世界に恥ずかしい国

 安倍政権は、データを平気で改ざんする。それに基づいて、政権は勝手な解釈をして、自画自賛する。
 安倍首相はトランプ大統領を、ノーベル平和賞に推薦したという。唯一の同盟国だから、言われたら何でもするらしい。

 こういうのはもう政治とは言えない。この程度の政権を持つ国民は、本当に恥ずかしい。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

青い花も咲いた

 早春は黄色だ。フクジュソウもセツブンソウもロウバイも。と言っていたら、そんなことはないとクロッカスの青が咲いた。それから、イヌフグリも青い花をつけていた。春の色は、花のミツなどを好きな動物と関係あるのかなあ。少しすればぼけなどは真っ赤に咲くから、あまり意味はないのか?
イメージ 1

 夕方、印刷に印刷が必要になって地区評の事務所に行こうと出かけたら、対向車が停車した。運転している人が「アレアレ」とあっけにとられている。何だろうと思ったら、ゆうゆうとカモシカが横切って、大川の土手の方に消えた。
 自分が子どもの頃には、近くにタヌキが出たりキツネが出たり、シカがうろうろしたりなんてことは聞いたことはなかった。昔話に出るものと決めていたが、教員になって佐久に戻ってきたら、動物が近くに出没する。自分が小さかった頃は、子どもたちも多く人間が一杯で、動物なんて出てこなかったのだろうな。
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 「沖縄で暮らす私が感ずること」と題した講演会が上田であった。今時「感ずる」と書く若者の講演とはどんなものだろうと思い、カミさんと出かけた。
 お話しは琉球大大学院の玉城愛さんで、辺野古基地を巡る県民投票のまっただ中ということもあって、 会場にあふれる盛況の講演会だった。皆、何を期待して集まったのだろう?
 玉城さんのお話しは、自分と市民運動の関わりを深く自問・分析する内容で、運動づくりの基本に触れたもので、率直で飾らない豊かなものだった。「基地に賛成反対で分けるのではなく皆で考えることを大事に」「SEALDsの名は二番煎じではじめは反対だった」「オール沖縄会議にも組織のもつ問題がある」など、とらわれずに率直に語るすがすがしさがあった。元「オール沖縄会議」共同代表だったそうだが、スーパー活動家のイメージは全くない。しかし、苦しいときも 笑い飛ばすような芯の強さがにじみ出るお話しぶりだった。
 若者が加わる市民運動の作り方の基本姿勢をお話しされた。加えて、オール沖縄会議も決して完全ではないことを率直に話し、 運動の負の部分にも目をむけた正義感をお持ちで、沖縄の若者のすごさも感じた。
 今は共同代表を辞任され、大学院生として、 琉球大学で学ばれているそうだ。玉城さんは組織にこだわり「地域、年齢、性別、 宗教で排除しない関係性とその繋がり」 が大事だとレジメに書かれた。
 今日は15年続いた信州沖縄塾が閉塾する記念の講演会だったが、今何故閉塾するのかとも問う内容だった。300人を超えて集まった多くは高齢者で、いわゆる講演会とは違 った、若者の語りにどこまでついて行けたか、 自分を含めて疑問だが、 自分たちにきびしい運動づくりなど示唆に富んだお話を聞くことが できた。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 アイコの種は、去年保存した冷蔵庫から取りだしてみた。発芽するか?
 
 だんだんと日が延びてきて明るさも残る246回目の佐久平スタンディングアピール。久々参加の羽毛田さんから「明けましておめでとうございます」と言われた。そう言えば、羽毛田さん二人は2019年になって初めての参加だった。こういう風に人が入れ替わりながら、今日は27人。
 沖縄県民投票告示日に菅は「投票結果はどうあれ工事は継続」と言い切った。何というファシストだ!
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3






この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

種が手に入らない

 だいたい毎年、2.11集会が終わると、春の種まきなどが気にかかるようになる。お天気の方も三寒四温という感じになり、庭や畑にも何か違った空気が漂ってくる。
 それで今日は、通院の帰りにお店に立ち寄って、種の物色をした。去年自分で残したつもりのトマトの種がどこかに行ってしまったので、中玉のトマトと、アイコという卵形のトマトの種を探したい。まだ、SEIYUには種が置いてなく、コメリと農協のお店には、自分が欲しいものはなかった。これまではそんな感じを持ったこともなかったけれども、今日は何も買うことができず、結局、トマト以外の去年から持ち越しの種をテストで蒔いてみた。
 このところ、種についての勉強会が盛んにあるが、種はかなり高いものになってしまった。蒔いても発芽するか・育つか分からないから、どうしてもホームセンターなどで売っている素性が知れない苗に頼るようになる。これも売る側の作戦かもしれない。
 それで、ネットではどうかと通販サイトを開いてみた。これもびっくり。ここには様々なトマト種が載っていた。びっくりしたのは価格だ。10粒で500円…ということは発芽するかどうか分からない1粒が50円ということになる。1000粒売りでも25000円もしていた。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事