バイクのカタログハンター日記

バイクのカタログハンターと禁断の物欲世界。紙の猟人日記」101夜
イメージ 1

カワサキオーバーナナハンクラスにはあの頃空冷で角張ったタンクの二本サス。1000ccクラスの肉食モンスターがひしめいていた。
えーと時は1982年〜83年、空冷GPZシリーズから水冷ニンジャに進化するちょっと手前の話です。
GPという名の赤黒のイメージの強い一派もいた。
今だから言える事です。これらは異次元の、というか別世界の話でした。
中型限定免許の僕にとって、高嶺の花。バイクに関する話題/関心はすべて400cc以下で完結するものでした。

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
乗れる乗れないという免許証上の排気量制限から興味対象がすべて中型限定となったのでした。
ドカやMV、モトグッチといえば350のツインを指し、BMWもノートンも存在しない。ハーレーといえば2サイクルでトラといえばなんと200ccのトラカブ。
中型免許制度って、外国から見たら不公正な「非関税障壁」そのものじゃないか。

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
350の3気筒に乗っていたカワサキファンのコバヤシは限定解除したとたんにZ2、そしてGPZ1100に乗り換えた。
彼の仲間の瓦職人はZ1100GP。姿かたちは違うのに似たような名前で混乱してしまう。
気力も体力もあり余る年齢で400ccの縛りから解放されたら、そりゃ頂点の化け物クラスに飛びつくわな。体格、技能など自分に合った車種を選びましょうなんて美しききれいごとは、きれいに中型免許制度が霧散させた。

イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12

結局1000ccバイクに乗る事も持つ事もなかった自分なんですが、そりゃハイパワーバイクが怖いってだけで興味がない訳じゃなかった。
好きで、いいなあと思って、持つ事が出来なかったバイクといえばカタナでもローソンレプリカでもCB1100Rでもなくて、ヤマハのMT-01なんですよ。


イメージ 1

これちょうどいい大きさ。普段はどうせ高速になんか乗らないのだから。
この、ちょうどいい大きさとか存在が地味で真面目なんて言い方は自分が今まで興味を持たなかったバイクに対し必ず使う表現だと気づいた。

今こういうオフ車旧車はどうなんだろう。
ある程度大切に扱われた個体だけが残っているのか。
XL125sというモデルはいま、タマ不足なのだろうか。
昔「オフロードバイクの中古は買うな」と言われていた事があった。
転倒履歴なんてあって当たり前。外観は奇麗なのにとんでもないしろもの多く、外見からなかなか評価するのが難しい、と言われた。

ホンダにはその上位クラスより、その125cc版のほうが姿かたちにバランスがとれていて美しいという事がよくある。

イメージ 2
このチラシはXR125。タンクには「HONDA」ではなくウイング付きHONDAロゴ。XRという名前でもウインカーがついてるし、それほどハイパワーに見えないし、XLと同じだろうと思う自分の無知識振りが可愛い。

時々ですが、ちゃんと仕事もしているのですが、それでも僕の今の生活は堕落にどっぷり二度漬け状態。夜更かし&朝寝坊、昼寝&酒浸り。まだ明るい夕方5時頃から酒を飲みはじめる、それこそ真性クズそのもの。もちろん今が人生の絶頂でもあるのですが、際限なく堕ちていく自分がなんとも愛おしいのです。
マインドの腐敗した自分を嘲笑する自分自身がいたりして。ただ、この二人の「自分」同士はまだ仲良しなんで救われています。
この曲を聴くとほっとします。


カラフルな商業車125

イメージ 1

ヤマハのA7は350ccではなくて125cc商業車だ。
最近商業車を見る目が変わった。荷台付きのスズキが砂浜を走るカタログを見てからかも知れない。
全身真っ赤の海外向けA7は表紙イラストの中ではレジャー、通勤での使用が描かれている。
2人乗りシートだからか。このように全身カラフルだと印象も随分違う。
黒が地味なのか、商業車はカブ以外は決まって黒。
4輪でいえば逆に高級車/VIPイメージが黒だというのに。

イメージ 2

店舗用ファイルを見ていたら、このたくましいモノクロームのプレスフレームボディに
「働きのよさは一番!」と大きく書かれ、
●会社の連絡用に●山林のパトロールに●レーサーへの改造に●運搬に
と。

「運搬に」の前に、なんと「レーサーへの改造に」だとぉ?
山林の〜と書かれているからにはオフロードにも強いかも知れない。

イメージ 3
イメージ 4

イメージ 1

広告にコークバリントンが使われているとは知らなかった。

AR50/80はカワサキレーシングの顔。
カワサキ2ストレーサーイメージが宿る。250/350のKRは当時速かった。市販レーサーTZ250/350の牙城を崩したのがKRだった。
350ccクラス、とくに最後のチャンプモデルは速さだけではなく美しい。
タンクシートの造形も美しいのですが、1982モデルのカウル上部は全面スクリーンではなくくり抜かれた「マド状態」。これには本当グッときた。

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

アントンマンクはこんな顔の人だったのか。
「ボエリ」というヘルメットメーカーで知った人。上野で売っていたヘルメットにはAマンクレプリカがあった。
ちなみに紙のヘルメットとはちょっと違う。
80年代カワサキワークスを代表する人だった。
昔のカワサキ乗りには圧倒的にコークファンが多い。
今でいうスーパーバイクのジョナサンレイかな。

イメージ 6

80年ちょいのカワサキ広告。カタログの一部です。
当時もカワサキは速かったんですよ。本当!!!
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9

苦しいときのカブ頼り

イメージ 1

5〜6年前、スーパーカブが欲しくて探した事があります。
親の面倒をみるのに、駅からバスで実家まで通うのが大変だったからです。
実家の近くの自転車屋さんにボロボロの中古の売り物があり、値段を聞くと「7万円」。
いくらなんでもそんなに出せない。というのも僕が以前買ったスーパーカブ90の新車が10万円だったからです。
カブ90は盗まれるまで乗って2年くらい。1000キロも乗らなかった。あれから何年経った頃だろう。
イザという時頼りになる。
そしてカブはブログネタに困ったときにも役に立つ。

イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4

カブ王国といえばベトナムだろう、と思っていました。
だけど実際に行くとハノイもホーチミンにも普通のスクーターばかりがあふれてました。
カブやメイトが多かったのはモロッコでした。あの砂漠の上っ張り衣装がカブタイプには似合うんですよ。
僕の持ってた90カブはカーキっぽいグリーンでした。ありふれていて、自然。猫でいえばキジ猫みたいなものか。
2人シートの赤カブもいいですが、新型125のスーパーカブ、とくに赤シート/ブルーがいいです。

値段以外は最近の125ccの中で最高なんですが。残念ながら頭の中が30年前の物価で固まっちまったです。

イメージ 5

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事