ここから本文です
BROMPTON M3L RWM〜Drossel〜
6月3日(日曜日)
またしても南風自転車店プレゼンツ「自転車撫子限定!札幌散走シリーズ 真駒内で味わう」に参加してきました。

集合場所はこちら
イメージ 1
なにやらキレイになった札幌地下鉄南北線「真駒内自衛隊前」駅です。

この日、駅前の真駒内自衛隊駐屯地では「旅団創立10周年、真駒内駐屯地開庁64周年の一般開放」イベントが行われておりました。

次々と自転車撫子たちが集まり(自分のことを撫子と言うのもなんだな・・・汗)、
いざ真駒内駐屯地へ。
いやはや、かなり久しぶりです。
どのくらい久しぶりかと言うと、こちらで雪まつりをしていた頃以来でして、ざっと12〜13年ぶり。(雪まつり会場としては平成17年が最期だったようです。)

イメージ 2
まずはみんな自転車を自転車置き場に置いて、荷物チェックをゲートで受けて会場内に入っていきます。
左側が女性、右側が男性。男性率高し。

イメージ 3
総合グラウンドでは記念式典が。


イメージ 4
雪まつりの時には全然気づきませんでした様々な建物を見て行きます。
うわぁ、古そうな趣ある建物だわい。(夜になると超怖そうな・・・)


イメージ 5
中央講堂との文字がありますが、教会っぽい建物です。
あれですかね、これもキャンプ・クロフォード時代(昭和20年〜昭和29年)に立てられた建物で、もと教会だったとか・・・?


イメージ 6
そして場内の資料館に着きました。
この煉瓦が貼られた赴きある建物3棟が資料館になっています。
この真駒内駐屯地がキャンプ・クロフォード(アメリカ軍キャンプ地)だった頃、350棟ほど建てられて、兵舎や食堂、休憩室などとして使用されていたそうですが、老朽化もあったのでしょう。
昭和30年代以降に順次コンクリート製の建物に建替えられていき、残ったこの3棟が資料館となったのです。

イメージ 7
1号館の中には、官営牧場だった真駒内地域にアメリカ軍がキャンプ・クロフォードを建設し、司令部が設置されていた事が紹介されていました。
この司令部は見ての通り通称ペンタゴンと呼ばれていたそうな。

イメージ 8
真駒内駐屯地が創立されて、キャンプ・クロフォードが返還されたので、このペンタゴンも第11師団司令部に。
昭和53年に新庁舎建設のため壊されたそうですが、、、見たかったなぁペンタゴン。。。
その頃は子供すぎて何にも知らなかったものなぁ〜〜〜


イメージ 9
1号館から2号館へ移ろうと建物から出てみると、目の前を若き隊員達が行進しておりました。総合グラウンドへ向かっているものと思われます。
統率された姿ってカッコいいですな。

イメージ 10
真駒内駐屯地のざっくりした歴史が書いておりました。


イメージ 11
2号館の中には開拓使と屯田兵の資料が。


イメージ 12
屯田兵が住んでいた家屋なんかも再現されておりました。

そして3号館へ。
イメージ 13
旧軍事代の正装。帽子やブーツまで。

イメージ 14
野外電話機って・・・「しもしもー!?」な平野ノラよりも超絶古い(笑)!


イメージ 15
昭和天皇の掛け軸。

イメージ 16
そんな中見つけた昭和11年10月3日に発行された第二号外版の「北海タイムス」

その中に、
イメージ 17
こんな自転車を押しながら進む兵士の姿を発見。
なかなかいい自転車ではないか。今と大して変わらない感じがする。

イメージ 18
3号館の横には、ヘリコプターが展示されていました。


イメージ 19
そしてそのあと、私がどうしても見たかった「サイロ隊舎」へ向かいました。
どうしても見たかった、で、うすうす感づいているとは思いますが、私が見たかったのはこちらです。

イメージ 20
はい、札幌軟石でできた元サイロですね。
そのサイロを利用して作ったサイロ隊舎。現在ではサイロの上は展望室になっています。
ちょっと調べたところによると、このサイロは現存する道内のサイロの中では「最大」のものだとか。

その上このサイロはどう考えてもここにキャンプ・クロフォードが出来る前から「サイロ」としてあったに違いありません。
何しろここは昔、官営牧場だったのですから。
ちなみにこのサイロが建てられたのは昭和12年(1937年)のことだそうです。

ところで、道内最古のサイロはと言いますと、以前行った北大(札幌農学校第2農場)にあった札幌軟石のサイロです。
あちらは大正元年(1912年)に建てられました。
札幌軟石の最古と最大のサイロを見ることが出来るなんて、感激です!

イメージ 21
円形のサイロの上部が八角形になっているところも実に赴き深い。
よくぞ残してくださいました、ありがとうキャンプ・クロフォード!
そして陸上自衛隊!ありがとう!ありがとう!


イメージ 22
結構雑な切り出し方ですが、これがまたいい味を醸し出しておりますな。

さて、そろそろ次なる目的地に行きましょうか、というところで頭上を4機のヘリコプターが飛んでいきました。
イメージ 23



そして通りでは・・・
イメージ 24
延々と続く車輌列が。


イメージ 25
駐屯地内以外ではおよそ見かけない車輌の数々がジンワリジンワリと進んでいきます。
全車両ヘッドライトを点けていますね。ライトがどこまでも続いていて気が遠くなりそうだ(笑)


イメージ 26
昔、Tamiyaのプラモデルで色々と作ったなぁ・・・と思い出しました。
(一時期旦那と2人で趣味で作っていたことがwww)

さぁ、なんとか車輌の列を潜り抜け、次なる目的地に向かいました。

イメージ 27
私はもう3〜4回中に入ったことがあるので、今回は見張り役として外におりましたw

イメージ 28
仲間達は、中を見学です。


イメージ 29
記念館の周りのお花を撮っていたら、ライダーの一団にお会いしまして、ちょこっと挨拶していると、撫子メンバーや有森店主のお知り合いでした。

記念館を見学した後は、隣の公園でランチタイム。
その後小林峠グループと滝野霊園グループと帰宅グループに分かれます。

イメージ 30
小径車軍団が小林峠チャレンジャーを迎えに参りました。

私?私は滝野霊園グループのなんちゃってリーダー。
駒岡のゴミ処理場ルートから滝野霊園を目指します。

イメージ 31
ゴミ処理場を過ぎると以前見かけた恐竜はこんなことになっておりました。
なんか・・・色あせましたな。

前回(2017年5月)見たときはこんな感じでしたが。
イメージ 32


まぁ、このあとジワジワ続く坂道をジンワリジンワリと登りまして、
イメージ 33
何とか無事に着きました。

その後。大仏も気になったので園内の大仏様のところまで行って見ると・・・
イメージ 34
おやまぁ。キレイ。

イメージ 35
おやまぁ、立派。
外国人観光客もチラホラと居ました。

イメージ 36
驚いたのが、この大仏殿にCafeが併設されていた、という事。
頭大仏オリジナルグッズが売られているらしい・・・ちょっと気になるw

でも、そのCafeには入らずに、芸術の森方面へ抜けて、

イメージ 37
こちらで美味しいジェラートを頂きました。

イメージ 38
なんだか似たような色になっちゃいましたが、北海道ハニーミルクとレモンです。


イメージ 39
その後、6Coffee&Chocolateにてコーヒータイム。

そのまま453号線をじわじわ下って豊平川CRの入口に戻りました。
私はここで離脱して、自宅へ。

イメージ 40
約30kmのお手軽ポタリングでした。

いやぁ、とっても楽しかったです(*^_^*)
サイロが見られて本当に良かった!展望台に上がることは出来ませんでしたが。。。
(次回はなんとか入ってみたいですね。)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事