槍ヶ岳から奥穂高岳縦走

昨日の続きで、南岳小屋から北穂高岳、奥穂高岳です。 朝起きると、外はガスっていて何も見えません、これでは、もう一泊かとガッカリしていました。  少し時間が経ってガスが薄くなりましたが、一人ではと迷っていました。 そうこうしていると秋田山岳会のチームが縦走されると聞いたので、後ろに付いて行く許可を得ました。   感謝・感謝です。 南岳小屋から鉄バシゴを降り、大キレットの半ばで休憩です。 向こうには、北穂に建つ白い北穂高小屋が見えます。 長谷川のピークは難なく過ぎ、飛騨泣きでは、足の置き場を間違えフリーズし恐怖を覚えましたが、結果無事越えました。 後を振り返ると、手前の三角の南岳の奥に、昨日登った槍が小さく見えます。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

サスマタモウセンゴケの花

2017/7/25(火) 午前 10:27

オーストラリア・ニュージランドに原産する食虫植物、モウセンゴケ 科のヨツマタモウセンゴケの園芸品種、 サスマタモウセンゴケの花が咲いています。                     学名は、 Drosera binata f. binata です。 サスマタモウセンゴケの伸び ...すべて表示すべて表示

キンズの花

2017/7/24(月) 午前 10:30

ホームセンターで購入した、ミカン科に属するキンズ ( 金豆 ) の花が咲いています。 キンカン ( 金柑 ) より小さな実が生るため、マメキンカン ( 豆金柑 ) とも呼ばれ、 盆栽仕立てにするそうです。 台湾、中国の安徽省南部から南の江西省・福建省・広東省・湖南省・広西チワン族自治区に ...すべて表示すべて表示

漸新世のツキガイモドキの化石

2017/7/23(日) 午前 10:33

漸新世 芦屋層群の斧足類の二枚貝、ツキガイ科 Lucinidae に属する、ツキガイモドキ 属  Lucinoma の ナガオイの化石です。  海岸の密集層から合弁を選びました。 学名        Lucinoma nagaoi 時代      前期漸新世 後期   陣ノ原層 産地     ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事