ぼちぼちボストン

ボストンでの生活をのんびり綴っていきます

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

入り口のドア

ドア一つ挙げても、日本とやっぱり違うなあと思います。

アメリカ、というボストン周辺しか知りませんが
横にスライドさせて開閉する入り口は殆ど見かけません。

両開きだったり片開きだったり
とにかく押すか引くかして開閉するドアが大半です。

で、大きめのビルや施設の入り口ドアには
こういう「自動だよ 気をつけて」的な黄色いステッカーが貼ってあったりするのですが
イメージ 1

センサー反応して勝手に開くわけではなく
ドアの脇にある、車椅子マークのボタンをエイっと押すと
イメージ 2
開く仕組み。

イメージ 3
半手動の自動ドアと言ったところでしょうか。
でも、このボタンがあるとベビーカーを押してる時はとても便利。

ちなみに大型のスーパーなんかに行くと、センサーで反応して勝手に開いてくれる
完全自動の前後開きドアがあります。

そしてこれまたよくあるのが、回転式ドア。普通にたくさんあります。
イメージ 4
あまり慣れてないので、入るタイミングに戸惑ってしまったりする私。

回転式ドアと前後開きドアが併設されている場合は
回転ドアの方を使うように、との表示があったりします。
そのほうが空調に影響が出にくいからなんでしょうか。
ベビーカーではさすがに回転ドアは使えないので、前後開きドアを使わせてもらいますが。


それからこれは、文化というか習慣の違いなんでしょうが
アメリカの人は必ず、ドア(前後開きタイプ)を開けたら後ろをチラッと見る。
そして後から来る人がいたら必ずドアを押さえて開けててくれる。
引き戸文化の日本では育たなかった習慣なんだと思いますが、
アメリカで素敵だなと思ったことの一つです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事