電脳空想帝国

今時 国家じゃ〇〇できない 帝国に鞍替えしてみました
イメージ 1
化石の荒野という80年代の映画を見ていた
35年ぶりに見た

物語はクライマックスに向かおうというところ
主人公はおもむろにオートマグを取り出す
イメージ 2
そしてマガジンを抜き
弾丸をテーブルにはじき出す!
イメージ 3
?この時点で何をしたいか見えない

ナイフを取り出し あぁそうかと思った
イメージ 4
弾頭にナイフで切り込みを入れ 十字に深く入れる
イメージ 5
そうすると弾頭が弾着したとき
弾丸の回転と共に鉛の部分が開き
相手にダメージを増加させるというもの
イメージ 6
懐かしい描写

今は何故こんなことしないか

もう最初からなってる弾丸があるから
加工する必要がない!

ちょうど同時期にはアメリカ映画「エクスターミネーター」と言うのがあって
そいつではホローポイントに穴を開け
水銀を注入してから鉛板をロウ付けした
お手製ダムダム弾を製作するシーンがあった

それは人体に対してどのような影響があるかわかっていない

何故なら実際に使用した効果測定をしていないからである

近年では弾頭が等分して割れる見た目凶暴な弾丸があるが
実はたいしたこと無いのではと疑問視する話もある

実際のところ戦争などの戦闘行為に投入しない事には
実績を得られないのが現実である

という話になってしまったが

懐かしい映画は色々思い出させてくれるのであった
思った以上に「化石の荒野」はムチャクチャやったよ
また映画自体もとりあげよう



 

この記事に

開く コメント(0)

モデルガンと戯れる

イメージ 1
このところトイガンで遊ぶといえば
電動ガンやガスガンである

モデルガンを発火させて遊ぶ行為はしてなかった

発火イベントでの光景で思い出した事があった

オートモデルの銃は排莢をする
カートが排出される

排莢されるべきカートが詰まることを
ジャムると言うが

モデルガンがジャムった時
銃を持つ人が訳がわかってないのか
構えたまま突っ立っていた

私は心の中で あぁ死んだと呟いた

久しく忘れた感覚であった

ジャムった時の対応は薬莢の引っかかり具合で違うが

モデルガンを握った時は
サバイバルゲームとは違う弾着する事のない
仮想敵と対峙する

それがモデルガンとしての正しい遊び方だと思う

モデルガン発火イベントでは
自前のモデルガンを発火させませんでした
持っているカートに問題があって
タナカの使い捨てカートの組立に挫折して
見学だけでもいいやと思って参加しました

昨日 郵便物の確認をしていたら
封筒の中からMGCのルガーPー08のカートが出てきた
ヤフオクで落札していたの忘れてました

いやーまいった(。・ω・。)



 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 2

私は多く 女性モデルと撮影している訳ではない

1年ぶりくらいにモデルさんと連絡をとってみた

話はとんとん拍子に撮影日も決まった

本当は今週末にモデルの新垣優香の撮影をする予定だったが
体調の問題でダウンしてしまった
撮影は医者判断待ちだが

延期したほうが良いかもと考えている

彼女には無理させないほうがいいだろう

新垣優香さんを撮影する理由は
ハイパー道楽のトイガンフォトコンテスト2018に投稿するため
新たなシュチエーションを求めてのことで

イメージが固まり 実行しようとしたのだが
新垣優香さんの体調不良

今回コンテスト用に撮影する画像が
アメリカの学校での銃乱射事件を彷彿しそうなコンセプトなので
撮影する内容を白紙とした


トイガンフォトコンテストではできるだけ人物との絡みで撮影したいので
モデルさんと連絡してみたと言うわけである

女性がいてればなんとかなる

いざとなれば自分が脱ぐ

そんな感じで 暇があれば銃を眺め
色々な物語を考えているのである


ブログもそろそろ通常営業にしようとしています
今しばらくお待ち下さい

イメージ 3


イメージ 1








 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
小説というものは 文才があり表現力により読み手に
鮮やかなイメージを刻み込む

それは個々の人により差はあるかもしれないが
映画を超えたというか 現実としてイメージした時 魂が震える場合がある

宮部みゆきの荒神 (こうじん)NHKで放送

荒神は宮部みゆきが新聞で長期連載した作品で
文庫本化されたのは2014年8月頃

あらすじは
元禄太平の世の半ば、東北の小藩の山村が、一夜にして壊滅状態となる。
隣り合う二藩の反目、お家騒動、奇異な風土病など様々な事情の交錯するこの土地に、
その"化け物"は現れた。
藩主側近・弾正と妹・朱音、朱音を慕う村人と用心棒・宗栄、
山里の少年・蓑吉、小姓・直弥、謎の絵師・圓秀……
山のふもとに生きる北の人びとは、
突如訪れた"災い"に何を思い、いかに立ち向かうのか。
そして化け物の正体とは一体何なのか――!?
その豊潤な物語世界は現代日本を生きる私達に大きな勇気と希望をもたらす。

東北のいざこざが絶えない二つの藩に挟まれた小さな村が
何か巨大な物に襲われ消滅した

保護色で体を森になじませ近寄る巨体
竹藪を二つに割り何かが近づく恐怖

現代人ではないので村人はその者(つちみかどさま)と戦います

シンゴジラが公開されてから
荒神はシンゴジラの元ネタではないか?
という声も多い
(本のレビューにはシンゴジラを書き込む人は多い)

高速移動する時は足を引っ込め蛇のように蒲田くん移動

体の内側から攻撃され 二本足で立ちあがる
ゴジラ第三携帯のように

宮部みゆきの表現力により怪物を恐ろしく思い
「身体は蝦蟇、脚は蜥蜴、尻尾は蛇」
まるでそれはおとぎ話や言い伝えような話なのに
現実にあったかのように感じれる
それはただの生き物ではない 人間の恨みと欲望がつくりだした存在

根底にある人間の持つ心の物語

しかし少し残念なのはNHKによりドラマ化されたことである

所詮はテレビドラマ化なので
ありと あらゆる所から受信料をふんだくっているNHKでも
テレビ番組でペイできるのはこれくらいと予算の上限を決めてしまう

日本という国は世界で勝負しない習性がある
日本のテレビドラマが海外で放送されてない訳ではないが
あくまで規模はそこそこでやってしまう

アメリカの感覚なら これほど面白い本なら巨額を出して世界に輸出しようと考えるだろう

無難に放送してソフトで制作費を回収ありきの製作
そこを私は所詮テレビドラマと言ってしまう

一度映像化されると 映画化される確率が低くなるのも嫌だ
しかもこのNHKのドラマを見て小説を読まなくてもいいと思われるのはもっといやだ

しかもNHKは予告動画をYouTubeにアップしない
考えることがセコイわ
ジャニーズ事務所みたいや

あれがイメージ違うとかは言いたくないけど
映像化された「つちみかどさま」って目があるんだよな・・・

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24




 

この記事に

開く コメント(0)

やめてほしい大阪万博

イメージ 1

ネットが普及している現代

1970年のような展覧会が必要なのか?

誘致のため税金で人員に金を使い

時には事務所を新設

大阪にオリンピック誘致の際は
京橋の高層ビルのワンフロアーを借りて
オフィスをつくる

ポスターをつくるのにも税金で作る

開催地の予想図を見れば

大阪の舞洲開発ありき
カジノ誘致ありき

もっと他にやることあるだろう

外国人観光客が利用しやすいよう
Wi-Fiの広範囲 利用可能とか

観光客の多い 道頓堀の公衆トイレの洋式化とか

まあなんとなく
主演俳優や女優が誰それだから
制作費が出るみたいな
映画製作の実情みたいで悲しい

この記事に

開く コメント(1)


イメージ 1
新垣優香ちゃんは 格闘技のラウンドガールの仕事をしています



グリッドガール F1のレースの華となる存在が今年から消えたのである

日本でいうキャンギャル レースクイーン
彼女達はスポンサーの広告を広めるために雇われる

カメラマンに一枚でも多く撮影され 広告の入った衣装を拡散する
スポンサーのイメージ戦略の問題もあり
簡単になれる訳ではない
試練を乗り越えた上で勝ち取ったポジション

グリッドガールの廃止には もともと事件があり
あるレースの優勝者がシャンパンシャワーをそばに居たグリッドガールの顔にかけことが発端に
その存在が現代の社会風刺にあわないという意味不明な説明であった

仕事を失ったグリッドガールは言う フェミニストの手により私たちは仕事を失った

フェミニスト?男女同権論者 女性解放論者 女権拡張論者 
女性を大切に扱う男性など多数のものを指す 女性崇拝主義

しかし この問題で誰が一番得をしたか考えてみれば
グリットガールと正反対の存在
容姿優先で金を稼ぐのを許せない おばちゃん達である

根源はやっかみ 嫉妬 自分にはできない職業

その人の存在 美は 生存競争には不可欠で
美しい人は もてる 好感を呼ぶ それは能力の一部であり
申し訳ないが嫉妬するのはおかしい

しかし本能の一部で 私がもっと色男であればと願う気持ちは誰もある
ぶさいくとハンサムの周りの女性の対応はどこにいても違う
ちきしょう 草刈正雄め!

自然界でいうなら トドがハーレムを形成するようなものだが

人間界は法と道徳により禁止されている

唯一の救いは 女性の求めるものがハンサムな男性だけではなく
財力 境遇 優しさ 力強さなどが魅力として取り入れる

遺伝子レベルの追求

私は身長が高いだけがとりえだが
小柄なの子には怖がられるか 好かれるかである
小さい子は 本能で大きな対象を好む
強い子供を生みたいと遺伝子が求めるのである

ハーレム形成できない存在でも生きる道はあるということだ

結局 フェミニストの言う 男女平等の理屈は筋が通っていても受け入れられない
確かに女は弱者であるが 生きるため能力を発揮しているだけ
その仕事を社会風刺の範疇でどう判断したというか?

少年週間漫画の表紙がグラビアアイドルになり 
週刊誌の真ん中にグラビア写真
それがあるか!ないか!で雑誌の売り上げが変わる
それは費用対効果 求められた存在

そんなもんに なれない女性のやっかみ!ジェラシーは存在する
(昔あった 大阪のおばちゃんが美人コンテスト廃止運動のニュースを思い出した)



F1のグリットガール廃止により 似たような職業が無くなるかもしれない

一番初めに書いた 新垣優香さんのラウンドガールも 無くなるかも・・・

そうなって欲しくないと思うばかりである


アメリカ・フロリダ発のバーが 日本にも進出
赤坂・銀座・渋谷・新宿・名古屋・大阪・福岡に店舗がある
カジュアルアメリカン ダイニング&スポーツバー「HOOTERS

イメージ 2
ごらんのような制服と容姿がスタンダードなので
アメリカでは女性団体に突っ込まれている

男女平等と言うなら
男性もこの姿で仕事すればいい

マッチョがこの姿・・・・そうすればいいんでしょ?

 

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1
生産が終了していたオートマグが復活

ラスベガスで開催されたショットショーで発表

伝説のハンドガン バリエーション豊富になっている
昔はステンレス製のみでシルバーモデルしか存在してなかった
口径も44口径だけだったのが44AMP 357AMP 45WinMagの3種類と増えた
イメージ 3
作動に関しては現代の技術や素材で再構成され精度が上がっているので
昔のようにジャムったりしないようになっているとか

 オリジナルのステンレスフィニッシュやブラックの仕様 セラコート仕上げ

それで気にいつたのがコレ
イメージ 4
バレルのリブを排除
ホーグのグリップが素敵!
俺!コレMGCのモデルガンを改造して作るわ!

よかったねーオートマグのブラックモデルが出て

これで「化石の荒野」で渡瀬恒彦が黒いオートマグを使ってるのが
違和感なく見れるぞ
イメージ 5

イメージ 6
先ほども書きましたが
この化石の荒野の公開時はオートマグはシルバーモデルしか存在してませんでした

イメージ 2

今回 記事を書きましたが本格再始動はもうしばらく先です
どうしても書きたかったので・・・・


 

この記事に

開く コメント(4)

イメージ 1

自宅のメインパソコンがクラッシュしたため
当面 電脳空想帝国はお休みいたします

投稿できる環境を構築できるまで更新はしません

電脳空想ミリブロ大使館は画像にこだわりはない面
更新できる範囲で稼動します

よろしくお願いします

 

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事