全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

画像 〆2鵝⊃任擦督困い織瀬奪スくんの下半身
手術前の後肢は、左右とも伸びきり。。。
股関節は、お相撲さんの股割のようでした。

画像◆CT3D内視鏡モード
背骨の中の脊柱管(神経の通り道)に椎間板物質が飛び出して脊髄圧迫をおこしていました。
この画像では神経(脊髄)を画像上から消していますので、椎間板物質が突出逸脱していなければ、すなわち正常な脊柱管内であれば、トンネルのように障害物なく先まで見えます。
T12とは、胸椎12番です。

画像 電気生理学検査
心臓病の検査で電気生理学的検査といえば心電図。。。
脳神経科における脳神経疾患で電気生理学的検査といえば脳波、神経電動速度などなど。。。です。
とくに脊髄の疾患の診断や治療効果、術中の脊髄の状態をみる術中モニタリングなどに、SEPやF波などという検査が有効かつ必要となります。
今回の検査では、術前のSEPは全く波形がとれず脊髄に重度の損傷があり、後ろの足先から脳までの神経伝導のうち脊髄のどこかで障害をうけているという結果が導かれました。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事