日本無責任時代

右翼と左翼の脳天を痛撃するブログ「自動ハンマー打機」

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
石原 莞爾(いしわら かんじ、1889年1月18日 (戸籍の上では17日)- 1949年8月15日)は、昭和の大日本帝国陸軍軍人、満州派の領袖。立命館大学教授(1941~42年)。軍歴は第16師団長、舞鶴要塞司令官、関東軍参謀副長兼駐満州国武官などを歴任し、最終階級は陸軍中将。


出自

1889年1月18日 山形県鶴岡市に旧庄内藩士、飯能警察署長の石原啓介とカネイの次男として生まれる。 長男が幼少期に死亡しているので、事実上の長男である。実弟は海軍大佐のときに飛行機事故で殉職している。南部次郎よりアジア主義の薫陶を受ける。1911年の春川駐屯時には孫文大勝の報を聞き、「支那革命万歳」と叫んだという。

1918年に陸軍大学校を次席で卒業(30期)、ドイツへ留学(南部氏ドイツ別邸宿泊)する。若い頃から、ナポレオンやフリードリヒ大王らの伝記を読みあさった。また、日蓮宗系の新宗教国柱会の熱心な信者として知られる。1923年、国柱会が政治団体の立憲養正會を設立すると、国柱会の田中智學は政権獲得の大決心があってのことだろうから、「(田中)大先生ノ御言葉ガ、間違イナクンバ(法華の教えによる国立戒壇建立と政権獲得の)時ハ来レル也」と日記に書き残している。そのころ田中智學には、人殺しをせざるをえない軍人を辞めたい、と述べたといわれる。陸大創設以来かつてない頭脳の持ち主と言われ、関東軍作戦主任参謀に就任。また陸軍史上最大の戦略家ともいわれている。

軍人時代
満州事変の首謀者

1928年関東軍作戦主任参謀として満州に赴任し、自身の最終戦争論を基にして関東軍による満蒙領有計画を立案。1931年に板垣征四郎らと満州事変を実行、23万の張学良軍を相手に僅か1万数千の関東軍で、日本本土の3倍もの面積を持つ満州の占領を実現した。柳条湖事件の記念館に首謀者としてただ二人、板垣と石原のレリーフが掲示されている。満州事変をきっかけに行った満州国の建国では「王道楽土」、「五族協和」をスローガンとし、満蒙領有論から満蒙独立論へ転向していく。

石原が構想していたのは、今日「偽満」と呼ばれるような、偽装植民地などではなく、日本中国を父母とした独立国であった。そして日本人も国籍を離脱して満州人になるべきだと語った。石原が目指した満州国は「東洋のアメリカ」だったともいわれるが、実際は最終戦争に備えるための準備であり、それを実現するための民族協和だったのである。関東軍の役割はあくまでソ連の南下を防ぐためのもので、満州国の政治に携わっていることを厳しく非難していた。

二・二六事件の鎮圧
1936年の二・二六事件の際には戒厳司令部参謀兼務で反乱軍の鎮圧に当たっている。この時の石原について昭和天皇は「一体石原といふ人間はどんな人間なのか、よく分からない、満洲事件の張本人であり乍らこの時の態度は正当なものであった」と述懐している(『昭和天皇独白録』)。このときほとんどの軍中枢部の将校は反乱軍に阻止されて出勤できなかったが、統制派にも皇道派にも属さず、自称「満州派」の石原は敵か味方か判らなかった。安藤大尉は部下に銃を構えさせて出勤を阻止しようとしたが、石原は逆に「陛下の軍隊を私するな!この石原を殺したければ直接貴様の手で殺せ。」と怒鳴りつけて参謀本部に入った。

日中戦争・太平洋戦争時
1937年の日中戦争開始時には参謀本部作戦部長。内蒙古での戦線拡大に作戦本部長として、中央の統制に服するよう説得に出かけたが、かえって現地参謀であった武藤章に「石原閣下が満州事変当時にされた行動を見習っている」と嘲笑される。戦線が泥沼化することを予見して不拡大方針を唱えたが、当時関東軍司令長官東條英機ら陸軍中枢と対立し、1937年9月には参謀本部から関東軍に左遷された。

太平洋戦争開戦前に東條との確執から予備役に回される。太平洋戦争に対しては、「油が欲しいからとて戦争を始める奴があるか」と絶対不可である旨説いていたが、ついに受けいれられることはなかった。石原の事態打開の策は奇しくも最後通牒と言われるハルノートとほぼ同様の内容であった。(戦後石原は太平洋戦争に対しても、サイパンの要塞化、攻勢終末点の確立をすることにより不敗の態勢が可能である旨も語っている。)中国東亜連盟の繆斌を通じ和平の道を探るが、重光や米内の反対にあい失敗した。

『世界最終戦論』(後、[最終戦争論]と改題)を唱え東亜連盟(日本、満州、中国の政治の独立(朝鮮は自治政府)、経済の一体化、国防の共同化の実現を目指したもの)構想を提案し、戦後の右翼思想にも影響を与える。熱心な日蓮主義者でもあり、最終戦論では戦争を正法流布の戦争ととらえていた事は余り知られていない。最終戦争論とは、戦争自身が進化(戦争形態や武器等)してやがて絶滅する(絶対平和が到来する)という説である。その前提条件としていたのは、核兵器クラスの武器と地球を無着陸で何回も回れるような兵器の存在を想定していた(1910年ごろの着想)。比喩としてあげられているのは織田信長で、鉄砲の存在が、日本を統一に導いたとしている。

石原の評価は現在でも毀誉褒貶相半ばしている。

戦後
東條との対立が有利に働き、極東軍事裁判においては戦犯の指名から外れた。戦後は東亜連盟を指導しながらマッカーサーやトルーマンらを批判。また、戦前の主張の日米間で行われるとした「最終戦争論」を修正し、日本は日本国憲法第9条を武器として身に寸鉄を帯びず、米ソ間の争いを阻止し、最終戦争なしに世界が一つとなるべきだと主張した。実生活においては自ら政治や軍事の一線に関わることはなく、庄内の「西山農場」にて同志と共同生活を送った。

東亜連盟は日本人のみならず、中国人や朝鮮人からも多くの支持者がおり、東亜連盟等を通じて石原莞爾に師事したものに大山倍達(極真会館の創設者)、武田邦太郎(農政と平和研究所所長、参議院議員)、橘撲(ジャーナリスト・中国研究家、中国社会研究の先駆者)、曹寧柱(在日本大韓民国民団会長、剛柔流空手道師範)、木村武雄(政治家、建設大臣)、小澤開作(歯科医師、指揮者小澤征爾の父、ミュージシャン小沢健二の祖父)、辻政信(陸軍参謀、参議院議員)等がいる。元衆議院議員の加藤精三、その息子で現衆議院議員の加藤紘一は親戚にあたる。

エピソード
幼年学校時代から奇行の名士として知られる。いくつか例を挙ると、毎日、写生を課した教師に反発して、自分の男根を写生し、「便所ニテ我ガ宝ヲ写生ス」と記して提出し、物議を醸した。中隊付将校のときには、将官検閲に際してわざとぼろの軍服を着て整列した。陸大の口頭試問で「飛行機の有効な使用法」を聞かれ、「酔っぱらいが小便をするように、飛行機から機銃掃射する」と答えた。出世欲などは全くなく、連隊長の命令で渋々陸大を受験したら合格した。陸大学生時代は、まったく勉強をしないのに首席であった。ドイツ滞在中は、どこに行くのも羽織袴で押し通した。しかし石原本人はいたって常識人であり、伝説の多くは面白おかしく語られた作り話である。

とはいえ,相当な変人であったことも確かで,東條英機の副官を務めた西浦進(陸士34期)は,「石原さんはとにかく何でもかんでも反抗するし,投書ばかりしているし,何といっても無礼な下戸だった。軍人のくせに酒を飲まずに周りを冷たい眼で見ている,だから嫌われるのも当然だ。」と評した。

歩兵第4連隊長に就任すると、貧しい東北出身の兵が満期除隊後に生活の一助となるよう、厩舎でアンゴラうさぎの飼育を教え、除隊する兵にお土産としてもたせた。また内務班の私的制裁を撲滅するために、同じ出身地同士の兵を中隊に集めた。連隊長自身が、兵食を食べて食事内容と味の向上を図り、浴場に循環式の洗浄装置を設置して清潔なお湯を供給し、酒保を改善するなど、兵士の生活改善に尽力したといわれる。

また演習に際しては、兵士たちが農地を踏み荒らさないように、畦道を一列にして突撃させた。それを咎めた検閲官が、「こんな馬鹿な突撃があるか、連隊長の決心いかん?」と問うと、石原は「連隊長戦死!」と叫んで、路上にひっくり返ったという。

天才肌でありながら細かい事は一切気にしない性格であった様である。陸軍大学の二年生は,特科実習と言って,歩兵科の学生は砲兵聨隊で中隊長としての訓練を経験する。そのとき,ライバルであった東條英機が砲兵操典の一字一句を暗記し、砲兵隊の慣れぬ号令をたどたどしく命令し,訓練の際部下に教典通り指示したのとは対照的に、石原は訓練の際には「いつも通りにやれ!」と命令したと云う。2007年 文藝春秋 六月号「昭和の陸軍 日本型組織の失敗」112頁 座談会 半藤利一の発言より

出典:フリー百科事典ウィキペディア(wikipedia)

石原は東條英機を評して「東條は思想もなければ信条もない、信念もなければ自我もない。何も無い男と話しても時間の無駄である」と手厳しく批判している。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

なかなか面白いです。時代と共に評価が変わる傑物も大勢居ます。現代日本にも大勢埋もれているはずです。ちなみに
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/yatsu8hd/Ishiwara/index.html

2007/6/23(土) 午後 6:23 [ tnf003 ]

シェアさせていただきます。

2016/5/2(月) 午前 9:43 [ ひまわり館 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事