電脳空想帝国

今時 国家じゃ〇〇できない 帝国に鞍替えしてみました

全体表示

[ リスト ]







イメージ 1
環境や鑑賞の仕方により
映画というものは面白さが半減したりするのか

頭が冴えていれば 映画の深い部分まで理解できるのか?

DVDのレンタルで「レディガイ.」 THE ASSIGNMENT.を借りてみた
ウォルター・ヒル監督だということで
興味が湧いてきた

しかし なんというか世界にのめりこめないというか
主人公がネガティブなのか
そんなに面白いとは感じなかった

物語は 殺し屋の男が 罠に落ち女に改造されてしまった
女の体に違和感のある主人公は
男の戻りたいと訴えるが 完全な男性に戻ることは不可能

こんな体にしたやつをあぶりだすため反撃を開始する

イメージ 4
ミシェル・ロドリゲスが男性の姿で冒頭登場するが
そっちの方が面白いんじゃないかと
イメージ 5

女の姿で次々殺しをしていく
ある意味姿を変えたメリットがあるのではないだろうか?
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 10

イメージ 9
シガニーウィバーのダブル主演に近い映画

女に改造した研究に対する執着も描かれる

感想は こんなものかな もっと面白いものと思っていたのに

人間の執着心が浮き彫りになっているが報われない話

ミシェル・ロドリゲスの歩き方が完全に男だったのは良かった

もっとスタンダードなアクション映画はないかね?
なんかアイデアやCGの大胆映像ばかりが目立つ映画が多い

私が素直に観れない体質になってしまったのかね?(/・ω・)/

イメージ 2

イメージ 3
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事