全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

なぜか名前を知っている作品

フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」という小説を読みました。
映画「ブレードランナー」の原作にもなっています。

私はどちらのタイトルも名前だけはきいたことがあります。
…どちらも自分が生まれる前のお話でどこまで有名なのかどうかは分かりません。

海外の評価の高いSFを読みたいと思い購入したのですが、
如何せん英語訳の文体に慣れておらず、一時期は読むのを中断していました。

しかしながら一昨日あたりに読みだしたら、内容の面白さにどんどん取り込まれていって、気づいたら読み終えていました。



あらすじ(ここまでネタバレ軽度)

<最終世界大戦>により死の灰が世界を覆い、多くの動物は絶滅し、人々の多くは他の星へ移住してしまった。人々はレギュラー(適格者)とスペシャル(特殊者)に分けられ、スペシャルに一度なってしまえば人類の一員からは外され火星への移住も不可能となる。主人公、リック・デッカードは不法に入国したアンドロイドを処理して生計を立てるバウンティハンター(賞金稼ぎ)だ。移民計画と共に発達したアンドロイド技術は、外見からは区別が付かない。専門家である彼は人間かアンドロイド(人造人間)かを判断するテスト「フォークト=カンプフ感情移入度測定法」によってそれを判別し、必要があれば処理するのである。

動物が希少になった結果、動物を所有している家庭は名声を獲得するような社会となり、また機械じかけの精巧な電気動物のビジネスが存在していたり。
マーサー教というユニークな宗教がはびこっていたり…

これらの世界観の中で、主人公はアンドロイドを処理していく内に様々なことを感じ、僕らにも大きな問いかけをしてくる。



人間として

電気動物だろうが、アンドロイドだろうが、本物の動物だろうが、人間だろうが、
"それ"が人間で、生命たるかどうかの基準はそこではない。

時折主人公は人間をアンドロイドに感じたり、アンドロイドを人間に感じたりする。

人間と作中に登場するアンドロイドとの違いは「感情移入能力の有無」である。
本質的にはその通りなのだが、それは度々間違って外界からは解釈され、人と機械の境界は曖昧になる。
そして、解釈出来るのであれば、そこになぜ境界が必要になるのかも分からなくなりそう。
しかしながら、感情移入能力の欠落したアンドロイドは面と向かえばやはり人間とは違う、どこか冷徹とした要素を兼ね備えている。そう作られてしまっている…。

もしアンドロイドに「感情移入能力」が兼ね備わったならば、アンドロイドは生命と成り得るのだろうか。

「感情移入能力は人間として大事な能力だよ」ってことも作者から受け取りました。



永遠と登り続ける苦行

作中に登場するマーサー教は、中々自分も入信してしまいそう(笑)


「どこへ行こうと、人間はまちがったことをするめぐり合わせになる。」

救済は存在しないが、あなたは孤独ではない。と彼(マーサー)は言います。


いろいろな事はあるけれど、まっすぐ向いてあるき続け、登り続け、頂上へ着いたらまた地へ堕ち、一からやり直し。
当たり前のようなこの繰り返しがとても染み渡った。

共感(エンパシー)を非常に感じた自分は
つまりは「感情移入能力」があるってことで、即ち人間なんだなってちょっと安心(笑)



現実と非現実

現実がどれだけ現実で、
真実がどれだけ真実で。

私の見ている世界、街、学校、人、システム、感情。

これらがどれだけ危うい中で存在して、または存在していないのか。

私たちがどうしてずっと廻れている(人間の文化が続いている)のか。不思議にもなってしまいます。


作中のフィクションの、そこはかとない胡散臭さが
寧ろ現実のそこはかとない胡散臭さを感じさせてきます。


なんだか危うい考え方ではありますが、自分は普段からそういう風に思うタイプですので、
こういうのは大好きです←



最後に

この作品を読み始めて頭の中に浮かんだ具体的なイメージは「火の鳥」の復活編でした。

死の淵から手術により戻ってきた主人公は脳機能の障害により有機物が無機物に、無機物が有機物に見えるようになった。
簡単にいえば、人間は非人間に、アンドロイドが人間のように見えるようになったお話です。
主人公はやがてあるアンドロイドと恋におちていきます。

あの作品でもやはり人間とアンドロイドの区別は曖昧です。
ロビタ(というアンドロイドの一種)の大量自殺は読んだ当時とても考えさせられました。


火の鳥は小5のときに何度も何度も読んでいたので、かなり影響受けているのかもしれませんね(笑)


というわけで、面白くて考えさせる素敵な作品でした!
それでは〜

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事