神田のガリレオ

過去のメルマガをここで公開しています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 UWBに関してMMACの方から「UWBをケーブルテレビのケーブルの中で、UWBの周波数が利用できるので、その検討が進められている。」というお話を伺いました。これが方々で話題になっているようで、あらためてこの件をUWBの大家の方に伺いました。

 UWBは広帯域変調を用いた空間伝送型の近距離高速無線通信です。ハイビジョン動画伝送等への応用が期待されていますが、ただし法的規制により使用する電波の高出力は望めないため、実用的空間伝送距離
は一般的に10m程度以下と言われています。壁による減衰も考えると隣接の部屋への伝送は難しいと思われます。今まで報道されているUWBで特にハイビジョン等動画伝送向けの開発にはネットワーク化を意識した物が少ないのは、これが原因と言われています。

(1) UWB over Coax

 前回の情報メールでお知らせしました、UWBの新たな流れとして同軸ケーブルを使用したUWBの有線・無線共生のネットワーク化により伝送距離を含むこの問題を解決しようという動きがあります。UWB over Coax、DWC(Digital Wideband over Coax)などと呼ばれています。現在、ほとんどの家庭ではテレビ信号配信用としての同軸ケーブルが既に部屋間をまたいで配線されているので、今後の UWB over Coax が期待されているのも納得できます。現在この同軸ケーブルにはCATV、衛星受信用ダウンコンバージョン信号等も含め最大の周波数で2GHz台までの信号が使われていますが、UWBの周波数(3GHz以上)はガラ空きの状態です。そこにUWB陣営が着目したわけです。

(2) 物理層としてのUWB over Coax

 _板軻眦の既存配線を含めた同軸ケーブルによる高速ネットワーク構築。
  → リーズナブルなコストでのホームネットワーク。 (既配線、既開発済UWB技術がほぼそのまま  利用でき、距離を稼いだ伝送が出来ます。)

◆.謄譽喙信用同軸ケーブルの周波数特性は、UWBの帯域では、必ずしも良好ではありませんが、UWBの  ロバストネスが有効には働くと思われます。

 高周波信号は、配線上に散在するコネクターの部分の不整合で反射を起こしますが、UWB開発で蓄積  されたマルチパス対策技術が活用できます。

ぁ〕線接続は煩雑ですが、端末機器に代えて適当なブリッジ等を介してアンテナを接続することによ   り、その近傍での空間伝送型UWB化も可能と考えられます。

(3) ネットワークを意識したUWB over Coax

 実際のUWB over Coax通信の普及のためにはネットワーク化、リモートコントロールなどを含めて、端末機器(特にAV機器への期待が大きい)との接続方法を考えておく必要があります。このためにはアプリケーション層を含んで現在普及している規格に上手に乗っていくのが近道と考えられます。その一例としては現在議論が行われている1394 over Coax(DWC)があります。これは機器間の接続方式として、既に確立されているIEEE1394をUWB over Coaxで伝送しようというものです。

 ベースバンドの1394をブリッジでUWB over Coaxに変換して同軸ケーブル(主として既存テレビ受信用)上を伝送し、受信側で再度1394に戻す方式です。国際的には 1394 Trade Association(1394 TA) Wireless Working Group(WWG)で規格化作業が最終段階に入り、日本国内ではマルチメディア移動アクセス
フォーラム(MMAC)のWireless 1394ワーキンググループで報告が行われています。

・ 1394 Trade Association(1394 TA) Wireless Working Group WWG              
   http://www.1394ta.org/

・ マルチメディア移動アクセスフォーラム(MMAC)Wireless 1394ワーキンググループ 
   http://www.arib.or.jp/mmac/


(4) ビジネス動向

 UWB over CoaxはHANA(High-Definition Audio-Video Network Alliance)が推進団体として活動しています。

・ HANA(High-Definition Audio-Video Network Alliance)
   http://www.hanaalliance.org/

 また建造物高機能化を図る団体CABA(Continental Automated Buildings Association)は住宅の付加価値向上の見地からUWB over Coaxを強く支持しています。機器開発の例ではTzero Technologies社の発表事例が多いようで、空間伝送型UWBでのハイビジョン伝送のデモを行っています。同社は1394TA WWG の会合で 1394 over Coax 化について発表も行っているそうです。

・ CABA(Continental Automated Buildings Association) 
http://www.caba.org/index.html

(5) 関連記事、空間伝送型UWBに関する参考資料
 
・ 「家庭内ネットワーク狙うUWB、同軸ケーブルへの対応がカギに」 
                          EE Times Japan 2007.7
 
・ “Ultrawideband players get wired for home nets”  05/12,/2007

・  “HOME NETWORKS: UWB chip set suits diverse home links” 05/01/2006

・ “How '1394 over coax' spec will work” 05/01/2006

・  “UWB pioneer parlays prize” 03/27/2006

・ 電波法施行規則第4条の4第2項第2号、無線設備規則第49条の27 等
・ 標準規格:ARIB STD-T91 UWB(超広帯域)無線システム 電波産業会刊
・ 参考書: UWB/ワイヤレスUSB教科書 インプレス刊

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事