全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全41ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

私の中で以前から課題として残っていた「皿山公園直登コース」の報告レポ。
 
これは去年の8月16日にさいとさんが、
 
私に為に詳しく記事にしてくれたにもかかわらず、
 
実行しないままになっていた課題です。
 
今日はその「皿山公園直登コース」を歩いてみたいと思います。
 
スタート地点は「皿山公園」。
 
ここからは機関車越しに「若杉山」が望めます。
 
イメージ 1
 
9:04にスタート
 
まずは案内板でコースを確認。
 
イメージ 2
 
「皿山公園直登コース」はマニアックなルートなので案内板にはのっていません。
 
東原林道を登っていくとまずは孔雀やアヒルがお出迎え。
 
イメージ 3
 
さらに登ると池がありそこには「元祖グワグワ隊」がいます。
 
イメージ 4
 
以前は5羽いましたが今日は2羽しか見当たりません。
 
その5羽のうち1羽だけが灰色。
 
その灰色グワグワを以前子供たちが「隊長」と命名しましたが、
 
その「隊長」はどこへやら…
 
 
このグワグワや鯉や亀がいる池から少し登ると左側にトイレがあります。
 
その前が「皿山公園直登コース」の取付き点です。
 
イメージ 5
 
九電のポールが目印
 
ここから先にも九電のポールが何本か立っています。
 
しばらくするとプラスチックの階段が現れる。
 
イメージ 6
 
この階段が長くて急な勾配で息があがります。
 
この階段を「プラ段ガンギ」と命名
 
この「プラ段ガンギ」結構長いんです。
 
頑張ってクリアーすると鉄塔に出ます。
 
イメージ 7
 
この鉄塔の上に標識があり「←若杉山」と書いてあります。
 
イメージ 8
 
さらに…
 
この先も追い討ちをかけるように急登の連続です。
 
ところどころにロープが掛けてあります。
 
「頭巾山ルート」よりしんどいかも…
 
マイナーなルートですがテープなどの目印がこまめに付けてあり、
 
コースアウトすることはないと思います。
 
 
しばらくすると大きな岩の「展望デッキ」に出ます。
 
そこからの眺め
 
イメージ 9
 
正面に「四王寺山」と「乙金山」・「井野山」が確認出来た。
 
さらに福岡市内方面や「宝満山」も眺めることができる。
 
 
ここから縦走路まではさほど遠くありません。
 
6分ほどで縦走路へ。
 
イメージ 10
 
縦走路の「岳城山」方向からの撮影。
 
右側の二股に別れた杉の木と、
 
その左の白いテープが二段に巻かれた小さい木が目印です
 
 
ここからは縦走路を歩いて「若杉山」を目指します。
 
イメージ 11
 
ツバキロードを軽快に歩いていくと、
 
苔むした大きな杉の木と岩々の鮮やかな緑の世界に包み込まれる。
 
今そこにいる自分がとっても幸せだと感じた。
 
この世界が写真にはうまく映らないのが悔しい
 
しばらくするとウッドの「チップロード」に出る。
 
イメージ 12
 
フカフカ感覚でとっても歩きやすいがすぐに「チップロード」とはお別れ。
 
 
最後の上りを頑張ると「大祖神社」です。
 
イメージ 13
 
ご挨拶した後は…
 
もちろんここで…
 
イメージ 14
 
挟まっちゃいました〜 
 
ここに来たらこれやらないとね!
 
 
「若杉山」の石楠花はボチボチ開花宣言!
 
イメージ 15
 
そして「若杉山」登頂。
 
イメージ 16
 
ここから少し下って「若杉ヶ鼻」へ。
 
その途中に隊長から名前を教えてもらった「モミジイチゴ」が群生してました。
 
イメージ 17
 
開花は今からのようでした。
 
黄色い実がなり甘くて美味しいそうです。
 
今度パクリンコしてみよう〜 
 
 
三郡三鼻の一つ「若杉ヶ鼻」からの眺め
 
イメージ 18
 
霞んでいて「宝満山」が微かに見える程度。
 
今日のこの時間にここからしか望むことができないこの景色。
 
絶景です!
 
しばらく景色を眺めながらウットリ。
 
これから「砥石山」まで歩いて「今屋敷コース」で下山とも考えたが、
 
○○のことも考慮して「岳城山」を目指すこととしました。
 
 
軽く走って下っているとこんな岩を発見。
 
イメージ 19
 
手裏剣が突き刺さった跡のような傷がたくさん付いています。
 
この岩を「忍忍岩(ニンニンイワ)」と命名
 
若杉忍者の仕業か?
 
 
さらに「若杉山の鬼の歯岩」
 
イメージ 20
 
歯をアップで!
 
イメージ 21
 
 この歯…
 
「ドロロンえん魔くん」の「シャポーじい」(帽子)の歯に似てません?
 
こんなつまらないことを想像しながら気持ちよく下っていると、
 
ついつい調子に乗って全開走行。
 
そして…
 
アドレナリン   爆  発   ボンバー イエィ〜 
 
↑ 調子乗りすぎ
 
スリッパで一発 パッコ〜〜ン
 
 
気を取り直して「岳城山」へ
 
イメージ 22
 
写真では分からないが遠くに「立花山」が見えていた。
 
そしてここからすぐの思い出の宝箱 「展望台」へ。
 
イメージ 23
 
今日で何回目かな〜 ここに来るの
 
小学生の時から登っている山「岳城」
 
「駕与丁」と同じくたっくさぁ〜んの思い出がある場所。
 
そして私の登山の原点の場所でもあります。
 
ここからの景色は最高ですよ〜
 
イメージ 24
 
 その「駕与丁」が眼下に見えます。
 
 
「四王寺山」・「井野山」方面
 
イメージ 25
 
 
そして「宝満山」
 
イメージ 26
 
期待していた八重桜の開花はまだでした。
 
その代わりにスミレたちが笑顔で笑っていました。
 
イメージ 27
 
 
下りは「もみじ谷」へ
 
谷へ入ってすぐのところにある「清滝」
 
イメージ 28
 
新緑の「紅葉」と開花した「石楠花」が滝を演出。
 
 
この先は小さな沢沿いを下ります。
 
こんな滝や…
 
イメージ 29
 
 「ナメ滝モドキ」などを観察しながら「皿山公園」へ戻りました。
 
 
さいとさんから教えていただいた「皿山公園直登コース」の報告レポ、
 
大変遅くなったことをお詫び申し上げます。
 
かなりハードでしたが鍛錬のためにはもってこいのコースですね!
 
またチャレンジしてみたいと思います。
 
さいとさん どうもありがとうございました。
 
 
 
 
イメージ 30
 
 
 
イメージ 31
 
 
 
 
皿山公園 〜 0:22 〜 鉄塔 〜 0:22 〜 縦走路 〜 0:27 〜 若杉山 〜 0:04
 
〜 若杉ヶ鼻 〜 0:36 〜 岳城山 〜 0:03 〜 展望台 〜 0:24 〜 皿山公園
 
全行程 2:18

開く コメント(6)

夕方の「駕与丁」からの眺め
 
イメージ 1
 
池の周りにはピンク色の桜がたくさん咲いており、
 
花見をしながら三郡山地を眺める。

満開は過ぎてるがなかなかの景色にしばしばうっとり。

水面に映る影もいい感じ。

しばらく観賞して遊歩道を歩いていると、
 
ジョギングしている人たちに追い抜かれた。
 

気持ちがウズウズ…
 
よっし〜  いっちょ〜
 
 
上着を脱ぎネクタイを外してスタート

一周4.2195kmをジョギングしてみよう〜

周回の遊歩道は整備が行き届いており走りやすい。

しかも三郡山地を眺めながらのジョギング。

爽快です。
 

池の周りには神社や公園やグランドなどがあり、
 
平日の夕方だったがたくさんの人達で賑わっていた。

公園ではしゃぐ子供たち

花見をしながハイテンシな女子高生

バス釣りをする少年

もちろんジョギングやウォーキングする方もたくさんいらっしゃいます。
 

遊歩道にはたくさんの桜が咲いています。
 
水面には落ちた桜の花びらが漂う。

そんな桜を眺めながらのジョギング

これまた最高!
 

しかししばらくすると足が張ってくる。

登山では使わない筋肉を使っているのか…?
 
 
ここ「駕与丁」は少年時代の思い出の場所なんです

当時は今みたいに整備されてなく池の周りは薮だらけだった。
 
そんな「駕与丁」で少年時代に魚釣りしたりザリガニ釣ったり、

早起きしてクワガタを捕まえたりした。

年に一回の池干しのときには胸まで池につかって魚を手掴みで捕ったりしてた。
 

そんな懐かしい面影はほとんどないが、

ひとつだけ当時のまま残ってるところがあった。

隣の「赤石池」から流れ込む水路だ。

その横を走り抜ける時、

昔一緒にやんちゃしていた幼なじみの連中の顔を思い出した。
 

懐かしさに浸りながら走っていると徐々に辺りが暗くなる。

外灯に明かりが灯り桜が浮かび上がる。

夜桜を見ながらのジョギング。

最高の一言。
 

最後までペースを落とさず無事にゴール。

夜空を飛び交うコウモリたちが迎えてくれた。

走るつもりはなかったが調子にのって走ってみて良かった。
 
楽しくて懐かしさを感じた25分でした。

「駕与丁」 最高のジョギングコースです
 
 

一周 (4.2195km)  0:25’22

開く コメント(6)

お気に入りの場所の宇美町のとある公園からの眺め。
 
イメージ 1
 
山に漂う雲が汽車が吐く煙のように見えた。
 
年度末の忙しさをなんとか乗り越えることができた。
 
これも山でリフレッシュできたおかげだと思う。
 
山よ ありがとう
 
 
 

開く コメント(2)

宝満山に登りたかったが今日はお預け…
 
 
 
そこで…
 
ちょこちょこ撮影した「宝満」の写真を紹介する第四弾!
 
残念なことにネタ切れで今回が最終回
 
 
 
先週の石楠花の植樹会の時に食べた「山公」
 
イメージ 1
 
出汁が旨かった
 
 
 
本導寺の石の標識
 
イメージ 2
 
 大好きな「猫谷」へ行く時に案内してくれます。
 
 
 
 
竃門神社の駐車場の看板
 
イメージ 3
 
 ノーコメント
 
 
 
 
お家などを造ってくれるところ
 
イメージ 4
 
どんなお家ができるか楽しみだなぁ〜
 
 
 
 
大きな建物もありました
 
イメージ 5
 
住んでる人に「宝満ファン」はいるのかな?
 
 
 
 
お年寄りのお世話をしてくれるところ
 
イメージ 6
 
ここには「宝満ファン」はいるかもね!
 
 
 
 
電柱の看板にも「宝満」
 
イメージ 7
 
「宝満ファン」だらけ…?
 
 
 
 
恒例の「川」と「橋」のセットを一枚 
 
イメージ 8
 
いつ見てもイケメンな山ですよね〜
 
 
 
 
前回紹介した「宝満通り」
 
イメージ 9
 
今回は県道35号線の「内山入口」交差点の石碑。
 
ここから少し登ると「宝満山」が「よく来た!」と出迎えてくれます。
 
 
 
 
 
「居酒屋 宝満」の看板
 
イメージ 10
 
いつかはここで美味しいお酒を飲んでみたい。
 
 
 
 
いよいよ最後になりました(涙)
 
「宝満山」に登った人を優しく迎えてくれる山頂標識
 
イメージ 11
 
この標識は頑張って石段を一歩一歩を踏みしめて、
 
830mに到達した人にしか見れない。
 
これから山頂標識を何回見ることになるんだろう〜
 
一回でも多くこの標識にタッチしたいな
 
 
 
 
福岡県を代表する山 「宝満山」
 
みんなに愛される山 「宝満山」
 
日本一きれいな山 「宝満山」
 
私たちが胸を張って自慢できる山 「宝満山」
 
これからもずっと大切にしたい山 「宝満山」
 
やっぱいいね〜 「宝満山」
 
大好きです。
 
ありがとうございました。
 
これからもよろしくお願いします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(6)

篠栗町へ向かう途中に左側の山の上をふと見るとピンク一色。

この状況を見といていつ行く?
 

今でしょう〜 
 

用事を済ませて向かった先は…

「御霊神社」
 
イメージ 1
 
 
前回来たときは「梅」の花が迎えてくれたが、
 
今回は「桜」と「キイチゴ」の花がお出迎え。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 

ネクタイを外して17:12にスタート
 
 
階段を軽快に駆け上がり汗をかくまえに「丸山」(86m)にゴール
 
そこは…
 
イメージ 4
 
春一杯の山頂でした。
 
 
ピンク色のさくら…

さくら…

さくら…
 

満開の桜を一人占め。

なんとも贅沢な状況に一人で大興奮。

しばらく撮影しながら花見。
 
イメージ 5
 
 
景色のほうは…
 
イメージ 6
 
残念ながら霞んでいて「脊振山」や「油山」は確認できなかった。
 
 
足元には「キイチゴ」の花や「スミレ」、
 
そして今にも顔を出しそうな「ツツジ」がたくさんこっちを見てニコニコしてました。
 
イメージ 7

きもちうぃ〜 山頂を満喫して下山。

「丸山古墳」などを観察しながらボチボチ歩いて下りました。

低山ではあるが素晴らしい山 「丸山」。

また歩きたくなりました。

ありがとうございました。
 
 
 
 
 
御霊神社  〜  0:02’05 〜  丸山  〜  0:04’08  〜  御霊神社
 
全行程 0:06’13

開く コメント(6)

全41ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事