ここから本文です
川下大洋の「ドナ禁」 ♪
川下大洋(aka Dr.Doneinstein)のブログ ♪
  
    
    

アメリカのアクション映画など見ていると、
爆弾に気づいた主人公が、そばにいる仲間に
「逃げろーーーっ!」と叫ぶシーンなどがよくある。

これは英語で「Run!!」と言っている。

    

runは学校で「走る」と習うし、もちろんそういう意味なのだが
「runaway」となると Bon Jovi では「家出少女」、
シャネルズなら「駆け落ち」となるし、
他動詞なら「経営する」と訳す。
別にrunに色んな意味があるわけじゃなく、
示す範囲が広いわけで、
逆に言えば日本語が細かい、ということにもなる。
向こうから見れば「なんで区別するの?」ということかも。

そういうボキャブラリーの話はまた別のときにするとして、
きょう書きたいのは日本語の語尾とか活用の話。

    

爆弾から逃げて欲しいときに、日本語の場合
男なら「逃げろ!」だが
女性なら「逃げて!」かもしれないし、
相手が目上ならやはり「逃げて!」あるいは「逃げてください!」かもしれない。

いずれにしろ、「逃げる!」ではない。
‥‥‥ピンと来ない?
「run」は命令するときも「run」で、変化しないのだ。
英語では「逃げろ」どころか「逃げる!」と言っているわけだ。

つまり英語は原形をそのまま言えばそれが命令形になるが
日本では言い方が変わる。
爆弾が今にも爆発するときに「逃げる!」とは言わない。

    

まあ特殊部隊の教官が、爆弾処理シミュレーションで
何度言ってもわからない訓練生に言うときは
ああまたか、という口調で
「はい、逃げるー! ‥‥‥ほらまた死んだ。次!」
みたいな言い方はありだろう。

だから終止形(原形)がそのまま命令形になるという英語のつくりは
実は日本人もわからないことはないはずなのだ。

    

それでも日本人は
ふだんから複雑な語尾をつけることになれてしまっているので
言葉を並べるだけで成立している英語のシンプルさが理解しづらい。

片言のガイジンが「ワタシ、スキ、ソレ」と言うのを聞くと
アクセントがおかしいのも相まって
「ああ、この人は会話能力が乏しいのだ」という印象を持ちがちだ。

しかしこれは「I like it.」をそのまま言っているのであって、
英語なら立派に会話として成立する。

    

日本人なら
「私それ好きなんですよー」とか「あたしそれ好きー」とか
「俺それ好きだよ」とかそのつど最もふさわしい言い方を選んで
ニュアンスを付加するはずだ。
だからそれをしないガイジンに対して
会話能力のなさを感じてしまうのだ。

    

しかしそのガイジンは恐らく「ワタシ、スキ、ソレ」というときに
何らかのジェスチャーなり声の抑揚をつけることによって
充分すぎるほどのニュアンスをつけているはずだ。

だからその人の会話能力は劣っていないばかりか
受け取る側の我々に、それを感じ取るセンスが
欠如しているともいえる。

    

英語は単語を並べるだけで成立する言葉なのだ。
彼らは「私、好き、それ」と本気で言っているし
爆弾から「逃げるーーっ!」と叫ぶ。
そのことをもっと理解した方が、英語の心がわかるはずだと、思う。

    
    


この記事に

facebook ♪

  
  

気が楽になった。連続で書く。

facebook の受け止め方は人によって違うと思うけど、
俺はすごくプライベートなものだと思う。
不特定多数が見られるように設定してはいるけど
それは例えば大きな窓の家に住んでいて
カーテンを閉めずにいるようなもので
誰がのぞいたって構わないよ、という態度でいるだけの話。

その窓に自分が知らせたいことや
やる芝居のチラシを貼り付けたりもするから
それを見た人は誰でも言いたいことを言ってきてかまわない。

でも友達として家に上げるのは
あくまで本当に知り合いの人だけにしたい。
通りすがりや、顔や名前を知っているというだけで
家に上げたりはしない。

そういえば大学生の頃、自分のアパートの鍵をずっと開けっ放しにしていて
友達がいつ来ても入れるようにしていた。
コーヒーとか勝手に飲んでってくれ、と宣言して。
で来た人は何か書いてねと、ノートを置いていた。
その時だって、知らない人は誰も入って来なかった。
(まあ鍵が開いてるとは思わなかっただろうが)
まあそれみたいなものだ。

facebook では、
何かのいきさつがあって
ネット上で仲良くなった人や
仕事上顔は合わせなくても
同じ公演や番組で仕事をしている仲間はもちろん
友達と言っていいと思っている。

だから
何かの形で俺の名前や顔を知って
リクエストしてくれるのはとても嬉しいんだけど
「おともだち」になるのは違うと思っている。
まして友達の友達だからという理由でのリクエストなどやめてほしい。

その辺の線引きをうまくできずに
facebook から離れてしまう人もいるようだ。

俺は、十年・二十年音沙汰無かった人と
ばったり再会できる facebook に感謝しているし
これからもそういう出会いを大切にしたい。

そして自分に近しい友達を核にした、気持ちいい広がりを持っていたい。 

この記事は facebook に書くべき内容かもしれないけど、
近しい友達に言う書き方じゃないから
ひとまずここに。

facebook にはあらためて。

あ、もしも
知り合いじゃないのに facebook で俺にリクエストくれた人が
これを読んで気を悪くしたらごめんなさい。
もちろんあなたを攻撃するつもりじゃないです。
「私は facebook をこのように受け止めています」という宣言です。
現実に出会ったら誰とでも友達になるし、
メッセージやフォローもいつだって大歓迎ですから。
  
    



この記事に

リセット!

  
  

もうね、facebook と twitter で手いっぱい。
いやろくに書き込んじゃいないけどね。
友達がどうしてるか見るだけでずいぶん時間使っちゃうよ。

このブログは
なんか更新しなきゃとか思うほどにますます遠のいていた。
だからここには好きな音楽や映画のこととか
ついつい考えたこととかを書くようにしようかと思うよ。

  

いやもともとそうしてたんだけどね。
つい近況とか告知も書いてるうちにわけわかんなくなってたよ。
ブログは誰でも見られるからパブリックなものではあるんだけど
内容も誰が見ても楽しめるものにしなきゃと気負いすぎてたんだろう。

ちょっとね、自分のWEBサイトをきっちり作ろうと思い立って、
色々あるツールを整理しなきゃと思ったんだ。 

  

近況とか告知とかは FB&TW に書くから、よかったらそっち見てください。
Facebookは直接の知り合いしか「おともだち」にはなりません。
でもフォロー(フィード購読)は誰でもできるので、してください。

twitter も facebook も「川下大洋」で検索して ♪

  

この記事に

  
  

さあ! 明日からの三日間は東阪で色々やります。明日は大阪・福島のさばのゆ温泉でさばのゆ大学「この日本語がヒドい!3〜なんでそう略すの!」。日本語は音数(おとかず)が多いので略語を否定はしないが、なんでそんな風に略すのか理解できないものも多い。一方で私たちの知らない業界ならではの略語たちも。さあ、みんなでにほんごであそぼう! お座敷で飲みながら遊べます。
「さば大」のサイトはこちら!http://sabadai.com/

  

(水)(木)は東京です。
20(木)19時30分からは経堂・さばの湯で、さばのゆカレッジ「この日本語がヒドい!3〜なんでそう略すの!」。内容は大阪と同じですが、こちらはド ラマー・落語家・昭和研究家の前田一知と二人でお贈りします。以前から二人でトークしようと言っていたのが実現。楽しみだ ♪ こちらも飲みながら、ゆるーく遊びましょう!
東京・さばの湯「さばカレ」のサイトはこちら→http://sabacolle.com/

  

前後しましたが、その間の日。
19(水)は荻窪の、本がたくさん置いてあるカフェ・6次元で、石原正一の二人芝居のリーディング公演。昨年舞台でやった「宇宙のファンタジー」を、今回は私と後藤英樹とでリーディングします。そういえばこれも色んなワールドを旅する、こちらは男2人のロードムービー的ファンタジーだな。公演は3作品上演で、うち一本にはみやなおこが出演。そとばこまち出身者だらけの公演! 3本通しでも、単品でも楽しめますよ。
石原正一ショー→http://hala-oshirase.blogspot.jp/

  


この記事に

「聖夜」の宴 ♪ 

  
  

そとばこまちアトリエ公演「4」、終了。楽しく素敵な公演でした。私が作・演出した「パラレリーノ聖夜」、メンバー全員すごくがんばった。可愛いアイドルを演じながらちゃんと芝居をつくりあげてくれた。スタッフワークも含めると4本かけもちもいる中、よくあの複雑で面白い段取りをこなしてくれました。おかげで当初意図したものになったよ。

何よりも、見に来てくれた観客の皆さん、ありがとう ♪ 「面白かった」と言ってもらえて、作った甲斐がありました。とくに私のオリジナルと知らずに音楽をほめてくれたみなさん、嬉しかった ♪

イメージ 1

メンバーがプリキュアのようなヒロインになるシーンで、いたいけな彼女たちを陵辱する、悪の「たいようさん」を演じてもらった早川丈二くん。メンバーに抱きつくところまでは稽古でやったけど、「楽しいーー!」とまでは叫ばなくてよかったのにね。いや面白かったよ! けど奥さんが来た回もそれをやって家庭崩壊の危機だという。芝居と家庭の両立をめざしてください。奥さんを大切にね ♪ 

イメージ 2   

  

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事