☆都のトラ☆未確認、味確認、観確認☆

京都のトラです☆ 未確認、味確認、確認済レポートを多ジャンルで☆

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4

イメージ 4

◆こんばんは!

今夜はめちゃ寒いです><。。

東京では雪だったとか。。
明日の予報では、京都も積雪20センチとか!
ワクワクしてきました* 
どうなるんでしょう、朝は道も凍っているんじゃないかな、、
皆さん、ご出勤時はどうか気をつけてくださいね>>

さて””
いきなり「気色わるいヘンな写真」で「何これ〜〜〜」(ハイジのおじいさん風)と思われたかもしれません! 
これ、「ひざ」のホネ標本です><。

先月12月5日に役員宅でのクリスマスコンサートに、うちの「ハンドベルクラブ」を引率して参加したその翌日、
朝にいきなり「右ひざ」に激痛が走りまして、突然なまでに歩行困難な状態に陥ってしまいました><。

もうほんとに右足のひざは「曲げられない」、あぐらなんてまったく不可能!になってしまったのです*

で、「そのうち治るやろう」と足を引きずりながら出社を続けていたのですが一向に良くならず、
12月9日には取引先との忘年会には参加したものの「お座敷」では座布団を何枚もいただいてかろうじて座ることができ>>> 

など、めちゃ苦痛な毎日を送っていたのでありました。
(その間、ブログのコメントには皆さまから「はげまし」のお便りもいただき、
 ありがとうございました!)

で、12日には「スットロングS坊」師匠と「きらきら亭」さんに行く約束をしていたので訪問したのですが、このときは「歩きはできました」がペースは遅く、ペースの早い「S坊」師匠には付いていけずに大変迷惑をかけてしまいました><
それでもトラはきらきら亭さんに入る前に、お店の外で「スパイダーマン」に変身する余裕はなんとかありました☆ 
でも「きらきら亭」さんでは「かさ」まで忘れて>>>

その後、12月20日には会社の幹部たちをいつもの「大阪ツァー」にご案内する予定になっていたので、これまた「ヒザが泣いている」状態で、朝の千日前の「肉うどん」から始まって、道頓堀、お好み焼き、大阪プロレス、新世界、通天閣、、、と「大阪こてこてツァー」のナビゲートをして><。

皆さんには喜んでもらえましたが、トラはヒサンにも「ヒーヒー」なのでした><(カオには出さず)

その後もお医者に行く時間もなく、各事業所での忘年会にマスクマンで出演したり。。
で、ようやく年末にお医者に行くことができました☆
実家近くの総合病院の整形にかかりました。

で、お医者いわく「これは半月板やな。」って。

「は、半月板って何ですか?聞いたことはありますが。。私は「満月の夜」が好きなんですが。。
仲良しの大阪プロレス「タイガースマスク」の得意技なんです☆」

と言うと、お医者はデスクの上に立っている「片ヒザのホネ標本」を指して、
「ここ。これが半月板。残念ながら満月ではなくてね。正面から見ると長方形だけど、ナナメから見ると半月に見えるんだよ」と、ヒザの上下のホネのスキマにある薄い部分を示しました。

「それは屈折した見方だと思いますが。。どう見ても「半月」には見えませんが。。」

「昔からこの部分は「半月板」って言うんです。ここがやられてるんでしょうなー。MRIしましょか」

MRIとは、通常のレントゲンでは見れない部分的な精密撮影ができる「大掛かりなレントゲン」だそうです。
「じゃ、1月4日の朝8:30からMRIしますし。」ということで
トラは痛む右ヒザを抱えたまま「年」を越したのでありました*

で、新年を迎え、痛みは少し和らいできたのですが治ったとは言えぬまま「初詣」に行き、4日に「MRI」を受けに行きました。フツーのレントゲンとは違い、人を寝かせて丸ごとスキャンするようなでかい装置。それを右ヒザの部分だけ、大きな輪っかで固定されて、そこを集中的にスキャンされました。その間40分あまり。MRIって、撮影中に「ゴンゴン」音が鳴るのです。大晦日の除夜の鐘みたい。
で、その日に結果は出ずに、トラはそのまま甲子園の「タイガース神社」に初詣に出かけました*

8日になって再び朝一番に病院に。

そこでお医者から「ふーん。内側半月板が無くなっているね。」って><。。。

「な、なくなっているって、どういうことですか?」
「磨り減ってしまったんだろうね><。」

要するに、半月板というのは、ヒザのホネ同士の「クッション材」みたいなもので、それが無いと直接
ホネ同士が「こすれて」痛むのだそうです。
トラの場合、まさにそうだと><。

「外側半月板はまだあるよ」
「先生、なくなった内側の半月板って、再生しないんですか?」
「しないよ>>」
「ええ〜〜><。。。」
「まー、年取ったら髪の毛が白くなるのと同じだからね。」
「ということは、これって「老化現象」ですか??!」
「まぁ、そういうことだね。」
「で、どうすればいいんで><。」
「ヒアルロン酸をヒザのスキマに注入してクッションの代わりにするよ。」

と、いうことでそのあと先生はトラの右ヒザに「ヒアルロン酸」という聞いたことのある薬剤を
「ぶちゅ」と打たれました。

そのせいか、右ヒザはだいぶ良くなって痛みもほとんど無くなり、今まで通りの「パワフル」なトラに
戻ったのであります***

年齢を重ねると、いろんなところに障害が起きてくるものです>>>>>

同年代??の皆さま、自分の知らないうちに、いろんなところに「ガタ」も来るそうで><・・・

本当に、右ヒザが「ガンガン」に痛かったときは、ここから人間の笑ったカオが浮き出てきそうな気がしました><。。

そのカオは夢に出てきて、笑いとも雄たけびとも言える声を発して><。
「聖鬼魔兇離如璽皀鶻娉次廚任靴拭筺磧。。

もうちょっと、「同居」してもいいようなキャラであってほしかったな==。
これが「ほっしゃん」だったら許してましたね**


ということで、新年になりました。
皆さん、今年もどうぞご自愛ください>>>

開く コメント(8)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事