野夢への道(野夢のお話と三毛猫チビの育児日記)

9月9日野夢のお話始めました。三毛の里親日記も続いています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

骨折しました

福島へ行く途中、東京駅で転倒して腕を痛めてしまいました。
そのまま新幹線で福島へ到着しましたが、腕が動かないので医者に見てもらったら、骨折していると言われました。
泊まる予定を変更して、そのまま東京へ帰り、翌朝家の近くの病院へ行くと、そのまま入院となって翌朝緊急手術を受けたのですが、全身麻酔と言うものを初めて体験しました。
話には聴いていましたが、呼吸まで止まってしまうと言うのは知りませんでした。
手術は4時間かかったそうで、けっこうたいへんだったみたいです。

入院は子どもの時以来だったので、なかなか珍しい体験をさせてもらいました。
入院するとき、先生から病室の手配をしてもらい、「うちの病院で一番景色が良い部屋です」と説明されたのですが、本当にその通りでした。
入院中は、富士山からスカイツリーまで見える贅沢な風景を楽しみました。

イメージ 1

入院した時は、雪のない富士山でした。

イメージ 2

退院するときは、雪を被っていました。

イメージ 3

都心を見るとスカイツリーも見えます。手前は田無タワーです。

イメージ 4

ある日の病院のお昼です。
蕪が容器になっている煮物は、蕪も上手に炊きあがっていて美味しくいただきました。
栗ご飯に鮭とキノコのホイル焼き、すまし汁とデザートの柿と言う組み合わせです。
この日は、ちょっと特別だったみたいです。

今は退院して自宅でリハビリ中ですが、手はまだ自由に動かすことはできません。
箸より重いものが持てない状態です。
チタンのフレームにボルトで骨を留めていますが、まだ骨が再生されていないので、力を入れないようにしながら動かす練習をしています。

入院中に、いろいろな人と知り合いました。
ペットとともに被災地を支援している人とも、情報交換ができました。
毎月ペットを連れて仮設住宅を回っていたそうですが、入院中はお互いに何もできません。
とにかく治さないと何も始まらないのです。

今まで知らなかった「痛み」も数々体験できたし、まだまだ学ぶことがたくさんあります。
思いがけない休暇で、身の回りの整理もできそうです。

イメージ 5

家へ戻るとチビが迎えにでてくれました。
チビは体重が5.6Kgを越えてしまい、今ダイエット中です。
手が効かないので、抱っこしてあげることができません。
体重を支えることもできないので、しばらくはがまんしてもらわなければなりません。
それが少し不満のようです。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

復興と日常の生活

3月10日は、相馬市の松川浦マリーナ近くにある食堂でお昼を食べました。

イメージ 1

アサリやホタテ、イカやエビが入った海鮮ラーメンは、さっぱりとして美味しい味でした。
食堂の中は真新しいことを除けば、どこにでも見られる普通のお店です。

イメージ 2

お店の人に「このお店はいつできたのですか?」と尋ねたら、「30年くらい前です」との応えが返ってきました。

イメージ 3

津波で流され、今年の1月5日に再開したそうです。
窓の外には、まだ壊れた建物がそのままになっています。

イメージ 4

再開した「おいかわ食堂」は、googleのストリートビューを見ると、昨年の11月には建物ができていたようです。
おいかわ食堂地図


イメージ 5

周辺は瓦礫や船の撤去は進んでいますが、まだ再開の動きは見えません。

イメージ 6

イメージ 7

集められた船も借り置き場に置かれたままのようです。

イメージ 8

瓦礫置き場は港の近くに広大な場所を使って分別が進んでいました。

イメージ 9

イメージ 10

この辺りは福島市内より放射線量が少ないので、受け入れる自治体が増えれば瓦礫の処理も早く進むのではないでしょうか。

この後6号線を南下して南相馬市へ行きました。
この6号線は津波の堤防の役割を果たす形になり、東側は津波の爪痕がはっきりと残っています。

イメージ 11

相馬から南相馬の間で、まだ残っているのはこの船だけのようでしたが、昨年の夏頃にはこのような光景が何カ所もありました。
今回は福島市から相馬市、南相馬市の様子でしたが、この後は前回の記事の通り、南相馬市から飯舘村を通って福島へ戻りました。
そのルートを地図に落としてみました。

イメージ 12

この地図は文部科学省の第4次航空機モニタリングの結果ですが、これを見ると放射能の拡散は風によって運ばれたことが分かります。
20km圏内の南相馬市の警戒区域でも福島市内より放射線量は低く、40Kmを越えた飯舘村ではほぼ全域が年間20mSv/yを越えています。

放射能は目に見えず感じることもできません。
その示す数値は、絶対的なものではなく確率的なものなので、数字だけを見ていると振り回されてしまいます。
復興は頭の中で行われるものではなく、日常の生活の中で積み重ねられて行くものです。
自分の理解を広げ、できることを続けること。
立ち止まってはいられません。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

今そこにある現実

昨日は相馬市から南相馬市、飯舘村を回って帰ってきました。
写真は南相馬市の警戒区域のある原町区で出会った鯉のぼりです。

イメージ 1

何もないところに、ポツリと立っていました。
津波で流される前は、きっと小さな男の子の住んでいた家があったのでしょう。
国道6号線の東側は多くの家屋が流され、何もありません。

イメージ 2

ところどころ残された家が、かってここに人々の暮らしがあったことを示してくれています。

イメージ 3

海側を見ると、壊れた堤防の向こうに荒い波が見えます。
その横を走る262号線は津波に流され、今は自衛隊の作った仮設道路を走っています。

イメージ 4

ドライブイン花園の先に警戒区域の検問所がありました。

イメージ 5

この場所の放射線量は、車の中で0.292μSv/h。外部でも0.5μSv/h程度なので、朝見た福島駅西口のモニタリングポストの0.892μSv/hより低い値です。

イメージ 6

放射能の分布はムラが多く、数十メートルで大きく変化することも珍しくありません。
目に見えませんが、現実にそこに存在します。
それを正しく知り、理解すること。
リスクを回避するためにも、それを忘れてはなりません。
震災から一年。放射能との生活はまだまだこれからです。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

まるちゃんの里親さんのご協力のおかげで
(↓保護当初から不思議な特技
うんPをする時は必ず葉っぱやお花を加えてするというまるちゃん
健在です
 
イメージ 5
ポロトの森どうぶつ病院様のHPで
チャリティポストカードを販売していただくことになりました
 
イラスト製作者園長の小梅です
 
お買い上げいただいた全てをチャリティとして犬猫の治療費などに使わせていただきます
 
ポストカードの種類は全部で18点
全てのイラストはこちらをご覧ください
 
詳しくはこちらのHPを見て購入してください
 
 
1枚100円
3枚290円
5枚470円
10枚900円
 
となってます
発送はメール便になります
 
他にも猫、犬グッズが多数販売してます
ご一緒にどうぞ
 
 
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
 
 
また、今年もクリスマスチャリティBOXをやります
 
商品をご寄付いただける方(1点からでもOKです)いらっしゃいましたらよろしくお願いします
 
新品のものであれば手作りのものでも既製品のものでもOKです
 
11月末まで募集中です
 
発送先
埼玉県坂戸市善能寺
309−1

ヤマト運輸(株)
 坂戸にっさいセンター 止め

名前  FARCO 小梅

TEL 080-4142-3180

まで宜しくお願いします
 

転載元転載元: わんにゃん小梅保育園★毎日里親募集中

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

いねちゃん★里親募集

イメージ 1
いねちゃん
 
とってもいい子です
 
現在、預かりのsee’sさん不在のため
真央ちゃん一家で短期預かりをしてもらっています
 
詳細はブログを見てください
いねちゃんの様子をとても詳しく書いてくれています
 
真央ちゃん一家
Marchさんのブログ
 
イメージ 2
23日の里親会にも参加しますので是非いねちゃんに会いに来てくださいね
 
22日は猫里親会です
 
よろしくお願いします
 

転載元転載元: わんにゃん小梅保育園★毎日里親募集中

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事