神田のガリレオ

過去のメルマガをここで公開しています。

全体表示

[ リスト ]

 6月もあと1週間で終わります。ということは、今年も半分、終わります。

 気温の変化も激しく、大雨、雷、突風に加え、火山の噴火や地震など、最近の日本はおかしくなってきています。TV番組によると、人間から見て一番怖い生物は、蚊だそうです。昨年だけでも、蚊によって、世界中で72万人の人が命を落としたとか。防虫スプレーを持って外出することになりそうですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 最近のアンテナ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 仕事でのアンテナのご相談が多いのは、BLE用やWiFi用の、モジュールに内蔵できるような小形アンテナについてですが、アンテナの形式に注目してみますと、アンテナは、メアンダ構造のプリント基板上に構成したプリントパターンアンテナか、逆F型の二つのタイプに絞られてきているように思います。

 ここで、プリントパターンアンテナですが、プリント基板上にアンテナをプリントパターンで作ると原価が安くなると思われているのですが、それは一昔前のことで、今は世の中のニーズが変わってきているように感じます。

① 安価なプリント基板素材を用いると、基板の製造ロットごとの誘電率にバラツキがあり、アンテナの共振周波数がずれてしまう問題点がある。管理が難しい・・・この内容のご相談もありました。

→ 対策としては、誘電率のバラツキの少ない管理をしっかりしているプリント基板(素材)の購入をすることになりますが、価格も高くなります。

② 2.4GHzは、波長が 12cm ありますので、プリントパターンアンテナのしめるプリント基板の面積も大きくなりますので、原価が本当に安いかというと、私も??と思います。

 最近、樹脂や板金による逆F型アンテナを見かけるようになりました。このアンテナであれば、プリント基板の誘電体のバラツキも心配することもなくなります。

 小さなモジュールでも、アンテナの性能は良いものを使いたいというニーズから、価格は若干、高くなっても、昔のように、アンテナを一つの電子部品として用いていた時代に戻ってきているように思います。

 プリントパターンアンテナにしてしまうと、アンテナの特性は、それで決まってしまうのですが、アンテナを電子部品の一つとして、目的に応じて、同一の電子回路基板に、アンテナだけを載せ代え、放射パターン、利得、帯域など、目的によって変えられるメリットが見直されてきているように思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 私の近々の講演
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

① 7月23日 第二回 技術講演会 (無料セミナー)

 アンリツカスタマーサポート株式会社社主催の技術セミナーで、私が講師を担当します。参加費は無料ですが、事前の登録が必要です。

今回は私の古巣の自動車業界の方々向けのテーマで、詳細は以下のサイトをご覧ください。

http://www.anritsu-customersupport.com/20150623.aspx?utm_source=nby&utm_medium=banner&utm_campaign=sem_1507

[余談 ・・・ 私が講師ではないセミナーですが]

 同じくアンリツカスタマーサポート株式会社社主催のセミナーで、HALT試験の無料セミナーがあります。HALT試験とは、短時間で、装置にいろいろなストレスを与え、装置の壊れやすい場所を見つける試験です。例えば、振動試験をかけていると、その振動の共振で、基板上のある特定の位置にある部品のハンダ付け部分が基板から外れてしまうなどの不具合を探し出すための試験です。

 このHALT試験のセミナーは、私は講師ではありませんが、お客様に信頼される製品を作るために、HALT試験というものがあるということを知っておくことは、とても有益と思います。近々では、7月10日にHALT試験のセミナー(参加費無料)を開催する予定とのことです。

http://www.anritsu-customersupport.com/20150227.aspx?utm_source=nby1506&utm_medium=email&utm_campaign=halt_obs


② 9月15日 R&D支援センター 主催セミナー

 「UHF帯RFIDアンテナの基礎知識と設計手法」のセミナーが開催されます。UHF帯のアンテナ設計に特化したセミナーです。詳細は、以下のホームページをご覧ください。

https://www.rdsc.co.jp/seminar/150902

また、講師紹介割引申し込みもできます。

http://amplet.com/20150915.pdf

から申込書をダウンロードされ、申し込まれてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 私の雑誌連載記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

① 日経エレクトロニクス

連載記事 : 「無線モジュールの要、アンテナ設計の基礎」

 私が毎年、講師を担当しておりますNEアカデミーの講演内容を、日経エレクトロニクスの紙面上でお読みいただくことができます。

・ 2015年5月号(第1回目) 「今さら人に聞けない電磁気学を直感的に理解」

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/MAG/20150408/413155/

・ 2015年6月号(第2回目) 「アンテナ設計は怖くない、電波が伝わる仕組みと用語を理解」

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/MAG/20150501/416865/

・ 2015年7月号(第3回目) 「アンテナ設計の鉄則、長さを調節して、共振状態を作る」

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/MAG/20150601/420980/


② 電波技術協会殿の協会誌「FORN」 (無料ダウンロード)

 電波技術協会殿の協会誌「FORN」に、私の全5回の連載記事「全世代にむけた産学人無線通信技術講座」が2015年5月号で終了しました。

 電波技術協会殿のご好意により、私の記事のPDFファイルを、以下のURLから無料でダウンロードできます。

http://www.amplet.co.jp/forn.html

みなさまのご参考になれば幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ さいごに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 あと2ケ月待つと8月。私が1年で最も楽しみにしているハムフェア(アマチュア無線の祭典)が開催されます。8月22日〜23日に開催されますが、毎年、このメルマガを読んでおられる方、数人に声をかけていただきます。

https://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-3_Ham-Fair/Ham-Fair.htm

 今年の8月23日は、私は、お台場で開催される子供科学実験教室の講師を担当するので、数時間、ハムフェアの会場を離れますが、それでも、今から8月のハムフェアがとても楽しみです。

 最近の休日には、私のアマチュア無線のホームページを、最新情報にUPDATEしています。

http://amplet.com/je1bqe/indexja.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事