チャタレー裁判

「チャタレイ夫人の恋人 上巻」 (冒頭部分) D・H・ロレンス、伊藤整訳/昭和25・4    第一章  現代は本質的に悲劇の時代である。だからこそわれわれは、この時代を悲劇的なものとして受け入れたがらないのである。大災害はすでに襲来した。われわれは廃墟の真只中にあって、新しいささやかな棲息地を作り、新しいささやかな希望を抱こうとしている。それはかなり困難な仕事である。未来に向かって進むなだらかな道は一つもない。しかしわれわれは、遠まわりをしたり、障碍物を越えて這いあがったりする。いかなる災害がふりかかろうともわれわれは生きなければならないのだ。  これがだいたいにおいてコンスタンス・チャタレイの境遇であった。ヨーロッパ大戦は、彼女の頭上にあった屋根を崩壊させてしまったのだ。その結果として彼女は、すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事