神田のガリレオ

過去のメルマガをここで公開しています。

過去のメルマガ

[ リスト | 詳細 ]

配信しているメルマガのバックナンバーです。
記事検索
検索

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

みなさま、こんにちは。 令和の新しい時代が始まりました。

 5月1日は長期のゴールデンウィークの間に、元号が新しくなりましたが、元号は変わっても生活や仕事はかわらないかなと思っていたのですが、後述のように、ゴールデンウィークが終わってから、人体通信の応用での新しい通信の技術が見え始めた仲間たちと、新時代のビジネスの雑談で盛り上がっています。

 昭和生まれの私は、令和の元号になったときに、平成を懐かしむポスターや広告を見ましたが、昭和はどこにもなくなり、昭和は遠くになりにけり・・・と思いました。

 私が住んでいる街には、平成小学校がありますが、何よりも昭和通りに面しているのが昭和時代生まれの私には嬉しいことで、あとは、令和の何かが出てくるのを楽しみにしています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ ●○ 日経 xTECH 「テクノ大喜利」 5G と IoT ビジネス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 前回(4月19日)のメルマガで、日経BP社の Website の日経 xTECH 「テクノ大喜利」で、もやもやしている 5G と IoT について、私の記事が掲載されていることをお知らせしました。


 現在は、また有料記事に戻りましたが、もやもやしている 5G とIoT について、辛口なコメントを書いたので、お叱りの反響が多いと思いました。しかし、その反響は、もやもやしている 5G と IoT と感じておられる、5G と IoT をお仕事としている方々から、参考になるご意見や情報をいただき、私もこの記事を書いたことにより、より多くの現場のご意見を聞くことができて良かったと思いました。

 今年も私は各地で講演をしますが、キーワードに市場が踊らされ新しいビジネスへの期待がフェードアウトしてしまった過去のいくつかの事例と、5G と IoT が同じようにならないように、みなさまと現状をしっかり見極めていきたいと思います。5G は夢をなんでもかなえてくれる魔法の無線システムではなく、高度な無前技術は、本当に難しく、無線は障害物で遮断されるという無線本来の特徴を忘れてはならないと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ ●○ 人体通信の応用での新しい通信の技術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 長期間のゴールデンウィークは、多くの技術者も退屈?されていたようで、人体通信を体験したいという方が私の会社に遊びにこられました。

 人体通信は、人の体を伝送路(電線の代わり)として通信を行う近距離無線通信です。この無線というのは、送信機や受信機に取り付けられた電極が、人体と容量結合(コンデンサ)している、その非常に短い空間だけが無線通信になっていて、情報が伝わる大部分の伝送路は、人体を有線通信のように考えます。

 人体通信は、無線通信と有線通信の融合のような感じですが、人体には電流は流れず、人体体表に帯電している静電気に変化を与えて情報が伝わっていくので、有線とか無線とかに分類するのではなく新しい融合技術のように思えてきました。

 従来の無線機や有線通信機器にとりつけられているコネクタが人体通信には不用ですが、その不用ということに着目し、考えてみると、新しい通信技術が見えてきました。

 人体通信は、伝送路を人体に限る必要がなく、何でも良いのです。すなわち、どこかとどこかが何かで一筆書きでつながっていれば、その始点と終点に静電結合をする電極を有した人体通信送信機と受信機を近づけるだけで、コネクタも不要で通信ができるのではないかという糸口が見えてきました。

ちょっとワクワクした気持ちで、人体通信の新しい研究に取り組めそうです。

 6月4日〜5日に韓国で、日・韓 合同の人体通信研究会を行います。当初、釜山(プサン)で研究会を開催する予定でしたが、参加申し込みが想定数を上回り、会場を変更せざるをえなくなってしまいました。開催地を釜山から、大田(テジョン)のETRI(韓国電子通信研究院 )本部の Convergence Technology Commercialization Center に変更しました。大勢の方が私の講演をきいてくださる機会ができたことは、もしかすると、人体通信の新しい技術の幕開けなのかもしれないと、令和のスタートは、技術の転機のひとつになるかもしれません。


 新規事業を計画していながら、何をやったらよいか見えてこない方々がおられれば、私たちと新しい可能性を新規事業の案件として発展する人体通信を考えてみませんか? 「根日屋さん、そのアイデアは儲かりますか?」と確実な儲けを担保しなければいけないという考え方は、私は新規事業計画ではないと思います。儲かるように進めていくのが新規事業計画です。初めから「儲かるのか?」という疑問でつっかかって、スタートできないことがもったいない。中国の景気の悪さから弱気になる必要はなく、この不安は新規事業へのやる気で、国内市場を立ち上げて払拭できそうに思えます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ ●○ 近々の私のセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● シーエムシー・リサーチ主催のセミナー

「低消費電力の人体通信の基礎」

・ セミナー概要

日時 :2019年5月23日(木) 13:30 〜 16:30
会場 : ちよだプラットフォームスクウェア

 急遽、このゴールデンウィークに思いついた人体通信の応用の「人体通信は、伝送路を人体に限る必要がなく、何でも良いのです。すなわち、どこかとどこかが何かで一筆書きでつながっていれば、その始点と終点に静電結合をする電極を有した人体通信送信機と受信機を近づけるだけで、コネクタも不要で通信ができるのではないかという糸口が見えてきました。」をこのセミナーで、参加者のみなさまにお話しようと思います。もし、ご興味を持っていただければ、一緒に新規事業のアイデアを考えてみましょう。

・ このセミナーのホームページ


・ このセミナーの講師紹介割引価格申込書のダウンロード


[参考] 根日屋英之の人体通信のホームページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ ●○ 日経エレクトロニクスの連載記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経エレクトロニクスの5月号から7月号まで、私の連載記事「無線を扱う前に知っておくべきこと」が掲載されます。

5月号のテーマは、「電波の振る舞いを再考する、電磁気学だけではなさそうだ」です。


引き続き、宜しくお願いいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ さいごに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私が趣味のアマチュア無線の最初の無線局(JE1BQE)は、1971(昭和46)年5月17日に免許されました。昨日が JE1BQE のお誕生日で、今日からアマチュア無線の49年目に突入します。49年の49を CQ (アマチュア無線家が最も使う専門用語で、「どなたか聞いていませんか?」の意味)と読み替えて、今年も私はアマチュア無線を楽しもうと思います。

 6月の韓国での研究会も、私は大田(テジョン)で、HL3ZCG というコールサインでの免許を頂いていますので、夜の飲み会よりは無線で地元の方々との交流を楽しみたいと思います。日本から私と同行する方も、アマチュア無線家で、韓国での運用の免許申請をされました。

私にとって、仕事も趣味も、楽しみな令和のスタートになりそうです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

9みなさま こんにちは

今日は4月19日です。

 私も無線通信の仕事を40年してきましたが、面白いことに気づきました。無線通信の仕事をしている人は、4月19日生まれの人がとても多いのです。実は私も4月19日生まれです。

 無線業界には「4月19日の会」が、2011年に発足し、その年は、数回の4月19日生まれが集う飲み会がありました。最近はなくなりましたが、久しぶりに4月19日生まれが集まり、無線ビジネスを語り合うと、そこに未来予測ができるでしょうか・・・


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ ●○ 日経 xTECH 「テクノ大喜利」 5G と IoT ビジネス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 一昨日(4月17日)のブログで、日経BP社の Website の日経 xTECH 「テクノ大喜利」で、もやもやしている 5G と IoT ついて、以下の URL で、私の記事も掲載されていることをお知らせしました。


 さっそく、この記事を読まれた方々からご連絡を頂き、今週はその方々と面外が多いです。昨日も、5G や IoT の新規事業について、WiMAX 業界でとても有名な方とディスカッションをしました。ディスカッションを通し、気づかなかったことに気づかされ、とても勉強になります。有意義な時間をすごせました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ ●○ 近距離無線通信用アンテナ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 私は RFID や人体通信のような超近距離無線に興味があり、仕事面では、近傍界のアンテナ設計のコンサル業務が多くなっています。

 近傍界のアンテナ設計の本はとても少なく、私は、「ユビキタス時代のアンテナ設計」 (東京電機大学出版局)を書きましたが、


その後、あまり近傍界のアンテナ設計に関する参考書は少ないようです。

 今日(4月19日)、発売される日経エレクトロニクス 2019年5月号から、私は短期連載(全3回)で、「無線を扱う前に知っておくべきこと」を担当します。


第1回は「電波の振る舞いを再考する、電磁気学だけではなさそうだ」です。RFID や人体通信のような超近距離無線のアンテナの考え方についても簡単に書きました。


とはいえ、近傍界のアンテナ設計はとても難しく、連載記事でも設計についての答えはでないと思いますが、みなさまとのアンテナ設計の仕事を行いながら、近傍界のアンテナ設計手法をさぐっていきたいと思います。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ さいごに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私が無線の仕事をしてきて気づいたこと

・ RFID の仕事をしている人には、伊藤さんと辻本さんという方が多い。

・ 人体通信の仕事をしている人には、山本さんという方が多い。

面白いですね。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

みなさま こんにちは

 あと2週間で、「平成」から「令和」に元号が変わります。私は「昭和」生まれなので、「昭和」、「平成」、「令和」と3つの時代を生きることになります。

 私は今年も日本大学大学院で、先端技術特論の講義を担当しますが、その講義計画の書類を先日、大学に提出しました。その書類に、初めて「令和1年6月」と記載しました。

 新しい時代が始まりますが、みなさまと情報通信の市場に、ニッチな新しい市場を開拓したいと考えています。

引き続き、宜しくお願いいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ ●○ 5G / IoT へのもやもやした気持ち
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 5G / IoT については、大きな期待が寄せられると共に、一抹のもやもや感が存在しています。日経BP社の Website の xTECH 「テクノ大喜利」で、いろいろな視点から専門家が、5G が円滑に普及するための条件を論じています。私も日経BP社から意見を求められ、今朝の「テクノ大喜利」に掲載されました。有料記事なのですが、ご興味のある方はお読みください。

イメージ 1


 5G / IoTに限ったことではないのですが、新しいことの導入はみなさん、熱心なのですが、それが将来、作り出してしまう問題点に対する後始末は考えない。将来の問題点が見えているだけに、今、その対策も考えておかねばならないことが、5G にもあるのではと思っています。

 これからは、機械的な情報通信ではなく、人の温かみがあるコミュニケーションを人々は望んでいると思います。情報通信を便利に使うことはだけでは、人を幸せにはできません。私は思いやりの気持ちを情報通信に埋め込むことを考えてみたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ ●○ 新規事業の企画
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 各社とも、新年度が始まり、新規事業の検討に入られていると思います。私は仕事柄、複数の企業様と技術コンサル契約を結んでいただき、新規事業の企画のお手伝いをしています。

 情報通信産業が残念ながら日本のビジネスでなくなり、日本が参入できるのはニッチな市場になってきました。私は端末機器を製造する業界で育ってきたのですが、今の情報通信産業の市場規模を考えると、大企業よりも中小企業のほうが得意かもしれません。だからといって、大企業にはビジネスチャンスがないわけではなく、情報通信を専業としている中小企業やベンチャー企業とうまく協業すれば成功できると思います。

・ その新規事業は確実に儲かるのか?

という疑問をもたれるなら、それは新規事業ではなく、会社保身の事業にすぎないのです。新規事業に取り組むなら、片手間ではなく本気で取り組まないと、成功しません。人材がいなければ、外部の専門会社をうまく活用すればよい。今、新規事業を立ち上げないと、国内の大企業に、海外の会社の資本が入ってきて日本の会社ではなくなってしまいます。

 今でこそ、大企業の経営者には、新規事業に対し、冒険する気持ちで取り組んで欲しいと思います。大企業にとって、将来、ヒット商品になる可能性の「芽」がないことほど、寂しいことはありません。新規事業は、まずは「芽」から。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ ●○ 第7回人体通信研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 4月9日に、人体通信コンソーシアムの第7回研究会が東京で開催されました。


 お隣、韓国は今、第4次?人体通信(近距離無線のWBAN)ブーム がきている報告を私からさせていただきました。実用化された人体通信カプセル内視鏡をはじめ、見守り介護関連では、腕時計を情報端末として使う市場が活発です。

 私の感触では、日本にも、人体通信ブーム がきたかなと思いますが、過去の日本の人体通信の市場は、韓国の市場をトレースするように、後から市場が立ち上がる傾向があります。

 今年の人体通信(WBAN)ビジネスは、医療機器への導入に加え、腕時計型端末と自動車や家への導入の予感がしています。次回の研究会は、日本と韓国合同で、6月に韓国(プサン)での開催を予定していますが、そこで発表された内容も、その後の私の講演会やセミナーでお話しようと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ ●○ 近々の私のセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● シーエムシー・リサーチ主催のセミナー

「低消費電力の人体通信の基礎」

・ セミナー概要

日時  : 2019年5月23日(木) 13:30 〜 16:30

会場 : ちよだプラットフォームスクウェア

 2007年の CEATEC で話題になった人体通信。月尾嘉男先生のラジオ番組でも、「映画『E.T.』でエリオット少年と E.T. が指と指を触れ合って会話をするシーンが、現実に可能になってきた。」とご紹介いただきました。

 あれから約10年経ち、低消費電力化技術が進んだ人体通信が、改めて見直されています。

・  このセミナーのホームページ


・  根日屋英之の人体通信のホームページ


・  このセミナーの講師紹介割引価格申込書のダウンロード



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ さいごに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 情報[根日屋] 2019年3月1日(https://blogs.yahoo.co.jp/drnebiya/folder/1205629.html)で、東京大学名誉教授 月尾嘉男先生のテレビ番組(3月2日(土曜日)放送の BS-TBS 「関口宏の人生の詩Ⅱ」のご紹介をしましたところ、このメルマガ読者の方々から、月尾先生の人生観に感動したというメールをいただきました。

 このテレビ番組の中で、月尾先生は、「想像は創造への原点」と言われていましたが、私は今、たくさん想像しています。そこから創造の糸口が見つかるように ・・・ 私を技術コンサルとして招いてくださった企業に、想像する機会を与えていただいたことに感謝しながら、一緒に想像したいと思います。

 令和の時代が始まります。みなさんと一緒に、新産業を創造しましょう!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

みなさま こんにちは

 今日は久々に本郷の東京大学で打ち合わせをして、JR 御徒町駅の近くの私の会社まで歩いて戻りました。

 先日、あるテレビ番組で、私の会社の最寄り駅(御徒町駅)が、東京で読むことが難しい地名の第2位になっていました。御徒町は「おかちまち」と読みます。JR 山手線の秋葉原駅と上野駅の間にあり、改札口を出ると、すぐにアメ横があります。最近はアメ横に行きたい外国人がとても多く、私の事務所の近くでは、アメ横への行き方をよく尋ねられます。

 東京大学から会社までは、春日通りを西から東に向かって、約15分、歩くと着きます。私が2017年まで働いていた大学内の研究室の最寄の門は「鉄門」という小さな門なのですが、そこを出て、岩崎邸、湯島天神を横目で見ながら、会社に戻ります。今日は湯島天神に寄り道しましたが、今、梅が見ごろです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

 湯島天神から神田明神へ行きました。神田明神は、今から約 1300 年前の 730 年に創建されました。平成30年12月に文化交流館が OPEN したので、そこでお土産を買ってきました。 

イメージ 3

イメージ 5


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 東京大学名誉教授 月尾嘉男先生のテレビ番組
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 私は、IT 業界で働いていましたが、かつて、早朝に放送されていた月尾嘉男先生の「地球の方程式」という番組を毎日、かかさず見ていました。

 お話として取り上げられるテーマも面白いのですが、お話からそのテーマを深く掘り下げられお話してくださる内容が興味深く、出張のときは予約録画をして見落とさないようにして見ていました。

その月尾嘉男先生が、

・ 3月2日(土曜日)の昼 12:00 〜 12:54
・ BS-TBS 「関口宏の人生の詩Ⅱ」

にご出演されます。


 私は携帯電話の設計を仕事としてきましたが、最近の電車の中の景色は、人と人との会話が少なく、ほとんどの人がスマホの画面を見ている。私が今までしてきた仕事は、こんな風景を作るためではなかったのに・・・ 技術の進化を戻したいと思う今日この頃ですが、ITのスペシャリスト 月尾嘉男先生は文明を逆走しています。

ぜひ、ご覧ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 近々の私のセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● R&D 支援センター主催のセミナー

「いまさら聞けない!アンテナ設計の入門講座」

・ セミナー概要

日時 :2019年3月19日(金) 10:00  〜 16:30
会場 : 江東区産業会館 第2会議室

 今流の近距離無線通信用のアンテナ設計と遠距離無線通信用のアンテナ設計の両方の設計についてお話します。

・ このセミナーのホームページ


・ このセミナーの講師紹介割引価格申込書のダウンロード



● シーエムシー・リサーチ主催のセミナー

「低消費電力の人体通信の基礎」

・ セミナー概要

日時 :2019年5月23日(木) 13:30 〜 16:30
会場 : ちよだプラットフォームスクウェア

 2007年の CEATEC 2007 で話題になった人体通信。月尾嘉男先生のラジオ番組でも、「映画『E.T.』でエリオット少年と E.T. が指と指を触れ合って会話をするシーンが、現実に可能になってきた。」とご紹介いただきました。

 あれから約10年経ち、低消費電力化技術が進んだ人体通信が、改めて見直されています。久々に最初から最後まで、人体通信のお話だけをする私のセミナーです。

・ このセミナーのホームページ


・ 根日屋英之の人体通信のホームページ


・ このセミナーの講師紹介割引価格申込書のダウンロード



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ さいごに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この2月は、人体通信の評価キットのご注文が多かったです。これは、2月14日にイオングループの結婚相手紹介サービス会社のツヴァイが、人体通信を婚活パーティに導入したことが話題になったこともありそうです。


 4月9日に久しぶりに人体通信コンソーシアムの研究会が東京で開催されます。人体通信にはまった人たちが集まり、活発な議論が交わされるものと思います。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

みなさま こんにちは

 2019年に入り、1ケ月半が過ぎました。今年に入ってから私の無線の仕事は長波からミリ波まで、非常に広い範囲に及ぶようになってきました。今年、多くなってきたなと感じるのは、「干渉対策」のご相談です。

・ 電波伝搬経路上に存在する物が、電波をさえぎらないか?

・ 新しく始まる無線システムが、現在、世の中で使用されている受信機の回路(中間周波数)に飛び込んでしまわないか?

・ 小さなケースの中に押し込んだ複数のアンテナ(MIMO用など)のアイソレーションが取れない・・・

など、電気信号や電波に関する「干渉」が問題となり、苦労されている企業が多くなってきたと感じます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ ●○ 久々の人体通信に関するニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バレンタインデーの日に、嬉しいニュースを友人から教えていただきました。それは、久々に私のライフワークの研究テーマである「人体通信」に関するニュースが報じられていることです。以下の URL でそのニュースを見ることができます。


 最近、自動車の盗難(リレーアタック問題)が話題になっており、その対策として人体通信技術の併用をおこなうことの問い合わせが増えてきました。そこで、あるセミナー企画会社の方から、しばらく人体通信のセミナーをやっていなかったので、5月くらいにやりませんかとご相談をいただいておりました。しかし、私は、最近、人体通信ビジネスのパッとしたニュースが無いなぁと思っていたので、今回のニュースは嬉しく思いました。

 また、私が大学の医学部で研究していた人体通信技術を応用した心電の計測(2010年頃に複数のテレビ番組でも紹介されました。)


ですが、私が大学を退任した後は、この研究は止まっていました。偶然、名古屋工業大学の先生が同様の研究されているというネット上での記事を見つけ、これも嬉しく思いました。


 5月の私が講師を担当します人体通信に関するセミナーの詳細が決まりましたら、また、このメルマガでお知らせいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ ●○ 近々の私のセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● R&D 支援センター主催のセミナー

イメージ 1

「いまさら聞けない!アンテナ設計の入門講座」

 今流の近距離無線通信用のアンテナ設計と遠距離無線通信用のアンテナ設計の両方の設計についてお話します。

・ このセミナーのホームページ

https://www.rdsc.co.jp/seminar/190338

・ このセミナーの講師紹介割引価格申込書のダウンロード

http://amplet.tokyo/nebiya/20190319.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ さいごに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

情報通信が高度化し、多くの無線システムが導入されてくる反面、大学では無線通信に興味を持つ学生さんは減り、その結果、無線を教える先生も減ってきています。科学の一つとして無線の面白さを若い世代の人たちに伝え、若い無線技術者を日本に増やさないといけないと思います

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事