神田のガリレオ

過去のメルマガをここで公開しています。

全体表示

[ リスト ]

 4月になり、私の大学の講義が始まりました。今年も大勢の学生さんと出会い、これから4ケ月は共に勉強して行きます。大学で講義をしているということは、学生さんに教えるだけでなく、教えるために自分も勉強しなければならないので、4月は私にも刺激の多い月です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ やはりアンテナは重要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 4月の新年度に入り、3週間たちました。近距離無線機器の回路設計と共に、アンテナの重要性を感じます。特に組み込み機器に搭載するアンテナは、多くのノウハウも必要で、アンテナそのものの設計というよりも、周囲の回路や筐体との干渉を考慮しながらアンテナを設計しなければなりません。目に見えない電波の相手をすることは楽しいですが、姿が見えないだけに難しいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ RFID ビジネスを成功させるには
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 RFID は、私も昔からドップリと浸かっていた技術分野でしたが、最近、RFID ビジネスで存続できる(成功している)会社の姿が見えてきたような気がします。それは、RFID システムを売りっぱなしではなく、売った後でのサポートがしっかりできている会社が、やはり業界では強いと感じます。RFID 導入後の不感地帯をなくすために、アンテナの位置を変えるだけでは対策が十分ではないわけで、そこにプラスαのノウハウを持っている会社は信頼できますし、RFID ユーザーにとってもメリットが大きいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 社会人になって、中堅といわれるようになると
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 技術者として社会人になって、中堅といわれる世代になると、若い人にいろいろなことを聞かれるようになります。数学、無線工学、電磁気学は、とても難しいので、学生時代に苦労をし、ときには内容が理解できないまま式を暗記して試験をパスして学校を卒業したという方も多いと思います。会社に入社して実務につき、設計の仕事は短期間ですることが多いため、数学、無線工学、電磁気学などの基盤が怪しいままで、設計や開発の仕事に追われ、気がつくと自分が会社の中ではベテランの世代に入ってきている方もいらっしゃっるのでは・・・

 今から勉強しても学生時代のようになかなか頭に入ってゆかないし、時間もない。会社に新人が入ってきて指導する立場になりながら、今更、自分も他人に基礎的なことを聞けない変なプライドが心のどこかにあるという方。安心してください。実務を通して無線を体感してきた方々は、無線の振る舞いがわかっているのです。そこで、今、その振る舞いを事例に、数学、無線工学、電磁気学基礎を勉強すると、学生時代にわからなかった勉強が不思議なくらいわかるのです。ベテラン世代こそが、実はとても効率的な勉強ができる時期なのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 私の雑誌連載記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 社会人になって、中堅といわれる世代になった方々に向けて、勉強の参考書となる雑誌の私の連載記事をご紹介します。

① 日経エレクトロニクス

 2015年5月号から、「無線モジュールの要、アンテナ設計の基礎」が始まります。第1回目は、「今さら人に聞けない電磁気学を直感的に理解」です。

 この記事は日経エレクトロニクス誌で読むこともできますし、「有料」になりますが、

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/MAG/20150408/413155/?ST=PCne&P=1&rt=nocnt

で読むことができます。

 無線通信機器、アンテナの設計に関する、過去の日経エレクトロニクスに私が書いた記事は、以下のURLで、「無料」で読むことができるものもあります。

http://techon.nikkeibp.co.jp/search/index.html?q=%E6%A0%B9%E6%97%A5%E5%B1%8B&rt=nocnt


② 波技術協会殿の協会誌「FORN」

 電波技術協会殿の協会誌「FORN」に、私の記事 「全世代にむけた産学人無線通信技術講座」が2014年9月号から連載されています。2015年5月号が最終回になります。

 電波技術協会殿のご好意により、記事のPDFファイルを、以下のURLから無料でダウンロードできます。

http://www.amplet.co.jp/forn.html

みなさまのご参考になれば幸甚です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 私の近々の講演
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

① 5月20日 アンリツカスタマーサポート主催 無料セミナー

 WBAN(Wireless Body Area Network)が実用化されるときに予想される電波法の変更や、WBAN特有の測定方法についてお話します。

 参加費は「無料」ですが、聴講できる人数も限られているため、以下のサイトから申し込みが必要です。

http://www.anritsu-customersupport.com/20150409.aspx

 満席になり次第、申し込みが締め切られますので、ご興味のある方は、お早目にお申し込みください。

② 5月25日 技術情報協会 主催セミナー

 「ウェアラブル機器の最新動向と製品開発の方向性」のセミナーが開催されます。詳細は、以下のホームページをご覧ください。

http://www.gijutu.co.jp/doc/s_505503.htm

また、講師紹介割引申し込みもできます。

http://amplet.com/20150525.pdf

から申込書をダウンロードされ、申し込まれてください。

③ 6月12日に開催されるNEアカデミー

 日経BP社主催のNEアカデミーで、私は開講以降、毎年一つのセミナーを担当しています。今年は「アンテナ設計の基礎講座」を担当します。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/SEMINAR/20150119/399540/?rt=nocnt

 上記の日経エレクトロニクス 2015年5月号からの連載記事の内容を、セミナーでもわかりやすくお話します。

④ 6月18日 情報機構 主催セミナー

 「人体通信の基礎とアプリケーション展開の可能性」のセミナーが開催されます。詳細は、以下のホームページをご覧ください。

http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC150611.php

また、講師紹介割引申し込みもできます。

http://amplet.com/20150618.pdf

から申込書をダウンロードされ、申し込まれてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ さいごに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 4月19日で私も一つ、歳をとりました。先週、弟に初孫が生まれましたが、この子達のためにも、日本の将来を良くしてゆかなければと思いました。

 今日は久しぶりに旧友のビジネスマンと会います。この方は世界的に誰もが知っている情報通信の大企業の前社長ですが、彼から、「人体通信について教えて」というメッセージが届き、この人が人体通信に興味を持ってくれると、市場が面白くなりそうだとワクワクしています。私がなかなか時間がとれず、だいぶ彼を待たせてしましたが、今日は人体通信のことを説明しようと思います。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事