野夢への道(野夢のお話と三毛猫チビの育児日記)

9月9日野夢のお話始めました。三毛の里親日記も続いています。

全体表示

[ リスト ]

やることがいろいろありすぎて、集中しすぎると「〜ねばならぬ」に取り付かれそうです。
そういうときは、ちょっと距離をおいてリセットすることにしています。

そこで、前から準備だけしていた「チビ三世専用キャットタワー」を作ることにしました。
7月から考えていたので、材料はチマチマと集めていたのです。
買った方が早いのだけど、チビのサイズと体力に合わせた好みのものは見つかりません。
今は先代のを使っていますが、サイズと筋力の差があって使いにくいようなのです。

材料を調べて、カットし、下処理をして、組み立ててみました。

イメージ 1

仕事のおつきあいをしている人には、たぶん信じられないと思いますが、図面とかスケッチなどは作らず、材料に合わせて浮かんだイメージで作ります。
今回は、物差しも使いません。チビのサイズは自分の身体を物差し代わりに作りました。
材料にチビが遊ぶイメージを重ね、それが良ければそのイメージで作ります。

最初に決めていたのは、シュロのロープを円筒に巻いて、どこからでも爪研ぎができることだけ。
作業は、これが一番時間がかかりました。

チビと遊んだり、畑へ行ったり、お茶を飲んだりして、間に作ったので正味三時間くらいでしょうか。
さっそく、チビにお披露目です。

イメージ 2

しばらく警戒してみていましたが、思った通り下の段から確認を始めました。

イメージ 3

最初の段は、チビが背伸びをして手が届くあたりです。
この高さへ、チビは助走無しで跳び上がることができません。

イメージ 4

この最初の段へ、チビはシュロのロープを登ってきました。
木の柱は、後ろ足の爪がたたないため、こちらから登ることができないようです。

イメージ 5

最上段は、想定通りカゴの中に入ってご機嫌のようです。
降りるときは、なんだか自信無さげで、心もとない様子でした。

イメージ 6

下の段から飛び降りるのにも、決心するまで少し時間がかかります。

イメージ 7

清水の舞台じゃないのだから、もう少しネコらしくいかないのかね。

イメージ 8

何度も試して、下の段が気に入ったみたいです。
実は、この段は「ネコ座り」しやすいように、幅を狭い材料で作ったのです。
思った通り、ここでは自然にネコ座りしていました。

チビ三世@コアラ.小梅は、下半身が弱い。
高いところへ跳び上がったり、跳び降りたりできません。

その方が、いたずらの範囲は少ないので、こちらは躾で苦労しないですむのですが、できないというのは何とかしてあげたいのです。
できるけど、しない。その方がいいですよね。

この程度のキャットタワーは、もっと成長して、物足りないというようになって欲しいものです。


しかし、カメラのレンズのせいか、チビがとても胴長に見えるのに気がつきました。
こんなものでしょうか?

閉じる コメント(10)

顔アイコン

すごいですね〜
3時間ぐらいで作っちゃうなんて♪チビちゃんもうれしそうです

下半身が弱いのでしょうかねえ〜鍛えて欲しいものです
ま、女の子だから程ほどに(^_^;)

胴長〜
うーん
どうでしょう
シャム系の子達のほうがもっと胴長です〜

2009/9/7(月) 午後 6:04 小梅 返信する

顔アイコン

小梅さんも、お忙しそうですね。
こちらは、昨日はゆっくりしたので、今日もゆっくりしました。
いろいろ整理して、できるものだけ進めます。

チビ三世は、先代たちと比べると跳ぶ力が弱いのですが、今日は新しいおもちゃのテストで興奮して、下の段へ跳び乗りました。
ネコ座りもかなりできるようになってきました。
やればできる!さすがチビです。

シャムネコ系は、胴が長いのですか?
それは知らなかった。
それでは冬になったらマフラーになりますね。
チビは暑いのにマフラーのようにまとわりついてきます。
冬だけにして欲しいところです。

2009/9/7(月) 午後 9:24 夢之介 返信する

顔アイコン

早速試しに来てくれましたね。気に入っている様子、嬉しいですね〜♪思ったように自由に物が作れるなんて、すばらしいですね。カメラのレンズは手前が少し大きく見えるようになっているのでしょうか?
我が家のインコは暑くてもパジャマのふところに入ってきます。冬は暖かくてありがたいですが、真夏にマフラーはちょっと大変かもです。

2009/9/7(月) 午後 10:30 harumikaede 返信する

顔アイコン

はるみ楓さん、そうです、すぐに興味を持って、思った通りに反応してくれました。
作るのは、毎日チビにこういうものがあるといいなと思っていたので、そのイメージを素直に形にしてみました。
家具を作る時は、ちゃんと図面をひきますよ。

カメラは広角系なので、遠近が強調され歪みがちです。
近づくほど強調されてしまいます。
チビの顔のアップはかなり変形していますが、かわいいから気になりません。

インコもかわいいですね。
CoCoのおかげで鳥の表情や仕草が少し分かるようになりました。
私の知り合いの昆虫写真家の海野さんは、昆虫の気持ちが分かるのです。
ムツゴロウさんもそうですけど、人間にはそういう能力があるのですね。

2009/9/8(火) 午前 9:29 夢之介 返信する

顔アイコン

チビちゃん、手作りのキャットタワーなんて幸せですね〜♪(*^_^*)
私はコーン型の爪とぎに麻縄を巻いたことがあるけど、ロープを巻くのは大変な作業です。
手は痛くなるし・・・(T_T)
この高さまでびっしり巻いてあるのを見て、さぞ大変だったろうなぁ・・・と感嘆!
でもこれだけ興味深々で遊んでくれたら、苦労も吹っ飛びますね!

2009/9/8(火) 午後 8:41 ひなポプ 返信する

顔アイコン

ひなポプさん、コーン型はたいへんですよ。
円筒型は、力の入れ方が同じなので、馴れると早いのです。

ひとりでいる時は、けっこう遊んでいるらしいのですが、私がいるときはまとわりついて離れないので、見ているときは遊んでくれません。
遊んでいるのが見たいから、また工夫してみます。

2009/9/8(火) 午後 8:56 夢之介 返信する

夢之介さんは何でも器用に手作りされちゃうので、いつも感心させられます♪そうそう、ロープを巻いてあげると、爪とぎも出来て喜ぶんですよね〜!我が家のタワーも手作りですが、やはりロープを巻いています★が、1年経った今、ロープはもうボロボロです・・・(;^ω^)。
我が家のメグも、チビちゃんと同じような短い鍵しっぽなんですけど、やはり高い所に一気にジャンプしたり、降りたりするのが苦手なようです。足腰が弱いせいもあるかもしれませんが、一説には尻尾が短いとバランスが取りにくいようですね。細い手すりを歩くのも、苦手なようなんですよね〜。メタボなみっくの方が、ジャンプ力も、細い手すりを歩くのも器用にこなします(^◇^)。

2009/9/8(火) 午後 11:28 green 返信する

顔アイコン

びよ〜んと伸びたり、ぴょんとジャンプしたり
表情が豊かで、うちの子では見れない貴重な映像でした
夢之介さんはほとんどのものを手づくりされるのですね
尊敬です

2009/9/9(水) 午後 10:09 みゅう 返信する

顔アイコン

Greenさん、和ネコは尾っぽが短いのが多いのですが、どうなのでしょう。
初代も二代目も、三毛だったので尾は短かったけど、運動能力は普通でした。

今のチビは、肩に乗ろうと跳び付いてきては、ぶつかったり、向こうへ跳び越してしまったり、尾っぽだけの問題ではないような気がします。
それもまた、個性なのでしょうね。

と言いつつ、特訓を考えているのだから、どうしようもない親バカです。

2009/9/10(木) 午後 0:31 夢之介 返信する

顔アイコン

LOLLIPOPさんも、すてきな手作りをされまて、大勢の方に喜んでいただいていますね。
もの作りは、子どものときから好きで、仕事もその延長だったので、探すより作った方が早かったりするのです。
そういうところにも、親の影響があるのかもしれません。

2009/9/10(木) 午後 0:37 夢之介 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事