神田のガリレオ

過去のメルマガをここで公開しています。

全体表示

[ リスト ]

 あけましておめでとうございます。

 おみくじをひきましたら「大吉」。今年もがんばれそうです。

 今朝の東京は、雪が降る予感をさせるような寒い朝です。私の自宅の周りは高層ビルの建設が多く、東京タワーはだいぶ昔から自宅から見ることができなくなってしまいました。東京スカイツリーも近くなのに自宅からは先っぽしか見えません。しかし、歩いて数分の場所まで移動すれば、東京タワーも東京スカイツリーも見れます。今朝のTVを観ていましたら、「あなたは東京タワーと東京スカイツリーのどちらが好きですか?」というアンケートで、東京タワー派が多かったようです。私も海外や地方出張から東京に戻ったことを実感するのは、東京タワーを見たときです。東京タワーの形や、ライトアップされているときの温かみのある色が好きです。
 
イメージ 1

 今年は低消費電力の近距離通信も、話題として盛り上がりそうです。人体通信の講演の他には、センサネットワーク、医療ICT、組込み機器用無線端末などの講演のご依頼をいくつか受けています。セミナー会社の方々は、世の中の動きに敏感なので、講演のご依頼内容は参考になります。(今は今年の夏のセミナーや講演会御依頼分の予定を調整しています。)

・ 1月17日の人体通信有料セミナー

 日本テクノセンター主催の人体通信と近距離無線の関連技術を総括したセミナーを、今年の1月17日に東京・新宿で行います。(ご興味のある方は、事前に私にお知らせいただけますと、講演者紹介の割引価格があるようです。)

http://www.j-techno.co.jp/test/index.cgi?mode=sem&unit=2012011701

・ 総務省主催 日本アマチュア無線連盟北海道支部協賛のアマチュア無線関連の講演会で、今年の2月18日に札幌で、超省エネ近距離無線通信である人体通信の講演をします。ラヂオ少年の心をくすぐるような自作の楽しみも感じていただけるような内容にしようと思います。(無料講演会)

http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/2012/img/0119b.pdf

---------------------------------------------------------

 今日から仕事始めの方も多いと思います。がんばりましょう!今年も、よろしくお願い申し上げます。

閉じる コメント(8)

nebiya先生、明けましておめでとう御座います。昨年中はお世話に
なり有難う御座いました。本年もどうぞ宜しくお願い致します(^^)

↑ホントは昼間、入力したら反映されず・・・傑作ポチだけが押せ
ました。Yahooさん側の不具合だったみたいです・・。

先生、私も昔ながらの東京タワー派ですね!都内に帰って、タワー
が見えるとホッとします♪

2012/1/4(水) 午後 10:28 テクコ 返信する

顔アイコン

来年の→今年の
削除

2012/1/5(木) 午前 2:05 [ 校正少年^^; ] 返信する

テクテクさん あけましておめでとうございます。

20年ほど前は、私の自宅の部屋のまどからも東京タワーが綺麗に見れたのですが、今はまったく見えなくなりました。

今年もよろしくお願いいたします。

2012/1/5(木) 午前 5:03 drnebiya 返信する

校正少年さん こんにちは

ご指摘ありがとうございました。修正しました。

2012/1/5(木) 午前 5:04 drnebiya 返信する

顔アイコン

nebiya先生 明けましておめでとうございます。
昨年 初めて書き込みをさせて頂いた者です。先生のブログを読ませて頂いて人体電界の技術について学ばせてもらっています。
早く 体の不自由な方や病気の方で待ち望んでいる方に役立てられるような そんな開発が進めばと思います。
一つ質問なのですが、もし人体電界にアクセスして欲しくないと ご本人が望んだ場合 その本人の人体電界を外部に曝さない方法がありますか?
これからの人体電界の利用について 本人の意思で利用したくないと言う方も当然いるかと思うのですが そんな時はどうしたらよいのでしょうか?そんな場合の対応策についてのお考えをお聞きしたいのですが、いかがでしょうか?

2012/1/9(月) 午後 1:19 [ たゆと ] 返信する

たゆとさん こんばんは

あけましておめでとうございます。

まず、二つ以上の物体があれば、その間には必ず電界が存在します。人も、周りには何かものがあれば、人の体が持っている電荷と、物が持つ電荷に差があれば、その間の空間には空間に力を及ぼす電界は必ず存在します。人体通信は、その電界を利用して、送信機から受信機へ情報を送ります。電界は自然界に存在するもので、人が作り出すものではなく、あらゆるものの周りに存在します。

人体通信も通常の無線通信と同じように考えることができますので、本人が情報を送りたくないときは、送信機と受信機とのやり取りで相互の認証を行うなどして、情報を取られることを防ぐ工夫は可能です。

また、私が研究している非接触電極による心電計は、その装置は電界強度計と同じ原理で動作しますが、非接触電極で得られる生体情報は、現在の技術では心電図以外はほとんど不可能です。心電図も非接触電極を皮膚から数mm程度の距離まででかろうじて取れるくらいですので、生体情報の方は、対応策は考える必要は無いと思います。

2012/1/10(火) 午前 7:02 drnebiya 返信する

顔アイコン

教えて頂きましてありがとうございます。
必要な方に必要な医療の見守りが出来る そんな高齢化社会の仕組みとして 人体通信が利用出来れば、どんな辺鄙な所に住んでいても たとえ独居であっても 軽い認知症があっても、生きがいを持ちながら長寿で過ごす事ができるんでしょうね!離島の多い過疎の県に住んでいて 地元の人の健康相談にも従事していた経験があるので nebiya先生の研究が たくさんの方に利用できるような日が早く来ればいいのにと思います。

2012/1/11(水) 午前 11:41 [ たゆと ] 返信する

たゆとさん これから、ますます高齢化社会になるので、私もぜひ、人のためになる仕事をしたいです。

2012/3/7(水) 午前 5:05 drnebiya 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事