電脳空想帝国

今時 国家じゃ〇〇できない 帝国に鞍替えしてみました
イメージ 1

インドア・フィールドC.Q.B GHOST 福崎店でサバイバルゲームをしてきた

今回はハンドガン縛りなので
予備マガジンがあるものを選択した

東京マルイのベレッタM9

実際のところあまり触ったことのないトイガンだった

所持しているだけ

撃たないし触らない

しかしハンドガン戦というものは当たると面白い

というかう東莞とは違う身のこなしになる
自分のイメージでいうのもなんだが
凄くかっこよくなったんではないかと思いこめる

ぶっちゃけ自己陶酔

しかしゲームに必要な原動力の一つである

スタート地点で振り分けられたチームがひしめきあい待機する

流石にこの場面セーフティーをかける
ベレッタM9のハンマーが落ちない・・・アレ

機能を完全再現せれているモデルガンならこの場面ハンマーは戻る

セーフティーをかけてまま
スライドを引き初弾をチャンバーを送り込む時にもハンマーは
後退したままにはならず
ハンマーは戻るようになっている

リーサルウェポンの第1作 メルギブスンが自殺しようと
ベレッタを自分に突きつけるシーンでもそうであり

ホローポイントをチャンバーに送り込み
ハンマーを指で起こして
額に銃口を押し付ける

私も何度も真似したから間違いない

ガスガンというトイガンでは再現する範囲を制限して
発射機能を優先したのであろう
細かな機能は再現してない

遊びで銃を扱うがモデルガンの感覚が違和感を感じさせる

ダブルアクションのトイガンであるなら何も問題はないことである

そうかそんな差があったかと思った日である

ハンドガンで撃ち合いもっとしたいな

ハンドガン面白いわ
もっと撃ちたくなってきた

シューティングレンジがもっとあってもいいと思うのだが
どっか無いかね

シューティングバーはお高くつくので何処か・・・・

イメージ 2

イメージ 3



 
 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

みんな貧乏が悪いんや!


今年は久しぶりに痛風が出てしまった

本来なら焼酎を飲むか プリン体ゼロのキリン淡麗プラチナダブルを飲んで

痛風を回避するようにするのだが

安いビールが思ったより飲める

コンビニ自社製品
マックスバリューとかトップバリューとか

いいじゃんこれ!

安さという罠にはまってしまった

ある日 本社から電話があった

あなたデブだから医師の面談を受けて下さい


日本という国はウエストがある一定の範囲を越えると
メタボとして制裁を受ける

痛風で思うように身体が動かず
風邪をこじらせたので食欲がわかず

自宅に帰宅しても飯を食っていない

胃袋というものは伸縮する器官である
大食いは胃袋を常に大きくしている

少食は胃袋が小さくなっているで食料が入らない

いい感じなので経済的ダイエットに突入する

成功例は友達である
新婚になって子供もできた彼は一気に太った

嫁がつくる食事量の加減がわからず
食卓は華やか

三人家族なのに買い物はアメリカ生まれの
会員制 大型スーパー「コストコ」

一回で買い物する量がちゃいますわ

それに娘の食べ残しを平らげるのは親の義務

そりゃ太りますわ


ここにきて娘の進学で金使いを見直し嫁は必要最低限の食費しかつかわなくなった

見違えるほど痩せてしまった友達

ダイエットとは生活習慣の改善が一番である


自宅での夜食をやめてからものが食えなくなった

久しぶりに夕食を食ったら

おにぎり2個でアップアップ
味噌汁変わりのカップ麺がキツイ

さぁ経済的ダイエットは上手くいくでしょうか?


前に健康診断で体重が5キロ以上落ちていたので
もう一度計測した・・・・

そんなことはあり得ないということで
記録は改ざんされた

誰のための健康診断やねん

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

ハンドガン野郎祭が明日CQBゴーストさんである

今年二回目のサバイバルゲーム

季節の変わり目はいろいろある

ここにきて痛風が出てきてしまった
職場の室温があがるため

水分が汗ででてしまい
尿酸が上がるという 毎年恒例の部分でもある

去年はFIRSTのSVGアンミリデットに痛風が出てしまい
山岳フィールドだったため
ゲームをせず見学だけした

それにあの日は降雨が確実でゲームなんかろくにできないと推測していたから
見学でいいと考えた

抽選会で何か当たればと考えていたが
現実に打ちのめされた


明日までに足をなんとかしなければ
今から水を大量に飲む
拷問すれすれまで

一緒に参戦する相方が ぎっくり腰になってしまったんだが・・・・
アッチはどうなったんだろう

今年も満身創痍で頑張るドズルです(・ω・)



イメージ 2

イメージ 3

 
 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 5


日本の家庭にホームビデオが普及した頃

一部の書店でビデオマガジンがわずかに生産された

今では週刊誌にDVDが付属する時代だが

やはり動画を見せる という試みは始まったばかりだった

昔のことを言えば レコードよりも低コストで制作される
ソノシートがあったように

時代は常に最新の情報に飢えているものだ

ビデオマガジンが流行らなかったのは

ビデオテープというものが安くは無かったこともある

120分テープで1500円くらいまでコストは安くなったが

出た当初は一本一万はしたものである

この価格帯は家庭にビデを導入した時期によりまちまちであろう





ここでビデオでトイガンの動画を収録した
ウエスタンアームズの宣伝ビデオがあったことを書く

ガスガンもようやく固定スライドモデルから
ブローバック機能で動作するようになった頃

その動きを詰め込んだものである

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
税込みで1030円

消費税がまだ3%の頃・・・・

20分の動画でこの値段 安いか?高いか?


本屋で売られるビデオマガジンは1冊 3000円位したなぁ

あの頃はみんな動画に飢えていたんや


イメージ 6



 
 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

銃弾の嵐をさけて敵を視認する方法

プライベートライアンの一コマ

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
グロスフスMG42機関銃という狂暴な銃から身をさらざずに視認するには

これは当然

非常に印象的なシーン


サバイバルゲームの前夜 必要なアイテムを購入して回った

100均ショップで歯鏡を見つけた
イメージ 6
あぁこれプライベートライアンのアノシーンみたいに使えるじゃん

購入してフィールドに持っていった


鏡が小さくて見えない・・・・・


というか仲間にめっちゃ笑われた・・・・( ;∀;)


イメージ 2

 
 

この記事に

開く コメント(2)

卒業という延命措置


イメージ 1

地下アイドルのライブに行った時

グループのセンターのアイドルが卒業を口にした

劇場にいたオタクどもは騒然

泣き出す女の子もいた

その子の卒業は予想していたので
驚きはなかった

その子は5月に開催される大型ライブに参加しませんという触れ込みで
チケットが売られていたから

なんかあるなと思っていた


グループの主力が抜けるため
候補生という下積みアイドルを昇格を一気に行い


体制が整ったところで卒業の発表

地下アイドルのライブ終演後には
物販やツーショットチェキ会などがあるのだが

私以外のファンはドン引き状態

応援する側としても心が折れるというものである


でもこの卒業という方式は昔からあった

刑事ドラマ 太陽に吠えろからである

高視聴率の番組の要因に ショーケンという男の存在があった

学生運動や社会に対するやりきれない気持ちの代弁者としてショーケンは
若者に支持された

劇中においてショーケンのマカロニ刑事の成長も描ききった頃
ショーケンはドラマの中で死にたいといい始めた

結果的に降板である

放送局はドラマ打ち切りを突きつけた

ショーケンに変わる存在などいないとして

そこで抜擢されたのが松田優作である

無茶苦茶な主人公
初登場は酒場でケンカして留置場に勾留されているという場面

七曲署の石原裕次郎が身元引き受けにんとしてドラマが始まる

石原裕次郎が見つめる先に背を向けた松田優作がいる

声をかけられ松田優作が大きなあくびをしながら
返事をする 
ジーパン刑事が誕生した瞬間である

その後 ドラマ内での殉職は
ある種のステータスとなり 太陽に吠えろは長きに渡り放送された


人間の活動は永遠ではない終わりは必ずくる

続けることも簡単ではないことも知っている

私もいづれ地下アイドルの応援も卒業するきっかけがくるかもしれない

肉体的にか経済的に

未来は常に揺れている
今は繋ぎ止める気持ちを確認するしかない



イメージ 2

イメージ 3

 
 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

スマホは万能

音楽も聞けるは写真も撮れる

youtubeに投稿された怪談が好きである

それを聞きながら夜の街を歩く

街と言っても寂れたもので都会とは言いにくい

路地の狭い住宅街に迷い混むと

普段足を踏み込まない場所を歩くと

周りは住居なのに孤独感半端ない

人の存在が感じられない

怪談とリンクして恐怖の境界線を見る事ができる


最近 よく海外の銃を撮影された投稿を眼にする

自分の愛銃を並べて撮影したもの

夜の徘徊でいい感じの場所があれば そこでトイガンを取り出して撮影しようか

となれば 私は日常的にカバンに銃を携帯しておき

その日に向けて用意しておかなければならないのか?

そこまでいくと本当に危ない人になってしまいそうである


夜の街

誰もいない高速道路の高架下

オレンジ色に染められた地下道

なんかアクションドラマがはじまりそうで大好きなんですけど



イメージ 2

イメージ 3

 
 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

大阪モーターサイクルショーに出かけた

会場をウロウロしていると
自分の持っているブルゾンを着ている人をみた

ヤンキースのスタジャンだが
それを見た時 あー着てこなくて良かった

同じ服を着ている人に鉢合わせすると なんか恥ずい

別に悪い訳でないのだろうが
気持がなんというか

自分のオリジナリティーが損なわれたというか

ぶっちゃけ 損した気分である

流行っているものでバッティングするならまだ許せる

これだと思って購入したのに
こんな所で 同じ服の人に出会うとは

男性の場合はまだ気持ち的にましだと思う

ある女性が ショップでワンオフものという触れ込みで買ったドレス
それを着て会場に行ってみれば
同じドレスの人と対峙することに

うーん この状況は 俺でも逃げたくなるぞ



イメージ 2

イメージ 3

 
 

この記事に

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事