ここから本文です

書庫全体表示


 「①動画紹介」「②プチインプレ」「③販売価格」「④カスタムパーツ」を掲載、実際の雰囲気を味わってください(マフラー音は実物とかなり異なります)。

〈更新情報〉
 
 H30.9.28:走行動画アップ

 H30.9.8   :外観動画アップ

「入荷、展示状況」

 予約申込受付中


 〈①動画紹介〉

 H30.9.28:走行動画アップ


 H30.9.8   :外観動画アップ


〈②プチインプレ〉
 〈走行について〉

 何と言っても、加速感・・・よりレーサーの味付け、単気筒・軽量化の相性もあり、軽くアクセルを開けただけで、気を抜くと、体が持って行かれます!!

 最大トルク3,500回転と低回転で、これに合わせてギア上げしていくと、それ程スピードを出さなくても、いつもとは違う加速感が味わえます。

 トレール面を想定しているけど、普通に街乗りから、峠を走っても十分楽しい(林道等を走るには、慣れてからでないと、すぐにフロントが上がってしまうが難)

 逆に、馬力規制と排ガス規制の為、高回転域は物足りない感が。アクセルを回しつづスピードを維持するよりも、加速感を味わうをのが醍醐味。林道等の坂道で本領発揮、公道のいつものような乗り方だと、モヤモヤするかも。

〈始動性について〉

 リチウムイオンバッテリー搭載で、始動性は良さげ。ただ、フライホイールが軽いためか、アクセルワークをなおざりにするとエンストするので、注意。それと、鉛バッテリーと違い、ジャンプしたり、通常の充電器が使えないのが、ネック。

〈燃費について〉

 今回23キロ/1ℓ、レーサーベースとしては良い数字、只タンク量7.6ℓ(174キロ程度)+ハイオク、ちょっと遠出する時は、給油ポイントを確認する必要があり(1ℓ携行管を持って行くと、まさかの時に役立ちます)

〈足つきについて〉

 足つきは、166cmの私には正直キツイ、林道も考えていて、ローダウンキットも装着予定。取り敢えずは、リヤショックを柔らかくし、シフトペダル位置を上げて、楽になった。まぁ車両を難なく支えられるので、アフリカツインよりは楽。

〈メンテナンスについて〉

 3万キロ毎に大幅メンテサイクル、街乗り等で通年乗るなら、ちょっと考えるけど、北海道7ヶ月間+週一ペースなら、あまり意識する必要は無いです。
 私もアフリカツイン1年目、週1回で北は稚内、南は函館、東は根室、11月ギリギリまで走って1万キロ強。この450Lで、3万キロ行く前に手放しちゃいます。

 オイル交換が1千キロ毎、二の足を踏む人もいるけど、オイル量は1.15ℓ G1でOK、アフリカツインで約4ℓ、手間はかかるけど、さほど変わらない。

 乗り手を選ぶバイク、スーパースポーツのように最高速を求める人には嵌らないバイク、確かにKTMやハスクバーナーと比べたら、トータルでは見劣りするけど、ホンダという国産車で、敷居が高くないので、レースベース車を体験してみたい方には、うってつけです。

〈③販売価格〉

 小売希望価格1,296,000円+諸経費 見積受付中♪♪

 「乗れたらいいな」を叶えるバイクローンも、上手く活用してほしいです。

 特別実質金利2.9%ローンシミュレーション(頭金等無、諸経費除く)

 ・12回: 毎月支払額:109,970(初回:109,776)→支払合計額:1,316,476

 ・36回: 毎月支払額:37,600(初回:38,708)     →支払合計額:1,354,708

 ・60回: 毎月支払額:23,200(初回:25,048)    →支払合計額:1,393,848

 ・120回:毎月支払額:12,400(初回:18,947)    →支払合計額:1,494,547

 毎月の金額で表すと、手が届きそうです(私もこの手でやられました(笑))

 同時に当店オリジナル「7大車両購入特典」も役立ててください。

 ではでは。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事