雲の切れ間から〜シングルママちゃん奮戦記〜

ありがとうございました。感謝しかありません。

奮戦記

[ リスト | 詳細 ]

〜GOOD TIMES & BAD TIMES〜
記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

因みに私がお留守にしている間に、りかままさん、またの名をピッカさんから
ゲストブックに、内緒で以下のような書き込みがありました。
※店名は伏せさせていただきます

____________________________________________________________

最後に 一言だけ、後悔しないように 言わせていただきますが・・・
私が ○○○○○○○○を辞めたのは、店長さんが、ぼのさんから 私がマンションの理事長をずっとしている。という話を聞いた翌日から、何かにつけ、理事長だか何だか知らないけれどねぇ〜!と言うようになり、仕事とは関係ないことで、私に愚痴を言って来て、すべて私が悪いと怒る様になったので、母の具合がよくないと理由をつけて お給料もいらないからと辞めました。
理事長に何か悪い印象でもあったのかな?自分以外の人が 褒められるのが、嫌いな方でしたしね。
子供がいても、仕事を優先できる ぼのさんが ちょっと うらやましかったです。

____________________________________________________________

この方のブログの記事を拝見する限り、私云々の前から、店長さんの至ってまともな
新人指導について、ひたすら批判と愚痴と悪口と罵詈雑言を書いていらっしゃったのに
私のせいにされましても、、、、。

更には、今までも私の記事に対するコメントとして
心無いコメントをされることが度々ありました。
見かねたブロ友が指摘してくださったことも有りました。
私は受け流してきておりましたが、
りかままさんが出入りをするようになってから、このブログの本来の目的であった
シングルマザーの悩み共有や励ましあいといった方向性から変わったように感じます。
彼女の「普通の幸せ」をひけらかしたマウンティングに
肝心のシングルマザー友が寄り付かなくなってしまいました。

りかままさんコメントの最後の一行、残念の一言です。
ある意味、専業主婦として頑張っている彼女を尊敬していた部分もあったので
このような愚かなことを書いてしまう人間性に失望致しました。

今までもシングルの大変さをご理解なさるお気持ちもなく
相手の気持ちも考えず、ご自分の常識を振りかざす無神経なところが見え隠れしておりましたが、
もはやシングルマザーの敵ですね。

ちなみに、この方カウンセラーを目指していらっしゃるそうです。
既にカウンセラーのお勉強を始めていらっしゃったのに
私が抑うつ状態だった時、素人でも知っている
うつの人に一番言ってはいけない「頑張れ」のコメントを
書きこんできた時には苦笑するしかありませんでした。

この方が万が一カウンセラーの資格に合格なさるようなことが有った場合
ご自身が良い人に見られたいという虚栄心を満たすために
患者さんの話をロクに聞かず、ご自身の武勇伝という名の言葉の暴力を振るって、
患者さんを悪化させたり死に追いやる事が無い様
心から祈るのみです。

ああ、あと、この方、色々な方とトラブっては、その度にブログをお引越しなさっているのですよね。
色々大変ですね(苦笑)

開く コメント(0)

今朝3時に調べた時、今日の7:30頃の天気予報はあまり良くなく
 
曇り時々雨の予定でした。
 
でも厚い雲の切れ間から・・・
 
イメージ 1
 7:36頃 日食用フィルター不使用 デジカメ(LUMIX)使用
 
・・・雲の切れ間から・・・金環日食が見えました!
    ↑ くどいですね(笑)
 
綺麗に肉眼で見えました。
 
ほんの少しの間だけでしたが雲は薄くなってくれました。
 
 
ちなみに、肉眼用日食用のフィルターを通すと真っ暗で、
 
何も見えない位、儚い光でしたが、肉眼では綺麗に見えました。
 
(本当は目にはよくないのでしょうけれどね・・・)

開く コメント(1)

牛乳について考える

我が家の息子、牛乳が大好きで1日で1リットルは平気で飲んでいました。
 
原爆事故直後は、物不足になり兵庫や岡山、関西あたりから
 
聞いたこともないブランドが沢山入ってきていたものですが
 
それも、物不足が回復してきた今、見かけなくなりました。
 
 
仕方なく、牛乳を買う時は製造工場や搾乳地を製造番号から
 
必死で検索したり、「十勝牛乳」等、産地がはっきりしているものを
 
購入しておりましたが・・・
 
 
牛乳って、多くのブランドで様々な産地の牛乳をブレンドして
 
作られているものなのですね・・・
 
 
ほぼ、メジャーなブランドでは例えば神奈川工場であったとしても
 
千葉県産の牛乳もブレンドされており
 
福島の原乳が使われているブランドすら有りました。
 
 
ホットスポットの位置を考えると、千葉県産の原乳も決して安心はできない
 
ですし、むしろ福島の低線量地域より放射能値が高い可能性もある。
 
 
こんな事を知れたのも、前の記事に書いたyusukeさんから教えていただいた
 
サイト SAVE CHILD http://savechild.net/ のお蔭でした。
 
情報量が多いのに、分かりやすいんですよね。
 
 
牛乳については、こちら
 
 
 
結論からすると、息子には「十勝牛乳」等産地をうたっているもの以外
 
牛乳を与えないというのが無難そうですね。。。
 
 
あとは、牛乳の代わりには妊娠中から愛飲していた、
 
仏の超硬水「コントレクス」辺りが無難そうですね。
 
(水なのでアレルゲンの心配も無いですし)
 
 
しかし、一生懸命HP等で調べていたのに・・・
 
こんなに、素晴らしいサイトが有るとは・・・
 
yusuke氏の脱力が若干分かるような気がいたしました。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

放射能対策サプリ

イメージ 1
左から、粉末りんごペクチン 、 ヨウ素+カリウム 、 カルシウム+マグネシウム+カリウム
 
 
 
帰りました。
 
5月頭にはまだヨウ素パニックが起きていたアメリカに行ってきました。
 
でも・・・今回はしっかり「ヨウ素+カリウム」も買えました。
 
 
 
ところで、ブログ友yusukeさんから許可が出たので、再び
 
トラックバックです。
 
大切な方と、大切な愛犬姫の為に、色々と細かく調べていらっしゃる
 
方です(^^)
 
母乳汚染や、ストロンチウムの存在、ホットスポットの存在も、TVに
 
先駆け半月以上は早く、ブログで取り上げていらした方です。
 
 
非常に勉強になります。
 
記事の内容もコピペさせていただきます。
 
 
___________________________
 
 
 
内部被曝は、現在の環境のなかでできる限りどうにかしたい問題だと思います。
 
まあ、食べ物を一例にすると、産地を選ぶ、よく洗うくらいしか私には想像できませんでした。
 
でも、ちゃんとやり方があるんですね〜。
 
という訳で、えらく分かりやすく紹介されているサイトがあります。
 
どこぞの政府のように「安全〜」なんて風に、イカレタ繰り返しではなく、食材などへの具体的な対応、選択の仕方、気をつけなければならないことなどがしっかりと紹介されています。
 
リンクフリーかどうかは分からないもので、ぜひ、『 ベラルーシの部屋ブログ 』で検索し、一読されてみてください。
 
 
・・・・・・ブログタイトルの通り、ベラルーシも様々な放射能被害を受けている場所です。
 
ある意味、日本にとって先を進む国の手法を紹介しているとも言えます。
 
______________________________
 
どうやら、
 
セシウム対策には、カルシウムカリウム(Potassium)、
 
デトックスにはペクチンが有効なようですね。。。
 
(以下は以前の記事から)
ヨウ素にはご存じのとおり、ヨウ素(iodine)ヨウ化カリウム
 
(Potassium Iodide)を被曝前後24時間以内に内服するのが良い
 
らしいですね。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

気になったので調べてみました。
 
 
よく、TVで
 
「この程度(の被曝量)は飛行機で
 
成田ーニューヨークを飛んだ時に被ばくする量より
 
低いですよ〜」との、お言葉。
 
 
もう、皆様もお気づきと思いますが、言葉のマジック。
 
論理のすり替えなのですよね・・・。
 
 
まず、基本として、かなりざっくり言って、
 
放射線 = 放射性物質から放たれるもの。
        体を突き抜けてしまうもの。
 
放射性物質 = 放射線を放つもの。
           体に取り込まれると排出されるまで
           留まるもの。
 
放射能 = 放射性物資放射線を出す力。能力。
 
 
ということのようです。
 
さて、飛行機で被曝する「宇宙線」とは、前者、放射線にあたるようですね。
 
東京大学HPより
 
つまりは、飛行機で1回に13〜14時間乗っていても、
 
その間、放射線を浴びることはあっても、放射性物質
 
吸い込むというわけではないのですよね
 
 
今回の事故は、放射性物質を吸い込む=体内でも
 
(排出されたり、半減期を何回か過ぎない限り)、
 
その放射性物質からずっと、放射線が放出されている
 
わけであり
 
・・・飛行機のように1回短期的に13時間程度に、被曝するのではなく
 
体内にある限りずっと被曝しているわけで・・・
 
 
そんな、365日、24時間ずっと飛行機に乗っている
 
ような非現実的状況が、体に異常を及ぼさない
 
とは到底思えない。
 
 
しかも成長過程の子供にとって良い影響を与えるはずが
 
ない。
 
 
明らかに論理のすり替えだと思われる。
 
 
もう、子を成した私はともかく、子供だけは絶対に守りたいと思う。
 
 
千葉では、可愛そうな位、スーパーで茨城、千葉県産の野菜だけが
 
山の様に売れ残っている
 
 
皆、公言はしないけれど、買わないんですよね・・・。
 
 
その状況は、政府が本当に厳しい基準に立たない限り、
 
改善されることはないと思う。
 
 
こんな子供騙しの論理のすり替えでごまかそうとしている、東京電力や
 
政府の言う「安心安全」なんて、絶対に信じられない。
 
 
このネット時代で個人が色々調べられる中、こんな子供だましは
 
信頼を損なうものであり、自分で自分の首を絞めている。
 
 
仮に政府を信じて体調を崩したり癌になったり死亡したとしても、
 
日本の法的には「因果関係の立証」というのは容易でない。
 
(私も一応法学部なのでこの辺かなり、真面目に学びました)
 
 
結局は、泣き寝入りか、仮に人生の多くの時間を使って証明しても
 
この規模の災害では、補償金はスズメの涙でしょうね・・・。
 
 
政府にとって実際問題、目先の補償や、責任論、経済の活性化というのは
 
大きな問題だと思う。
 
 
しかし、子供の未来を考えたときに、子供たちの基準だけはしっかり
 
厳しくしてほしいと思う。
 
 
少子化が叫ばれる中、こんな中では子供を産むのが怖いと思う女性は
 
私の周りでも増えているし、今、すでに存在しているの子供の健康を
 
軽んじることは、結果において、更に、今後、年金、納税を担う
 
若者人口に良い影響を与える はずがない。
 
 
農業、漁業の損害を少しでも減らし、経済を活性化したいと思うなら、
 
色々な意味で、本当に安心できる基準を提示すべきだと思う。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事