神田のガリレオ

過去のメルマガをここで公開しています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全127ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

みなさま こんにちは

 6月18日の朝に大阪府北部を中心に最大震度6弱の大きな地震がありました。被災地の方々にはお見舞い申し上げます。

 関東地方でも群馬県や千葉県沖で大きな地震が起こっております。日本列島で、いつ、どこで地震が起こるかわかりませんので、地震に対する備えをお願いいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 人体通信とワイヤレス電力伝送の融合
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 人体通信コンソーシアムで、会員のみなさまといろいろ協議を進めています。ビジネス化が具現化してくる中で、効率的にディスカッションが行えるように、現在はいくつかの専門分科会に分けてビジネス化に向けての話し合いをしています。

 今、消費電力の小さな人体通信モジュールのエネルギーハーベスティング技術やバッテリーレス化の議論が活発です。ワイヤレス電力伝送技術との融合も意識し、その分野の専門家を交えてディスカッションをしています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 人体通信への誤解と怪文書
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 無線通信は、無線機器を扱う人から無線端末までの距離で分類されています。人から 100m くらいの通信距離を有する無線システムは「WLAN(Wireless Local Area Network)」に分類されています。これは、通称「無線LAN や WiFi(業界団体規格名)」と呼ばれ、みなさまもよくご存知と思います。

 人から 10m くらいの通信距離を有する無線システム(Bluetooth や ZigBee など)は「WPAN(Wireless Personal Area Network)」に分類されています。

 人から 2〜3m くらいの通信距離を有する無線システムは「WBAN(Wireless Body Area Network)」に分類され、Body Area が通信範囲なので、通称「人体通信(HBC : Human Body Communication)」と呼ばれるようになりました。

[ご注意ください]  最近、著名な芸能プロデューサーがアンプレット通信研究所の人体通信技術を盗用し、タレントを洗脳していると書かれた手紙が静岡市の消印で送られているという報告を複数の方から頂いております。この手紙の中で、アンプレット通信研究所の名前が無断で引用されており、私たちも大変、迷惑しております。

 人体通信(HBC、WBAN)は単に通信距離から分類された近距離無線の一方式の通称で、人体通信は、人の思考を読み取るようなことは理論的にも技術的にもできませんので、どうぞ、人体通信を安心してご利用ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ キーワードが飛び交っているとき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 かつて、狂牛病が社会問題化したときに、RFID を用いて、牛肉の生産地から販売店までの物品の流通経路を追跡するトレーサビリティというキーワードがありました。しかし、あれだけ話題になったトレーサビリティという言葉を、最近は、ほとんど聞く機会がありません。

 私見ですが、生産地や販売店がトレーサビリティを意識したシステムを導入したとしても、流通経路の途中では、下請け的な規模の小さな運送会社が介在し、その会社は多額の投資をしてトレーサビリティをサポートするシステムを導入しなければ、生産地からの情報が途切れてしまうので、トレーサビリティが成り立たなくなってしまう。技術的に可能であっても、導入する環境も平行して検討しないと、ICT は活用できないと思います。

 5G やIoT で実現できる夢のような 世界を展示会などでは見るのですが、過去のIT の活用やユビキタス構想のときにも聞いたことがあるような世界の展示があります。当時、その夢の世界が実現されなかった原因を、今、5G や IoT の時代でもレビューしてみることも必要ではないかと考えます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 新入社員教育の講師
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今年は例年以上に新入社員教育の講師のご依頼が多いです。私の専門分野は高周波回路とアンテナですが、今の若手の方々にとって理解が難しいように思われるものにスミスチャートがあります。

 私が若かった頃、高周波回路のインピーダンス整合回路の設計では、スミスチャート上で、コンパスと2つの三角定規を用いてインピーダンス変化の奇跡を書きながら設計をしていましたので、スミスチャートは設計では必須のチャートで非常に身近な存在でした。現代では、高周波部品も使いやすい入出力インピーダンスが50Ω系に整合されているものが増えてきたので、スミスチャートを用いた設計そのものの頻度が非常に少なくなってきたこともあり、講師としてスミスチャートを教えることに苦労しています。

 数日前に、私の知人の澄野一樹さんからメールを頂き、「スミスチャートとは」(Kindle本)を出版されるとのこと。


スミスチャートや高周波回路設計にご興味のある方は、ぜひ、ご紹介したい本と思いました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ さいごに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 サッカーワールドカップで、日本は金星スタート。嬉しいです。

 この数ケ月は、社員教育や企業からご依頼されたセミナー(非公開)の講師の仕事が多いのですが、今年の後半から一般向けの公開セミナーの講師を再開しますので、そこで、みなさまと意見交換ができることを楽しみにしております。

 昨年で大学での仕事から退いたのですが、この6月は、日本大学と上智大学で講義や講演をします。大学の雰囲気を1年ぶりに感じ、楽しいです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

初夏の富士山

 5月後半から仕事で愛知県、静岡県を訪問することが多くなりました。その道中で、新幹線の窓から富士山を見ることが楽しみになっています。

・ 5月22日

 名古屋と桑名で仕事です。新幹線から見た今日の富士山は、雪もほとんどなくなりました。やっぱり富士山はいいですね。

イメージ 1


・ 6月5日

 名古屋で仕事なので、新幹線に乗っています。このところいつも「のぞみ」の7号車1番E席(ラッキー7の一番いい席)の予約を取っています。今月は11日(月曜日)も21日(木曜日)も名古屋へ出張ですが、同じ席です。今日の富士山は雲で見え隠れしていましたが、やっぱり富士山は、日本人の心に沁みますね。

イメージ 6

イメージ 2


・ 6月7日

 梅雨入りしてしまったので富士山は見えないかなと思いましたが、今日も姿を見せてくれました。7号車1番E席、今日もすばらしい1日になりそうです。今夜は東京に戻らず浜松市で1泊です

イメージ 3


・ 6月8日
 夕方に東京に戻る新幹線(浜松から乗った「こだま」)に乗っているのに、夕方から天気が悪く雨が降り出しそうで、今日は残念ながら、新幹線からの富士山が見れませんでした。悔しかったので新富士駅のホームにあった富士山の看板の写真を撮りました。

イメージ 4


・ 6月11日

 東京から名古屋に向かっています。台風が来ているので富士山は見えないなと思っていましたが、目をこらすと富士山が見えるような気がします。今日も7号車1番E席だからかな。感動しました。

イメージ 7

イメージ 5


・ 6月21日

 新幹線で東京から名古屋へ・・・今日も7号車の1番E席でしたが、残念ながら富士山は厚い雲の奥でした。今日は雲が低く立ち込めていました。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 お客様から放射パターンが複雑なアンテナの設計を頼まれ、その提案の締め切りがこの週末の6月1日・・・あと3日しかない。東京の事務所で設計に行き詰ってしまったので、今日は気分を変えて空気の良い場所で設計しようと北陸新幹線で長野に向かっています。軽井沢を通過したときにアイデアが浮かびました。

イメージ 1

 北陸新幹線の中で考えたアンテナの設計の続きを、長野県内のとある場所のベンチで行いました。東京の事務所と環境が変わるだけで自分の発想力がいつもと異なることを感じます。自然の中の創作物を見ていると、そこには物理現象の完成形が見えてくる・・・草や木が貴重な雨から水分を得たり、太陽の光を受ける形状には、空間から電波をかき集めるアンテナ設計のヒントが隠れていそうに思います。雑草のような形をした「KARUIZAWA ANTENNA」が「街中でよく見かけるアンテナ」と言われるように、実用化へ向けて試作と実験を始めます。

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 毎週日曜日は、趣味のアマチュア無線でアメリカの友だちと話をするのが楽しみです。そのときのアメリカと日本とのコンディション(電波の繋がり方)に応じて、周波数を 14MHz か 21MHz で話をしています。しかし、最近は隣の土地でマンションの工事が始まり、14MHz は、雑音がひどく交信(通信)ができなくなってしまいました。写真の空に浮かぶ細いヒモのようなものが、14 / 21 / 28MHz の3バンドのダイポールアンテナです。屋上が狭いので、こんなアンテナしか上げられません。

イメージ 1

  アメリカの友だちとの話が楽しみな理由として、都心に住んでいる私の家(アンテナが立っている屋上)から空が見えるのは、北アメリカ方向(北西方向)だけだったからです。ところが・・・ 隣のマンションの工事が進むにつれて、その貴重な空が見えなくなってゆきます。下の写真の幅方向の 2/3 くらいが我が家の屋上から見える北東方向の空ですが、数ケ月後には、ドーンと大きなマンションがこの空を隠すように建ってしまいます。あとアメリカの友だちと交信できるのも1ケ月くらいかな。

イメージ 2

 我が家(5階建てのビル)が建ったのは 1960年(昭和35年) でした。当時は国鉄(今の JR )の上野駅や秋葉原駅から我が家が見えましたが、今は、我が家から 50m 離れた場所からも我が家が見えなくなりました。

 私は、1971年(昭和46年)にアマチュア無線局(JE1BQE)を開局しましたが、当時は、我が家の周りにはビルがほとんどなく、360度、空が見えたので、どの周波数でもアマチュア無線を楽しめました。そこで、地上波で遠くに飛んでゆく 50MHz が好きな周波数になりました。人生、体に染みついた気持ちは、なかなか変わるものではないようで、今でも避雷針の下に 50MHz 4エレ HB9CV アンテナを上げています。以下の記事は、1972年に雑誌の取材を受けたときのものです。50MHzで、8エレ と 12エレの HB9CV を作りましたが、周りに高いビルが無かったので、本当によく電波が飛んでゆきました。

イメージ 4

 今日(2018年5月20日)は青空がきれいで、4エレ HB9CV アンテナも空に映えています。ただ、この写真はアンテナのほぼ真下から撮った写真なので、この空はアンテナの上空です。これからは宇宙としか交信できなくなってしまうのかなぁ。

イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 2018年5月18日の金曜日、東京下町の台東区立竹町小学校(現在は平成小学校)の同学年の級友と50年振りの同窓会が開催されました。秋にはもっと大勢の人を集めたいということで、50年前の記憶をたどりながら総勢74人(この人数の記憶も定かではないですが)の級友探しがスタートします。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

全127ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事