神田のガリレオ

過去のメルマガをここで公開しています。

全体表示

[ リスト ]

みなさま こんにちは

あけましておめでとうございます。

 昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。本年も引き続き、ご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○  「9.0」 問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 前回のメルマガで、「9.0」 問題について書きましたところ、ある企業の方から、企業ても、この問題でのトラブルが発生しているというメールを頂きました。

 発注側が購入仕様書上のある部品仕様の数値を 9.0 と指示をした案件に対し、受注側は、9.0 → 9 として部品を製造し、納入された部品の製造精度に関し、発注側と受注側での認識の差によるトラブルがあったそうです。

 今後は購入仕様書の数値の指示も、誤差範囲を含め明確な記載をすることが求められそうです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 私は今日から仕事始めです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 私は今日(1月4日)から仕事始めです。

 今日から企業様との打ち合わせが始まりますが、年始のご挨拶もそこそこにして、具体的な本年の共同開発案件の打ち合わせが始まります。

 例年、1月の打ち合わせは、ビジネス上の新年度の4月1日以降の案件についての協議が多かったのですが、今年は、開発期間でいう年度の1年を上期と下期の2つに分け、6ケ月単位で予算を組まれることから、1st Quarter、2nd Quarter、3rd Quarter、4th Quarter ように、1年を4分割して、3ケ月単位で予算を組まれる企業様が増えてきたためか、2016年度 4th Quarter として、今月からスタートする開発案件の打ち合わせを今日から行います。

 また、今までは、私の会社に対して無線機の設計業務を委託する業務契約が多かったです。これは、御発注をされるお客様は、設計業務の責任範囲を明確にしたいという企業論理もあったと思います。しかし、このような業務形態を続けた結果、設計を受ける外注会社の技術レベルは高くなるものの、御発注元の企業様の技術者は、伝票書きと外注会社の納期管理と検収業務に追われてしまい、技術者として自分の技術レベルを保つことが難しい職場環境になっていました。

 近年、この状況に危機感を持つ大手企業が増えてきたようです。自社の社員の技術力 UP も意識して、外注会社へ設計業務を委託することから、自社の社員が自ら設計し、自社の技術レベルを高く保つ目的で、設計委託先の会社と技術コンサルタント契約を結び、外注設計会社の技術者を技術コンサルタントとして受け入れる業務形態へと変わってきています。

 かつては無形物であるコンサルタント契約はできないと言われていた企業様が多かったのですが、日本の大手企業の経営者の考え方も、時代と共に変わってきているようです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ さいごに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お正月は自宅で 「下町ロケット」 の再放送を見ていました。

 1月2日に放送された「下町ロケット」は、宇宙科学開発機構の研究員だった主人公が、下町の中小企業「佃製作所」の社長となり、技術者の夢を果たすために、ロケットの主要部品を開発するドラマです。

 1月3日に放送された「下町ロケット2」は、主人公は、心臓に埋め込む人工弁の開発に取り組んでいました。

 私も大学付属研究所の研究員だった頃に、人工衛星の地上局の開発に携わったこと、5年前までは大学病院で補助人工心臓(VAD)の研究をしていました。そして、1987年に小さな会社を下町で起業し、社員と共に29年間、製品のキーとなる部品の開発をし納入してきました。TVドラマに出てくる「佃製作所」ほどのすごい実績はありませんが、何か自分の姿にだぶるシーンが多々あり、ドラマを見入ってしまいました。

 ただ、ドラマと私の現実と大きく違っていたことは、大企業はあそこまでは意地悪ではなかったです。

 本年も変わらぬ御愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事