ここから本文です
電脳空想帝国
今時 国家じゃ〇〇できない 帝国に鞍替えしてみました

ブログがとんだ!

イメージ 1



朝の電車に乗る

そして自宅で書き一時保存したブログを
追記してブログは完成

そのはずだった

目に余る手違い 俺の時間が消えた

まぁそんなこともある


私は今からSVGアンリミテッドvol.12に向かう

平和だからできる戦争
サバイバルゲームをするために

今の時間から書いたブログを復元するのは無理

帰宅後に報告だけ行う

投稿の決定ボタンやなくて確認ボタンだけ押したか?
だから飛んだ?




この戦争が終わったら



病院にいこう!


イテテテ あばらがぁ(T_T)



この記事に

イメージ 1
昔の情報媒体は限られ
今考えると少年誌はとてつもない情報量があったのではないか

非常にダイレクトに脳内を汚染してくれる

例えばこのような広告

イメージ 3
見てしまうと隅から隅まで見てしまう

ある漫画が ムーブメントを起こしてしまう
イメージ 5
サーキットの狼である
これにより世間はスーパーカーブームを起こし

プラモデルはもとより 消しゴム ブロマイド ポスター

ありとあらゆるグッズがバカ売れした
イメージ 4
少年たちは 車の名前を覚え 情報を読み
単純に最高時速300kに凄い 凄いと言っていた

昔のテレビは夏休みの頃になると
子供を意識した番組作りになっていた

今では考えられないが

番組の特集が子供向きになる


あるスーパーカーのイベント会場からの中継

会場には柵が張られた中に 憧れのスーパーカーが並べられ
子供たちが大量にいた
胸をときめかせ純真な眼で立っていた

中継するアナウンサーが 誰か一人を車に乗せてあげようと考えた

大量の子供に向かって サプライズを!

「乗せてあげようか? この中で誕生日の子はいるかな?」

すると大量の子供たちが全員元気よく!

「ハーイ」と大声で手をあげた 全員が・・・・

まさかの事態にアナウンサーが言葉を失う





あの頃 純真な眼をしていたが 嘘をつくのは平気だった

いやもしかしたら 全員 本当に誕生日だったのかな?(・∀・)


イメージ 2



この記事に

イメージ 1
原子爆弾や水素爆弾、中性子爆弾を総称して「核爆弾」と呼ぶ

北朝鮮から核ミサイルが飛んできたら
Jアラートが鳴り響いたら?

地下施設に逃げ込む
爆風により飛んでくるガラスや破片 
建造物の破片を避けれる空間に逃げる

爆心地でない限り 生存する確率は上がる
被爆するのは別問題として
諦めないことが生存の鍵である

広島には原爆投下されたが
当時の木造ばかりの時代とは違い
高層ビルを除いて被害から身を守る空間はあるはずだと思う

それは現代に核攻撃のデターが無いのに
映画や映像により 核の恐怖と絶対の死を植えつけられたからである

映画の話の構成上 曲げられた感のある描写を見てみよう

1984年のゴジラ
イメージ 3
衛星からロシアの核ミサイルがゴジラめがけ発射される
イメージ 4
アメリカのキラー衛星の攻撃により
ロシアの核ミサイルを迎撃するのだが
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
迎撃に成功するが
核爆発をしてしまうのであった
イメージ 8
迎撃により高高度核爆発が発生
高高度核爆発 High Altitude Nuclear Explosion, HANEは
高層大気圏における核爆発
強力な電磁パルス(EMP)を攻撃手段として利用するものである

人体に被害はないと言われ
電磁パルスにより 電磁機器は使用不能になる

車等も停止してしまう

ゴジラ映画では カドニュウム弾で倒れたゴジラを復活させたいため
迎撃したにもかかわらず核爆発を必要としたので
核爆発になったが

核爆弾は複雑な起爆方法で起爆するので
外部からの破壊が加わっても臨界に達せず
核反応がおこらず
核爆発しないとされている

迎撃しても核爆発は起こらない!


ミッション インポッシブル ゴーストプロトコル
イメージ 9
原潜から核ミサイルが発射される
イメージ 10
シアトル上空に飛来
イメージ 11

イメージ 12
イーサンハントの活躍により
核ミサイルを無力化に成功
イメージ 14
そのまま核ミサイルは降下して
イメージ 13

イメージ 15
ビルに追突 海に落ちる
イメージ 16
ここで見る絵は
タイミング的に地上にぶち当たり爆発するように見えてしまう
映画の演出なのだが
核爆発させるには高度が低すぎるように思える

核爆発を効果的するためには
空中爆裂の高度が必要である

ちなみに広島に投下された原爆は
上空600メートルで炸裂した

間違いをインプットしたため生存の確率を低くしてしまうのではなかろうか?

私も核攻撃を受けたその後
核シェルターに非難した人間は
ずっとシェルター内で生活するものと思っていた

もしかしたら飛んでくるかも知れない事態は
80年代にあった状況より高くなっているかも知れない

今一度 生き残る為の情報とシュミレートが必要だと思う

現在の核攻撃は広島型の原爆より何倍も威力があり
実際の攻撃しないと被害がどこまで有効的か解らないが
諦めるにはまだ早いと考える


イメージ 2



この記事に

イメージ 1
平日にイベントが無いわけではない!

それは地下アイドルが活動するからである

大手アイドルは金をかけ 宣伝費をたらふくかけ
メディアに露出しまくり
会いにいけるアイドルと歌っているが
劇場の敷居は高く
アイドルが現状を舐めているように思える

それとは真逆に 毎日を地道に活動するのが地下アイドルである
ほぼ毎日ライブ活動をして

コストカットでCDを作り プロモーションビデオの制作もない

一本のプロモーションビデオを制作すれば
金をかければ一千万
テレビドラマ並みの金額になる

はなから同じステージでは戦わず
独自の戦略で自分たちを売り出していく

イメージ 2

仮面女子の本体は東京の秋葉原に拠点をおき
関東でのファンを確保できたような状態で

今度は関西進出を狙っているようである

仮面女子候補生westのメンバーを活動場
仮面女子シアターを関西の拠点にして
関西制覇を狙っている

そしてとんぼりリバーウォークの野外ライブを月に何度か行うのであった

無料ライブであり 野外ライブ中は撮影可能で
ファンで動画を撮るものもいれば
望遠で写真撮影するものもいる

被写体を求めてカメラマンが集まる場でもあった

私もね つい行っちゃうの

午後3時から4回のステージ
1ステージにつき5曲

以前は仮面女子候補生westとスライスガールズwestのユニットが
ステージに立っていたが

仮面女子シアターが誕生してから
東京本体の仮面女子のユニットが参加するようになった

これは仮面女子シアターの上が寮になっており
宿泊をそこで済ませ 
宿泊費をカットしている

関西遠征には新幹線を使っていると思ったら
ハイエースに分譲してやってくるのだ
なんという青春の無駄使い
イメージ 3
昨日は仮面女子のユニット スチームガールが出演

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6



グラビアでも有名な神谷えりなも参戦

ここでは えりにゃんを撮りまくることができる
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13


夜は光源が少なく撮影には難しい
イメージ 14
別の日の仮面女子 アリス十番
イメージ 15
心斎橋は外国人観光客で溢れかえり

昔 遊んだ時の思い出はかすれてしまった

この状況も進化の過程なのだろう



この記事に

ドズル懺悔する

イメージ 1
懺悔(さんげ)とは それぞれの宗教における神
聖なる存在の前にて 罪の告白をし 悔い改めることをいう


私はドズル このブログの管理人

私は昔 犬を飼ってました

中型犬のコーギーで室内犬でした

家に帰ると靴下を脱ぎ 床に放り出しました

するとコーギーが靴下に走りより

靴下の匂いを嗅ぎます

私の足は脂性であり 作業靴を日中履いているために

靴下の先が汗で濡れるくらいです 私が言うのもなんですが不衛生なものです

するとコーギーが靴下を嘗め回しました

まるで犬用のおやつを与えたかのようにぴちゃぴちゃと

私は 体に悪いよと言い それを放置しました

それから しばらくして散歩に出かけました

散歩のルートは長く 夜の繁華街も歩きます

犬を引き連れて歩く私

すると酔った女性の集団が私の犬が可愛いと寄ってきました

この場合 犬の遊び相手になってくれるので しばらく止まります

女性が犬と戯れるのを 眺めていると

「いやー顔なめられた〜」という声が!

えっ!すると盛り上がり 女性が犬とキスを・・・・

あぁ〜それは アカン さっき靴下を嘗め回していたのに・・・・


私はあの場 沈黙を貫きました 

お許しください

それからというもの 罪の重責に耐えることなく この話を


忘れてました(;´Д`) 



えぇ話やろ?



イメージ 2



この記事に

イメージ 1
もう4月の中旬

人生を一年単位で考えると
心豊かになるイベントとはサバイバルゲームなのだろう

そういう人生なのだから

仕事とのかねあいで参加できるイベントは限られる

しかしイベントそのものが少ないなら
無理なものは無理と受け止める

去年は新春からサバゲーイベントがあり
サバゲー参加ペースは頻繁だったが

今年はおとなしい

これから夏にかけ いろいろとイベントが発表されるだろうが

痛烈なおとなしさ 寂しい

これはPeace Combatの企画サバゲー大会が 今年は一発もないからで
PEACE COMBAT GAMESは事前告知の速さと
必ず仕事を休むと覚悟ができるイベントなのだが
今年はない・・・・(´・ω・`)
本業は雑誌だからなぁ


焦らず生きていくことも大切なことなんだけれど

この身体の活動限界がある歳です
そりゃあ焦りますよ

とりあえずゴーデンウィークに何するか考えないと

うーん難しい!金を使いたくない!

北朝鮮とアメリカの開戦は無しという前提で考えよう

イメージ 2


この記事に

イメージ 1
アメリカ映画と日本映画では銃を扱う環境から
銃の演出で違いがでる時がある

私の中にそれが引っかかっている映画があった

リプレイスメント・キラー』(原題: The Replacement Killers)1998年作品

イメージ 25
監督はあのジョンウーである

チョンユンファと共にハリウッドメジャー化していく頃だった


ピックアップするシーンは チョンユンファが悪の親玉と対峙するシーン
イメージ 5
ビルの間を繋ぐ橋のような通路でお互い距離をつめ
銃を突きつけるのだが
イメージ 6
両者とも弾を撃ち尽くし スライドオープンで銃を見せ合う

ここで日本映画ならトリガーを絞り
弾が発射されないという演出になるはずだが

全弾撃ち尽くしたらスライドストップがかかる事を知ってるので
少し変な感じにしたのだろう

イメージ 7
ジョンウーは何をしたかったのか?

そこから先にある
マガジンチェンジを同時に行い
チョンユンファが先に弾丸を叩き込むシーンを撮りたかったのだろう
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12
ジョンウーの絵がカッコイいから許す

久しぶりにこの映画の動画を観たので
取り上げてみた

ここから別の作品の話になる

マジすか学園5

学園内の抗争をヤクザが利用し
いつの間にかチャイニーズマフィアとヤクザの戦争に巻き込まれる話

横山由衣とリリーフランキーが対決シーン
イメージ 13
チャイニーズマフィアとヤクザ そして警察の手打ちの晩餐会
殴り込んできたマジ女のヤンキー達

話 一話まるまる使い銃撃戦をして
会場に残るものは少ない

悠然と食事をとるリリーフランキー
イメージ 14
横山由衣が前に立つ
イメージ 15
テーブルの前に落ちてあるリボルバーを拾う
イメージ 16

イメージ 17
リリーフランキーも何気にテーブルに置いてある銃を手に入れ囁く
イメージ 18
その銃には弾は入ってないかもしれない
イメージ 19
それはお互い様だと 横山由衣
イメージ 20
リリーフランキーは3つ数えて同時に撃とうと提案する

そして数を数えて1 2の時にトリガーを絞るリリーフランキー
あっ…
イメージ 21

イメージ 22
無情な裁きを行う
イメージ 23
悪くはないのですが
なんで銃をM9にしたの

撃ち尽くしているならM9のスライドはオープン状態

引き金を引いて弾がでないもう一つ要素
チャンバーに弾が送り込まれなかった

しかしM9はエキストラクターの赤い部分で
チャンバーに弾丸が装填されてるか
モデルガンファンなら知っている
イメージ 24
日本の映像クリエイターは
なぜかベレッタM9が好き
銃を選んで欲しかった!



リプレイスメント・キラー』の動画を貼っときました

ベレッタを持ち出して 観ながらチョンユンファになろう

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4






この記事に


イメージ 1
サバイバルゲームの大会 SVGアンリミテッドvol.12は
事前弾速チェックが必要である

FIRSTの東大阪店で計測しておかないといけない

当日使う銃を決め 持ち込んだのだが
電動ガンの弾速はレギュレーションギリギリの方がいいに決まっている

長距離でやり合うと 相手のBB弾は届くのに
俺の撃つ弾は失速してしまうまどゲームにならない

計測された弾速は84
あーもうメンテしないといけないなぁ

メカボックスがへたっている

やりたくないが89式電動ガンのレストアを計画する

自衛隊に納入された電動ガンの89式は
誰かメンテしているのだろうか?
メカボックスを何度もバラしてピカピカだったりして(^。^;)

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事