神田のガリレオ

過去のメルマガをここで公開しています。

全体表示

[ リスト ]

 5月になりました。しかし、外を歩いていると、もう夏のようですね。

 6月11日は、日本大学大学院での特別講義をしたり、8月には、お台場の夏休み向けのイベントで、「こども科学実験教室」の講師を担当します。子供たちと接する教室の講師を担当する私が、今から楽しみでワクワクしています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 新卒学生への大企業の評価
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 毎年、就職活動が始まると、大企業の人事や幹部の方から、「今年の学生は・・・」というような学生の質を評価する話が、大学で教員をしている私の耳にも入ってきます。

 そんな中で、学生の質が年々、低下してきているような話題も出てきます。私は大学で非常勤講師を務めて12年たちましたが、学生の質はそれほど低下していないように思います。例えば、最近のロボットコンテストなど熱中している学生と話をしてみると、大企業の技術者も驚くくらい、ロボット、制御回路、ソフトウェア、近距離無線などの知識を広く持ち、そして、何よりも、技術を使いこなしていることを感じます。

 大企業の人事の方が、「今年の学生は、質が低い学生ばかり」と感じるとすれば、それは、優秀な学生がその大企業には興味が無いから応募せず、質の低い学生しか応募してこないのかもしれない。ということは、その大企業のブランド力を、見る目を持った優秀な学生は、逆に大企業の質を冷静に評価しているのかもしれません。そこには、大企業側も反省点があるのではないかと思うこともあります。

 大企業は、中小企業よりも良い人材が集まると胡坐をかいていると、見る目を持った学生は、将来性のある中小企業を見極めて今年はそこに就職し、10年後には、今の大企業が衰退して、その学生が入社した中小企業が大企業に成長しているかもしれません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 日経テクノロジー online のコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日経エレクトロニクス インターネット上の Website 「日経テクノロジー online 」の中に、「識者が指南、スキルアップの勘所」というページがあります。

 私の今年の5月号から始まりました日経エレクトロニクス誌の連載記事「無線モジュールの要、アンテナ設計の基礎」の内容が、ここに公開されています。

 昨日、第2回目が公開されましたが、今後も、第3回・・・と続くと思います。ご参考までに、これまでの2回のコラムのURLをご紹介します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・ 第1回目(5月21日)

「今さら人に聞けない電磁気学を直感的に理解」

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20150520/419261/

・ 第2回目(5月27日)

「電磁気学の「複素表示」や「オイラー表記」

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20150525/419964/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 このサイトのページの右側下に、記事の人気度を示した記事ランキングが出ているのですが、5月21日のコラムが公開日に1位、今朝は3位。5月27日のコラムも今朝の段階で1位でした。第1回目もけっこう長い間、1位をキープしていましたが、瞬間的でも1位はとても嬉しいです。みなさま、どうぞ、もっと読んでください。

 このコラムの反響?として、昨日、駅のホームで見ず知らずの人に、「コラム読んでますよ。」と言われました。ネットの反響ってすごいなと感じました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 私の雑誌連載記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 最近は読者の方々の反響として、「目からウロコだった」と私の記事への評価をくださる方が多くなりました。私にとっては、一番嬉しい言葉です。

① 日経エレクトロニクス

連載記事 : 「無線モジュールの要、アンテナ設計の基礎」

・ 2015年5月号(第1回目) 「今さら人に聞けない電磁気学を直感的に理解」

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/MAG/20150408/413155/

・ 2015年6月号(第2回目) 「アンテナ設計は怖くない、電波が伝わる仕組みと用語を理解」

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/MAG/20150501/416865/


② 電波技術協会殿の協会誌「FORN」

 電波技術協会殿の協会誌「FORN」に、私の全5回の連載記事「全世代にむけた産学人無線通信技術講座」が2015年5月号で終了しました。ご愛読頂き、ありがとうございました。

 電波技術協会殿のご好意により、記事のPDFファイルを、以下のURLから無料でダウンロードできます。

http://www.amplet.co.jp/forn.html

みなさまのご参考になれば幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 私の近々の講演
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

① 6月12日 NEアカデミー

 日経BP社主催のNEアカデミーで、私は開講以降、毎年一つのセミナーを担当しています。今年は「アンテナ設計の基礎講座」を担当します。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/SEMINAR/20150119/399540/

 上記の日経エレクトロニクス 2015年5月号からの連載記事の内容を、セミナーでもわかりやすくお話します。


② 6月18日 情報機構 主催セミナー

 「人体通信の基礎とアプリケーション展開の可能性」のセミナーが開催されます。詳細は、以下のホームページをご覧ください。

http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC150611.php

また、講師紹介割引申し込みもできます。

http://amplet.com/20150618.pdf

から申込書をダウンロードされ、申し込まれてください。


③ 9月15日 R&D支援センター 主催セミナー

 「UHF帯RFIDアンテナの基礎知識と設計手法」のセミナーです。詳細は、以下のホームページをご覧ください。

https://www.rdsc.co.jp/seminar/150902

また、講師紹介割引申し込みもできます。

http://amplet.com/20150915.pdf

から申込書をダウンロードされ、申し込まれてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ さいごに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 近距離無線や人体通信の仕事で、4月、5月、6月は、ほとんど毎日、都内、地方の企業様へ伺っています。早朝に家を出て、帰宅も深夜という日々で、電車に乗る時間が平均、2時間。でも、私は電車の中での人間 Watching が好きで、その人の人生はどうなのかなと、想像しています。これも、人体通信。

 Bluetooth Low Energy が進化しそうで、1:1の通信から、1:n の無線ネットワークに応用すると、アプリケーzションが拡がりそうです。

 7月22日に、久々に自動車関連技術の講演をします。私は大学を卒業し、最初に入社したのが自動車会社で、電装機器の設計を担当していました。自動車業界は、今、私がいる情報通信の業界とは雰囲気が違いますが、自動車には夢があり、私も好きな業界です。この講演会、たぶん、参加費は無料です。次回のブログで、詳細をお知らせできると思います。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事