メタボ改善プログラム

イメージ 1
先月の山行からほぼ運動していません。
メタボまっしぐら???

親父の長期療養が終了したので、少しは動けるかなぁ〜
その間、実家の畑をほったらかしにしていたら、雑草生え放題でとんでもない事になっていた。
先日炎天下の中、草刈りして耕耘。いっその事、何か植えようかな(^^;)

先月、体重100kgの知り合いが突然ロードバイクを買うと言い出した。

ほんまかいな?と末日一緒に自転車屋連れて行ったら、CAAD12を即買い!







イメージ 2
その後、すぐ一緒に走ったが堤防を十数km走っただけでギブアップ。まぁ、100kgもあるカラダでは仕方ないですね・・・

それ以降、時間がある時には真面目に堤防を走っているようだった。

本日は午前中フリーだったので、久しぶりに早起きし一ヶ月以上ぶりのロードバイク出走。
100kg氏の住む鴨島へ徳鴨バイパスを西進。5時だと流石に涼しく快適だが、微妙な西風でペースが上がらない。上がるのは心拍だけ。






イメージ 3
5:20 知恵島ミニストップで100kg氏と合流。

南岸堤防を西進し、学の潜水橋で北岸へ。
ペースは20km/hくらい。心拍も上がっていないようでお喋りしながら旧市場役場方面へ進んだ。
阿波市土成支所付近の緩い斜面で辛そうになったので南下し

7:00 知恵島ミニストップで解散。












イメージ 4
一ヶ月も経ってないのにフラットペダルからビンディングペダルに交換。
ホイールもデュラを買うと曰ってる。

えらい熱が入ってるな!とよくよく話を聞いてると、主治医に糖尿病と診断され、今改善しておかないと大変な事になると脅されているらしい。主治医に「自転車はオススメ」と太鼓判を押されたので余計に拍車がかかったみたいです。

まぁ、本人がやる気なので70kg氏になるまでお付き合いしないといけませんね・・・(^^;)

帰路の徳鴨バイパスは追い風。暫くは40km/hだったが、家に着く頃には35km/h程度に低下。

7:30 帰着




午後は愚息の走りを見学に鳴門陸上競技場へ。
200mは決勝に進んだが、四国大会には進めず。
100mは予選一位でも決勝にも進めず。
愚息の夏は終わったみたい・・・

Distance 44.8km
積算標高 128m
Av Sp    23.2km/h
Av Cd    79rpm
NP Pw    153w

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
近所の自転車おやじから、「知り合いのサブ3.5ランナーが山行きたい!と言ってるので、何処か行きませんか?」
と、お誘いを受けたのが始まり。

行き先を思案したが、そこそこのルートにしないと満足してもらえないと思い、寒風山トンネル南口入山〜桑瀬峠〜寒風山〜笹ヶ峰に山行を計画。

で、最終的に参加して頂いたのは自転車仲間七人と一匹。 

5:10 徳島藍住出発 自動車道を快調に走り寒風山南口到着。 
















イメージ 2

7:50 寒風山トンネル南口出発
 
初めて?の山登りSZKさんがガンガンとばし、30分で桑瀬峠(^^;) 

ガンガンとばしたSZKさんは最後尾に下りて後方待機。 

殿、お世話になりましたm(_ _)m






イメージ 3

以後、私がわんこに突かれながらの先頭牽き・・・
 
天候は申し分なく結構涼しい登山日和。汗をかいてもすぐ乾いて快適です。 

9:20 寒風山 









イメージ 4

11:00 笹ヶ峰到着 

お湯を沸かしてカップ麺等を補給し大休止。 

12:00 笹ヶ峰出発 

当初の予定ではピストンだったが、「もう登りは要らない」との意見が出たので、南尾根を急降下することに! 

私自身初めてのルートだったが、噂に違わぬ難路ですね(^^;) 




イメージ 5

終始急傾斜で、足下は笹に覆われ路面状況が見えない・・・ 
足の裏の感覚を頼りに下っていく感じですね。 

樹林帯に入っても急勾配は続く(T_T;) 
ブナの原生林はほぼ手付かずのようで、今回のルートで一番の見所だったなと、個人的な感想。

山初心者二名程脚が終わったようで、脚のある二名と先行し林道小走りでクルマに戻り、後続者を回収に向かった。 








イメージ 6

脚のある二人は南尾根ダウンヒルは楽しかった!と曰っていた。二人は元自転車選手とサブ3.5ランナー、一般人とは感覚が違うようです(-_-;) 

今回の軌跡ログはタブレット。標高がめちゃくちゃですね。壊れてるのかな???

活動時間 6:17
活動距離 9.22km
高低差  ****m
積算標高 ****m

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

「上野製麺所」ライド

イメージ 1
梅雨入りしてるの?って晴天続いてますね。
本日もすがすがしい朝

7:40 出発
最近は東讃ばかりだったので、少し脚を延ばして中賛方面へ向かう事にした。
吉野川を遡り、清水峠で中賛入り。
空港辺りで10時過ぎだったので、スマホで饂飩屋検索。
剛麺「のぶや」もウ様お奨めの「宝山亭」も11時開店だったので断念。
以前から気になっていた円座「上野製麺所」が10:30開店だったのでここに決定。




イメージ 2
10:40 上野製麺所
既に10名程入店されていた。
麺は作り置きではなく、注文受けてから茹でていたのは新鮮だった。

麺を茹でていた店主?の半ズボンから見えるふくらはぎは、筋肉と血管が浮き出ており、相当なアスリートなんだろうな・・・と推測。

(後で知ったが、ウルトラマラソンランナーだそうで、とさやんさんのライバルだとか・・・)





イメージ 3
麺の量は、小(1玉)、中(1.5玉)、大(2玉)、3玉の4種類。
前のお客さんが3玉注文してたのを見たら、結構な量だったので大に(^^;)

ざる大+チキンカツ 520円なり

剛麺という程でもないが、結構しっかりした麺。
出汁も私好みで美味しかった!
チキンカツは大きく見えるが、かなり叩き広げているので薄く淡泊です(^^;)

南西の風が吹いていたので讃岐広域農道〜讃岐東街道〜R11を東進。
が12時過ぎ、三本松辺りで風が変わりほぼ東からの向かい風に。

と同時に速度が急に落ち、且つヘロヘロ(T_T)




14:40 帰着
シャワー浴びた後、脚攣りました。
湿度低かったので、汗は殆どかかなかったのだが、水分足りていなかったよう・・・
あと、踏んでいたんだろうな、Avケイデンスが79・・・
脚が廻ってませんね、反省。

Distance 147.7km
積算標高 1029m
Av Sp    25.1km/h
Av Cd    79rpm
NP Pw    163w

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

鹿島槍ヶ岳 道具考

イメージ 1
今回の春山で思った事。
一泊二日で、まぁまぁの行動時間と標高差だったので覚悟はしていたが、予想以上にダメージ大。
体力の衰えと担ぐ荷物量が不相応になってきたかなぁ〜???
前もってある程度軽量化はしたつもりだったんだけど・・・

○保温ボトル
愛用THERMOS山専用ボトル旧型800ml。少々でかいし重たいので、新型500mlを新規導入した。
私のテン泊スタイルでは500mlで十分だった。




イメージ 2
○バーナー及びコッヘル等
食事はアルファ米「尾西のえびピラフ」にフリーズドライスープ。
あとはコンビニのレトルトハンバーグ等、湯煎してお湯を入れるだけの簡単メニューとした。
アルファ米は苦手だったが、ピラフ等味の付いたタイプは美味しかった。アルファ米の白米も味の濃いおかずだと大丈夫かも・・・
バーナーはジェットボイル使用だったが、驚く程少ないガス消費量。110缶一つで十分。
コッヘルもカップ型2つのみで事足りた。
調理台も便利だが、そこそこ重い。省略の候補かな???
日本酒はplatypus1リッターに満タン入れていったがあまり飲めなかった。500mlで十分かな(^^;)


イメージ 3
○シュラフ・フットウォーマー
今回は最低気温-5℃くらいだったので、暑いくらいだった。
-10℃くらいになればダウンフットウォーマーの威力体験できるのかな(^^;)

○わかん
樹林帯の歩行が予想されたので持っていったが、威力を発揮出来る場面が殆ど無かった。
急斜面では滑るし、緩斜面でも踏み荒らされた雪面では非常に歩きにくかった。
シリセードの技術習得が有効だと感じた。

以上のように何点か改善点はあるが、大幅な軽量化は難しそうです。
永くテン泊山行を楽しむには、日頃の鍛錬と、歳相応に行程を刻む事かな・・・

某登山用品店で8日からバーゲンのお知らせが!
さぁ〜、何を調達しようかな(*^_^*)

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

耕耘・代掻き・田植え

イメージ 1
今年GWはじめに農作業開始したと以前記事に書きましたが、実は父親が体調崩して農作業がままならず・・・
てな事情で、今年初めて田んぼ耕しから代掻き、田植えまでの一連作業体験。

本日、従兄弟の助言・手助けもあり何とか田植えまで無事終了。
今までは田植機操作が殆どだったが、今回思った事は耕耘作業の難しさ。
田んぼを均等平滑に耕すのは難しいなぁ〜
ロータリーの深さ調整とトラクター走行パターンをどう取るか???
いざ田植えしてみると、私が耕し代掻きした田んぼは地面が波打って真っ直ぐ進まない(-_-;)

取りあえず苗を植えるのには支障が無い程度だが、周囲の既に植えられた田んぼは・・・植えられた苗や畦、総じて美しい・・・
丁寧な仕事、自分の仕事とと照らし合わせて思う事あり。

収穫には影響が無いと信じているが、どうなる事やら・・・

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
先月、記事upした東讃の饂飩やさん「そらいけ」

なかなかの剛麺だったが、その情報を耳にしたinstinctのGG様が是非行きたい!との事だったので、本日エスコート。

8:15 出発
ゆっくり集合場所である田園パークに行ってみると、既に皆さん到着し準備中だった。
集まったのはKuさん、GG様、NNさん、Ariさん。

8:50 先ずは卯辰に向かってスタート。
instinctの皆さんは前日に150km走だったようだが、疲れも見せずガンガン登って行かれた。




イメージ 2

引田ローソンで小休止して、定番r40〜R377から星越で

11:00 「そらいけ」
暖簾が掛かるの同時に席に座ったが、そのあと続々と席が埋まり店の外にもお客さんが待っていた。
注文は皆さん剛麺を楽しむ為か冷や系のメニュー。






イメージ 3

私は「ぶっかけ冷や・大」
GG様はじめ、皆さん腰のある麺がお好みの様で喜んで頂けた。

食後はr10〜r3経由で前山の登り。
今日も夏日だったが、薄曇りでそれ程暑さは感じなかった。
のんびり登っていると痺れを切らしたのか、若者のAriさんが重いギアでゴリゴリ踏んであっという間に消えていった・・・





イメージ 4

13:00 「脇川菓子舗」
久しぶりだったが、定番「カリカリシュークリーム」を頂きます。
相変わらずの旨さ!
お茶や沢山の氷まで有り難う御座いました。

脇町から少し農免を走り・・・








イメージ 5

14:00 「ドルチェ」
ジェラートの人気店。
店屋の外まで並んでますが、それ程待つことなくヨーグルトとはっさくのダブルを注文。

こちらも皆さんに好評(^^)

あとは帰るだけですが、結構な東の風。
25km/hしか出ない私を見かねてAriさんが30km/hオーバーで牽いてくれた。





16:00 田園パーク帰着

どのお店も喜んで頂けたようだが、唯一の不満は私の牽きの速度か・・・
次は誰か機関車役、お願いしますm(_ _)m

Distance 131.8km
積算標高 1063m
Av Sp    24.8km/h
Av Cd    81rpm
NP Pw    158w

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
当初は全く参加する気のなかった「にし阿波」
が、ひょんな事からCコースに参加する事になった。

3:00 早く目が覚めたので自宅出発。
コンビニで休憩補給を摂りながら・・・
5:00 会場入り
受付を済ませ、暫しウトウト・・・(-_-)zzZ

6:30 開会式
うろうろしているとinoさんと、お久しぶりのくめっちさん遭遇。
ユニヴェール軍団発見したのでRYOさん達にご挨拶。
今日はスタッフだったが、4年前「久礼鰹ライド」で一緒、当時(たぶん)高校1年生だった、みっくんとも歓談。覚えてくれててありがとね(^^)






7:00 Cコース1組出発

私は366番だったので
7:36 スタート

前組には滋賀LOKOのY田さんがいてご挨拶。
R32を南下していると、みっくん先頭のユニヴェール列車がバキューン!!!
序盤であの速度の列車に乗るのは自爆行為なのでスルー(^^;)

イメージ 2
今年の新ルートは山城上名から国見山登山口まで上がり、落合峠。

国見山登山口まではLOKO列車が快調に登っていったが、私は無理せずマイペース。
西祖谷へのダウンヒルは路面も良く超快走路だった。

第一エイドの栃ノ瀬小学校でinoさんとくめっちさん御一緒し落合峠登坂。

インナーロー固定でクルクル廻そうとするが、7-8%越えると廻せません(T_T)




イメージ 3
苦しいが気持ち良い新緑の落合峠。あと峠まで500mを切った辺りでY田さんが快調にぶち抜いて行かれた・・・
が、あと数百メートル。ダメもとで付かせて頂いた。
幸い斜度もきつくなく、最後まで廻して付いていけたのは収穫。

あとは一気にぶぶるパークみかも迄。
蕎麦米汁とそうめん二杯を頂き、北岸鳴池線を帰るのみ。
が、結構な西風。頑張って牽いてみたが脚売り切れ・・・
と思ったら、岡山のお二方が前に出て牽いて頂いた。

14:45 無事完走。
ゴール後、お蕎麦を頂いていると多数のお知り合いの方と歓談。
楽しい一時を有り難う御座いました。





今回も大会スタッフの方々のお陰で充実した一日を過ごす事ができました。
感謝!!!

Distance 117.9km
積算標高 2265m
Av Sp    20.1km/h
Av Cd    72rpm
NP Pw    161w

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

「薬師の湯」でさっぱりしたあと、嫁はんとLINEでやりとり。
なんだか翌日帰っても、ワタクシ全く必要ないとの事。
今年も自転車も持ってきているので、さぁ〜何処行こうかと楽しい思考開始です。

当初の予定では登山前日にやまさんから教えてもらった半日サイクリングコースを走ろうかと思っていたが、前記事の通り野良仕事・悪天で断念。
丁度翌日、ipsilonさん御一行が安曇野〜長野〜鬼無里〜白馬〜安曇野サイクリングのようだったので、白馬・鬼無里方面も考えたり・・・

が、以前から気になっていた八ヶ岳裾野の道と国道で二番目に標高の高いR299麦草峠を絡めた南八ヶ岳周回コースとした。

イメージ 1


イメージ 2
大町から豊科に入り自動車道で諏訪まで走り夕食。
ぐぐると「ハルピンラーメン」なる中華料理店が出てきたのでここに決定。
お店の看板メニューと思われるハルピンラーメンと豚飯を注文。
ラーメンは鶏白湯ぽいが程良い辛みで結構好みの味でした。
豚飯は此方で言うチャーハン。格別旨いものでは無かったのでラーメン大盛りか叉焼入りにした方がより満足だったかも。





イメージ 3
お腹を満たした後は寝床探し。
八ヶ岳山麓にある道の駅を探すと「こぶちざわ」がヒット。
一般道を走りここで一夜を過ごした。

5/4(木曜日)
5:00 起床
近くのコンビニで朝食を摂り、原村「もみの湯」にデポさせてもらった。







イメージ 4
6:20 スタート

八ヶ岳エコーラインを北進。

標高は1000m以上あり桜も散り始めといった所で楽しめた。北西方向には北アルプスの白い頂が確認できた。









イメージ 5

R299メルヘン街道に入り、麦草峠への登坂開始。

事前情報通り斜度は5-7%くらいで10%以上はごく一部。
が、前日の疲れからか全く脚が廻らない・・・

街道周辺は別荘多数で樅の木?に覆われ展望はほぼ無し。

少々辟易しながら
8:40 麦草峠
この後は佐久穂に向かって一気にダウンヒル。









イメージ 6
佐久穂側は道沿いに花桃がいっぱい植えられていて見応えあった。

R141佐久甲州街道を南進し小海町〜南牧村を通過。











イメージ 7
南牧村から野辺山は標高1300m前後の高原。
高原野菜畑に南八ヶ岳が望めた。

清里から八ヶ岳高原ラインに入り適度なアップダウンの快走路。
脚があれば楽しい道なんでしょうが・・・
途中からr484八ヶ岳鉢巻道路に入り









イメージ 8
12:50 もみの湯帰着
帰着後、もみの湯に入らせてもらいます。
湯温はさほど熱くもなく私好みなお湯でした。
さっぱりした後、諏訪南ICから帰路に。
途中、駒ヶ岳SAでソースカツ丼を補給。
彦根までは快調に走れたが、草津で渋滞に遭いタイムロス。

22:00 帰宅






Distance 119.4km
積算標高 2290m
Av Sp    20.5km/h
Av Cd    68rpm
NP Pw    140w

当日はさほど脚の疲労感は無かったのだが、翌日から強烈な脚の筋肉痛・・・
駄目ですねぇ〜。
週末のにし阿波Cコース、危うい(T_T)

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
陽が西に落ちていくが、テン場からは丁度樹林が邪魔してはっきりと見られなかった。特に焼ける事無かったので写真撮らず。

夜間は-5℃程度で暖かかった。
夜空もあまり美しく無かったので、こちらも写真無し。

5/3(水曜日)
4:00 起床
簡単な朝食を摂り、朝日鑑賞タイム。
テン場から観ていたのは5名ほどで、何名かは早速鹿島槍に向かわれていた。



4:50 北信五岳の少し南から陽が上がった。

鹿島槍はあまり赤く染まらなかった・・・
   ↓
イメージ 2


イメージ 3
5:30 アタックザックに最小限の荷物を詰め込み鹿島槍へ出発。

先発の方々は遙か向こうの尾根に確認できた。

日の出をテン場でぼ〜っと観てるより、早出して歩きながら観た方が良かったと後悔。
既に山頂踏んで山荘に帰る方々と対向。

←写真は大型三脚+一眼を楽しんでいた方。






イメージ 4


イメージ 5
6:50 鹿島槍が岳南峰

山頂には先客2名のみ。

北峰に向かっている登山者確認したのでトレース覗いてみたが、私の装備andレベルではとてもじゃないが無理。

昨日程クリアな視界でなかったが、今日も360度の俯瞰。

爺ヶ岳では見えなかった富山市や糸魚川市?方面の日本海が確認できた。

今日は扇沢まで下りなければならないので、長居せず下山開始。

数キロの軽いアタックザックだと快適快適。








南方の稜線。一番奥の白い山塊は穂高かな・・・
  ↓
イメージ 6


イメージ 7

←快調に下っているとなが〜い板担いだBCスキーヤー二名とすれ違い、ビックリ!!!

少しお話したが多分早朝、大谷原から登って来て鹿島槍から東斜面にドロップ。
北俣本谷を滑り下りるんだと思います。

私も一時期スキーをかじりましたが、鹿島槍からの斜面を落ちていくなんて想像もつきません(@_@)










イメージ 8

7:50 冷池山荘着
ちょっと休憩して幕営撤収。

9:20 山荘出発
家財道具一式を担ぐと背中にずっしり重い重い。

山荘から爺ヶ岳の、たかが200〜300mの登りを休み休みで。







イメージ 9
途中、求愛中の雷鳥ペアに癒されながら何とか・・・

11:10 爺ヶ岳南峰
本日は登山者多数。既に10名くらい休憩していた。
眼下には多数の登山者が登っており、今日の山荘は繁盛確実ですね。

ここからは登りの方々を横目に南尾根をひたすら下ります。





イメージ 10

標高2000mくらいまでは快調だったが、2000m以下になると雪が腐ってきてザックは重く、ずるずるスリップダウンに踏み抜きも・・・
ここで持ってきたワカン着けたが、軟らかく荒れた急な雪面では効果なし(-_-;)
再びアイゼンに付け替えストックで下りた。
しかし、樹林帯の夏道と雪道、どちらも歩きにくく気温も上昇し大量発汗。
大腿四頭筋は既に終わり、ハムもふくらはぎもヤバイ状態。
何人もの方にパスされ満身創痍で・・・

14:30 駐車場着



イメージ 11
いや〜もう体力の衰えはひどいなぁ〜
準備段階で小型の保温ボトルとか、日本酒はポリパックに詰め替えとか、食事はフリーズドライ中心に軽量化を試みたんだけどなぁ〜
あと、ワカンがお荷物だったなぁ〜
と反省ばかり。

15:00 大町「薬師の湯」
疲れきったカラダにお湯が染み渡る!
これまた山の後の楽しみです。

辛い辛い山登りですが、辛い後には楽しみが・・・
やっぱり、やめられませんなぁ〜(^^;)

おわり・・・

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
誰しも、後立山から見る剱の険しさに見惚れます(^^)

爺ヶ岳南峰から冷池山荘までは標高を下げ、稜線西側のトラーバース路を進みます。











稜線東側は巨大な雪庇・・・
        ↓
イメージ 2

北信五岳
   ↓
イメージ 3

イメージ 4


イメージ 5
13:30 冷池山荘到着

夏季のテント場は山荘からやや上部に有るのだが、GWは雪を利用して山荘のすぐ近くに設営できるように整備してくれています。
山荘でテン泊受付するが、山荘内は綺麗で宿泊者も少なそう。小屋泊まりに惹かれましたが、我慢。
テン場代700円
水1リッター150円
トイレは山荘を使わせてもらえます。
気温は20℃以上・・・




イメージ 6

訳ありビール750mlを500円で購入し至福の一時を過ごす。
私は、この風景この時間を過ごす為だけに登ってるような気がします(^^;)











イメージ 7
テントは数張りと少ない。

実はこのテン場、夏季は空中(^^;)

山荘のお兄ちゃんに「あまり端には寄らないでね、雪庇だから…」って言われました。










イメージ 8
陽が傾きはじめたので、夕食準備。

と言ってもフリーズドライ米にレトルトハンバーグ。
担ぎ上げた日本酒をちびりちびりと・・・











翌日登る鹿島槍。格好いい。
イメージ 9
つづく・・・

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事