まんがレコードA面/B面

懐しいアニメ・特撮のレコード・ソノシートに愛をこめて

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

たいへんご無沙汰しています。

この2か月あまり、5月4日に中野で開催される「資料性同人誌博覧会」の準備に追われていたこと、さらにこの一週間は風邪に苦しめられていたことで、ブログを更新できる状況ではありませんでした。

さて、今年に入り(昨年末から)、アニメ・アニソン界のレジェンドたちの訃報が次々と伝わっています。

2日前には、昭和40年代〜50年代を中心に声優で活躍された白石冬美さんが亡くなったことがわかりました。

白石さんといえば、我々の世代ではラジオパーソナリティとしての存在も大きいところですが、ラジオをあまり聴かなかった私としては、「W3」のボッコ隊長や、「巨人の星」の明子ねえちゃんといった声優ワークの印象が強いです。

多くのキャラクターを演じた彼女のベストワークを選ぶのは難しいですが、ここは主題歌も歌った「怪物くん」を挙げましょう。

「怪物くん」といっても、♪カーイカイカイ…の方ではなく、43年に放映開始した、モノクロ版の方です。

同作品は、「オバケのQ太郎」「パーマン」に続く、藤子&不二家路線の第3弾。制作も前2作に引き続き、東京ムービー(現・トムスエンタテインメント)が担当しました。

43年という年代は、41〜42年に巻き起こった空前の「怪獣ブーム」が沈静化し、替わって「怪奇ブーム」になった年。「ゲゲゲの鬼太郎」や「バンパイヤ」、「どろろ」「河童の三平妖怪大作戦」「怪奇大作戦」など、アニメ・実写問わず、その手の作品が続々と出現したのです。

「怪物くん」は、そんな中でもギャグアニメとして、他とは異なるポジションでした。
しかも、主人公のお供であるドラキュラ・オオカミ男・フランケンに代表されるように、西洋色の強い「モンスター」という立ち位置のキャラクターが大挙して登場。中にはどうみても「怪獣」としか形容しようのないキャラもいて、「怪獣ブーム」から「怪奇ブーム」への橋渡しをする作品ともいえるものでした。

白石さん演じる主人公の怪物くん(怪物太郎)は、怪物ランドの王子で、一見すると人間の男の子のようですが、数々の特殊能力を持ち、悪事を働くモンスターたちを懲らしめるスーパーヒーロー。
それでいて、短気で自己中心的な性格で、お供のモンスターたちにヒステリックに命令する声は、白石さんの声質がうってつけで、まさにはまり役でした。

主題歌「怪物くん」は、白石さんをはじめレギュラー声優が自分のキャラで歌い上げるもの。この構成も、「オバQ」(音頭)からの伝統でした。

 おれは 怪物くんだ(オー!)
 怪物ランドの 王子だぞ(オー!)
 おれの指先 一本で 一本で(オー!)
 大怪獣も でんぐり返るぞ(オーレー!}
 1・2の 3・4で
 たたんで のしいか
 ドカバカボカボン ドカバカボカボン
 ドカバカボカボン ドカバカボカボン
 ドラキュラ!(ハイざます!)
 オオカミ男!(ウォーでがんす!)
 フランケン!(フンガー、フンガー!)
 行くぞ3匹 ついてこい(オー!)
 愉快 痛快 奇奇怪怪の
 怪物くん(オー!)

作詞は藤子不二雄(おそらく安孫子さんでしょう)、随所に入る3匹の声までを含めた藤子の詩だったかはわかりませんが、後半の怪物くんと1匹ずつのやりとりだけでは、これだけの賑やかさはでなかったでしょう。
しかもこの声、途中で闘牛よろしく「オーレー!」に変わるところも、良い意味でワル乗りの成功例といえます。

それにしても、3匹のセリフはいずれも神フレーズだなあ!

作曲は筒美京平。当時のGSブームを受けたエレキ・ロック(筒美自身、「バラ色の雲」などのGS曲を手掛けた)が、小気味いいテンポと重厚感を演出しています。藤子作品では、前作「パーマン」の副主題歌「パーマン2号はウキャキャのキャ」に続く作曲となりました。

音盤は朝日ソノラマをはじめビクター出版、ミュージックグラフ、ケイブンシャ、エルムからドラマ入りソノシートが、コロムビア、テイチク、東芝、ビクターからEPがリリース。日音による音源管理のため、基本的にすべて同じバージョンの主題歌が収録されました。

この主題歌、TV放映版とレコード版で別音源となっており、白石さんのメインボーカルには大きな差はないものの、3匹(大竹宏、兼本新吾、今西正夫)のノリがレコード版では控えめになっています。
特に、大竹さんのドラキュラはイントロ部分で大きく異なり、TV版では"ギャーヒヒヒヒ"と目立つ奇声?を発しています。(レコード版でも言ってほしかった!)

音盤リリースで力が入っていたのは朝日ソノラマとビクター。前者はソノシート4集のほか、「鬼太郎」とのカップリング17㎝レコード盤、後者もソノシート2集とEPをリリースしました。

イメージ 1


画像はソノラマ版の第1集。

ブックレットには、表紙回りに藤子の画稿、中ページにはアニメ画(カラー)を掲載。原作付きの作品は、漫画家による画稿でブックレットを構成するソノラマには、珍しい作りとなっています。
これはおそらく、藤子の多忙さゆえの措置といえるでしょう。

シートでは本編第1話をベースにした新録ドラマ「怪物くんがやってきた」で白石=怪物くんが堪能できるので、この盤を聴きつつ彼女を偲びたいと思います。





開く コメント(4)

いつもご覧いただきありがとうございます。

新年早々、残念なニュースがありました。
CMソングやアニメ・特撮主題歌の歌手としても活躍された天地総子さんが、亡くなられたのです。
年末の藤田淑子さんに続き、慣れ親しんだ方々の訃報に接するたび、心が痛みます。

でも、考えてみると、私のように1960年代に幼少期を過ごした世代に活躍されていた方は、仮に当時20代半ばとしても、現在は70代半ば。
いくら平均寿命が延びているとしても、"いいお齢"であることに変わりありません。

ということで、今回は"フーコ"の愛称で親しまれた天地総子さんを偲んでお送りします。
(本当は前回のタイミングでこの題材にしたかったのですが、新年早々の追悼企画はちょっと…という判断です)

さて、我々の耳になじんだ多くの歌を手掛けた天地さんですが、アニソン・特ソンの分野ではそれほど曲数は多くありません。
主題歌としては「かみなり坊やピッカリ・ビー」「怪獣王子」「進め次郎丸」「チビラくん」、そして「オバケのQ太郎(第3作)」くらいでしょうか。(副主題歌や挿入歌として、あと数曲)
「オバQ」では、Qちゃんの声も演じてましたね。
個人的には、アニメや特撮ではないですが、バラエティ番組「お笑いオンステージ」の主題歌が印象深いです。

で、どれを取り上げようかと悩んだのですが、彼女の初アニソンとなった「ピッカリ・ビー」に決めました。

一般にはあまり認知度が低い作品なので、簡単に内容をお知らせしますと…
空から地上にやってきた、かみなりの子供ピッカリ・ビーが、仲良くなった人間の子供たちとともに活躍する、というもの。

主題歌「ピッカリ・ビーのうた」は、作詞がピッカリ・ビー・グループ(制作スタッフ)、作曲が萩原哲晶。
音域が高いアップテンポの楽曲で、天地さんにうってつけでした。

天地さんの声をご存知の方はおわかりいただけると思いますが、声質が高く張りがあり、インパクト抜群。たとえ短い時間でも、一度聴いたら忘れない存在感がありました。(加えて、実力もあったことは言うまでもありません)

そのようなこともあり、短い時間でインパクトが必要なCMソングを多く手掛け、楠トシエさんに次ぐ"CMソングの女王"となったわけですね。

閑話休題。
そんな天地さんの声が主題歌の分野で最大限に生きるのは、コミカルさが求められるギャグ作品であり、「ピッカリ・ビー」はまさしくうってつけであると私は思います。
他の方がこの曲を歌うことは、まったく想像できません。

肝心の楽曲は、冒頭のエレキベースとファンファーレ状のブラスから一気にテンションがあがり、天地さんのメイン・ボーカルにボン・くーるのコーラスが花を添えます。1コーラスの終盤には、主人公たちの敵役"005ヱ門"がセリフで登場。ピンタラポンタラ…と笑いを誘います。

ちなみに、この005ヱ門役は近石真介さん。「サザエさん」の初代マスオ役他、多くのアニメやバラエティ番組のナレーターとしても活躍されていますね。

音盤は、朝日ソノラマからソノシート、コロムビアからEPがリリースされました。
主題歌は別録音ながら両盤に収録されましたが、2曲目としてはソノラマ盤には「雲のドライブ」(歌:美保くるり)、コロムビア盤には「ピッカリ・ビーはいいな」(歌:真理ヨシコ)と異なるものとなっています。

リリース時期はソノラマ盤が昭和42年4月、コロムビア盤が同6月。以前の回でも取り上げましたが、ソノラマによる期間限定の独占契約が本作でもあったのでしょう。

両盤の2曲目が異なるのは、放映時期によるエンディングの差し替えがあったのかもしれません。
(近年、本作のDVD−BOXが発売されましたが、EDまでの完全網羅ではないようで、確認は難しいです)

本ブログでは、基本的に本編オリジナル(に近い)楽曲の収録盤を取り上げますので、ソノラマ盤を紹介します。

イメージ 1


前述した2曲の他、オリジナル声優によるドラマ「勉強ロボット」を収録。
ブックレットは全編、原作漫画を手掛けたムロタニ・ツネ象さんによる書下ろし。
カラーページの色使いなど、とても力が入った仕上がりになっています。

ソノラマ盤・コロムビア盤とも、現在の中古市場では出現頻度は低く、1年間続いた作品の割には意外な感じですね。

開く コメント(5)

おくればせながら、あけましておめでとうございます。
本年も当ブログをよろしくお願いいたします。
とはいえ、相変わらずのスローペースになると思いますが(-_-;)

さて、新年の一枚目は、虫プロ初のカラーTVアニメシリーズ「ジャングル大帝」です。
本来ならば"国産初の"としたかったところですが、タッチの差で「ドルフィン王子」にその栄誉を譲ってしまいました。

しかし、放映回数や認知度・人気などを考えると、本作を"国産初"としても、世間一般は受け入れてくれるかもしれません。

ストーリーは、アフリカ大陸を舞台に、白いライオンのレオが、父パンジャの遺志を継いでジャングルの平和を守っていくもの。後年、ディズニーアニメ「ライオンキング」にも影響を与えたのではないか、といわれるほど、王道を行く内容でした。

主題歌は「ジャングル大帝のテーマ」で、バリトン歌手の平野忠彦が朗々と歌い上げるスケールの大きな歌。演奏も大自然の雄大さを感じさせるボリューム感のあるもので、当時のアニメソングとしては破格のオーケストラを起用し、話題となりました。

本ブログでたびたび紹介させていただいている元朝日ソノラマ編集者の橋本一郎さんによれば、本作の音楽の打ち合わせに参加された際、虫プロスタッフから「雄大な映像と一体化した力強いオーケストレーションのオープニングテーマにしたい。歌詞はあえて必要としない」と主張されたとのこと。

対して、橋本さんは「タイトルやキャラクターをきっちりと歌いこんだ、スタイリッシュなメッセージ性のある詞で、斬新な着想のテーマソングを作るべき」と強調し、激論を交わしたそうです。
ソノラマとしては、自社で制作するソノシートの売り上げを直接左右するものとして、子供たちにアピールする主題歌を求めたのは当然のことでした。

結局、手塚治虫の意見で作曲家に富田勲を起用、50人以上の大オーケストラ編成でテーマを収録することになってしまいました。
当時のアニメ業界では、音盤に関してソノラマの独占状態(いくつかの例外はありましたが)が続いており、音盤用のフルコーラス主題歌制作費として、ソノラマが収録経費を負担するという流れになっていました。

しかし、今回の経費は、通常の数倍かかる計算です。それではたして採算がとれるのか、橋本さんは大いに悩んだとのこと。

そんな折、顔なじみだった某レコード会社のAディレクターが、橋本さんに提案をしてきました。
曰く、「収録経費はこちらで持つ。完成したテープを無料でソノラマに提供する。だから、こちらでもレコードを出させてほしい」との内容でした。

橋本さんは一度は断ったものの、一応上司に報告すると、上司からは条件付きですが簡単にOKが出されたのです。

数週間後に届いたテープには、インスト版、ハミング版、歌詞有り版など数種類のテーマソングが収録されており、試聴した橋本さんは「芸術性が高くスケール感があり、アニメソング史上に残る傑作となるかもしれない」、同時に「ソノシートはあまり売れそうにないな」と感じたそうです。
たしかに、子供は歌わないですよね・・・

ソノラマでは歌詞入りバージョンを収録したソノシートを、「ハッスルパンチ」などと同時に昭和40年10月に発売。奥付の発行日は、なぜか40年12月となっていました。

イメージ 1

売れ行きは、それまで手掛けた「鉄腕アトム」などには遠く及ばなかったものの、なんとかプラチナセラーを達成したのでした。
現在の中古市場でも、「アトム」「鉄人」「ケン」などと比べ、出現頻度は少ない気がします。

ソノシートの売り上げが思うように振るわなかったのは、子ども受けするテーマソングではなかったことも大きな要因と思いますが、テレビ本編での扱われ方も一因だったと思われます。

というのも、ソノラマが受け取ったテープのように、数種類のバージョンを、放映回によって使いまわしていたのです。そのことで、ただでさえ子供が食いつきにくい楽曲が、いっそう親しみにくい存在になってしまったのでしょう。

芸術性と一般受けを両立させることは本当に難しいことを考えさせる顕著な例として、本作および本曲はこれからも語り伝えられる存在になるのではないでしょうか。







開く コメント(3)

前回の記事が曲の背景的な話題に終始してしまったので、あらためて「オバQ音頭」の魅力について語っていきたいと思います。

まずは、歌詞を紹介します。

オバQ音頭  作詞:藤子不二雄


QQQのQ(アソレ!)

QQQのQ(コレマタ!)

オバQ音頭で Q・Q・Q

空は晴れたし ホイ オバQ

なやみはないし ホイ オバQ

心ウキウキ オツムも軽いよ

ホーイ オバQ クールクルッ

空にQの字の 空にQの字の

宙がえり 宙がえり

オバケラ オバケラ バケラッタ(アソレ)

バケラッタの クールクルッ(キュー)


(前略)

花は咲いたし ホイ オバQ

みんなはそろたし ホイ オバQ

悪声ながらも 音頭をとりましょ

ホーイ オバQ ソーレソレッ

消えて踊りの 消えて踊りの

仲間入り 仲間入り

オバケラ オバケラ バケラッタ(アソレ)

バケラッタの ソーレソレッ(キュー)


(前略)
空は飛んだし ホイ オバQ

消えてもみたし ホイ オバQ

踊り踊って おなかもキューキュー

ホーイ オバQ パークパクッ

25ハイで 25ハイで

人心地 人心地

オバケラ オバケラ バケラッタ(アソレ)

バケラッタの パークパクッ(キュー)


まず注目したいのは、歌詞構成の巧みさです。
作詞を手掛けたのは藤子不二雄さんですが、Qちゃんのキャラクターを非常によくつかみ、3コーラスの中に絶妙の配置で構成しています。

全体として、Qちゃんの愛すべきキャラクターが感じられる内容ですが、特殊能力と自虐性を融合させている点がスゴイ!

1番では"空が飛べる"、2番で"姿が消せる"、3番で"大食漢"と、1・2番で特殊能力(ヒーロー性)を歌い、3番で愛らしい個性を歌って、見事な3段落ちを表現。
同時に、1・2番でも、"おつむも軽いよ"、"悪声ながらも"と欠点を配しながら、決してネガティブにならないところが、Qちゃんの明るいキャラクターを印象付けています。


また、1番の"空にQの字の宙返り"は、主人公の名前の字面と、ユーモラスな性格や仕草が感じられ、2番の"消えて踊りの仲間入り"は、現実にはそんなことはないとわかっていても、子供の視点では(もしかしたら、Qちゃんが一緒に踊っているかもしれない)という想像力や夢を抱かせます。

さらに3番では、主人公の名前と本曲のキーワードとなる名調子"キュー"を、空腹感の擬音にかぶせている巧みさ。

"空にQの字の"や"宙返り"など、短いセンテンスを2度繰り返すあたりも、単純ですが子供を意識した仕掛けとして効果的です。

作曲は、主題歌と同じ広瀬健次郎が担当し、音頭ものの定番である"ドドンがドン"のリズム(正式にはなんというのでしょう?)と、1コーラスの後半でひときわ盛り上げる楽曲で、心地よいカタルシスを覚えます。

アニソンにおける音頭もので3大ヒットといえば、本曲と「ドラえもん音頭」「アラレちゃん音頭」が挙げられますが、3曲に共通しているのは、作品自体の人気もさることながら、①ギャグ作品である ②主役声優が歌っている ③歌声に特徴がある、 ということ。

中でも本曲は、同ジャンルのパイオニアにして他の追随を許さない"絶対王者"たりえていると個人的には思っています。
まあ、世代的に本曲がリアルタイムだということも少なからず影響しているでしょうが・・・

それでは、次回の投稿でまたお会いしましょう!

イメージ 1

開く コメント(2)

ご無沙汰でした(*'▽')
イベントが終わり、まったりとした時間を過ごしてしまいました(T_T)

この齢になると、なにかをやるのもエネルギーと気力が必要ですね。
というわけで、恒例の"久しぶり"のブログ更新です。

今回は、前回の流れで、「オバQ音頭」を取り上げます。
トータルで600万枚を記録したという、アニソン最大のヒット曲といえる名曲です。

この曲の成り立ちは、現在ではかなり有名になっていますが、簡単に振り返っておきましょう。
「オバケのQ太郎」のソノシートを手掛けてヒットをとばした朝日ソノラマの編集者・橋本さんが、上司の無茶な指示を受けたのが発端でした。
「オバQ」は放映開始後しばらくの間、主題歌をOPとEDの両方に流していました。アレンジは異なるバージョンで、厳密に言うと別音源なのですが・・・

で、上司の指示は「ED用に異なる歌を作って、番組で流してもらい、ソノシートも販売する」というもの。橋本さんも「そんな権限はない」と断ったそうですが、「やってみなけりゃわからないだろう」と言われ、途方に暮れたそうです。

そんなある日、橋本さんがオバQの主題歌を作曲した広瀬健次郎さんとオフで飲んでいた際、事情を打ち明けると、「面白い!」と乗り気になった広瀬さん。
いろいろなアイディアが出る中で、「東京五輪音頭がヒットしたから、音頭ものはどうだろう」となり、早速、原作者の藤子不二雄に詞を依頼。とんとん拍子に完成したのが「オバQ音頭」でした。

番組関係者を招いた録音現場で、曽我町子と石川進の乗りのいい楽曲に関係者も感心し、晴れてEDにも採用されることとなりました。

同曲はソノラマをはじめとする市販のソノシートのほか、番組スポンサーの不二家が大規模なキャンペーンを展開。不二家の乳酸菌飲料「ハイカップ」の王冠と切手を送ると、特製ソノシートがもらえるという、"全プレ"企画を行い、担当者も悲鳴をあげるほど多くの応募があったそうです。

イメージ 1

と、ここまでは比較的よく知られた話で、ここから先は推測を交えた話になります。

当時、「オバQ音頭」の音盤をリリースしたのは、ソノシートがソノラマ・ビクター出版・コロムビアから、EPがコロムビアからで、リリース時期もほぼ同時。
不二家のキャンペーンもだいたい同じタイミングで始まったようです。

一方で、同曲の音源は実は3種類あるのです。
コロムビアのシート及びEP版はオーケストラ編成の違いからか、明らかに異なるのはわかりますが、ソノラマ&ビクター版とお菓子のおまけにもなったミニシート(便宜上、Aタイプ)と、全プレ版(同Bタイプ)が若干異なります。
とはいえ、よほど聴き比べないとわからないくらいの差で、おそらくは同じ録音日のテイク違いと思われます。

いったい、なぜこのような形になったのか?
私が思うに、同曲のプロデュースを不二家が行ったためではないでしょうか。

つまり、不二家の経費であえて2バージョンを収録し、それを用途別に振り分けたというわけです。
全プレのシート制作はコロムビアが行っているわけですが、音質という点で一日の長があるコロムビアには、別バージョンを提供したとも考えられます。

なお、当のコロムビアでは、全プレシートは依頼された音源でプレスしたわけですが、自社リリース盤には新たにオーケストラを集め、ステレオ音源で収録したものを用いています。そのあたりは、同社の気構えというか、意地が感じられるところですね。

そうそう、定説となっている"600万枚"という数字は、今回紹介した盤の総リリース数と考えれば、うなずける数字といえますよね。

開く コメント(4)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事