まんがレコードA面/B面

懐しいアニメ・特撮のレコード・ソノシートに愛をこめて

全体表示

[ リスト ]

たいへんご無沙汰しています。

この2か月あまり、5月4日に中野で開催される「資料性同人誌博覧会」の準備に追われていたこと、さらにこの一週間は風邪に苦しめられていたことで、ブログを更新できる状況ではありませんでした。

さて、今年に入り(昨年末から)、アニメ・アニソン界のレジェンドたちの訃報が次々と伝わっています。

2日前には、昭和40年代〜50年代を中心に声優で活躍された白石冬美さんが亡くなったことがわかりました。

白石さんといえば、我々の世代ではラジオパーソナリティとしての存在も大きいところですが、ラジオをあまり聴かなかった私としては、「W3」のボッコ隊長や、「巨人の星」の明子ねえちゃんといった声優ワークの印象が強いです。

多くのキャラクターを演じた彼女のベストワークを選ぶのは難しいですが、ここは主題歌も歌った「怪物くん」を挙げましょう。

「怪物くん」といっても、♪カーイカイカイ…の方ではなく、43年に放映開始した、モノクロ版の方です。

同作品は、「オバケのQ太郎」「パーマン」に続く、藤子&不二家路線の第3弾。制作も前2作に引き続き、東京ムービー(現・トムスエンタテインメント)が担当しました。

43年という年代は、41〜42年に巻き起こった空前の「怪獣ブーム」が沈静化し、替わって「怪奇ブーム」になった年。「ゲゲゲの鬼太郎」や「バンパイヤ」、「どろろ」「河童の三平妖怪大作戦」「怪奇大作戦」など、アニメ・実写問わず、その手の作品が続々と出現したのです。

「怪物くん」は、そんな中でもギャグアニメとして、他とは異なるポジションでした。
しかも、主人公のお供であるドラキュラ・オオカミ男・フランケンに代表されるように、西洋色の強い「モンスター」という立ち位置のキャラクターが大挙して登場。中にはどうみても「怪獣」としか形容しようのないキャラもいて、「怪獣ブーム」から「怪奇ブーム」への橋渡しをする作品ともいえるものでした。

白石さん演じる主人公の怪物くん(怪物太郎)は、怪物ランドの王子で、一見すると人間の男の子のようですが、数々の特殊能力を持ち、悪事を働くモンスターたちを懲らしめるスーパーヒーロー。
それでいて、短気で自己中心的な性格で、お供のモンスターたちにヒステリックに命令する声は、白石さんの声質がうってつけで、まさにはまり役でした。

主題歌「怪物くん」は、白石さんをはじめレギュラー声優が自分のキャラで歌い上げるもの。この構成も、「オバQ」(音頭)からの伝統でした。

 おれは 怪物くんだ(オー!)
 怪物ランドの 王子だぞ(オー!)
 おれの指先 一本で 一本で(オー!)
 大怪獣も でんぐり返るぞ(オーレー!}
 1・2の 3・4で
 たたんで のしいか
 ドカバカボカボン ドカバカボカボン
 ドカバカボカボン ドカバカボカボン
 ドラキュラ!(ハイざます!)
 オオカミ男!(ウォーでがんす!)
 フランケン!(フンガー、フンガー!)
 行くぞ3匹 ついてこい(オー!)
 愉快 痛快 奇奇怪怪の
 怪物くん(オー!)

作詞は藤子不二雄(おそらく安孫子さんでしょう)、随所に入る3匹の声までを含めた藤子の詩だったかはわかりませんが、後半の怪物くんと1匹ずつのやりとりだけでは、これだけの賑やかさはでなかったでしょう。
しかもこの声、途中で闘牛よろしく「オーレー!」に変わるところも、良い意味でワル乗りの成功例といえます。

それにしても、3匹のセリフはいずれも神フレーズだなあ!

作曲は筒美京平。当時のGSブームを受けたエレキ・ロック(筒美自身、「バラ色の雲」などのGS曲を手掛けた)が、小気味いいテンポと重厚感を演出しています。藤子作品では、前作「パーマン」の副主題歌「パーマン2号はウキャキャのキャ」に続く作曲となりました。

音盤は朝日ソノラマをはじめビクター出版、ミュージックグラフ、ケイブンシャ、エルムからドラマ入りソノシートが、コロムビア、テイチク、東芝、ビクターからEPがリリース。日音による音源管理のため、基本的にすべて同じバージョンの主題歌が収録されました。

この主題歌、TV放映版とレコード版で別音源となっており、白石さんのメインボーカルには大きな差はないものの、3匹(大竹宏、兼本新吾、今西正夫)のノリがレコード版では控えめになっています。
特に、大竹さんのドラキュラはイントロ部分で大きく異なり、TV版では"ギャーヒヒヒヒ"と目立つ奇声?を発しています。(レコード版でも言ってほしかった!)

音盤リリースで力が入っていたのは朝日ソノラマとビクター。前者はソノシート4集のほか、「鬼太郎」とのカップリング17㎝レコード盤、後者もソノシート2集とEPをリリースしました。

イメージ 1


画像はソノラマ版の第1集。

ブックレットには、表紙回りに藤子の画稿、中ページにはアニメ画(カラー)を掲載。原作付きの作品は、漫画家による画稿でブックレットを構成するソノラマには、珍しい作りとなっています。
これはおそらく、藤子の多忙さゆえの措置といえるでしょう。

シートでは本編第1話をベースにした新録ドラマ「怪物くんがやってきた」で白石=怪物くんが堪能できるので、この盤を聴きつつ彼女を偲びたいと思います。





閉じる コメント(4)

顔アイコン

またとても悲しい訃報ですね・・・白石冬美さんというと世代的になんと言ってもガンダムのミライさんとパタリロになりますかね・・・怪物くんは小学生時のカラーのに当時ハマってました。このお供3人のインパクトは当作品とドボチョン一家の幽霊城できざみこまれてます。
長くご活躍されていた白石さんに感謝をこめて。 削除

2019/4/4(木) 午後 0:00 [ がりゅーど ] 返信する

顔アイコン

情報提供、有り難うございました。
何故か時事ネタに疎くなっていたため、チャコさんの訃報は
全く存じませんでした。
ボッコ隊長、怪物くん、に始まり、イワンやら明子姉ちゃんやら、
チョビン、やんちゃ姫、ミライさん、カーシャにパタリロ、と
息の長い声優さんでしたね。
我々の年代?としては、野沢さん、太田さんと並んで、
「少年声」の第一人者だったと思います。
本当にお世話になりました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

2019/4/7(日) 午後 11:56 [ のりピー ] 返信する

顔アイコン

> がりゅーどさん
同じ声優さんでも、世代によってハマったキャラが違いますよね。私の場合は「怪物くん」に「ボッコ隊長」と、人間ではないキャラの印象が強かったです。人間キャラでは「明子ねえちゃん」。そのためか、「ミライさん」の声を初めて聴いたときは、なんともいえない違和感がありました。同様に、ミライさんから入った方には、以前のキャラは違和感ありなのでしょうね。「パタリロ」は結構ハマッたかな…

2019/4/10(水) 午後 1:55 [ dos***** ] 返信する

顔アイコン

> のりピーさん
私も時事ネタにうとくなりました。というより、情報更新の速さが、以前の比ではないような。少年声の第一人者といえば、他に藤田淑子さんも入るでしょうか。それぞれでキャラのポジションが微妙に異なっていたことを考えると、やはり声優さんたちの個性ですね。今のうちに、長くご活躍中の声優さんが集って、トークイベントでもやってほしいですね。

2019/4/10(水) 午後 2:02 [ dos***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事