電脳空想帝国

今時 国家じゃ〇〇できない 帝国に鞍替えしてみました
イメージ 2


大人の財布を直撃する物欲
まさかのアイテムの登場により思考は混乱する

これが売られるとは思ってなかった・・・・・
イメージ 1
​アシェット週刊 宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち
​​1/350スケール ダイキャストギミック模型
 

全長950mm
リモコン操作により各部ギミックが稼働
・第1・2主砲、第1副砲 電動上下回転
・第3主砲、第2副砲 電動上下回転
・波動砲発射 (サウンド)
・主砲発射(サウンド)
・両舷対空パルスレーザー砲(動きとサウンド)
・波動エンジン(発光・サウンド)
・第1・2艦橋ライトアップ
・探照灯点灯

試験販売は長野・石川・京都・大阪の一部書店限定
試験販売でどれぐらい反響があるのか見るようです

完成したらえらいことになるダイキャストモデル

友達も戦艦大和を全巻購入して未組み立て
ミレニアム・ファルコンは組んでるようですが
あのモデルは中にアルミフレームがあり強度を増しており
その分重い!
でかいことより 重い方が自宅で置いておくのに問題がある

今回のこの宇宙戦艦ヤマト2202は悩むわ
期待度120%

購入を決めた時から地獄がはじまる


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 

この記事に

開く コメント(1)[NEW]


イメージ 1

世間では3連休だが私は変則的な飛び飛びの休日となる

今日は家でプラモデルを造って過ごし
出費を抑えようと考えていたのだが

興味あるイベントが今日からはじまるので
行ってみたくなった

しかし 外出は危険なくらい灼熱
体温調整の汗が噴き出してやまない

最近では出勤直前に冷房を切り
体温を野外にあわせる調整してから外に出る

そうしないと一気に汗が噴き出るからだ


冷房も考えものだな

6年前に 住んで いた実家では
クーラーのついている部屋は一室だけで
自室では 扇風機で過ごしていたので
こんな苦労は無かった
かえって健康にいいのかもしれない

扇風機を買いにいこう
安いやつでいいから


毎日 おっさんの戯言を書き込んでいる このブログですが
最近10代の閲覧者が見られるようになりました

何が目的かサッパリわからん

ご期待にそえるような記事を書いていきたいと思います

今日は暑いからコレで勘弁してくれ

皆さんも熱中症で倒れないように
水飲め 水

映画「ジャーヘッド」のワンシーンのように
イメージ 4
何本もグビグビ飲め!

ちなみにジャーヘッドで新兵達がはじめた レイプごっこですが

英語では「 Field Fuck 」フィールド・ファックと叫んでました


ちょっと気になったから確認した

フィールド・ファックしようぜ


イメージ 2

イメージ 3




 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

昨日の朝 さっさとブログを書き上げ
郵便局に向かった 朝郵便窓口で郵便物をとりに行ったのだ

郵便物とはエアソフトハンドガン
ジャンクで買った安物だ
要修理のガスガン中古

箱付きで思ったより安く買えた

最近 郵便や宅配で購入物が送られてくることが多い

ショップでハンドガンを購入する機会がすくなくなった

そりゃあ昔は ショップに寄って 小遣いを手に向かう
狙っていたモデルガンを買って帰るのだが

帰路の途中で中を見たくなる
手にとりたくなる衝動にかられる

昔は購入したものをじっくり見たくて トイレに駆けこんだりした

昨日は懐かしく 鞄にソレがあった

勤務先の更衣室まで衝動を抑えた

やっぱトイガンって触っててて楽しい

あぁー落ち着くわぁ

イメージ 2

イメージ 3




 


この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

子供の頃 思っていたこと
大きくなったら 大人になったら
演歌を好んで聞くようになると思っていた

昔はポップ音楽は歌謡曲
演歌と明瞭な差は無かった感じでもある

演歌のテーマが内容が子供向きでない 
だから大人になれば演歌というジャンルを受け入れ
カラオケで歌っちゃたりするんだろうなと・・・・

音楽を取り入れるコンテンツが
テレビ ラジオなどから縁遠くなり

PVというものがネットで再生され
スタイルやファッションの影響で好む音楽にも変化が現れた

今では演歌の人気がないということもあるだろうが
私は聞くことがない

まさかサザンオールスターズがデビューしてから現代まで
音楽活動してるとは思わなかったし
当時の感覚ではありえなかった

同世代のBzが活動を辞めるまでは

ロックを聴いていられると確実に思う

イメージ 2

イメージ 3

 

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

今スグつくれるコスプレ造形という本を買った
イメージ 4

コスプレというものは写真の世界で光る存在
日常生活とも違うし
演劇でもない
今ではコスプレ会場をうろつき 写真を撮られる
またはスタジオや雰囲気のある場でロケをして
画像におさめ世界観を楽しむ

そのため小道具という存在は欠かせない

コスプレの原作に登場する大型の銃があれば
どうしてもそれが欲しい
トイガンとして売られているなら良いが
架空の銃なら自ら作らねばならない

そういった造形のガイド的本
「今スグつくれるコスプレ造形」
その中の造られていた大型ライフルなんだが

細かいディテールを省き ほとんど大まかな外見だけなんだが
材料費だけで3900円という数字が載っており

造ったよりトイガンを買ったほうが
ある意味安いと思った

もっと安く造れるものだと思っていた

それはBB弾の発射機能のない外見だけの銃は
思ったより高値で売れないのである

せいぜいデキが良くて1万5千円

これはコスプレという投資で大きい金額

トイガンが発売されているなら
いっそのこと買って
中古で売ったほうが
作品のクオリティーを上げて分では安くなる

造形は根性

知り合いのコスプレイヤーが
進撃の巨人の立体機動装置を作り始めたが
途中で泣きが入った・・・・

コスプレって陰で努力と涙がある世界なんだよ
青春という時間には限りがある
イメージ 2

イメージ 3

 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
機動戦士ガンダムのハリウッドリメイクの話がネットを騒がせた

いくら発表されようとも カメラが回らなければ
制作が開始したとは言えない

ニュースを真に受けるなら ハリウッド版 宇宙戦艦ヤマトは公開されているはず

ニュースを飛ばすことは簡単なのである

機動戦士ガンダムがリメイクされれば
間違いなく別物になる

ニュータイプの覚醒というテーマは違うものになる
この要素を盛り込むと 超能力やエスパーといった
感性が伝わりやすいものになりやすい

あれは富野由悠季にしか理解できないもので
安彦良和の描くニュータイプとも異なるからである

違うものになる確信と思ったのは

火垂るの墓という高畑勲が監督した映画がある

あの映画は 反戦映画ではなく
原作者の野坂昭如の体験話でもあり
高畑勲はそれを 節子と清田の兄弟心中物語である

節子の亡霊にとりつかれ神戸駅で餓死する清田
現代の街で 霊となり煉獄を繰り返す物語

これは一つの解釈である 岡田斗司夫の解説によるもの

火垂るの墓を見たまま受け止め解釈すれば
争点は兄弟の哀れな死を描くしかない

火垂るの墓は過去にテレビドラマ化 映画化もされたが
お涙 感動作に仕立て上げる

火垂るの墓を観て泣くスタッフに 宮崎駿は言ったそうな
「なんで泣くの これ泣く映画じゃないよ」

アメリカ人が機動戦士ガンダムをどこまで理解できるか

リメイクとは 模倣するか 新作にするか
二者択一なのである



 

この記事に

開く コメント(0)







イメージ 1
環境や鑑賞の仕方により
映画というものは面白さが半減したりするのか

頭が冴えていれば 映画の深い部分まで理解できるのか?

DVDのレンタルで「レディガイ.」 THE ASSIGNMENT.を借りてみた
ウォルター・ヒル監督だということで
興味が湧いてきた

しかし なんというか世界にのめりこめないというか
主人公がネガティブなのか
そんなに面白いとは感じなかった

物語は 殺し屋の男が 罠に落ち女に改造されてしまった
女の体に違和感のある主人公は
男の戻りたいと訴えるが 完全な男性に戻ることは不可能

こんな体にしたやつをあぶりだすため反撃を開始する

イメージ 4
ミシェル・ロドリゲスが男性の姿で冒頭登場するが
そっちの方が面白いんじゃないかと
イメージ 5

女の姿で次々殺しをしていく
ある意味姿を変えたメリットがあるのではないだろうか?
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 10

イメージ 9
シガニーウィバーのダブル主演に近い映画

女に改造した研究に対する執着も描かれる

感想は こんなものかな もっと面白いものと思っていたのに

人間の執着心が浮き彫りになっているが報われない話

ミシェル・ロドリゲスの歩き方が完全に男だったのは良かった

もっとスタンダードなアクション映画はないかね?
なんかアイデアやCGの大胆映像ばかりが目立つ映画が多い

私が素直に観れない体質になってしまったのかね?(/・ω・)/

イメージ 2

イメージ 3
 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

夢を見た 

出てきたのはテレビドラマ「キーハンター」のワンシーンのような
車の助手席側から運転手のこめかみに向け銃を構える
運転席に座る男は
銃口に手を押し当てる
「この手の銃はね手で押さえると発射できないんだよ」
記憶か夢か あいまいな思い出し方
あれは谷隼人だったのか?千葉治郎のような気もする?

それからザ・ガードマンのワンシーンを思い出した・・・夢で
扉の鍵を銃で撃ち抜くため
銃をハンカチで包み消音効果として使っていた

今ではそんなもん役に立つかいと言えるが
映像で見せられると受け入れられてしまうもの

夢から覚め 気になったのは
映画シューター極大射程のワンシーンに登場した

ペットボトル・サプレッサー
イメージ 4
もとはスティーブン・セガールが映画で登場させたのだが

本当に消音効果があるのか疑問だった

こんな時は 世界中にいるユーチューバーの動画を探せですよ

あった!ペットボトル・サイレンサーというタイトルで
イメージ 5
ただのペットボトルを銃に差し込んで発射
イメージ 6
ペットボトルの底は割れ
ペットボトルが大きく揺れた
音は85㏈
イメージ 7
今度はペットボトルを先を何個も用意して
通常のサプレッサーの構造を再現する

複数の小さな区切りが音を消す効果があるからだ

イメージ 8
銃口も作り ガムテープでぐるぐる巻き

いざ!
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12
発射の衝撃に耐えられず ペットボトル粉砕
これぞユーチューバーのクオリティー

しかし音は70㏈まで落とせたのは事実

やれない事はないということはハッキリして良かった

今日は朝から野際陽子の非情のライセンス聞いてるぞ






イメージ 2

イメージ 3

 

この記事に

開く コメント(3)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事