その帰り。

            昨日は、お世話になったあの方のお墓参り。   私が、こうして躰術空手に専念できるのは、彼のお陰である!   仕事上、大変お世話になった 恩人!                     そんな彼が亡くなり。                  私は、その彼の年齢を超えていた。 彼の墓前で手を合わせ、彼の好きだった 日本酒を、 墓前の前で飲むのが恒例。 私はいろいろな方に、お世話になって生きていると実感する。 その帰り、 何だか冬に成っていた。 寒いやら淋しいやらで、涙がチョチョ切れそうなる。 恩返しは、 躰術空手を前に進めて行くことだろうと、勝手に思いながらの帰り道でした。 ここだけの話コーナー モすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事