神田のガリレオ

過去のメルマガをここで公開しています。

全体表示

[ リスト ]

みなさま こんにちは

 もうすぐ本年度上期が終わります。来週から下期に入ります。そこで、ビジネス動向と最新技術の調査を兼ねて東京ビッグサイトで行われていました「国際福祉機器展」と「自動認識総合展」を見学に行きました。

 今の自分の年齢を考えると、介護は身近なことになってきました。ビジネス的にも個人的にもいろいろ興味深く見学してまいりました。

 本年度下期は、介護とエコな近距離無線(WBAN)を、会社としては進めてみたいと思いました。

-------------------- eco な人体通信の動画 ---------------------------

 今、私が研究に注力をしております人体通信も、通信が不要な時に回路を動作させない eco な通信方式です。通信機器に手をかざすと回路が動き始め、通信が終わり、手を離すと回路の動作が止まります。

 手をかざすと動き始める人体通信の試作装置を動画サイトに上げました。

http://www.youtube.com/watch?v=4BO_7PbE1yA

内容としては、

(a) 人体通信送信機に手をかざすと、送信回路が動き出す。

(b) 人体通信の送信機と受信機の上に手をかざすと、情報(今回の動画では「AMPLET」という文字情報)が人の体表を伝わって、送信機から受信機へと送られる。

の二つの動作を紹介しています。動画の中の説明は、英語で書きましたが、その内容は、上記の(a)と(b)と同じです。

 お時間のあるときに見ていただけると嬉しいです。


------------- 10月〜12月の私の講演会、セミナー情報 -------------------

 秋は私の講演も多くなります。セミナー企画会社の方々のお話では、私の専門分野の無線通信(情報通信)では、小型アンテナ、エネルギーハーベスティング、センサネット、ヘルスケアのご要望が多いとのことでした。

 11月には、久しぶりに長野県松本市で講演をします。長野県テクノ財団主催で無料の講演会です。長野県の方々でご興味のある方は、ぜひいらしてください。


① 人体通信と医療・ヘルスケアの融合

10月11日(金曜) (東京 ・ EC研究会主催)

 情報通信技術の医療、ヘルスケアへの利用展開のため、様々な取り組みが行われています。その中の1つとして、2012年2月に無線標準規格のIEEE802.15.6が成立しましたが、その中の注目される人体通信についてお話します。

詳細 : http://ecken.jp/?p=1814

② ヘルスケアとエレクトロニクスの融合・ビジネスの可能性

10月21日(月曜) (東京 ・ 情報機構主催)

 センサ・エネルギーなどエレクトロニクス・デバイス技術がヘルスケアに展開する可能性は? ヘルスケア業界に参入する際の検討事項は? 近年益々重要化するヘルスケア業界への参入につき様々な角度から5人の講師でお話します。

詳細 : http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC131009.php

講師紹介割引申込書 : http://amplet.com/20131021.pdf


③ 小型アンテナの基礎と具体的な設計・ノウハウ

10月31日(木曜) (東京 ・ 日本テクノセンター主催)

 アンテナ設計に用いる数学や用語など基本的なところから解説し、イメージを捉えながら、具体的な設計法をお話しするアンテナ設計の基礎講座です。

詳細 : http://www.j-techno.co.jp/infos/view/6815


④ UHF帯RFID と近距離無線(WBAN)について (無料)

11月15日(金曜) (松本市 ・ 長野県テクノ財団主催)

 長野県松本市で行う「無料」の私の講演会です。ワイヤレス通信は、我々の生活になくてはならない存在になっています。日本は、高齢化社会に突入していますが、高齢者が一人でも安心して生活できる環境を整えてゆく必要があります。そこで人を中核とした近距離無線は、私たちの身の回りのあるゆる場所で使われてゆくことになるでしょう。講演では、ID認証ディバイスとして使っている RFID と、今後の新しい市場が期待されている WBAN としての UHF帯狭帯域通信、広帯域通信(UWB)、人体通信(HBC)についてお話します。

詳細 : http://www.tech.or.jp/alps/seminar/cat2/post-14/

参加申込書 (無料ですが、定員は30名です。)

http://www.tech.or.jp/alps/seminar/docs/H25LowEnergy_Seminar-2nd.pdf


⑤ 車載用アンテナの設計と車載電装機器の雑音対策

11月22日(金曜) (東京 ・ サイエンス&テクノロジー主催)

 車載用アンテナを設計するための評価方法や、車載機器が受ける、または発する雑音のメカニズムから、雑音対策方法について説明します。

詳細 : http://www.science-t.com/st/cont/id/22033

講師紹介割引申込書 : http://amplet.com/20131122.pdf


⑥ UHF帯RFIDアンテナの基礎知識と設計手法

12月13日(月曜) (東京 ・ R&D支援センター主催)

 RFID、アンテナ関連の国内外の本を執筆いたしました私が、RFIDアンテナ設計の要所を集中的にお話します。アンテナ設計というと難しい電磁気学をイメージしますが、セミナーの初めに講師が大学で行っている30分でわかる電磁気学からお話します。本セミナーは事前アンケートに基づき受講者のみなさまが知りたい内容を現場視点でわかりやすく解説する予定です。

詳細 : http://www.rdsc.co.jp/seminar/130808.html

講師紹介割引申込書 : http://amplet.com/20131213.pdf

-------------------------------------------------------------------

 楽天イーグルスのパ・リーグ優勝のニュースを見ていると、そこに映る東北の人たちの喜ぶ姿が、とても嬉しく思います。

 がんばれ! 楽天イーグルス!!

閉じる コメント(2)

顔アイコン

相変わらず忙しいようで、FBですね。

2013/10/2(水) 午前 7:53 [ wlc ] 返信する

WLCさん、最近は、休日もあまり無線を楽しめていませんでした。移動運用、やりたいです。

2013/10/2(水) 午後 6:43 drnebiya 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事