モル・タロウで作る分子模型

モル・タロウで分子模型を作りるとそこはナノの世界です。

全体表示

[ リスト ]

モル・タロウで作るガスハイドレート(1)

ガスハイドレートは水分子のかごの中にメタンや二酸化炭素などのガスが入り込んだ構造です。有名なのはメタンハイドレートで深海や地中で高圧力下で生成します。資源として有効利用の研究は大変重要ですが、温暖化で分解しメタンガスが放出されるとさらに温暖化が進むおそれもあり、環境面での研究も大切です。最初に最もシンプルな五角形の12面体(S1-12-5(12))を紹介します。
使用部品:o11-2、h10-2、SB、HB

イメージ 1


このかごの中にメタン(CH4)と二酸化炭素(CO2)の入ったモデルが下の写真です。メタンなどはファンデルワールス結合をしていますのでほぼHB2本分くらいの原子間距離が必要です。実際には距離のゆらぎは大きいのでHB-2をFB-2でつなぎました。
使用部品:o11-2、h10-2、h10-3、c13、c22、o20-2、SB、HB、FB-2、HB-2
難易度:2.5

イメージ 2 

イメージ 3

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事