道産子MTBer @ 豊橋

”とりあえず”が口癖な工学系道産子大学生

全体表示

[ リスト ]

自転車の搬入で,うっかり戸のガラスにぶつけてしまい割れてしまったサッシのガラス・・・

やってしまった〜
直すにも,業者呼ぶまで吹きさらしじゃん...
寒いよ〜

・・・なんてこと考えながら,割れてしまったガラスの処理.
グローブして,枠にハマってぶら下がったままの破片を上から取り除きます.
(下からやると,振動でうっかり外れたガラスが手の上に落ちてくる恐れも・・・)

出てきたのは,ゴムのパッキンみたいなやつ.
調べてみると,グレージングチャンネルっていうらしいです.

チャンネル構造になってて,嵌めるだけでいいから簡単かも.
コーキング剤で隙間を埋めるタイプもみたことあるけど,最近のサッシはこれみたい.
サッシに嵌っているだけなので,取り外しも簡単.
でも,粉々になったガラスが溝の中に残っているので,外した後ちゃんと溝の中をウエスで拭いてから作業しないと痛い目に合います・・・

ビードの裏をみると,4mmとの記載が.
割れてしまったガラスは,4mm厚だったのね.
あとは,ガラスの種類とサイズさえわかれば,自分で直せるかも?

サイズは,枠の内側の大きさに,それぞれ12mmを足したものでいいらしい.
で,早速採寸.
イメージ 7
 縦:828mm(この画像だと,角度が悪くてちょっと違って読み取れますかね・・・)
イメージ 8
 横:772mm
だったので,
欲しい型板ガラスのサイズは,
 縦:840mm
 横:785mm
ということになります.
数値が微妙に中途半端で不安になりますが,あまり気にせず・・・
横の寸法だけ,なんとなくキリのいい数字にしました.
ゴムの伸び縮みもあるので,1mm程度なら誤差の範囲だろうと考えました.

ガラスの種類ですが,調べてみると型板ガラスという片面だけにザラザラ模様が入ったもののようです.

ツルツル
イメージ 11

ザラザラ模様
イメージ 12

それで厚さ4mmなので「かすみ」と呼ばれる種類らしいということはわかりました.


さて・・・
ここだとネットで見積りも出るし,発注も簡単.
だけど,届くまでの間をどうにか凌がないと寒しい,防犯上危ない・・・
ということで,ホームセンターに行き,厚さ4mmに近いプラスチック製ダンボール板を購入します.
いろんな色や素材があって,どれもそこそこ頑丈で水に濡れても大丈夫,ちょっとは保温も出来るし案外良さそう.
ということで,ホームセンターの作業スペースを借りて,先ほどのサイズに定規とカッターを借りてカットし,持ち帰り.
しかし,正確に直角に切るのって案外難しい・・・
けがき針使ってマーキングしたりしてたら,板金実習を思い出しました...

そうそう.
交換作業にはこんな道具が必要になるので,参考までに・・・
イメージ 1
この他に,手と床の保護のためにグローブと絨毯があるといいです.
意外と大事なのが,この長めのプラスドライバー.
ネジの頭が奥まったトコにあるので,ビットとかで回すにも,こんな感じで穴が小さくて奥まで届きません...
イメージ 2
変なとこにネジが落ちてしまった時は,ラジペンで摘んで取り出します.

で,早速サッシを取り外し,嵌めてみることに.
ここを読んで,イメージを膨らませます...

なんか外れない〜,と思ったらこんなとこに外れ留めが・・・
イメージ 3
紫外線で文字が薄れていて読みづらいですが,説明通りにドライバーでネジを緩めて下に落とします.

これで,やっと外れた・・・
で,室内に入れ,壁に立てかける.
下に絨毯を敷き,壁にはダンボールを立てかけて養生しておくと,壁紙が傷つかずいいです.


案外デカいな・・・
イメージ 4
手前に,嵌める前のプラダンボール板を置いてみました.
ちなみに,この間にある梁みたいなやつ,「中桟」と言うらしく,ちょいと難易度高い...
このとき,作業の邪魔になるので忘れずに鍵の受け金具も取り外します.
イメージ 5

まず,下側にある短い方の枠から外す.
1つと,サッシごとひっくり返してもう1つ.
長い方は3つのネジで止まってるので,緩めて取る.
そのまま枠を持ち上げると,取れました・・・

プラダンボール板にグレージングチャンネルを巻いて,はめ込み...
・・・実は,最初の採寸が間違っていて若干サイズが大きかったので,ハサミで追加カットしました.
採寸などが本当に合っているかの確認をする上でも,プラダンボール板での応急処置,オススメです.

で,あとは逆の手順で組み,なんとか無事直ってほっと一安心.
鍵の金具位置も上から見てこんな感じになるよう,調整します.
イメージ 6
改めて正しい寸法を確認し,型板ガラスのオーダーにかかります.
コーワガラスショップのこのページ下にあるフォームに入力して,見積もり.

エッジ加工は特に目につく場所でもないので,「割っただけ」にしました.
これくらいのサイズだと,見積もり価格も梱包送料込みで¥6000を超えず,納得.
業者に頼んだら,いくらかかることやら・・・
というわけで,ささっとカード決済して,発注します.
到着するまでの数日は,プラダンボール板で凌ぎます...


で,念願の到着.
大阪からの発送だったのですが,発送メールを受信した翌日に来ました.
ダンボールの中に発泡スチロールを使って浮かせるような形で梱包されていて,寸法もビッタシでした.

数日前にプラダンボール板に交換したときと同じように作業します.
一度練習してるようなもんなので,割とサクッと終わります.
注意するべきなのは,グローブをして作業すること.そして,取り付けるときのガラスの向き.
型板ガラスは,片面がツルツルになっています.
その面を屋外にするのが常識というか,要は汚れづらく掃除しやすいです.
プラダンボール板で失敗した甲斐もあってか,採寸もちゃんと合ってたみたいで,バッチリ収まりました.
イメージ 9
若干キツい時は,プラハンで軽く叩いたりして,サッシの角を合わせつつネジを締めていけば,ちゃんと収まります.
チャンネルが浮いている場所は,グローブを嵌めた指の腹でなぞって綺麗に収めます,


そんなこんなで,鍵の調整も終わり,割れていない戸と今回交換した戸の仕上がりを比べます.
イメージ 10
右が今回交換した方ですが,全く同じじゃん?
これで退去時も文句言われない!

そんなこんなで,無事サッシのガラス交換完了です.
プラダンボール板からガラスへの交換で,30分かからないくらいの作業時間です.
部屋が広いともっと楽なのにな〜

ということで,ホームセンターで唯一売っていない部材であるガラスですが,今やネットでガラスが欲しいサイズにカットされた状態で買える時代.
カットする手間がないだけでもありがたいのに,それを玄関まで届けてくれるんだからありがたい.
プラダンボール板での応急処置と併せて,ネットショッピングを活用したガラス交換.
きちんと採寸してガラスの選定さえ間違えなければ,意外と簡単だし安く直せてオススメですよ〜

ちなみに,実は一度間違ったサイズで発注してしまったのですが,発送前にメールで連絡したところ,発注のキャンセルと返金をしていただくことができました.
もちろん,後日正しい寸法で発注したわけですが,コーワガラスショップは見積もりも簡単で対応もよく安心です.

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事