどが設置されているので入るのは困難のようです。階段なんて真っ暗で死ぬほど怖いですし、一人で行かない方が良いと思います^_^;

    どろじあい

    2017/6/26(月) 午後 9:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事